« 戦艦大和 | トップページ | 太陽系 10番目の惑星 »

2005年7月30日 (土)

閉館と聞いて交通博物館へ

今日は、隅田川の花火大会。総武線に乗る事もあって、ついでに「交通博物館」を見学。

「交通博物館」が平成17年度(本年度)で閉館になると聞いたため。(一部の資料は、埼玉県で新しく誕生する”鉄道博物館”へ移設されるとのこと。)

今まで秋葉原へは何百回と行っており「交通博物館」自体の場所も知ってはいたものの、実際に中まで見学したのは今回が始めて。夏休みという事もあってか、結構な見学者。秋葉原の電気街からは入り口や玄関脇の新幹線などが見えなかったため、今まで人が入っていくイメージを自分が持っていなかったため少し意外に感じた。

P7300010 P7300015 P7300023





建物の中自体も階段など古めかしい部分も少なくない。鉄道のガード下になっている部分のあるように思う。考えてみれば、昔建物を造ってから上に鉄道を通したのか、逆に既存のカード下の建物を改築したのかちょっと気になる所。

日本の鉄道開業は1872年。明治5年。廃藩置県はその前年、西南戦争は1877年なので、日本という国のシステム自体が確立していない時の巨大プロジェクトである。新橋〜横浜の鉄道開業のために埋め立てなども行っている事を考えると、どうやってプロジェクト管理したのか気になる所でもある。

7月 30, 2005 技術, 日記・コラム・つぶやき |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123469/5240986

この記事へのトラックバック一覧です: 閉館と聞いて交通博物館へ:

コメント

コメントを書く