« レクサス=日本の品質+アメリカ発想のサービス??? | トップページ | 「アジャイル手法は組込みシステム開発に使えるか」 »

2005年11月12日 (土)

ドラッカー氏 死去

今日の日経夕刊の黒抜きで飛び込んできた文字に、「ドラッカー氏 死去」。95歳だったそうだ。

日本企業が、多大な影響を受け、逆に氏の研究対象としてずいぶん取り上げられてきた。「従業員はコストではなくて資源」としたモチベーション理論。少し前の日本企業が何処でも信念としてやってきた事が、今やその逆が横行してはいまいか。


自宅の本棚の中で、断片的にしか読んでいないのに「プロフェッショナルの条件」がある。副題は”いかに成果をあげ、成長するか”。そして、”知的労働の生産性”などがキーワードとなっている。

「プロフェッショナルの条件」冒頭の”日本の読者へ”では、日本の高度成長にも触れている。この本の出版は2000年。読んだ日本企業の読者も少なくなかったに違いない。この5年での企業成長の格差の一つが、真摯に成果/成長を捉えていたかそうでなかったではあるまいか。ふと、そんなことを考えた。

「プロフェッショナルの条件」も、少し腰を据えて読んでみようと思う。

ご冥福を祈りたい。

11月 12, 2005 ニュース日記・コラム・つぶやき書籍・雑誌技術 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ドラッカー氏 死去:

» Obituary ~ Peter Ferdinand Drucker トラックバック 擬藤岡屋日記
Obituary ~ Peter Ferdinand Drucker Peter F. Drucker, a Pioneer in Social and Management Theory, Is Dead at 95(N.Y.Times) 続きを読む

受信: 2005/11/13 17:50:21

コメント

コメントを書く