« 「X'mas」は日本だけの表記 | トップページ | 「がっちりマンデー!!」でアマゾン »

2006年1月 1日 (日)

2006年 元日にうるう秒

NHKのニュース見てたら、「うるう秒」の文字。”60秒”が掲示された時の様子(インタビュー)が出た。

てっきり深夜だったかもと思って新聞見ても、掲載されておらず。ネットで調べたら、なんと1日9時直前にうるう秒が挿入されたとか。


http://www3.nhk.or.jp/news/2006/01/01/k20060101000056.html

なぜなのか、専門家でもなくしたい人がいるらしい。どんな”専門家”なのかとか、口ばかりの評論家じゃないかとふと思ってしまう。


何で深夜でなくて9時なのかと一瞬思ったが、GMT(グリニッジ)のためらしい。

ソフトウェア関係者とすれば、”60秒”はエラー(異常値)で無いので注意が必要。でも、こんな事は大抵の人が知ってるんだろうな。

個人的にはサマータイムは好きじゃないので、「うるう秒」のようにして正確な時刻にしようとする時代にサマータイムのようなアバウトな物があるのが不思議。しかも、日本のように今まで無かった(一度やったが廃止の)国に、導入したい人達が多いというのも不思議だな。

1月 1, 2006 技術科学科学技術 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2006年 元日にうるう秒:

コメント

Yahoo!ジャパンが、1日の9時ごろから検索できなかったとのこと。(Yahoo! (本家アメリカ)が、大丈夫だったみたい)

まさか、このうるう秒が関係しないよな~。時間がほぼ一致してて気にはなる。

投稿: ほんだ | 2006/01/02 8:17:00

コメントを書く