« 日本もタイムシフトへ? NHK紅白歌合戦後遺症 | トップページ | エスカレータ 右側空け/左側空け »

2007年1月 5日 (金)

トヨタの引越し

CS放送TBS”ニュースバード”でのトヨタの引越しの様子を、録画再生して見た。もしかしたら、昨日から放送したいたかもしれないが、早朝の出社前にチラッと見かけ、リピート放送を予約録画していたもの。

正月休みを利用しての、名古屋駅前”ミッドランドスクエア”への3000人の引越し作業の様子。”ミッドランドスクエア”は地上47階、そのうちの17階~40階がトヨタ。東京の海外営業も移動するとの事。

トヨタ流の引越しの様子が、所々紹介されていた。いわばトヨタ生産方式を引越しに適用した様子。マニュアルが整備され、社員や運送業者にまで行き届く。無駄を省くために、引越し前の廃棄で4割削減したとのこと。トラックでの積み下ろしを10分以内と目標設定。

ダンボール4万個、トラックはのべ800台。結局予備日の1日を残した状態で、6日で完了したとの事。積荷の時間ロスを1分とすると、800分=13時間→1日。そのため積み下ろし時間を重要視。

規模がでかいので、業者も多分複数。画面に出たのは、日通と西濃。運送業者が複数になるという事は、やはりマニュアルが必要という事か。(マニュアル化があまり好きじゃない私としては、再考しないといけないのかなと反省。)

壁に貼られたスケジュール表へ完了の旨の記載が映ったが、予定と訂正の欄があった。タスク(アクティビティ)の関連を示す矢印等や、訂正のスケジュール自体は記載されてなかった。そこへマジックで完了の旨をマーキングしていた。

タスク(アクティビティ)の関連性は、検討する時には便利だけど、皆が見て実行する時には不要なのかなとふと思った瞬間。来週実験してみるけど、MS Project→エクセルのツール使うのがいいような気がしてきた。あるいは、皆が見るスケジュールはカレンダー表示形式がいいのかもしれない。(ちょっと後者は、自分の場合アクティビティが多いので、芳しくなさそう。)

また、皆が見て実行する時の状況記載は、システムとかを絡めて考えた方が良さそう。少なくともその度にPCに向かってスケジュールソフトで更新するのは、効率悪い。かといって、巨大システム構築では期間やお金がかかるし、、、。

それにしても、引越しにまでトヨタ流を持ち込むのがすごい。うがった見方をすると、OB等のカンバンなどトヨタ流のコンサルが幅広くなる。OBも含めて、本報道はハッピーになるのかもしれない。

1月 5, 2007 ニュース, プロジェクトマネジメント, プロジェクト管理, 技術, 科学・技術, 自動車 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123469/13352615

この記事へのトラックバック一覧です: トヨタの引越し:

コメント

コメントを書く