« 「沢田マンション」 | トップページ | 電波時計の誤差は、電池切れ⇒時刻の自走は難しい »

2008年7月27日 (日)

うちだけ? 電波時計の誤差

今、家の電波時計、2時少しを示してます。-4時間なのか、+8時間なのか、どう表現したら良いか分かりませんが。

まさか、電波時計のシステム自体がおかしくなったわけじゃないだろうから、自宅内に原因があると思われます。考えられそうなのは、最近エアコン買い換えて、昨日の夜から結構使った事。余りに寝苦しくて、タイマー設定。タイマー切れた後に、再ONしたみたい、、、。電波時計の直ぐ近くに置いてるのが影響しているのかも。ちょっと様子見。


で、「サマータイム」議論。なんか、あいも変わらず法制化したい人達がいるみたい。温暖化防止って言うけど、ほんとかな~。ヨーロッパとかアメリカで、夏場のCO2排出少ないんだろうか? 統計的に。 なんか時代遅れの運用をアメリカなどが行っているのを真似たいだけじゃない? 持論で申し訳ないけど、アメリカやヨーロッパの友人との電話で、「あっ、サマータイムだ~」とか言われて、自分たちだけがそうでないから、ひがんでの提案としか思えない。向こうで学位取った官僚やMBA取得者とかに、ありそう。

サマータイム導入されたら、毎年、2回位、今回のような時刻ずれを気にする事になるんだろうな~。日本人の気質として、やれA社のタイマーはOK、B社のは正しい時間に落ち着くまで10分とか、色々騒動になりそう。そもそも、時間ずらしのシステム更新が、膨大なコスト発生なんだけどな~。

7月 27, 2008 テクノロジー, 日記・コラム・つぶやき, 経済・政治・国際 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123469/41980647

この記事へのトラックバック一覧です: うちだけ? 電波時計の誤差:

コメント

コメントを書く