« トヨタの生産試作の呼び方は、号試 | トップページ | 「トヨタ製品開発システム」 »

2008年8月 3日 (日)

プレキャスト工法 (がっちりマンデー!!)

今日のTBStv「がっちりマンデー!!」は、コンクリート業界。世界で(恐らく)一番硬いコンクリート「ダクタル」なども紹介された。

で、建築現場での「プレキャスト工法」が紹介された。

http://www.tbs.co.jp/gacchiri/oa20080803-mo3.html

現場で生コン注入するんじゃなくて、工場(別の所)で作ったものを現場に運ぶというもの。1フロア2週間かかっていたのが4日で済む。ここのブログ読んでる人は知ってると思うけど、建築での進捗管理として、コンクリートで厄介なのが「養生」。コンクリートが乾くまでは、どんなに頑張っても日数がかかってしまう。そこには、いくら人数かけても解決しない。この工法だと、それを視野に入れなくてもいいんだから、期間短縮になり、発想として自由度が広がる。

建築ではそうやって工法など工夫するのに、ソフトウェアはなかなか進展しない。(進展しているとは思えない、広まっているとは思えない。あるいは工法が大規模建築に適応できるのに対して、なかなか大規模ソフト開発での効率化の決め手が無い。) 逆に、3K,5K,最近は7Kとまで言われる業界になってしまった。 

あっ、蛇足かもしれないけど、個人的には「養生」のメリットはあると考えている。建築だと、一度見回りなどをして確認するのに当てられる。ソフトウェアだと、レビューなどでの後日気づきみたいな感じ。なので、「養生」という期間を全くなくすよりも、代わりの(短くていいから)バッファは設けていた方がいいと思う。

8月 3, 2008 ソフトウェア, テクノロジー, プロジェクトマネジメント, プロジェクト管理 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123469/42045832

この記事へのトラックバック一覧です: プレキャスト工法 (がっちりマンデー!!):

コメント

コメントを書く