« 「派生開発」「保守開発」「改良開発」 | トップページ | 手抜きが心配→ライブカメラ »

2009年1月 1日 (木)

読売新聞 元旦のスクープ 「生体認証」突破して入国

今日元旦の新聞。特集的な記事が多い中で、読売新聞は異彩。入国審査時の指紋照合で偽装して、不法に再入国していたことが判明したというもの。

テープの利用ということで、本人確認の生体認証(バイオ)の、もろい一面が出たことにもなった。

なんか、今年の情報関連での大きなテーマを与えられた気がしてならない。性悪説とかを前提とした設計とか、いくつかのゲートを用意する必要があるということ。ふ~~。

元旦で、のんびりTV見てて、紙面一覧のようなコーナーだったかで紹介された。気になったので、その後コンビニまで行って新聞購入。他の新聞も買って、改めて元旦の新聞は分厚いなーとも感じた。

1月 1, 2009 ソフトウェア, テクノロジー, 品質, 安心・安全, 新聞, 科学技術 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123469/44172862

この記事へのトラックバック一覧です: 読売新聞 元旦のスクープ 「生体認証」突破して入国:

コメント

コメントを書く