« 「パウル君」 予測的中の理由を考えてみた | トップページ | バグが見つかったら、別バグも発見せよ 「1+n施策」 »

2010年7月22日 (木)

タコの学習能力の実験 「シルシルミシル」

ドイツの水族館の「パウル君」の関係で、タコの学習能力って気にしてた。そしたらついさっき、テレ朝の「シルシルミシル」で実験の様子が出た。

ペットショップで購入したタコでの実験。コルクで栓をした瓶の中にアサリを入れ、コルク栓をはずしてアサリを食べるかというもの。最初は駄目だったけど、コルクの栓をはずす様子を見せた後は、うまくコルク栓をはずした。結構驚き。

その後コルク栓を足に絡めたせいでアサリに到達しなかったけど、しばらくしたらコルク栓を離した。そしてアサリをゲットして巣へ。

無脊椎動物で学習能力があるのはタコだけとのこと。このシリーズは続くみたいなので、次回の実験が楽しみ。


ちなみに、ドイツのタコ「パウル君」のワールドカップ勝敗に関する日記も書いてるので、参考にしてね。

「パウル君」 タコの予知能力

「パウル君」 予測的中の理由を考えてみた

7月 22, 2010 映画・テレビ科学 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: タコの学習能力の実験 「シルシルミシル」:

コメント

コメントを書く