« プロジェクトマネジメント学会 2011年度秋季 | トップページ | マクドナルドの駐車場 »

2011年9月18日 (日)

自販機脇のキャップ回収ボックス

家庭や会社のリサイクル分別で、よくやられているのがペットボトルのキャップの分離。ペットボトルそのものと、キャップとを別の入れ物にしている。さらには、ペットボトルの外装シートを剥がすケースもある。

P9180622以前から、街中の自動販売機でのキャップ分離を気にしてたけど、今日キャップ分離の回収ボックスを発見。小田原へのサイクリングの途中での、大磯城山公園。

設置がベンダーによるのかわからないけど、意識はあるみたい。でも、別ボックスの設置なので、回収も含めて手間だったり割高になりそうには思える。逆に結構キャップが溜まっていて、利用者の協力は得られやすいとも感じた。

今回目にして、そんなには普及してはいないけど、自販機の利用後でもキャップを分離するのは良いことと思えた。キャップ用の回収ボックスがあればキャップはそっちへ。回収ボックスが1つしかない場合は、飲み干してキャップを外して捨てることにしようかな。

9月 18, 2011 環境 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123469/52782256

この記事へのトラックバック一覧です: 自販機脇のキャップ回収ボックス:

コメント

コメントを書く