« 再考 バスタブ曲線 | トップページ | ドキュメント作成やレビューでのイライラ »

2012年12月 7日 (金)

ソフトウェアバグとバスタブ曲線

昨日「再考 バスタブ曲線」を書いたけど、そこで少し触れた、ソフトウェアのトラブルとバスタブ曲線に関して、、、。

ソフトウェアの出荷後/リリース後のトラブル(バグ発覚)は、ソフトウェアの経年変化がないので、終盤の故障率アップは無い。出荷直後やリリース直後は、テストが不十分だったりしてバグが発覚する。そしてバグ対策されて、トラブル件数は減ってくる。

その意味では、初期辺りは、バスタブ曲線に合致する。その後は安定して利用され、故障率ゼロに推移する。それがその商品やシステムの寿命まで続く。それが、一般的と言えるかも知れない。あるいは理想。

ただし、現実は、そうならない。

1)偶発期間でも一定の故障率

某OSを含めてセキュリティパッチのことを考えると、一定の故障率が続くと考えた方がすっきりするように思える。

ただし、ひどいのは、バグが継続するケース。そもそもテスト不十分等のままでリリース。修正バージョンを出すけど、修正ミスがチラホラ、デグレード、、、、。(製品回収やサービス停止も視野に入れた)抜本的な対策が必要なケースだ。

2)スポット的な故障発生

安定して使われても、時々トラブルが発生してしまう。(当時の開発メンバーが移籍したりしていることもあり、対応が厄介なケースになることもある。)

良くあるケースとして思い付くのは、システムでのデータ量の増大、外部記憶装置の容量不足、ログの増大などがある。

バスタブ曲線に関連したものとして、部品や機器の故障へのソフトウェアの対応が不十分で、それがトラブルの引き金になる時がある。結構対応やテストをした場合でも、複合的な故障の発生への対応が不十分だったり、想定される故障順番と異なった場合の対応ができていないことがある。後者では、故障率や部品耐用年数のデータでは、Aが故障してBが故障するという想定だったのに、いきなりBが故障するケースなど。

現用/予備の切り替えでのトラブルも、この範疇かも知れない。ただし、この類のトラブルはニュースレベルで目にすることが多いので、世間一般としては設計やテストが不十分と思われかねないジャンルである。

また、運用部門が(組織変更等で)結果的に不慣れとなり、思わぬ操作をして潜在的なバグが発覚することもある。一時的な対応として操作等で回避していたものが恒常的な対策を行わなかった&回避操作をうまく伝達できていなかった事でのトラブル発生もある。


基本的な確認を行わなかったなどは論外としても、見つけにくい/見つかりにくいケースもある。ある程度のレベルの組織体でも、時々発生する。ソフトウェアやシステムの設計やテスト、そして運用では、ソフトウェアの外部が(長いスパンをかけて)経年的に変化する事への対応を検討しておくべきだ。


追記:「日経 SYSTEMS」の2011年2月号(P52)に関連しそうな図が出ていたので紹介。”ノコゴリ曲線”。

2011___systemsp108_場当たり的な改修でトラブルが継続するし、終盤で保守が困難となることを図示している。

本ブログで述べたことは、ここでのノコギリ状態で、トゲのようなスパイクとして発生すると考えればいいかもしれない。多少地震のように、小さなトラブルが兆候として発生することもあるだろうが。なお、通常ならここでの保守困難期でのトラブルは少なく、システムとしての終焉を迎えるし、それを想定するだろう。

逆に、安定期でトラブルが頻発したり、周期的であれば、改修や元々の設計がまずいかも知れないと考えるべきだろう。また保守困難期が発生するかも知れないとして、新システムへの移行などを含め、その対応を検討すべきだろう。


追記:「ソフトウェアの経年変化がないので、終盤の故障率アップは無い」って書いたけど、そのソフトウェア(あるいはシステムと言うべきか)が使用できなくなる状況は発生する。具体的には利用しているOSのサポート切れ。組み込んだオープンソースを含むモジュールが利用できなくなるケースなども該当するだろう。また特にシステムの場合、一般的にメンテナンス契約があり、ソフトウェアはその期間まで動作することになる。

それらを考えると、ソフトウェアのバスタブ曲線は、稼働率のカーブと言えなくもない。あるポイントを0%としてX軸を稼働率100%とすると、従来のバスタブ曲線のように下に凸のカーブとなる。提起メンテナンスなどがあるのなら、想定時間に対する稼働率とすれば、トラブル無しなら100%稼働を意味することになる。

12月 7, 2012 ソフトウェア, ソフトウェアテスト, 品質 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123469/56424819

この記事へのトラックバック一覧です: ソフトウェアバグとバスタブ曲線:

コメント

コメントを書く