« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

2014年9月27日 (土)

SysMLツールベンダー3社揃い踏みセミナー

今日はSysMLのセミナーへ。正式名称は「SysMLツールベンダー3社揃い踏みシステムモデリング事例&ツールセミナー」と、結構長い。オージス総研が主催だけど、ツールベンダ(IBM、チェンジビジョン、スパークスシステムズ)が揃って登壇するし、チェンジビジョンは平鍋さんで、スパークスシステムズは河野さんがしゃべるということで応募した。具体的な事例の話もあることや無料というのも自分としてはメリットに感じた。

http://www.ogis-ri.co.jp/event/1219906_6738.html


ちょうど良さそうな時刻にビルに到着したのに、エレベーターに乗ったら5階止まり。今回のセミナーは上の6階で、そのためのエスカレーターや階段があるかもとうろうろする羽目になり、結局受け付け的には終盤の時間になってしまった。なかなか空席が見つからなかったが結構前の方に空いた席があって、一言声をかけて着席。少し急いで、色々準備した。

講演がスタートして、講演者が、こちらの方を向いて「平鍋さん、そうですよね」みたいに言うからびっくり。なんと、平鍋さんの隣に座ってた。最前列でもなかったし、講演者とか事務局用みたいな紙も張ってなかったので、てっきり聴講者のゾーンだと思ってた。(休憩時に隣が平鍋さんだったと自分でつぶやいたり、平鍋さんに一言挨拶したり、、、。)


講演やパネルディスカッションでの印象などを以下に記す。(聞き違いや勘違いは、ご容赦。)

ツールは、IBMがRhapsody、チェンジビジョンがastah、スパークスシステムズがEnterprise Architect(EA)と、代表的なツール。要求管理など、多少関連するツールの話も出た。

事例では、細部で参考なることはあったが、むしろ使う際にそれぞれ創意工夫しながらやってるという基本的なことが皆さん共通項に思えた。ツールの細部への要望が飛び出したりもして、より一層そのように感じた。モデル設計で仮想的に動くのが面白くなって設計過剰になったり、かえって時間を浪費するなどの話も出て、運用的なことへの工夫も行っているんだと感心した。

ツールの説明時は、各ツールとも特徴的なことがコンパクトにまとまって分かりやすかった。astahの海外使用が増えてきておりその事例では、意外な所での利用の話もあって面白かった。

パネルディスカッションの場でだったと思うけど、関連する事項として「インダストリー4.0」の事がちらっと出た。ヨーロッパ(ドイツ?)における産官学による、言わば工場のIT化への取り組み。直接SysMLとは関係ないけど、モデリング→高速製品化と考えると、無関係でもないというか究極的に目指すものが見えてくる。日本の場合はモデリングというとITとかETロボコンのそれが浮かぶけど、製造業を含めた製品化・サービス化への利用も視野に入れておかないと、ヨーロッパ(ドイツ?)などに負けてしまうということも少し頭の隅に入れていて良いのだろう。

また、受け付け脇に質問パネルがあって、パネルディスカッションではその中からの質問も扱った。単刀直入な「ツール開発にツール自身を使ってますか?」との質問があった。Rhapsodyとastahは、部分部分で使用しているとのこと。EAはEAを使っての開発とのことで、逆に開発のための機能(その場では特にメール機能)まで備えているとの説明があった。人によっては、EAになんでメール機能まであるのかが理解できた人もいた様子。

3つのツールの差別化というか特徴のショート説明では、価格の件や国産製のことなど、皆さん感じている事のいわば復唱みたいな感じ。やはり、それぞれ一長一短だ。

フランクなセミナーだったが、そのお陰もあって有意義な情報を得られたと考える。機会あればまた開催してほしいし、(事例発表者などで難しい側面があるかもしれないけど)他の地方での開催もあってもよさそうとふと思った。


なお、個人的にちょっとした”アハ体験”だったのが、SysMLでの”satisfy(充足)”。satisfyは、SysMLでの要求とブロックの要素間の関係を示すもので、ある要求があるブロックで満たされるということを記述できる。実はここ1,2ヶ月間、システム開発などでのモデリング絡みで考えていた事があった。(新しい)OSでのとある機能を利用して実現したいということは、結構発生する。以前のクライアントサーバーへの移行などでも発生したし、昨今のスマフォでのゲーム開発でも少なくないだろう。結局要求が実装と結構結びついてる。

なので、実装を隠蔽する方にむしろ無理があるのではないかと考えたり、それらの結びつきを上手くモデリングというか図示できるほうが良さそうと思いをめぐらしてた。satisfy(充足)はSysMLでは最初からあったかは覚えてなかったり、そのような疑問時にSysMLを直ぐに調べなかった事を猛反省。さらに言えば、SysMLには要求図というものがあり、要求分析でユースケース図とどちらで検討した方が良いかか考えるべきとも思った。ユースケース図のほうが少し変わったアイコンなどもあって見栄え的にはいいんだろうけど、、、。

9月 27, 2014 ソフトウェア | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月21日 (日)

デジカメのバッテリー 捨てるにも一苦労

デジカメのバッテリー(リチウムイオン)が、少し膨らんで取り出しにくくなってしまった。以前から気にはなってたけど、冬に備えての意味もあり、追加購入。元々のバッテリーも含めて、5つ目。

201409211607582014092116083020140921160950写真に写ってるバッテリーは、上から古い方で、上端が膨らんでしまって取り出しにくくなってるもの。

光の反射で、少し膨らんだ様子がわかるだろうと思う。

ちなみに、新しい方が元々厚めになってて、言わばすぐに膨らんだら交換が必要そうに思える。まっ、安全面を考えてのことかもしれないけど。

電池持ちが悪くなって追加購入したことはあったけど、取り出しにくくなっては初めてかと思う。このデジカメを含めて、他の機器のリチウムイオン電池でも初。少し気になって調べたら、過充電でそうなることがあるらしい。過充電で電池持ちが悪くなるというのは聞いたことあるけど、膨らむというのは余り耳にしなかった。今後は、使い切るような工夫をしたいと思う。なおパソコンなどの電池で、発火による回収は発生してるけど、それの予兆と考えるべきなのか??


で、使えなくなったリチウムイオン電池を破棄しようと、電池工業会のページ経由で協力店を検索。最寄り駅への道の途中にヤマダ電機があったけど、つぶれてしまったため。正確には、少し遠い所へ移転。

少し離れるけど、イオンの大和店が掲載されてたので、用事のついでに行ってみると扱わなくなったと言われた。ガーン。さらに遠い別のイオンに行っても同様だろうし、遠いヤマダ電機もそうかもしれない。何かのついでに、ヨドバシカメラかな~と考えてる。

ふと、首都圏の我々ですらそうなのに、地方都市だと二次電池のリサイクル協力店って身近にあるんだろうかと思ってしまった。電機業界が縮小するように、電気販売店が縮小、二次電池の協力店も縮小といったイメージを抱いてしまった。

二次電池という括りなら、携帯電話販売店のほうがずっと多い。そこで他の機器のも扱わないのかな~とか、自動車のバッテリーがあるから、そっちでも良いのにとつい思った。

業態の浮き沈みが、妙な所にも影響してるな~と、なんか妙な気持ちにもなった。

9月 21, 2014 日記・コラム・つぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月19日 (金)

スコットランド独立に便乗した沖縄独立ネタ? 

今日(日本時間)は、スコットランド独立の選挙に関わるニュースが流れてた。NHK BS1では、BBCの放送を主として開票速報を流すような番組もやってた。

で、ネットでチラリチラリと見たのは、沖縄独立の話題。スコットランドが独立すれば、沖縄の独立も考えられるというもの。まっ以前からちょっとした話題にはなってたんだけど、スコットランドの独立に関連して流れるというのは、なんか便乗商法みたいで薄っぺらさを感じてしまった。

井上ひさしの小説「吉里吉里人」、漫画「沈黙の艦隊」など、独立国家をテーマにしたエンターテイメントは少なくない。ゴルゴ13でも沖縄独立クーデターの話があったはず。それらは面白いし、沖縄独立が沖縄での選挙ネタなどにもなってるのはわからなくはない。(以下はウィキでの「琉球独立運動」のページ。)

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%90%89%E7%90%83%E7%8B%AC%E7%AB%8B%E9%81%8B%E5%8B%95


ただ、今回のスコットランド独立でポイントとなったのは、北海油田、通貨、EUへの参加など結構具体的な事項だ。そのため、スコットランド独立の話題と比して遜色ないようなポイントの話があれば別だが、そうでも無さそうだ。つまり便乗を狙った蒸し返し程度。その程度が拡散されるから、なんか空しいというか寂しい気がしてならなかった。沖縄独立を唱えるグループメンバーがスコットランドに向かったような事を目にしたが、プロ野球で対戦しようとしてる場に、草野球チームがのっこり出てきたような感じがする。


北海油田に相当するカードは、尖閣諸島を含めた海洋があるけど、沖縄県の所属かとか開発済みとなると少し雲行きが怪しい。通貨にしても、今回スコットランドはポンドはそのままにしたいと言ったけど、イギリスは否定。つまり、沖縄が”円”から離れられるかという話だ。他にも、独立となると、どうなるんだろうと考える事は結構ある。

 ・年金はチャラ(多分)
 ・地方交付税はなし
 ・石油石炭税の全額免除が無しになり、電気料金は少し値上げ 他にも値上がり要素は色々ありそう
 ・テレビやラジオは停波 花子とアンや妖怪ウォッチは見られない (妖怪ウォッチって直放送してるか??だけど)
 ・漫画やゲームは手にするのが遅れたり、割高に(かな)
 ・小学校や中学校の教科書は日本からは無し、あるいは輸入
 ・甲子園出場も多分無理 もちろんインターハイなども
 ・東京への飛行機は成田へ
 ・(復帰前と同様に)日本⇔沖縄ではビザなどが必要
 ・沖縄出身の芸能人は、出身欄が”沖縄国”みたいな表記に
 ・コールセンター(など)は結構引き上げそう

多少皮肉になるけど、長寿県を長野に奪われた今、これはと思えるカードが無い(なんてね)。沖縄のいろんな問題は分からなくはないけど、それを短絡的に沖縄独立みたいな言葉で片付けようとせず、それぞれの問題を深掘りして解決方法を考えるなどの方が大事だろう。なんか今回の拡散って、○×問題程度しかやった事のない発想に思えて、つい書いてしまった。

9月 19, 2014 ニュース | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月 8日 (月)

終戦時のブラジル日系コミュと現代

昨日、ちらっと目に入ったTV番組が、BS1スペシャル「遠い祖国~ブラジル日系人抗争の真実~」。再放送で、前編の終わりごろから見出した。出掛ける予定があったので、後編を録画予約して、帰宅後さらっと見た。時間のあるときに、(再度)じっくり見る予定。
NHKサイトじゃないけど、以下にちょっとまとまってる。番組の制作会社のサイト。
http://www.google.co.jp/url?sa=t&rct=j&q=&esrc=s&source=web&cd=3&ved=0CC8QFjAC&url=http%3A%2F%2Ftemjin-tv.com%2Fworks%2F%25E6%2594%25BE%25E9%2580%2581%25E3%2580%25808%25E6%259C%258815%25E6%2597%25A5%25EF%25BC%2588%25E9%2587%2591%25EF%25BC%258916%25E6%2597%25A5%25EF%25BC%2588%25E5%259C%259F%25EF%25BC%2589%25E3%2580%2580%25E9%2581%25A0%25E3%2581%2584%25E7%25A5%2596%25E5%259B%25BD%25E3%2580%2580%25EF%25BD%259E%25E3%2583%2596%25E3%2583%25A9&ei=ybgNVK2ABtWTuATGlIC4Bw&usg=AFQjCNFiQQH5gS0E6hO-G-Dm5HSf_S4A1w&sig2=DBak6c9Nc1NuiovogJw25w

第二次世界大戦の終戦間際や終戦後の、ブラジル日系人内での抗争を扱ったドキュメンタリー。自分は、全然知らなかった。「勝ち組」「負け組」が対立して、複数の暗殺まで発生する。「勝ち組」は、終戦時も日本が勝ったと信じている人達。「負け組」は、日本が負けたんだと理解できた人達。大戦時に、日本人はラジオを取り上げられるなど情報皆無の状態。一部の人達(「負け組」)は、ラジオで知ったり、ポルトガル語を理解できたりして、日本敗戦を知る。

「負け組」が「勝ち組」の人々を説得するという、単純な図式にならない。元々の「負け組」の多くが、お国のためと言ってたのに、ころっと変わったように映ってしまう。また説得するにも「勝ち組」の人達を、罵倒するような言動をする人も出てくる。(実際あったのかも知れないが)「勝ち組」が行動に出たとのデマが出る。本当のことを知ることよりも感情が先になって、対立がエスカレート。暗殺事件まで起きてしまう。

日本が勝ってるとのチラシを販売する輩が出てくる。終戦後に日本が勝ったので、帰ろうとの機運が高まり、港で二世などのために日本語学校を開いて一儲けという輩もいたようだ。そんな人々により、混乱が加速したり、後になって怒りを別の組に向けたりする事になったのだろう。

番組では、日系人の人々が出て、当時の事を喋った。暗殺に関わった人、そして殺された側の家族の話もあった。それぞれの人生といったイメージ。帰化するつもりはないと言ってた老婦人が、あの壁の絵が死後どうなるかだけ心配と、指し示したのが天皇陛下の絵だったシーンは印象的だった。

なお個人的には、最後の方では和解していった話も出るだろうと思いながら見ていたが、見当たらなかった。番組構成として多少不満が残るとともに、今も続いてる悲しい現実なのだろうとの思いに至った。(一昨年だったか、親戚の所でブラジル移民の人=老婦人と少し話をする機会があった。この抗争のことを知ってたら、もしかしたら少し当時の様子を聞けたかもしれないと、ふと残念に思った。)

ちなみに映画になったおり、「汚れた心」(けがれたこころ)と「闇の一日」。

後者は、YouTubeで無料で見ることができるが、(二世らが喋るのは日本語でも)見出しやナレーションはポルトガル語である。
https://www.youtube.com/watch?v=QDf_egB3MG4&feature=player_detailpage

また、日本語版も公開予定と書いてるページを見つけたが、YouTubeで”闇の一日”や”yami no ichinichi”で検索しても出てこず、日本語版の公開はお流れになったのかもしれない。

「汚れた心」はブラジル人フェルナンド・モライスの「コラソンイス・スージョス」を原作としているし、この日本人間の抗争を扱った日本のドラマ「ハルとナツ 届かなかった手紙」もある。

これらの事を知ったのも、今回のBSでのドキュメンタリーを見てから。


なお、こちらもちらっと見た、今日の朝ドラ「花子とアン」では、戦時中の婦人会での一般の婦人と接客業?らしき人達の婦人会の対立があった。また、ヒロインの友人宅に石が投げつけられるが、非国民と言いながら逃げてったのは子供たち。前者の婦人会の対立は他の朝ドラでも登場したような気がする。後者の子供による行動は、他の朝ドラであったのか?? ふと、昨日の「遠い祖国~ブラジル日系人抗争の真実~」と似たような状況と言えなくもない。


朝ドラを見た後、ドキュメンタリーとの相似性に思い当たり、さらには現代と結構似た側面があると思いついた。最近多いのが、ネット上のデマ。明らかな個人によるデマもあるが、大手新聞社などが(外部からは余りに意図的と思われるような)偏った記事を流す。他にニュースそのものは信頼できるが、”拡散希望”と記してSNSでのアカウント収集を目的としたものも少なくない。拡散希望には、あからさまに拡散希望と記してないこともあるし、可哀想な話などが少なくなくて、つい”いいね!”をクリックして拡散していく事がある。

ちょっとした事件で、実行した人を非難する人が出たかと思うと、擁護する人が出てくる。タレントや企業の言動などに対して多量の意見が飛び交う時もある。いわゆる”炎上”の発生。対立が結構エスカレートして、更なる事件の発生に至る事もある。

ドキュメンタリーや朝ドラでの時代は、戦時中や終戦直後。言論統制がされていたり、情報が全く入って来ない時代の話である。ところが現代の対立の発生が、妙に当時と似かよってる気がしてならない。現代でも、本来の情報の欠如が原因の時がある。不確かな情報が先行するケースがあって、正しい情報は遅く到着してしまう。そして、感情とか心情でバイアスがかかってしまう、、、。情報のスピードは速いが、飛び交ってる信頼性はさほど向上してはいないということだ。


直近での自分の周りでの”拡散希望”ネタへの反応は少なくなったように思う。逆に、大手新聞社での偏った記事への対抗がエスカレートしているように感じる。偏った記事を出す新聞社が悪いんだが、その対抗たるメディア(週刊誌)だって、偏った記事やゴシップ的過ぎる記事は少なくない。1,2歩下がって位の気持ちで読んだ方が、良さそうだと考える。

マスコミや風評に踊らされるのは、今も昔もさほど変わらないと言える。歴史から学んだはずだが、現代でも起きてしまう。ある意味、歴史を単語で暗記した/暗記させた弊害なのかもしれない。ドラマなどで当時の具体的なことを知り、そして現代と対比して考えるというのも、備えとしては悪くないと感じるこの頃である。

9月 8, 2014 日記・コラム・つぶやき, 映画・テレビ | | コメント (0) | トラックバック (0)