« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »

2014年10月19日 (日)

ITプロジェクト成功率 30%→75%にアップ?

日経コンピュータ2014年10月16日号を読んでいて目に飛び込んできたのが、”高い成功率も油断は禁物”、”プロジェクト成功率は75%”。の文字。特集「3069人調査で迫る 情報システムのリアル」での、タイトルや見出しだ。

以前の日経コンピュータでは、成功率が30%程度だった。2008年12月1日号と2003年11月17日号での記事で、それぞれ31.1%と26.7%。以前”日経のプロジェクト成功率”としてブログに書いている。

つまり、ここ数年で成功率が30%→75%にアップしている。喜ばしい事だ。(ただし内心では、以前のブログの行間で述べたつもりだけど、数年前などでは回答側も分析側も失敗の方にバイアスがかかっていた気もする。)

数年前などでの日経の調査は、第1回と第2回の「プロジェクト実態調査」と題するものだった。5年ごとで、次は2013年と気にかけていたが雑誌には掲載されてない。なので今回の10月16日号が、それに代わるものと考えて良いだろう。ちなみにサンプルは全く同じかは不明だが、有効回答数は、2003年が1746、2008年が814、そして今回の2014年が3069なので、回答数自体は増えている。

個人的には、今回の方が実態と合致しているように思える。なお、工程での失敗率の分析や商習慣に対する回答、アジャイル導入比率などの分析も行われていて、参考になると思う。一読をお勧め。


ちなみに日経コンピュータ2014年10月16日号の目次ページは以下、
http://ec.nikkeibp.co.jp/item/backno/NC0871.html

日経コンピュータ2008年12月1日号の目次ページは以下である。
http://ec.nikkeibp.co.jp/item/backno/NC0718.html

10月 19, 2014 ソフトウェア, プロジェクトマネジメント, プロジェクト管理, 書籍・雑誌 | | コメント (0) | トラックバック (0)