2014年3月 2日 (日)

劇団メトリ ブログ削除

以前“出荷判定寸劇 「劇団メトリ」のブログ”で触れたが、出荷判定に関する寸劇を面白くするために「劇団メトリ」なるもので活動してた。触れたブログもそうだけど、実体的にはS-openでのSIGでの活動。

S-open自体もなくなって、「劇団メトリ」ブログがそのままというのもおかしいかなと思い、削除することにした。ぼかしてはいるものの、発表の写真とががこの後もずっとそのままになるのは芳しくない。Googleグループなども同様に削除した。

先週くらいからメンバーに、削除予定の旨のメールを出したけど、やはり数年経ったせいかメールエラーになるアドレスが発生した。一部の人とは、TwitterやFacebookでの繋がりがあるが、逆にここ数年でコミュニケーション手法が様変わりしたと言うことでもある。

寸劇での発表では札幌に出向き、ついでに観光した想い出なども懐かしい。ブログ削除はちょっと寂しい気もしたけど、仕方ない。

3月 2, 2014 出荷判定 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月 1日 (木)

「僕がアップルで学んだこと」

数年前から、時々品質関連の人と話題としたのが、アップル製品(当時だと代表的なのはiPod)の品質に対する感覚と自社製品を含む日本製品に対する感覚の違いは何?というもの。つまり、iPodを使っていると、(時々)音飛びが起きたりする。ところが日本製品だと、多分出荷NG。この違いはなんだろうかとか、判断基準をどう考えるべきかといった話題。実際アップルの製品を使っている人が少なくなくて、どう考えるか聞いたりした。

なかなか結論は見出せなかったが、アップルでの品質保証/品質判定の方法や基準は、その後も気になっていた。

左は、数日前に購入した本。著者の松井氏は、元・米アップル社品質保証部のシニアマネージャ。

実は、2,3ヶ月前とかに、本屋で手に取って見たことはある本。当時はパラパラ捲った程度だった。ところがiOS6でのアップル地図のゴタゴタをネットニュース等で目にして、色々検索。アップルの品質などの検索で、本著者の松井氏が引っかかってきた。そして、この本に品質保証部在籍当時のことが書かれていそうだったので購入した。内情暴露ではないだろうけど、ヒントになることが分かれば良いな~位の思い。

書評などでは、社内政治への対応やアップル回復のことが書かれている。それらの記載ページが多くて、品質保証絡みは所々。ただし、キーとなりそうなことが書かれていて参考になった。

品質保証部の役割は、品質を保証することではなくて、開発プロジェクトの状態を定点観測を行うということ。[P82] テストを行ってバグ分析をし、その製品がどの程度出荷可能レベルに近づいているかを測る。

バグ修正は重要度の高いものから行い、優先順の議論に時間が費やされることもある。[P79] また意見として、過剰品質を求めていないとの記載もある。[P84]

個人的には納得だし、優先順位の議論とかは知り合いなどの自分の回りで良く聞く話で、理解しやすい/当然と考える。

なお他に、マニュアルを少なくしたり無くしたこと[P69]や収益に対する研究開発費が2.3%と低いこと[P77]、デザインでブレが無いことと細部での変更とが書かれている[P64、P78]。

ちなみに、品質保証部門を担当した時の、メンバーの惨状の様子[P109]や整理整頓に心がけたエピソード[P112]に触れている。


先頭の方で記載したiOS6でのアップル地図問題は、iOSの開発統括のスコット・フォーストール上級副社長が来年退任するとのニュースで落ち着いた感じだ。代償が大きくなった。

実情は分からないが、松井氏が退社したことで、P109に述べてあるような惨状に戻ったのかも知れないとふと思った。また松井氏自身、今回のアップル地図問題をどう考えるか、彼のブログなどを注意しているつもりだけど書かれていない。(今は)書きにくいとか、書くべきではないとの判断かも知れない。 個人的には、アップル地図を出さざる終えない事情があるように思えて、申し送り事項(例えばαバージョン扱いにするとか)として明言などで対応する方法もあったように考えるのだが、、、、。

いずれにしろ、アップルを知る上で、個人的には読んで良かったと感じた本だ。


追記:以下の松井氏とのインタビューで、アップルも出荷判定会議をやってるとか、そのリハーサルの準備をした逸話が書かれている。

http://www.cyzo.com/i/2012/07/post_11040_3.html

11月 1, 2012 ソフトウェア, ソフトウェアテスト, 出荷判定, 品質, 書籍・雑誌 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月16日 (金)

ソフトウェア開発での進捗の可視化

昨日の「プロジェクトマネジメント学会 2012年度春季」で触れた、ソフトウェア開発でのスケジュール進捗の可視化の件。

プロジェクト管理でのイナズマ線や達成率で進捗を示すことは行われているし、バーンダウン・チャートを用いることも多いだろう。ただし、ここで考えたいのは、ソフトウェア全体でのどの部分が終わってるかの図示化。一昨日の学会での講演だと、配管の3次元表示がスケジュールと一緒に示されたが、ソフトウェアが2次元とか3次元で示されれば言うこと無し。

2次元表現としては、クラス図などが考えられる。ただ、スケジュールでクラスをどう表現するかとか、ツール間の連携が気になった。色々調べたりしたけど、良い考えが思いつかない、、、、。

でふと、スケジュール→チケットと考えると、すっきりしてくるように思えてきた。チケット系のツールと、リバースエンジニアリング系(も機能に持つ)のツールで、連携できるものがある。

なお、全体をプロジェクト管理ツールで行っている場合は、WBSレベルでの情報をチケット情報から引っ張ってくる/作成するやり方が良さそうに思う。つまり主体をチケット系ツールにする。機能実装やテストの進捗とかバグ対策の進捗まで含めた可視化では、チケット情報の方が的確だからだ。(ただし、工数検討などではプロジェクト管理ツールの方がメリットあるだろうから、使い分けを行うだろう。)


結構すっきりして、一人ご満悦状態。

3月 16, 2012 ソフトウェア, プロジェクト管理, 出荷判定 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月27日 (水)

三菱重工業のGPM(グローバル調達マニュアル)

社外コミュニティのちょっとした勉強で、関連会社とかへの品質などのプロセス徹底などを気にしてる。

完全子会社とのそれよりも、連結対象会社・グループ企業とか、単なる取引関係のある会社との関係。自社のプロセスを、完全実施しろと言えないことも少なくない。というか、まず無理。それと、そもそも自分に関係の深いソフトウェア開発とかその品質保証プロセス以外にも、コンプライアンスを含め、いろんな分野の保証や監査が考えられる。

長く頭の隅にあったし、コミュニティで議論しやすい題材が無いかが悩みだった。分厚い本よりも、ちょっとネットに転がっているようなものを欲したが、なかなか良いのが見つからなかった。

で、今日見つけたのが、タイトルでの三菱重工業のGPM(グローバル調達マニュアル:Global Procurement Manual)のページ。

http://www.mhi.co.jp/company/procurement/gpm/index.html

2007年度に制定したみたいなのだが、”調達”関係だったので、検索などで気がつかなかったのかもしれない。逆に、改めて調達の重要性、当然だけど契約などの重要性を感じた次第。

なお、記載内容は基本的な事項なので、人によっては拍子抜けかもしれない。ただし、逆に、このような基本的なルールを明示的に示して、後はビジネスユニットで固有の事項を加えたり、より詳細の目標を定めるべきと思っていた。その意味で、個人的には丁度良さそうな表現。

ちょっと嬉しかった1日だった。

ついでに。以下は、東芝でのグループ会社を含めた品質保証体制。

http://www.toshiba.co.jp/csr/jp/customer/quality.htm

なお、(グループ会社との対応の記載は少ないが)半導体での品質保証体制については、結構細かい事項まで書いているページが置いてある。実はシェアとか利益率などとの対比で、サムスン電子などのそれがないか探そうとしたけど、日本語のページはすぐには見つからなかった。


ここで紹介したページよりも、もっと適したページがあるかもしれない。あくまで参考と言うことで、、、。

10月 27, 2010 出荷判定, 品質 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月28日 (火)

本「定量的品質予測のススメ」

2週間ほど前に本屋で見かけて、その日は荷物が多かったので買うのを止めてたもの。会社の本屋に注文していて、今日入手。

ページ数が100ページ強と薄い。断片的には、知っている事が少なくない。また、日頃、○○をソフトウェア品質のメトリクスにしても良いかな~と考えているような事が詳細に記載されている部分もあった。レビューでの指摘件数などにページを割いてあり、結構小気味いい。そのため読みやすいし、実践する時には再度じっくり読めば良いと思える本。

個人的には、”尺度”に関して順序尺度などの説明があったりするので、メトリクスに関して基本的なことに理解度の確認にもなると考える。(てっ、ここのブログ読む人たちには、無用だろうけど。)

管理図での説明が多いのは、少し閉口。

逆に、プロジェクトマネジメントでの効率指数、SPI(スケジュール効率)とCPI(コスト効率)をX軸とY軸にして、時系列にプロットする図は、応用してみたい気がしている。株式などでの逆ウォッチ曲線みたいな感じ。ただし、当たり前だけど、逆ウォッチ曲線のような蛇行での判断では無く、どちらも1を下回ったら危険と判明するというもの。もちろん、実務的には1以下にするよりも、0.9以下とか0.75以下だと警告するような運用だろうけど。

サンプルデータも具体的で、実務とさほどかけ離れていない(と考える)ので、自組織での値との比較も面白いと思う。興味ある人はぜひ読んでみて。

10月 28, 2008 ソフトウェア, プロジェクトマネジメント, プロジェクト管理, 出荷判定, 書籍・雑誌 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月29日 (火)

トヨタの生産試作の呼び方は、号試

ソフトウェア関係の人達と話題となるのが、開発プロセス。特に組込みだと、(大まかには)設計の試作の会議、生産の為の試作の会議、出荷判定というプロセスだろうけど、その事を理解できない人とか、理解しようとしない人がいる。

段階を踏む事を理解しようとしない。(もちろん、それに代わるようにプロセス案を議論してる訳じゃない。)

前読んだのは、自動車のホンダ系の本で、DR1、DR2との名称。その事を言っても駄目。で、今日は、じゃっということで、トヨタではどう言うんだろうと調べもの。そしたら、設計試作は設計試作だけど、生産試作は号試(ごうし。正確には号口試作(ごうぐちしさく)と呼ぶと判明。いやー、正式名称は呼びにくい。coldsweats01

ほんとは、設計試作も2段階みたいだけど、短縮化の改善などもあるので、ケースバイケースなのかもしれない。

トヨタの名前を出すと説得性があるようなので、段階を踏む事の説明で次回から多用しようかな、、、。

ちなみに、今日は別件の関係もあって、”ISO 16949”の本を購入。こちらも自動車関係。なぜか、今日は自動車業界のプロセス関係の勉強が少なくなかった。うーん、良いことなのか??? (本来、ソフトウェア開発プロセス自ら、こんなプロセスとか認証メカニズムを確立すべきじゃないのかな~)

7月 29, 2008 ソフトウェア, テクノロジー, プロジェクトマネジメント, プロジェクト管理, 出荷判定 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月14日 (金)

イーモバイルでSkype通話(+ビデオ)会議

今日は、S-openのSIGの会議。東京(3名)と関西(1名)とで、Skypeでの通話会議を行った。東京の1名と関西の1名は、ビデオでも接続。全体での参加は10人近く。

東京の3名は、全員イーモバイルだった。多少遅延が気になるのと、特定の人のPCのせいかもしれないけど、途中で何度か、変な音が入るとか接続断とかが発生した。が、おおむね良好。

私は、Skypeのみの音声通話。他の人のこと考えてPC自体での再生を行ったけど、逆に東京のエコーバックが気になる事もあった。まっ、仕方なし。

以前別コミュニティで、Festoon使ってビデオ会議やった事もあったけど、今回の会議前のやり取りで別の人がSkypeのみで出来るとか。時間無くて、その時はちゃんと聞かなかった。

で、さっき調べたら、SkypeはV2.5とかでビデオ通話が可能となったみたい。しかも、現在の最新版はV3.6。

Festoonとの違いが、今ひとつ分からなくなったけど、9人(10人?)までならSkypeでビデオ会議できるようだ。Festoonではそれ以上も可。(ただし、ネットではFestoonはダウンロードできなくなったとの記載もあったけど、サイトはあるようなので??)

実は、ビデオ会議を余り使わなくなったのには、そのチャンスがなかったのもそうだけど、Festoon+Skypeをインストールしていると、妙なタイミングでネットのやり取りをしている感じがあったため。また、こちらの設定が良くないのかも知れないし以前の事で勘違いしている可能性もあるけど、2つのソフトを起動したり停止したりするのが面倒。

次回にでも、Skypeのみでのビデオ会議は試してみようと思う。

3月 14, 2008 パソコン・インターネット, 出荷判定 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月10日 (月)

「組込みプレス」形式手法、「プロセス改善ナビゲーションガイド ベストプラクティス編」

今日は朝早かったので早めに切り上げて、ちょっと本屋さんへ。

組込みプレスはVol.10。”祝”のマーク。形式手法の車載シスエムへの応用が目に留まったため購入。なお、帰ってから読んだら、Promelaという構文を利用しているみたい。ちょっと良く調べてみないといけない、、。

巻末にはスキル判定シートなるものがあり、結構面白そう。また、ロボット技術なども。


SEC BOOKSとして、「プロセス改善ナビゲーションガイド ベストプラクティス編」が出ていた。いくつかの事例集と考えた方が良い本。結構具体的で、参考になりそうなメトリクスなども少なくない。

JAXAとか日本電気(CMMIレベル5)もあり。住友電気のJAVAでのu管理図は、以前から気にしていたテーマなので参考になった。(でも、時系列での視点の言及が、少ないような気がするけど、、、。)


どちらも、細かい部分を読むと結構身近なプロジェクトでのヒントとなったり、URLにアクセスして深く調べた方がいいのがある。今週、他の資料も含めて詳しく調べようと思う。

3月 10, 2008 ソフトウェア, 出荷判定, 品質, 書籍・雑誌 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月29日 (金)

出荷判定寸劇 「劇団メトリ」のブログ

JaSST'08東京などで、出荷判定寸劇を演じさせてもらいました。その寸劇を行った、「劇団メトリ」のブログが開設されました。

http://troupe-metri.blogspot.com/

劇団メンバー複数人で書くようにしています。今後コンテンツを充実させます。

出荷判定とかに興味あれば、覗いてみてください。所々面白ネタも置いてあります。

2月 29, 2008 出荷判定 | | コメント (0) | トラックバック (0)