2015年4月24日 (金)

タンポポ 広範囲で調べてる人達がいるんだ~

知り合いのつぶやきで、ふと気になって「タンポポ」の事を調査。元来のニホンタンポポがめっきり少なくなってセイヨウタンポポだらけなんだけど、ある意味その確認。

すると引っかかったのが、「タンポポ調査・西日本2015」 トップページ。

http://gonhana.sakura.ne.jp/tanpopo2015/index.html

現在調査中ページだけど、2010年の調査結果や2014年の調査結果のページにも行ける。

そして、「みんなで創ろう全国タンポポ前線マップ」

http://www.fujitsu.com/jp/about/environment/society/activities/case-studies/technology/psystem/dandelion/

ちょっと意外な事に富士通のサイトにあって、ITを利用した方法にも言及している。過去の前線マップにも辿れる。


で、「タンポポ調査・西日本」なんだけど、東日本版があってよさそうに思ったけどもすぐに見つからなかった。熱心な人や人達がいるかどうかに依存するのかもしれない。

あと、2010年では、徳島県や香川県、岡山県に外来種25%以下の所が結構点在している。個人的には、少し信じられない。ニホンタンポポに注意している人達が多くて外来種が少なくカウントされてるようにしか思えないんだけど、、、。(もちろん、土壌や気候が関係するのかもしれないが。)


また「全国タンポポ前線マップ」は、ニホンタンポポ前線に九州や東北・北海道が書かれていない。もしかしたら、九州、東北・北海道にはニホンタンポポが皆無なのかもしれない。が、さすがにそんな事はないような気がしてならない。

「シロバナタンポポ前線」がある。自分も、シロバナタンポポは見たことがあるか微妙なくらい珍しいと思う。それを観測してるなんてなぜかと気になったけど、温暖化の指標になるようだ。


ちなみに、自分の周り(関東)でもセイヨウタンポポだらけだけど、サイクリングで遠出したりしてニホンタンポポを見かけることはある。また、見間違いじゃないと思うけど、中低山では結構ニホンタンポポを目にする。まっそれも人の行き来や種の飛散で外来種が”攻めて”来てる様な気がする。


季節的にタンポポの開花なので、タンポポを見かけたら、ニホンタンポポか気にしようと思う。

4月 24, 2015 パソコン・インターネット, 環境 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月24日 (火)

洗濯物がびしょびしょ にわか雨や通り雨の予報 

一昨日も昨日も、結構天気が良いと思って洗濯物や布団を干していたら、午後から小雨。うちもそうだったけど周りも結構干したままの所が多かった。特に我が家は、布団を湿らせたのがショック。念のためだけど、天気予報は晴れ。特に一昨日は暖かくなって、(当初は)うららかな春の気分。昨日は一昨日のを乾かそうと干したのに、また降られて、泣きっ面にハチ状態だった。

今朝は好天で、物干しの再チャレンジ。でも、ふと二の舞は御免と、TVの天気予報なども注意してた。すると、朝のNHKだったけど、通り雨の可能性を言ってた。なんだ天気予報のコーナーで言うんだと思って、ネットでの天気予報や、データ放送の天気予報を見たけど、晴れマークのみ。NHKの番組ページでも、天気予報の細かい事は書いてない。

一昨日などもそうだったけど、天気予報マークは晴れでもちょっとした雨があり、洗濯物にはそれが大ダメージ。マークって、にわか雨みたいなのを丸めて無しにしちゃうんだな~と改めて感じた。形式知にすることでの弊害や、言葉が先行してしまうことなどとちょっと似てるのかもしれない。

そこで、文言による天気予報、それもプッシュ型の情報通知がないか探したけど、なかなか良いのがない。注意報や警報辺りになれば利用してる事もあって分かるんだが、にわか雨は雷を伴えば別だけど注意報の類にならないことが多い、、、。

良さそうに思ったのは、Twitterの 「東京の天気予報」  https://twitter.com/forecast_tokyo。 最初得体が知れず、個人運用かなとか思ったけど、日本気象協会の試験運用だった。(プロフィールのリンク先で分かる。)

東京よりも気になるのは横浜なんだよな~と、「東京の天気予報」 のページでの、神奈川版のところに行ってみたけど、つぶやいてはいない。またページ上の文言は、つぶやくには少し長い。文言の細工など、東京だけ試験運用してみようとの考えのようだ。

他も色々調べたけど、良いのがない。昔個人的なつぶやきでテスト的にやってるのはあったけど、今は止めているみたい。また横浜市のつぶやきなどで一部天気のことに触れてるのがあるけど、その他の情報が多すぎてフォローする気にはなれず。

横浜市の防災の天気予報で分からなくはない。ただ、防災メールの一昨日とか読んでも、昼間のにわか雨には言及されてなかった。


ということで、巡り巡って、「東京の天気予報」 のTwitterをフォローすることにした。しばらく様子見。効果ありそうなら、多分”横浜の天気予報”の天気予報も作って欲しいとかをこのブログで書く事になるかもしれない。

3月 24, 2015 ニュース, パソコン・インターネット, 科学技術 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月 9日 (金)

古くなったiPadをどうやって壊そうか、、、

段々自分のiPad(今となっては初代)が使いにくくなってきた。メール受信とブラウザと少しのアプリを動かしてるけど、ブラウジングの途中に高頻度で落ちる。iPad miniも持ってるんだけど使う場所を違えてる事もあって、捨てるにはまだ未練あり。(というか、新しいiPadを買うのが、予算の関係もあって躊躇してる。)

で、iPad(初代)って、安く廃棄するにはどうするのか気になった。特にPCで言えばHDDの破壊のような、記録部の破壊をどうするか、、。前者は作戦が少し見えてきたけど、問題は後者。そもそもHDDと大きさなどが異なる。

自分はHDDの破壊って2,3回ソフマップでやったので聞いてみたら、miniだと機械に入りそうとのことだった。でも今回のはiPadで、駄目そうだ。

しかもよくよく考えたら、iPad miniだとしてHDD破壊装置で穴を開けても、メモリチップが破壊されるとは限らない。その意味でも、メモリチップを破壊する方法を検討しないといけない。

結局目に付いたのは、iPadの分解ツール。

こんか感じの商品が、Amazon経由からでも購入できる。パーツ屋さんなどでも売ってるのかもしれない。


他に、「ヒートガン」というドライヤーの高機能みたいな機械もあった方が良さそうだけど、先々細部検討かな。また、結局チップを取り出せても、そのチップを破壊する必要がある。大きなハンマーとかで作業するのなら、分解せずにガシャンとやっても大同小異な気もしてきた。その方が時間は短くてすむ。

これだけタブレット端末が普及すれば、破壊業者や破壊サービスが出てくるかも知れず、多少様子見。結局その辺りに落ち着いた。

「 iPad 分解」

1月 9, 2015 パソコン・インターネット, 日記・コラム・つぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月 8日 (金)

ホームページでの電話番号の所のマーク

しばらく前に、とあるホームページを見ていたら、電話番号のところにマークが付いているのがあった。直ぐにはわからず、よくよく見たらSkypeのマーク。実際は実験しなかったけど、クリックするとSkype経由で電話できるようだ。

当初、その企業がSkypeの企業向けシステムなどを導入してて、それでSkypeへ誘導するんだと思っていた。連絡先の中にマークの付いてないものもあって、そこにはシステムが入ってないのかな位の気持ち。

ところが、結構他のページでも見かけるようになって??? 例えば、さっき見たのは機械遺産のページ。(あくまで例)

 http://www.jsme.or.jp/kikaiisan/data/list.html

さすがに最初考えたSkypeシステム導入は可能性が低そうで、ネットなどで調査したら、すぐに判明した。Skypeをインストールしたら、Firefox(Chromeも?)にアドオンがインストールされて、それがマークを表示するようだ。

なんかMSのような、いらぬお節介。アドオンのインストールの選択はもちろん、インストールする旨などが表示されなかったような気がする。ちなみに、Skypeはマイクロソフトに買収されてるので、マイクロソフトみたいな”いらぬお節介”は、マイクロソフトに買収されてからのものかもしれない。

で、アドオン「Skype Click to Call」を削除しようと思ったけど、削除ボタンが無い。うーーん。ただし”無効化”ボタンはあって、それで一応無効にはできた。(ネットでは、無効自体もできなくて対応方法を書いてある所もあった。以前はそうで、あまりに顰蹙で変更したのかもしれない。)

とりあえず、無効化で乗り切るつもり。それにしても、機械遺産のページでもそうだけど、03(都内)の番号にはマークが付いてない。なぜか??

8月 8, 2014 パソコン・インターネット | | コメント (0) | トラックバック (0)

Twitter → RSS

TwitterのつぶやきをRSSで受け取りたい時がある。以前はTwitter自体がサポートしてたはずだけど、その後APIの変更か何かでなかなか良いサービスが無い。

少し重宝してたのが、 RSS it for Me! 。
 http://www.rssitfor.me/

ところが、上手くいく時もあるけど、駄目な時がある。しばらくして再度実行するとOKの時もあって、どうも不安定。駄目な時は、見つからないだったり、ゲートウェイが無いとか、、、。


で、今朝知ったのが、Queryfeed。
 http://www.queryfeed.net/

読んだのは以下。「Twitterのユーザータイムライン、キーワード検索結果をRSSで取得できる『Queryfeed』」。
 http://heemstjam.blogspot.jp/2014/07/queryfeed.html


RSS it for Me!で取得できなかったRSSが取得できた。検索の項目も、(結構)以前日本語検索できたサービスと少し似通ってて、重宝する項目があるかもしれない。

ただ、TwitterもAPI変更とかで、我々から見ると唐突な変更が少なくない。なので本Queryfeedがどれくらい使い続けることができるか不安はある。が、自分の利用するRSS取得サービスの当面メインになりそう。

8月 8, 2014 パソコン・インターネット | | コメント (3) | トラックバック (0)

2014年7月18日 (金)

回路図もガラパゴス

2日ほど前に、Twitterでつぶやかれた「無駄な抵抗」。

 https://twitter.com/m9_mukyuu/status/489214129463234560

それ自体は、クスッと笑えるような投稿だったが、知り合いとかと話題にしたのは、そこでの抵抗記号。いわゆるギザギザタイプで書かれていた。自分も1年ほど前に知ったけど、このギザギザ記号は古くて、新しい記号になってる。なので、教室とかの黒板に書かれてたというのは、専門的な学科などでは考えにくいかな~というもの。(そこでの話題は、取り立てて問題視してるわけでもなく、単なる補足的な話題提供レベル。)

以下はたまたま自分が持ってた、「電子機械」(実教出版 平成24年発行)という工業高校用の教科書。その表紙裏の記載。抵抗器は長方形になっている。
P7184830_2

どういうことかというと、これらの電気記号はIEC(国際電気標準会議)で定めてて、JISもそれに則っている。が、JIS-C301(旧JIS記号)とJIS-C0617(新JIS記号:IEC 60617に該当)があり、新JISでもどちらを使っても良いとしている。ただし図面の中では統一しなさいとしている。

新JIS記号では抵抗器が長方形になっており、ここでの教科書は新しいJISに則っているというわけだ。

自分が抵抗などの記号が変わったのを知ったのは、「トランジスタ技術」2013年3月号での回路記号をつらつらと眺めている時だった。

以下はその雑誌での、2つを併記説明している部分。
P7184831

ヨーロッパ等への輸出時は、CEマーク認証の為の図面等の提出は、IEC記号つまり新JIS記号での記載が必要となる。なので、輸出とかが多い企業では、新JIS記号が使われている(はず)。

それでも、新JIS記号が一般に浸透してない大きな理由は、ここで挙げたCQ出版などが旧JIS記号に拘ってるのが大きいと思われる。本屋さんで新JIS記号での記載の書籍を見つけようとしてみたが、電験(電気主任技術者試験)やその対策本と、他は本当に数える程度。そもそも本屋さんでの電気のコーナーにはCQ出版の本や雑誌が多いので、当たり前とも言える。「トランジスタ技術」もそうだし、無線関係もそう。我々ソフトウェア技術者に少し馴染みのある「Interface」もCQ出版である。

グローバル化の中で、旧JIS記号に拘るのは問題じゃないの~とか、日本のガラパゴス携帯のことが言われてるけど、回路図自体がガラパゴスというわけだ。日本の電気屋さんが、世界の潮流に取り残されてるようにも思えた。つまり、欧米と新興国が新JISというかIEC図面でやり取りしてるのを傍らで見てるというか、、、。(ちょっと皮肉りすぎだろうけど。)


だが、話がそれだけでは済まない、、、、。同じ「トランジスタ技術」2013年3月号の別ページに記載されているのが以下。論理回路の記号で、左の方は馴染みのある人は多いと思うが、MILスタンダード。右の方が今まで述べた新JIS記号。
P7184832

MILスタンダード(MIL標準)は正式には「MIL-STD-806」で、MILはアメリカ軍の調達のための規格。MILスタンダードは、論理回路の記号として日本では幅広く定着している/定着していた。

MIL標準も、実際は廃止された規格になってしまっている。(正確には、参照とかもあるしJISでも旧記号を使用してよいとしている。) MIL標準(MIL論理記号)のウィキペディアは以下。
http://ja.wikipedia.org/wiki/MIL%E8%AB%96%E7%90%86%E8%A8%98%E5%8F%B7

論理回路の記号に関しても本屋さんで調べてみたが、教科書的な本で新JIS記号での記述はすぐには見つからなかった。ネットでは、新JIS記号で書いてあるものがあったり旧JIS記号との対比で意見を書いているページもいくつか見つかったが、新JIS記号への反発の意見もちらほらあった。

大学の授業ではどうかがわからないが、論理回路の記号はMIL標準が多いのかもしれない。ちなみに、前述の「電子機械」という工業高校用の教科書の論理回路部分は、MIL標準で書かれている。

また、論理回路に関しては、IECの新しい記号は複雑な回路の記述には適しているとの考えがあるようで、逆に授業程度の簡易回路なら旧JISでも十分だし、敢えて新しい記号のために資料や本を修正する必要も無いとの考えは、そう不自然ではない。

P71948462P71948472左は、昔自分が使っていた情報系とMIL標準の定規。ここ何年、いや何十年、特にMIL定規は使ってない。

そもそも昨今は、ソフトウェア屋さんがハード図面を作成することは皆無だし、論理回路図で議論することは少ないと思われる。さらにはハードウェア屋さんも、海外EMSなどの作成に任せて回路図とかのチェックすら少なくなっている気がする。論理記号を意識する人の絶対数が減っている。なので、論理記号の変更の件は、あまり話題に上ってないのだろう。


さて、抵抗の記号などの時に電験のことを取り上げたけれども、論理回路とかなると情報処理技術者試験の事が気になる。調べたら、以下に、試験で使用する代表的な記号・図などの規定が書かれている。

http://www.jitec.ipa.go.jp/1_02annai/annai_yogo_jis_kyu.html
 情報処理用流れ図など :JIS X 0121
 決定表 :JIS X 0125
 計算機システム構成の図記号 :JIS X 0127
 プログラム構成要素及びその表記法 :JIS X 0128

電気回路や論理回路の記号に関しては、規格を明確には記述してない。


個人的には何でも欧米に合わせるとの考えは好きじゃないけど、電気回路や論理回路の記号に関しては、試験や教科書は順次新JIS記号にした方が良いと考える。特に(入門的なものでは無くて)実務を意識した場合は、どのみち企業内では輸出等の関係で新JIS記号というかIECに則ることになる。そうであれば、新JIS記号で習得していた方がいいだろう。教える側の論理より教わる側の論理で考えたら、明白だと思うのだが。


「回路図」

「論理回路」

「工業高校 教科書」

7月 18, 2014 ソフトウェア, パソコン・インターネット, 技術 | | コメント (0) | トラックバック (1)

2013年7月 7日 (日)

Feedly iPad版が動かない

「Googleリーダーは、Feedly へ乗り換え」で書いたように、RSSリーダーはFeedly へ乗り換えた。結構気に入ってはいるが、iPad版と、PC版というかクラウド版とで、見栄えや操作方法が結構違う部分は気になっていた。

RSSのグループ名の表示文字数などの関係で、iPad版の利用は皆無だったけど、Googleリーダーのサービス自体が終わったこともあって、iPad版のバージョンアップがあったり操作性の統一が図られたのかなと思って、iPad版を操作してみた。新しいソフトがリリースされていたのでバージョンアップ。

ところが、 'Over Capacity'というエラーが出て動作しない。再度Googleへのアクセス許可をやっても同様。Feedlyを削除して再インストールなどを行っても同様だった。最初は、Feedlyでも、バグである旨は掲示されていなかったような気がする。最近はバグと書いてはあるけど、どうもクラウド版と接続できるように大きく変更しているようだ。(Feedlyの変更だけでは済まないのかもしれないけど、、、。)

iPhone版のFeedlyはサポートされているとか、iPadでも別のアプリ経由でFreedlyへアクセスできるようだけど新しいアプリをインストールするのは躊躇している。今のところ、iPad版のFeedlyのリリースをしばらく待つ予定。

それにしても、向こうのソフトは、サポート不十分だったり急にサービス停止したりするから厄介だ。まっ、恩恵もあるんだから仕方ないんだどうけど、なんかアナウンスの仕方など工夫が欲しいところ。

7月 7, 2013 ソフトウェア, パソコン・インターネット | | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月 7日 (金)

Googleリーダーは、Feedly へ乗り換え

Googleリーダーが7月で終了とのことで、ポップアップを何度か目にするようになった。後1月ちょっと。終了の話は聞いてたので多少調査してたけど、実際の乗り換えまではしてなかった。ポップアップで時期的な余裕が無くなってきたと実感したのと、少し時間ができたので、具体的に乗り換えの作業することにした。

まずは以前いくつか読んだ中で、一番候補としたNetVibesを使ってみた。エクスポートやインポートもすんなり。ところが実際に試用してみると、細部で不満が出てきた。自分の使い方としては、RSSを登録して優先順位的なフォルダーに分けて、タイトル一覧で気になるものだけ読んだりお気にする方法。不要そうとかお気に入りにしたら(フォルダ単位で)既読にする事が多い。

NetVibesで気になったのは、以下の事項。(充分確かめてないので、勘違いとかあればご容赦。)

・並び順が固定

並びを自由に変更できる。ただし、検索機能がないせいで、既に登録してるかとかどのフォルダなのかが分かりにくい。登録済みのRSSを再度登録できて複数のフォルダに入れてしまいそう。

・タブ付けが不便

トピック入力と呼ぶようだが、それも違和感あり。

・未来日付への対応

未来日付のRSSをエラーっぽいとして、先頭に表示する。最初は、オラリージャパンなどの各サイトの方の使い方が良くないと思った。ところが、そんなサイトが結構ある。

自分の使い方として、既読も表示させるようにしてるので、未読の上に未来日付のタイトルのが残っているのは違和感あり。

・RSS登録が不便

元々、右クリックなりメニューの購読経由で登録できるのがありがたいと思っていた。ところがNetVibesだと、RSSのURLを入力する必要があり、不便。

・スピードが遅い

結構もたつく感じ。


そこで、二番候補のFeedlyを試すことにした。悪くない。iPad向けのアプリもあり、そちらとで情報共有している。フォルダ名やRSSタイトルはアルファベット順。操作で順番を変えられるけど、ソートの指定が可能。既読への操作も楽だ。Firefoxメニューのブックマーク(購読)からの登録も可能で楽ちん。なお、いくつか気になった点があり、以下。

・日本語化されてないことと設定系のメニューの位置が分かりにくくて、戸惑うことが少なくない。慣れれば別だろうけど。

Web版の左上の”Prefs”で、環境設定系を行う。ここで例えば既読の操作での確認ポップアップを表示させない設定が可能だけど、見つけにくい/気づきにくい。

・iPadアプリとWeb版の見え方が大きく異なり、結構違和感が発生する。

・もたつく感じはある。

特に全既読にした場合など。なお全既読の場合は、処理の反映に時間がかかっているだけで、時間が経てば既読になってる。なので、既読の操作したら次のフォルダに移動すればよい。

それ以外は、多少諦めないと行けないのかも、、、、。

・Web版の左上の”Organize”で、フォルダ名等を変更できるけど、フォルダ名の文字が大きくて編集のボタンと文字列が重なってしまい、編集ボタンをクリックできない。今一番の個人的な課題。

iPad版ではフォルダ名の表示が大きくて、枠からはみ出て末尾の文字列が読めないので、なおさら不便に感じている。


NetVibesとFeedlyの試用で、半日くらいつぶしてしまった。時間的に勿体なく感じた。これでGoogleリーダーの置き換えは、一応完了。次の置き換えの大きなものは、WindowsXP。まだ1年くらいあるけど、今回のこともあって、少しずつ検討したりした方が良さそうに思えた。

6月 7, 2013 パソコン・インターネット | | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月19日 (日)

GMarksと決別

今日GMarksでのブックマークを、Evernoteに移行を完了。本当は、1ブックマーク毎に1ノートにした方が良いんだけど、重要なものだけそうして、あまり利用しないものなどはタグでまとめたものを1ノートへ。

GMarksでのブックマークは、結構重宝してたもの。ソーシャルブックマークが一時期言われたときも、非公開のブックマークを前提としてるとか、コメントやタグなどが便利だった。また、Firefoxでのアドオンで右クリックでブックマーク登録できることや、それなりに安定してたのも良かった。

ところが最近、タグの変更がなかなかうまく行かない。WebでのGoogleブックマーク上での記述変更ならそれなりに動くんだけど、GMarksでのドラッグ&ドロップがうまく行かない。一度変更できたと思って、再度GMarksやWebでのGoogleブックマークで確認すると変更されてない。多少タイムラグかなと思って、翌日などに確認しても駄目。

色々試したし、他のソーシャルブックマークへの移行も検討。「はてな」が非公開登録が可能とのことで試したけど、結果的にはその都度非公開を選択する必要があるし表示がコンパクトに思えず、断念した。

ブックマークの件数が1000を越えていたり、何かの拍子に変な情報でWeb上のブックマークと差異が起きてるのかもしれないけど、それを調べる気力もない。さらっとGoogleのサイトを見たけど、掲載されてないし、Googleは多分本機能のメンテは優先度を下げているように感じた。

結局、Evernoteにすることにした。ほんとは、Evernoteで管理するのは例えばコメント上書きとかページタイトルの考え方などで使いにくい面のあるけど、仕方ない。また、1ブックマーク毎に1ノートにするのは、作業に時間かかるので重要とか使いそうなものだけにすることにした。

ネットサービスはサービス停止も多いし、ちょっとしたバグをなかなか直してくれないケースが多い。分かっちゃいるんだけど、実際作業する時はイライラしてしまう。まっ、これでイライラは一段落と言えば一段落。

5月 19, 2013 パソコン・インターネット | | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月25日 (月)

「プリンタ」と「プリンター」どっち?

ここ数日悩んでるのが、とある用語集で記載を「プリンタ」と「プリンター」のどっちにしようかということ。いわゆる”長音”の扱いで、erなどで終わる用語のカタカナ表記で”ー”を使うか/使わないか。後述するが、「プリンタ」/「プリンター」以外にいっぱいある。

昔は”プリンタ”で納得してたし、ドキュメントレビューなどでも”プリンタ”に修正することは良く行われていた。設計ドキュメントで厳密に統一する必要はないのだろうけど、後々のマニュアルとか表示関係の実装での間違いを防ぐ意図(意識)もあって、修正したのだろう。このブログでも、結構「プリンタ」とか「レーザ」のように、長音符号無しで表現していた。

で、今回のとある用語集での統一性のために色々検討して、(案の定というとおかしいけど)長音符合の件は議論になった/なっている。


まずは、長音符号のいきさつ。ちなみにここでの大きな問題は、言葉が 3音以上の場合にで英語の語末が‐er, ‐or, ‐arなどに当たるものカタカナ表記に、長音符号を付けるか付けないかである。(2音以下の場合には、語尾に長音符号を付けるで合意。)

1)http://ci.nii.ac.jp/naid/110002440034「電子管式アナログ・コンピュータ : 自動制御への応用」電気系の論文1953年とかで、音引き省略の用例が見つかるそうだ。

カタカナ語語尾長音(音引き)省略に関する話題 http://kozawa.jugem.cc/?eid=477 より)

2)個人的なイメージ的には、1970年代でも結構音引き省略/長音符号省略の用例が広がっていたと思う。

3)1991年6月28日の内閣告示第二号で、長音を付けるべしと告示。

個人的には、工業界は知らんぷりというか、移行した所は皆無だったと思われる。

4)JIS Z 8301:1996において、長音符を付けないと規格化された。

5)JIS Z8301(2000年版)で上記長音無しルールが一度削除された。(上記サイト)

JISが1991年の内閣告示へ賛成する格好になったようだけど、これも普及しなかった(長音符号省略が継続)ように感じる。

6)JIS Z8301(2008年版)では、決めるのが難しいとの表現に変わった。

Z8301規格では「専門分野の用語の表記」の項での表現は、”長音符号を付けるか,付けないかについて厳格に一定にすることは困難であると認め,各用語集の表記をそれぞれの専門分野の標準とするが,長音符号は,用いても略しても誤りでないことにしている。”との表現になった。また、長音符号を省く場合の原則(8301:1996とほぼ同じ?)が列挙された。

7)ポツリポツリと企業等で長音符号を付けるようになったり、その旨を明言したりするようになった。逆に、旧来の長音符号を付けないままとする旨を、明言するところもあった。

長音符号を付けることを明言した端的なところは、(日本)マイクロソフト。

http://www.microsoft.com/japan/presspass/detail.aspx?newsid=3491

以前なら、日本語スタイルガイドにも辿れたようだが、スタイルガイドの方はもう無いようだ。

逆に、長音符号を付けないことを明言した端的なところは、情報処理学会。

http://www.ipsj.or.jp/magazine/topics/katakana.html


じゃ、プリンターメーカーはどうなのか調べたら、、、、。

<<「プリンター」派>>
富士ゼロックス
http://www.fujixerox.co.jp/product/printer/

エプソン
http://www.epson.jp/products/colorio/printer/

キヤノン
http://cweb.canon.jp/product/printer/

(日本)HP
http://h50146.www5.hp.com/products/printers/inkjet/

ブラザー
http://www.brother.co.jp/product/printer/

リコー
http://www.ricoh.co.jp/printer/

コニカミノルタ
http://www.konicaminolta.jp/business/products/printers/

パナソニック
http://panasonic.jp/dc/printer/


<<「プリンタ」派>>
富士通
http://jp.fujitsu.com/platform/document/

NEC
http://www.nec.co.jp/products/peripheral/printer.html

デル
http://accessories.apj.dell.com/sna/category.aspx?c=jp&category_id=4014&cs=jpdhs1&l=ja&s=dhs
(デル自身のプリンタが無い?ので、多少は矛盾。また「レーザープリンタ」との表記で、長音符号を付けない原則なら「レーザプリンタ」だろうにとか、逆に「スキャナー」と長音符号ありの用語を使っていたり、「モニタ」と「モニター」との記載のページが混在している。)

レックスマーク
http://www1.lexmark.com/ja_JP/products/printers-multifunctions.shtml
(こちらも「カラーレーザー」との表記で、長音符号を付けない原則の統一感には乏しい。)


上記ではプリンター派が多いが、いくつかはマイクロソフトの長音使用に対する賛同企業として名を連ねている。またマイクロソフトの長音使用に前後して、テクニカルコミュニケーター協会から、「外来語(カタカナ)表記ガイドライン(第2版)」が出された。(上でのマイクロソフトのページにあるように、テクニカルコミュニケーター協会の会長が、マイクロソフトの呼びかけに賛同している。)

http://www.jtca.org/ai_collaboration/katakana_wg/index.html


ちなみに上記マイクロソフトのページなどで長音符号を付けるようになった用語の主なものは以下。

アダプター、インストーラー、エクスプローラー、コントローラー、スキャナー、ドライバー、バッファー、パラメーター、ブラウザー、プリンター、ユーザー、コンピュータ-。

なお、内閣告示第二号での「外来語の表記」 では、語末*y も原則として長音とし長音符号「ー」を用いて書き表すとしている。アクセサリー(accessory)、エネルギー(energy)、メモリー(memory)など。ただし、マイクロソフトのサイトなどでも、これらについては長音符号を使わないケースになっている。例えば、セキュリティーとせずに、セキュリティ。(さらにただし。「エネルギー」に関しては、マイクロソフトを含めて長音符号を付けている場合がほとんどである。)


今回の調べで、自分の頭の中で、「プリンタ」→「プリンター」など長音利用の方向に頭を切り換えることができそうなのは有意義だった。さらには、語末*yでの長音符号など、用語表記に関するルールで混乱している部分がまだまだ少なくないことを改めて知ったことは大きかった。

自分なりに、長音を含めた用語表記ルールを意識しておくことは大事だろう。例えば情報処理学会などへの投稿の際には長音符号削除にすべきだが、自分なりに統一していれば削除のための作業は楽といえる。また、自分の属する会社や団体での長音扱いがどうなっているか、今のうちに調べてみるのも悪くないと考える。

3月 25, 2013 テクノロジー, パソコン・インターネット, 技術 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月19日 (木)

Evernoteへの大容量ファイルアップやノート結合

Googleのノートブックのサポート打ち切りを契機にして、Evernoteの利用頻度が上がった。最近は結構重宝するようにまでになった。Firefox向け以外にもあるのかもしれないが、アドオンを使うとGoogleの検索時にEvernoteでの検索結果(ただし件数)が表示される。その機能も、自分には役立ってる。

で、ここ1週間ほどは、少し大きなテキストファイルもEvernoteにアップして、操作や検索対象にしようと考えた。また、Googleのノートブック移行やその後で増えたノートブックの整理をしようとした。前者は、添付では検索対象にならないので、テキストでペーストする方法を実施。

案の定というと変だが、容量が大きいことで思わぬ現象が発生。そもそも直接のペーストでブラウザとして反応無し状態になる。ローカルPC上のEvernoteアプリ上でペーストして、同期させることにした。ただし、ペーストで時間かかるし、同期の途中で様子がおかしい。ハングアップのような感じ。どうもネットワークの調子が悪くなり、ブラウザやメーラーがサイトを見つけることが出来ないのエラーまで発生した。

一時的かと思ったら、結構長く続く。別の端末(携帯やらiPadなど)も動かしてみたら、iPadもおかしい。どうやら、自宅のルーターに影響をおよぼしたみたいだ。あるいは、ルーターの処理にまずいところがあるのかもしれない。いずれにしろ、ルーターの再Onと同期の再実行を何度か行った。(大きなファイルを一挙にペーストするのは止めて、いくつかに区切って処理。)


もう一つのノートブックの整理は、いくつかのノートを別のノートブックに移動させるというもの。(Evernoteでは、ノートの集合体がノートブック。他に各ノートにタグを付けることが出来る。) ノートブックの数に制限があることと、名称などが分かりにくくなってしまったことが理由。

1つのノートならWeb上のドラッグで操作できるが、いくつかをまとめてが処理できない。Googleのノートブックの時はノートやノートブックの名前を変更すると、ノートへの追加やノートブックへの追加が実行された(はず)だが、Evernoteでは名称重複でエラーとなる。ローカルPCのEvernote上でノートを選択して右クリックで結合させることは可能だが、今回はその用途ではなく別のノートブックへの移動。(より正確には、Web上のドラッグ操作ではCtrlキーで複数選択することが出来るが、多くのノートの選択には不向きである。またhtmlベースの結合なので、(自分の場合は)ちょっと意図しない表示になるケース有り。)

こちらも、ローカルPC上のEvernoteアプリでカット&ペーストすることで実行できた。しかし、同期に時間がかかるのは同様。同期失敗が何度かあったが、早朝の実施でどうにか同期した。念のためにiPadでも同期させた。

そもそも実施したかった全部をアップするには、Evernoteの容量制限の関係で、しばらく日を置いて行う必要がある。その大きなファイルのアップが残っているし、実際はその大きなファイルの内容も少し整理した方が良いので、しばらく作業は続く。ただし、作業方法などは検証できたように思うので、一安心。少し気が楽になった。

4月 19, 2012 パソコン・インターネット | | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月 2日 (金)

日経電子版 iPad向け 感想

今朝、日経電子版のiPad向けのTVCMを目にした。日経電子版は既に利用しており、iPad版が欲しいのは以前からの要望だったし、3月スタートなのは知ってた。でも、昨日は外出などもあり、ころっと忘れてしまった。ちなみに、日経での紹介は以下など。

http://pr.nikkei.com/special/20120101b.html

今日、早速利用。AppStoreからダウンロードする際に、ちょっと間違えてiPhone版をダウンロード。iPadでも利用できる書き方だったので、まさかと思いながら、、、、。何か以前も同じようにして、ダウンロードした気がする。焦ってたかな。ソフト的にiPhone版と同じソフトというのも考えられなくはないけど、あくまで言い訳。


やはり、良い。早朝の閲覧としては、PCの起動のことを考えると、やはりiPad。日付を選ぶなど、基本的な考えはPC版と同じ。日経でのアジアレビューだったか各号をダウンロードするタイプのものがあるけど、それよりもアプリは1つで日付指定が自然(当然)。 (蛇足だけど、iPadもOSのバージョンアップなどで、起動時間がかかるようになってしまった。当初くらいのを目標にして欲しい。)

Bletoothでの記事共有とかiPad固有の機能もあるみたいだけど、すぐに実験できるわけでもないし、自分は使いそうもないので実験の対象外。さらっと記事を読んで、保存などを実験。全般的には好感なんだけど、細部で気になったことや要望を。

1)横スクロール

タップ(クリック)で横スクロールできるが、誌面の端と言うよりも、次の誌面部分と言った方が良い。電子書籍などじゃ該当ページの端のことが多いので、ちょっと違和感。まっ、これは慣れでカバーできる。

フリック(ドラッグ)でも横スクロールできるが、誌面の流れと指の流れが追従しない。誌面の方が少し遅れてしまう。軽くフリックして手を離すと誌面が流れるように進むが、長くフリックして誌面を流そうとするとズレが気になる。iPadの端までフリックして次のページに行かそうとしても、誌面の半分くらいしか進まない。

長くフリックしての移動は、拡大して他の記事へスクロールする際に気分的に少しイライラする。こちらも慣れかと思うけど、個人的には違和感が残る。

2)ログオフの機能は欲しい

設定で自動ログインオン/オフの切り替えが可能である。また、設定でIDなどのクリアも行える。ちなみにIDなどの保存は、それとは別に設定可である。

明示的なログオフ/ログアウトが無い。多少好き好きだろうけど、自分の利用するWebサービスでは、大抵ログオフ/ログアウトがある。別のアプリを起動しててもログインは継続していたいけど、かといってログインしっぱなしだと万一他の人に使われたりするのは避けたい。Webサービス系だと、大抵明示的なログオフ/ログアウトがある。

本件は保存機能にも関連する。記事の保存は、IDなどのクリアで消えてしまう。ただし、それは件数表示への影響だけかもしれない。記事の保存を続けててかつ一度ログアウトするには、自動ログインをオフにする方法があるが、、、、、。

日経電子版のPC版(多分携帯も)では、ログアウトがある。操作性の共通化ということもあって、iPad版にもログアウトの機能が欲しい。

3)記事選択

ヘルプでは、Wタップで選択解除(他の部分のタップで選択解除)となっている。どうも操作している限りでは、Wタップでその部分が選択されると共に拡大。選択状態でWタップすることで選択解除になるようだ。その方が個人的には分かりやすくて良い。

ただ、例えば広告とか株価のように選択できない部分がある。天気情報とか放射線量とか、誌面の一部だったり選択できても良さそうなものでも選択できないことがあるから少し厄介。そのような場合でも、Wタップで拡大だけは行ってくれればよいと思った。(選択では、選択以外はグレーなので選択してるか判別できる。拡大率をどう設定して良いか不明だろうけど、1/4誌面表示程度の大きさで良いのではないだろうか。)

ただし、本件はPC版でも同様。ダブルクリックでも選択不可の所は拡大しない。なので多少諦め。

4)Web版へのジャンプや記事のスクラップ化

PC版だとWeb版にジャンプして文字列での閲覧などが可能である。文字列として自分でのメモ保存が可能である。iPad版ではそれらができない。今のところURLをメールして、PC版で操作する方法が良さそうだ。Web記事との連携が少しつらい。例えば、今日の夕刊での線量計のテスト。PC版だと「Web画面で読む」をクリックして、Web版の比較記事にたどり着く。iPad版では、夕刊の紙面止まりである。

上で述べた保存の機能があるのでiPad版での実装は難しそうだし、iPad版でWebにジャンプする事での不具合の方が不安なので諦めかな。(他のアプリで、その辺りが可能だけど落ちる現象が頻発というのも実際ある。)

また、逆に保存の機能はPC版にはない。できればPC版にも実装されて、iPad版との情報共有ができれば言うこと無い。PC版などとの機能の統一化とか情報共有は、これからの課題なんだろうと思う。(無理しての統一化や共有化は不要かとも思える。そもそも操作性などが異なるため。個人的な要望は、保存程度。)


紙面自体は1週間ほど遡ってダウンロードできるけど、保存自体は200件の制限はあるものの1週間より前の記事も保存可能と思われる。このあたりは実験。上で述べたように選択不可の部分もあるので紙ベースと同じとは行かないけど、スクラップの代替えに近くなる。少なくとも保存機能をテンポラリーのスクラップとして紙スクラップを後で行うなどの活用は可能だ。

多分明日からはiPadでの電子版でさらっと読んで、補助的にスクラップなどのために紙ベースの新聞を利用する格好になりそう。新聞に対するライフスタイルが変化するだろう。


追記:日経電子版のiPad向けで、3日土曜日のプラスワン(PLUS1)がダウンロードできなかった。別の日のはダウンロードできるので、iPadの容量などの問題では無さそう。またPC版ではOK。まっ、多分すぐに解決してもらえるとは思う。逆にこちらの環境のせいかもしれないけど、一応記載しておく。⇒当日、3日土曜日の午後には、ダウンロードできて読めた。

3月 2, 2012 パソコン・インターネット, 新聞 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月26日 (木)

iPadでBluetoothマウス利用

iPadでのマインドマップ作成(正確には編集)の目処が立ったので、マウスの利用も本格的に検討を考えた。

そもそもiPadでは、Bluetoothのキーボードは使用できるが、Bluetoothマウスの利用は不可。Jailbreak(いわゆる脱獄)を利用したマウス接続がネットに掲載されていたが、当時はiPadでのマウス利用の必要性を余り感じなかったしJailbreakへの抵抗感もあって止めていた。ちなみにJailbreakは、Appleの認可を受けていないアプリケーションをインストール可能にする行為で、アップルのサービスの対象外。

そもそも、自分のiPadのバージョンは4.3.5。Jailbreakするためには起動毎の操作も必要とのこと。で、調べたら、最近バージョン5.0.1でのJailbreakができたそうだ。

参考にしたのが以下。
http://jailbreak.xxxxxxxx.jp/5-0-1.html

5.0.1にすること自体にも、多少抵抗があった。Macも含めて新しいOSにして、不具合発生や利用しているアプリの対応ができてないなどで懲りたことが何度かあるため。少し悩んだが、「えいやっ」で5.0.1にした。日本語入力が少し便利になっていたり、ブラウザのSafariがタブ形式になって戸惑ったりしたが大きな問題なし。(それにしても、iPadの日本語入力での不便さは変わらない。文節などの区切り変更ができない。あるいは、方法があるのか、時間ができたら調べるけど。)

redsn0wを利用することにした。

参考にしたのは以下のサイト。
http://blog.livedoor.jp/iphonejb/archives/1718844.html

ただし、「以下、デバイスがUSB接続され電源が入っている状態からの説明です。」と赤字で書かれているけど、本来は電源Offからの操作になるはず。誤記かと思われる。その意味では、以下の方が分かりやすいかも。
http://www.blogfromamerica.com/wp/?p=4426

で、redsn0wでの画面で最初が電源Onなのかどうかで混乱したり、そもそも操作がもたついたせいか、redsn0wがハングアップしてしまった。iPadも真っ暗。(あるいは操作で電源Offしたのかもしれないけど。) ビックリして電源Onを操作したけどOnにならず。がーーん。

何度かホームボタン押したり、電源ボタン押したりしたら、どうにかiPadの電源が入った。良かった~と安堵。ホームページの記載などをじっくり読んだり、操作の予行演習をやってから再チャレンジ。どうにかJailbreakが成功した。


次が、Cydia を使っての 「BTstack Mouse」インストール。以下などを参考にした。

http://maclalala2.wordpress.com/2010/05/11/ipad-%E3%81%A7%E3%82%82%E3%83%9E%E3%82%A6%E3%82%B9%E3%81%8C%E4%BD%BF%E3%81%88%E3%81%BE%E3%81%99/

http://akihisaohmiya.blog.fc2.com/blog-entry-77.html

結構課題なのが、Cydiaでの検索。他のページでも書いてあるけど、日本語入力というか日本語のシステムでは検索しようとすると不具合が発生する。自分の場合、そもそも検索しようとしたらCydiaがハングアップ。何度かやっても駄目で、結局Cydiaで有効な全てのアプリ(パッケージ)を表示させて、スクロールさせながら 「BTstack Mouse」にたどり着いた。

JailbreakにしろBTstack Mouseのインストールにしろ、サブウィンドウでインストールしているコンポーネントやチェック状況の文字列が表示されて、ちょっと面白い。

P1261729_2P1261730P1261734_2BTstack Mouseをインストールして、アイコンが出たり、そのアイコンクリックでBluetoothマウスを認識してマウスカーソルが表示された様子。(日本語が表示され、一瞬焦った。もちろん応募しなかったけど。)

その後に、akihisaohmiya.blog.fc2.comの方で書かれている、一緒にインストールされる「Activator」を使って、右クリックをホームボタンに割り付けた。(不要なアプリと思ってインストール後に削除しようとしたが、しばらくそのままにしてて良かった。この機能は便利。)


結構便利だし、今のところ他のアプリを含めて不具合は起きていない。敢えて言えば、時々マウスカーソルの追従が遅くなってイライラする時がある。これは設定の変更で、うまく行くかもしれない。

なおマウスが使えると、ついホイールの操作も可能になって欲しいと思ったけど、どうもそれは無理そう。なので、スクロールする時はマウス操作でドラッグすることになる。あるいは指でのタップ。

常時マウス操作するほどではないだろうけど、マインドマップの編集などでは重宝すると思う。気分的にも一段落。

AmazonでのBluetoothマウス

1月 26, 2012 パソコン・インターネット | | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月25日 (水)

iPadでのマインドマップツール 続編

iPadでのマインドマップツールを悩んでいる件を既に述べたけど、段々iPadで作業しようとすることが多くなり、解決しようとの思いに至った。以前のブログで書いたように、Mind42で作成できるが修正ができない、→ついつい作業が億劫になる弊害を感じるようになった。

本来Web系のサービスでiPadでもWindowsでも作業できるのが良いが、あまり値段のかかるのは避けたい。Webサービスで「easy step」も悪くないと思ったら、iPadで編集できない。「Mindmeister」は、再度有料会員になるのも抵抗あるし、、、。またiPad向けのマインドマップやアウトラインプロセッサーの無料ソフトをいくつか試したけど、ノード変更(子ノードを別の親ノードの下へなど)などが操作できない/操作が見つからなかった。

結局、iPadでのマインドマップツール「iThoughtsHD」を、App Storeから購入することにした。\850。

そもそも今までMind42条で作成したマップを、「iThoughtsHD」に移動させる必要がある。ネット検索での上位でヒットしなかったけど、Mind42でのエクスポート形式でFreeMind V9(V8も)あり、そちらでエクスポート。そのファイルをDropBoxに置いて、iThoughtsHDでインポートすることで対応できた。インポートの際に同期する指定も可能だったので、効率良い。しかも同期だとファイル形式も引き継いでくれる(当たり前か)。

Windowsでの利用は、Mind42でDropboxのFreeMindファイルをインポートすることで可能ではある。ただしこちらは自動的に同期はしない。したがって、集中的に作業する時などに限定されて、マインドマップの作業の主体はiPadで行うことになっていくだろう。

ちなみに、iThoughtsHDでのマインドマップそのものでの日本語入力や表示は、自分の使った範囲では問題なし。メニューが日本語でないのはちょっと気になるし、その関係か、Dropboxの指定や同期、一括ダウンロードの操作が、少し分かりにくい気がする。慣れの問題かもしれないが。

まずは一安心だし、この関係で少し延び延びになってた作業をリカバーするつもり。


補足:PC上での操作は、FreeMindを利用してDropbox上のファイルを処理する方法を採用。PC上でファイル操作(PC上でもDropbox同期)した後にPadのiThoughtsHDのマップファイル一覧で見ると、雲マークの他に更新されているアイコンが表示されるのでクリック(タップ)してマップを開くとPCで更新されたマップが表示される。

1月 25, 2012 ソフトウェア, パソコン・インターネット | | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月22日 (火)

結局 Goggleノートブック→Evernoteへ

Googleノートブックが終了ということで、結局WebのスクラップはEvernoteを利用することにした。自分なりの終了を聞いての不満はブログで記載済み。

そもそもEvernoteへ移行するのに、Googleノートブックの各ノートをエクスポート。以前はEvernoteでのインポートはhtmlも可能だったように思うけど、Atom形式のみになっていた。一部htmlでのバックアップは取ってて残りもhtmlでバックアップした後にインポートを実験して、Atom形式のみと判明したので、再度Atom形式でバックアップ。ちょっと疲れた。(Evernoteでのhtmlインポートは、勘違いかもしれない。自分のバックアップ確認などでhtmlへのエクスポートを実施していたため?)

Evernoteでのインポートは、(ノートブックのボリュームが大きかったので)それなりの時間。また、後でローカルPCとかiPadの方も同期させようとしたが、そちらも多少の時間が必要だった。

細部は調べてないけど、インポートはOKと思える。(画像を含むノートの確認をちゃんと行ってないけど、駄目なら諦めるしかないかな。また、Googleノートブックでのセッションの考えがEvernoteではタグになって使い勝手に違和感があるけど、そちらは諦め。)

以前はEvernoteの検索や表示がやたらと時間がかかって、Webスクラップとして使うこと自体をやってなかったけど、今回操作した限りでは、少しイライラするときがある程度。結構バンドルされたりしているのを見聞きしているけど、その関連で開発(資金)などがうまく行っているのかもしれない。


なお、少し使い出すと、いくつか不満も。Webの一部選択後の右クリックでメニューにEvernoteへの保存が出てきて、選択部分のみをスクラップするなどを選択する必要がある。ツールバーでのアイコンクリックでも、メニュー操作の必要性は同様。Googleノートブックに対して1アクション追加することになるのが気になった。

Firefoxのアドオンでどうにかならないか調べてみたけど、上手い方法は無さそう。結局”Menu Editor”で右クリック時のメニューの一番上をEvernoteへの保存に変更することにした。

Evernoteを使って良かった事項に、iPadでの利用がある。iPadでも直接Evernoteへ保存が出来ないかな~と思って調べたら、上手い方法を記載してあるサイトを発見。

iPadのSafariから、ツイッターやEvernoteに簡単にポストするブックマークレットまとめ

iPadでの操作自体もEvernoteへの保存処理も、ちょっともたもたした感じにはなるけど、iPadでのWeb閲覧が増えているので個人的には非常に便利だ。

Evernoteを使って良かったもう一つが、Google検索時にもEvernoteの検索を表示する点。Firefoxアドオンの「Evernote Web Clipper」のオプション指定によるもので、Google、Bing、Yahoo、Yandex、Baiduでの検索時に、Evernoteの検索結果も一緒に表示する。

Googleノートブックの中止やそれに伴う移行作業で少しイライラしたけど、EvernoteにしてiPadでもWebスクラップを行えるようになったのは良かった。イライラ自体は収まりつつあるけど、Googleサービスはこれからも少し気をつけながら利用するつもり。

11月 22, 2011 ソフトウェア, パソコン・インターネット | | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月 6日 (日)

Googleノートブックが間もなく終了

ネットサービスでの「Googleノートブック」は、使い続けているサービスの一つ。Google自体は開発を止めてるし、Firefoxの新しいバージョンじゃ慣れた操作ができなくなるなど、逆風の中でも使い続けている。

別のサービスでの表示と同じだろうと、よく読んで無くて今日になって気がついたけど、Googleノートブックを終了するとのアナウンス。Googleノートブック起動の際に、上の方に表示される。

「Google ノートブックは間もなく終了し、ノートブックのデータは自動的に Google ドキュメントにエクスポートされます。ご不明な点がある場合は、よくある質問ページをご覧ください。」

予感はしていたけど、実際のアナウンスを目にするとやはりショック。しかも”Google ドキュメントにエクスポート”って書いてるが、手動でGoogle ドキュメントにエクスポートしてもエラーになってエクスポートできない。1,2回はエクスポートできたかもしれないが、今までも失敗。ちなみに、htmlへのエクスポートなら出来たことはあった。

アナウンスでは”よくある質問ページをご覧ください”って書いてるけど、関連する情報としてはGoogle ドキュメントへのエクスポートくらいしか書いてない。そのせいか、Googleの言うエクスポートがほんとに実行されるか非常に不安だ。

また、Googleによる強制的なエクスポートが実行されたとして、今までのブックマークと似たようなノートブックへのメモ追加の操作をどうするかも悩みのタネ。メモをブックマーク登録するのは可能だけど、ブックマークのエクスポートはブックマーク全体で1つ。ラベル単位では出来ない(みたい)だ。先々のメモ作成の操作をどうするかも悩みどころ。

思うにGoogleノートブックって、ホームページの写真なども含めて(選択部分を)ごっそり保存できる。使う側からするとシンプルな操作だし便利。しかしサービス供給側からすると、それに応じた記憶エリアを用意しないと行けないし、検索なども可能なのでそちらの処理も必要だ。つまりデータが爆発的に増えていく。しかも、ノートブックのみでは広告収入のような収益に結びつく方策がない。利用してて言うのもおかしいが、技術的には容易でも、データ量とか収益といった現実的な考えが乏しかったサービスとも言える。日本だと、特にデータ量なども含めて検討するので、なかなか立ち上げにくいサービスのように思えてきた。ネットサービスのこれからを考える意味でも、参考になるのかもしれない。


Googleノートブック。せめて、何月頃に終了する予定とか書かれていれば、エクスポートの準備なり心づもりも可能なので良いのだが、、、、、。

11月 6, 2011 ソフトウェア, パソコン・インターネット | | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月11日 (木)

iPadでの音声認識ソフト

一昨日、iPadにお試し的に音声認識ソフトをインストールしてみた。ひどくないというか、そこそこ使えそう。自分のデスクトップPCだと、音声認識のためにはヘッドセットを取り出して接続が必要で、ちょっと面倒。しかも最近は、閲覧のPDFファイルやメールをiPadで見ることが多いので、メモ的なものはiPad操作の際に多くが発生する。メモを音声認識で残せれば便利と考えて、お試し的にインストール。もう少し早めに気がつけば良かったのだが。

ただし一昨日試したのは、クリックで一挙に変換結果が表示されるタイプ。逐次表示のものとかが自分には合ってそうとのことで、今朝物色。良さそうなのが見つかり、さっきダウンロード。「音声認識メールST(3GS以上専用)」。

http://itunes.apple.com/jp/app/id347250830?mt=8

ソフトウェアのタイトルだとiPad向けに思えないが、条件などに記載してあるようにiPadでも大丈夫。また、以前は115円していたようだが、今は85円。(「音声認識メール クラウド」の方が機能が充実してるようだが、オフラインでの利用もあるし何日かでの利用更新も気になったので、ST版にした。)

音声認識の機能は、思ったよりも素晴らしい。もっぱら連続入力のモードで利用すると思う。文の区切りで認識結果が出るので、それを多少確認しながら次の文を入れるやり方だ。多少、そのための効率落ちるけど、その都度の修正とかができるので自分には合ってる。

また、Evernoteとの連携が可能なのもメリット。デフォルトのノートブックに、認識結果のテキストを置ける。他のアプリもデフォルトノートブックへ置くので、ちょっとEvernoteのデフォルトノートブック名を変更した。 他にTwitterへの投稿なども可能だ。

8月 11, 2011 ソフトウェア, テクノロジー, パソコン・インターネット | | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月 9日 (火)

Twitterが強制的に新バージョンになって、、、

Twitterの公式Web表示版が、強制的に新バージョンになってしまった。以前から、切り替わりますよとの表示はあったんだけど、、、。

今まで旧バージョン表示にしてた大きな理由は、Twitterの「おすすめユーザ」を消したかったから。こればかりは好みの問題なのかもしれないが。

で、強制的な新バージョン移行で、改めて「おすすめユーザ」(Who to Follow)を消す方法を模索。以前からStylishを使って消すスクリプトをインストールしてたけど、新バージョンで消えない。改めてStylishのサイトを調べたら、更新版(暫定版?)が置いてあった。そちらのインストールで消すことができた。

http://forum.userstyles.org/discussion/27625/x

本来は、スクリプトの意味などをちゃんと分かってやるべき何だろうけど、、、。

8月 9, 2011 ソフトウェア, パソコン・インターネット | | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月21日 (火)

マインドマップツール(Webサービス) Mind42

今日もう一つ見つけたのが、マインドマップツール(Webサービス)。Mind42.com

結構長い期間、WebサービスレベルでのマインドマップツールはMindMeisterを利用してた。一時期は有料コースにしたが、最近は協業でマインドマップを作成することが少なくなり無料コースへ。しかし、Mindmeister自体が無料では最大3つのマップしか作ることができなくなり、少し悩んでいた。PCベースで動かすソフトは持ってるし、協業でマインドマップを作ることは少ない、でも(無料で)3つじゃ少なすぎる。

今日何気に探し当てたのが、Mind42.com。利用のためには、メールアドレスなどでのアカウント取得するタイプ。

http://mind42.com/

細部まで読み切ってはいないが、フリーでも個数に制限は無さそう。実験で5つ作ってみたけど、特にエラーなどにはならなかった。

もしかしたら、以前も検討での1つだったかもしれない。昔は協業が大きなテーマだったので、MindMeisterにしたような気もする。ただそのニーズは一過性で、最近は協業でのマップ作成がめっきり減ったのでMind42で十分と思う。

また、個人的に非常に重宝しそうなのが、iPadでも使えること。なお、子ノードの作成などをPCではTabキーで行えるが、iPadでは(多分)行えない。カーソルというか指でクリックして、子ノード生成を指示することになる。 まっ、iPadでは、ちょっとした修正や他で作成したマップの閲覧ができれば十分なので、あまり苦にはならなさそうだ。

こちらのツール(サービス)も、しばらく使ってみる予定。


追記:iPadで使えるって書いたけど、マップの修正はどうもうまく行かない。新規での操作もiPadだと多少まどろっこしいので、閲覧が可能くらいに考えた方が良さそう。

6月 21, 2011 ソフトウェア, パソコン・インターネット | | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月18日 (月)

ニフティ「TimeLine」サービス終了に向けて

ニフティの「TimeLine」は、結構気に入ってたサービスだった。実際自分でも作っているコンテンツがあった。それがサービス終了と。

http://timeline.nifty.com/

ちなみに、「TimeLine」での人気コンテンツは”日本史・合戦タイムライン”。ヤマトタケルの東征~第二次世界大戦までの戦いが、各々開始-終了の帯状に書かれている。戦によっては、攻防の図示もあって分かりやすい。


このサービスでの技術よりの特徴を言えば、以下のようになるだろうか。

・日時の指定が、年は西暦1年~9999年、時分秒も指定できる。

ただし、0年でも日によっては処理してくれるかもしれないし、時分秒を含めた細部の確認はしてない。

・見たい部分へのズームイン/ズームアウトが可能。

1画面内を、10年程度を納めるとか1分程度にする事ができる。もちろん、スライドバーを使って別の期間への表示も楽

・Webサービス。

つまり使用ソフトに依存しない。


サービス終了とのことで仕方ないので、他の方法を探そうとしてるけど見つからない。(というか自分もそうだが、コンテンツ書く時の検討で本TimeLineになったので、そう簡単に見つかるわけがない。)

まず日時は、エクセルなどのように処理の内部を特定日時を開始として数値処理することが多い。エクセルだとシリアル値と呼ぶもの。1900年辺りを開始にしている。ちなみにエクセルでの最大期日は、9999/12/31らしい。

ちなみにUnixの2038年問題というものがあり、2038年1月19日3時14分7秒(UTC)になると処理できなくなるというもの。ただし、C言語の実装で上記内部の数値を signed long int型 で処理している場合。long long int型などにしていれば、問題は発生しない。

できれば、プロジェクト管理ソフトで扱えれば良いんだけど、MS Projectでのプロジェクトの開始/終了は 1984/1/1~2049/12/31と、エクセルなどより制限している。(MS Project Pro 2010 お試しダウンロードでの実験)

念のためと思って GanttProject も再度試してみたけど、そもそも年の桁が2桁。


本音言えば、ニフティが有料化しても良いからサービス継続してくれればいいと思ってる。「TimeLine」はRuby on Railsで構築されており、Rubyの普及という観点では価値あるシステムとも思う。またメンテナンスも容易なのではないだろうか。 ただし、開発ブログなどから推察するに、もう開発メンバーがいないようで、機能アップは望むべくも無く、継続の実施になると思われる。あるいは、外部の団体が引き継いでも良さそうに思う。

そうは言っても、上の要望が通る可能性は薄いので、対応をいくつか考えてみた。

・年表作成ソフトの利用

シェアウェアのものを見つけたけど、難点は専用ソフトということ。コンテンツ公開をどうするかがネック。期間のズームインは貴重で、全部を1つのPDFにする方法も芳しくない。

・年月日を独自数値化

例えば、年部分を整数にして少数以下を1年に対する比率。閏年などを無視しても見かけ上は問題ない。

ただ、大きな課題は、その後の表示方法。そもそも”フローティング棒グラフ”がぴったり来るけど、エクセルでも多少作成が面倒。ズームインなどは横軸の最大値/最小値の操作になってしまう。

なお、Googleスプレッドでも積み上げグラフは作成可能。その利用だと利用ソフトに依存しないけど、”フローティング棒グラフ”が書けない。つまり系列を透明色にできない。またグラフ編集で、最小値などの指定ができないのもネック。

蛇足かもしれないけど、GoogleスプレッドではGoogle Motion chart という、ちょっと面白い機能を利用できる。でも、Motion chartでの”年”は1900年以降(ただし細部は未確認)なので、今回のような用途には利用不可。


色々考えてみたけど、上記対応では満足行くものがない。ほんと困った~。今後も探してみるけど、アイデアやヒントになりそうなものがあったら、コメント記載や直メールください。


4月 18, 2011 ソフトウェア, パソコン・インターネット | | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年3月 9日 (水)

PDF しおり(Bookmark)エクスポートツール

自炊のPDFファイルや既成のPDFファイルでの、しおり(Bookmark)の吐き出しソフトは、ずっと頭の隅にあった。最近フリーのものも試してみたけど、ファイル名が英文のみとか、挙動がおかしかった。小さなファイルでも発生したので断念。

で、先週目に止まったのが、以下のソフト。「d-LinkMaker」。

http://www.d-sols.com/product1+index.id+9.htm

購入の決め手は、自分の出身と同じ鹿児島の会社だということ(かな)。happy01 お試しダウンロードもできて実験してOKそう。その後、振り込みなどの処理を行い、正式版に置き換え。(注:Acrobat向けのソフト。Readerでは動かない。)

ちなみに、インストールしたらAcrobatのメニューに、エクスポートなどのアイコンが表示される。個人的には、使い勝手はまあまあ。できれば、フォルダー単位でPDFファイルを指定できれば良いんだけど、、、。今はAcrobatの”キャビネット”の機能を利用してはいる。

いや~、見つかって良かった。

3月 9, 2011 ソフトウェア, パソコン・インターネット, 電子ブック | | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月 1日 (火)

FireFoxでAdobe Readerが起動しないと思ったら

最近になって、FireFoxでのPDFビューアーをAcrobatにしようとした。ところがノートPCの方でうまく行かない。PDFファイルをダウンロードして、Adobe Readerから直接開くと読める。しかし、FireFoxでのブラウザ上でReaderが起動しない。今まで他のPCでも発生してて、今回を機に対策しようかと思った。

生成機能のあるAcrobatもインストールしてて、バージョン9を利用。そもそもReaderを再インストールしようとダウンロードしたら、最新版のバージョンX(10)に。バージョン不一致のせいかなとか考えて、Readerもバージョン9へ。そっちも面倒だったけど、それでも解決しない。

Adobeに「Web ブラウザで PDF が表示できない場合のトラブルシューティング」というページもあって参照。Reader側の設定も変更(再確認)したり、レジストリも変更したり、、、、。

http://kb2.adobe.com/jp/cps/235/235116.html

それでも駄目だったけど、ふと、PDFビューアーの方を見てみようと。PDFビューアーとかPDFツール類って色々インストールしてて、直近でよく使ってるのは「PDF-XChange Viewer」。”PDF Viewer”と記載や表示している時もあるようだ

Pdfxchange「PDF-XChange Viewer」の方の環境設定を探してみた。メニューでの、編集→環境設定。

すると、”ファイルの関連付けの削除”ボタン。結局そこをクリックしたら、うまくFireFoxでのブラウザ上でReaderが起動した。なんだ~と拍子抜けしたくらい。(もしかしたら、他の設定も関係してたのかもしれないけど、、、。)

「PDF-XChange Viewer」利用前にも本トラブルは発生してたと思ったけど、そもそも勘違いだったのかもしれない。あるいは、もしそうでも、利用してたPDFビューアーの設定変更などでうまく行ったかもしれない。

多少気分晴れ晴れ。

2月 1, 2011 ソフトウェア, パソコン・インターネット | | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月24日 (月)

IE Tab PlusやJava Consoleの削除

この所2,3ヶ月、Firefoxの動きで少し気になることが頭の隅にあった。起動に時間かかりスクリプト処理に時間かかっているメッセージ表示以外は、何となく気になるといった程度。

ところが今日、何気に自分のネット上のプライベートデータを表示させたら、superfish.comというサイトにアクセスしてる。「あれっ」って思って調べたら、以下のページが見つかった。

「IE Tab Plus 1.95 にはアドウェアが含まれているようです。ご注意を。 - LAZE SOFTWARE」
http://lazesoftware.com/blog/10/1118/

そこははさほど重要なデータじゃないサイトだけど、他のサイトへのアクセスでもそのような処理が行われていそう。動作で”何となく”気になっていたのに、広告系のポップアップが増えた気もする。あんまり気持ちの良いものでもないので、IE Tab Plus 1.95は削除した。

個人的に、IE TabやIE Tab Plusは、重宝してた。ドメインによっては、そのサイト内のほとんどがFirefoxでうまく見られないということも。また、Firefox経由の印刷がうまく行かない/余計なブランクページが入ったりするサイトがある。そんな時に、IE Tabを利用してた。

ただし、IE Tab/IE Tab Plus経由でもうまく表示が出来ないページもあって、少し悩みの種。しかも今回のことを目にして、思い切って削除することにした。


ついでに起動時間の挙動も気になって調べたら、Java Consoleの関係のようだ。

http://suzaku.sblo.jp/article/39817156.html

ということで、上に書いてあるように、古いバージョンを削除した。しかも実際は、新しいバージョンも、Java Quick Starterと一緒に無効化した。


フリー系のツールは結構便利だけど、色々バージョンアップしてくと、遅くなったり気になることが発生するのが難点。しかも昨今は、自動更新というか更新の必要性が表示されてそれに反応すればいいので、便利な反面安易にバージョンアップすることになる。今回のを機に、アドオン更新は少し留意しとこうかな、、、、。

1月 24, 2011 ソフトウェア, パソコン・インターネット | | コメント (0) | トラックバック (0)

探したいのは○○駅周辺のお店で、○○区のお店じゃないんだけど、、、、

抽象的な記載の方が良いかも知れないけど、それだと判りにくそうなので、今日の体験でのお店名で、、、。

知り合いが上京するとのことで、品川駅辺りで待ち合わせ。都内に行くなら、近くに「ナチュラルローソン」があれば行ってみようと検索した。(以前に、別のナチュラルローソンで見かけた商品を再確認してみようとの意図。)

PhotoGoogleで”ナチュラルローソン 品川”で検索したら、左の図のような結果。品川にない。正確には、上の方の記号付きの部分を見て、品川に無いように思えた。

記号付きの部分のちょっと下の方のページにインターシティのお店があったけど、さっぱりしたページで、閉店したのかな~と思ってしまった。それを考えると、チェーンなりフランチャイズでは、閉店した店舗名って1年程度で良いので、掲載できないんだろうか。新しいテナントとの関係もあるだろうから、店舗名と区名とか市町村名辺りまでで良いと思うんだけど。ネット上にはブログを含め古い情報のままのものがあり、それらは更新する義務のないものがほとんど。なので、検索で引っかかってしまう。期間を指定しての検索が出来るのは知ってるけど、それよりも本家のページに閉店情報がある方が正確になる。

ナチュラルローソンの店舗紹介のページでも品川区には、インターシティの店舗が無かった。実は、Googleの検索結果は、”品川区”のナチュラルローソンで、インターシティの辺りは、”港区”。ナチュラルローソンのページでも、”港区”で探せば出てきた。

再確認したら、品川駅自体が港区。気づいたけど、この類は少なくない。自分の身近で知ってたこととしては、目黒駅は品川区だし、マイクロソフトの新宿本社のある小田急サザンタワーは渋谷区。ただし、宴会サイトの類では、(場所としては)駅名で探すことがほとんどで、そちらに慣れてた。

要は、”ナチュラルローソン 品川”の検索を、”ナチュラルローソン 品川区”と考えるか”ナチュラルローソン 品川駅辺り”と考えるかによる。検索、特に地図検索のロジック。個人的には後者かと思う。区内店舗を探すなら”ナチュラルローソン 品川区”と入力するだろうと。

実はGoogleでさらに面白いことに、、、。Google”ナチュラルローソン 品川”で検索→地図 への移動だと、品川区のナチュラルローソンが表示される。 Google地図に入って、そこで”ナチュラルローソン 品川”で検索すると、品川駅(東京) 付近の ナチュラルローソンを表示する。 場所探しだと、Google地図を使った方が良いということなのかも。 あるいは、Google”ナチュラルローソン 品川”で検索→地図 へ移動して、さらにGoogle地図での検索ボタンを押せばいい。


蛇足:知り合いとは、ちょっと時間があったので、銀座でお店へ行こうとの話になった。数年前に頼まれてバッグを購入して送った。こっちは、数年前での記憶を頼りにこの辺りのはずと。そこになくて、うろうろ。携帯(知り合いはiPhone)で住所調べて色々探したけど、なかなか見つからない。GPSで今いる所を探すのに気がつくのが遅かったし、やっぱ年寄りには携帯のマップは小さすぎて分かりにくい。

20分以上歩いて、少し諦めかけてたら発見。閉店1,2分前。優しい店員さんたちで、買い物もできた。店員さんに聞いたら、やはり移転したそうだ。お店探しには、時期にも注意ということか。


たかが検索、されど検索と感じた半日。

1月 24, 2011 ソフトウェア, パソコン・インターネット | | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月 4日 (木)

メールのスレッド切り離し整備 断念

メール受信して頭に来るのが、「返信」で全く新しい話題を書く輩。メール上、Aの話題(Re:Aとか)でのスレッドになってるのに、急に全然関係ないBの話題のメールを出すといった感じ。本来なら”新規作成”でメールを作成すべきなのに、”返信”とかやってタイトルや内容を記載する。大抵、メールアドレスの入力が嫌だから。自分の参加しているコミュニティの中での2,3の各コミュに、1,2名いる。

Aの話題からちょっとずれて話題が別になるのは元ネタのイメージがあるから良いんだけど、上のようなケースだと急に話が変わるので後でメールを探しにくい。スレッド表示を利用しているケース。

使っているのがThunderbirdなので、どうにかできないかと調べてみた。(Beckyには、操作でスレッドを張り直す機能があるみたい。)

メールヘッダーを書き換える以外に無いかと色々考えてたけど駄目で、ついメールヘッダー書き換えソフトを試してみた。in-reply-toやreferenceなんかを消せば済むと思ったため。

ところがどっこい。どうもX-Mozillaなんたらで、メールの世代数や親子関係状況を覚えているみたい。しかも、referenceって直接の元ネタだけじゃなくて、さらにその元ネタとか何世代も遡って親子関係を覚えてる。(ただし、何によるのか不明だけど、世代数は環境とかに依存するみたい。結構2,3世代前までが多いけど、7世代くらいまで覚えてるのもちらっと見かけた。)

メールヘッダーを強制的に変更して、上の例でのBの話題メールの元ネタとの関係を切っても、そのBへの返信がAでの続きの元ネタ(つまり2世代前)を覚えていて、BはAのスレッドだと判断してるようだ。なので、手動でヘッダー書き換えは面倒というか、実質不可能と考えた。

まっ自分の周りで、返信で新規話題メールを出す人で高頻度は1,2名。頻度が多いと言っても、2月に1回くらい。なので、ちょっと我慢するなり、まっそんな人だと思うことにした。 ただし回数は少ないけど、その親スレッドが重要だったり新しい話題が盛り上がる(逆にスレッド表示で隠れてしまう)こともあるので、その時は一旦自分宛にフォワードして判るように保存するとか工夫するつもり。

11月 4, 2010 ソフトウェア, パソコン・インターネット | | コメント (0) | トラックバック (0)

IPA クラウド構築OSS→バグトラッキングサイト

今日は、ちょっとしたカルチャーショック。IPAによる社内クラウド構築のためのOSS(オープンソースソフトウェア)の資料を読んで、そこでの内容やそこでのOSSの各バグトラッキングシステムをちらっと覗いたため。

IPAによる、社内クラウド構築のためのOSSの発表は以下。

http://www.ipa.go.jp/about/press/20101027.html

そこから「社内向けクラウド構築のために活用できるソフトウェアカタログ」の”レポート”をダウンロード。そのレポートが結構整理されてると思って、感心した。残バグ件数などが書いてある。クリティカルバグ数とかフィックスまでの期間が記載されている。ちなみに、各バグトラッキングシステムでのバグレベルには色々あるので、○○をクリティカルと捉えたなどと断っている。

さらに、そこに書かれている各OSSのバグトラッキングシステムにアクセスしてみた。(実際のアクセスは2つくらい。) 今まで、Mozillaのバグ追跡システム「Bugzilla」とかもちらっと見ているし、最近はネット系のアプリだと掲示板を用意してそこでバグ報告などを行うケースも知っている。ただ、こうも多くのソフトのバグトラッキングシステムのサイトが掲載されていると、驚いてしまう。

良い表現が思いつかないが、ちょっとマラソンチャレンジしようと思ってそれらしい靴とかウェアを用意して競技場に行ってみたら、すさまじいスピードで走り続けるマラソン選手たちを見てしまったといった感じ?? 社内クラウド構築に非常に参考になると思いながらも、向こうのソフトウェアにおける”おおっぴら”の凄まじさを感じた。凄まじいというか、それがオープンソースソフトウェアなんだと改めて感じた次第。

なお、各バグトラッキングシステムを細部まで見てないが、バグトラッキングシステムのインフラも色々。バグトラッキングシステムのインフラとしても参考になるかもしれない。また、バグカーブなども表示できるサイトがあるのかもしれないが、まだそこまで調べ切れていない。

11月 4, 2010 ソフトウェア, パソコン・インターネット | | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月28日 (木)

リストも含めて、TwitterのつぶやきをRSS処理主体へ

Twitterの”つぶやき”を結構携帯で読むことが多くなったせいか、HootSuite等の動作などが気になってきた。ちょっともたつく感じと、HootSuiteでのストリーム(フォローとか検索)の追加や変更が少し面倒な点。後者は、HootSuiteの1つのタブに10個のストリームしか記述できず、タブをグルーピングの意図で使おうとすると別のタブへの移動が必要となる。移動操作にドラッグ&ドロップが利用できず、めんどくさい。

また、本家のTwitterでの「検索メモ」(検索タグなどの保存)が10個までで、その位置の変更ができない。(正確には、変更のために、前の検索を削除するなどが必要。) 10個以外のハッシュタグ検索とかフォローしていない人で読む機会の多い人を、HootSuiteやブックマークとして登録していた。

しかし、数が増えたりして、もっと楽に読めないか悩んでいた。ふと、RSSリーダーの利用を思いつき、少しづつ登録の実験。その課程で、ちょっと重宝したのが、Twitter Search。

http://search.twitter.com/

実際検索を実施してみれば判るけど、言語指定ができるようになった。他にも、色々機能アップしているようだ。ここでFromやハッシュタグで検索して、その結果をRSSで受け取れる。ハッシュタグは、(当然、本家の)10個の制限に依存しない。

なお、リーダーとの関係なのか、RSSのURLをリーダーで直接入力しないと上手く受け取れないケースや、Botの類で上手く本検索で処理できないものもあったので、全てこの検索に置き換えられるというわけでもない。


他に、今日見つけたのが、リストの結果をRSSにしてくれるもの。

http://twiterlist2rss.appspot.com/

リストのURLを入力して、ボタンをクリック。表示されるRSSのURLをリーダーに登録すればよい。実はリストに関しては、HootSuiteとかで上手く処理できないかと、ちょっと悩んでたけど見つからなかった。そのこともあり、いくつか気になっているリストがあったけど、使ってない/使いこなしてなかった。

リストも含め、少し幅広く情報収集できるようになるので、ちょっと満足。

10月 28, 2010 パソコン・インターネット | | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月27日 (水)

Googleノートブックのラベル削除

昨日・今日で困ったのが、表題のようにGoogleノートブックのラベルを削除できなくなった件。数日前は、OKだったと思う。

「Googleノートブックのラベルの削除が突然できなくなりました」で検索すると、ヘルプに行くけど削除されてる。それが、ちょっと気になった。

投稿者自身が削除したとか、Gmail関連じゃないので削除されたのかもしれない。ただ、Googleノートブック自体は開発中止とのことで、薄氷の思いで使っているファンからすると気がかり。

なお、私の場合の現象としては、むしろGoogleブックマークとの関連で作業してたので、ノートブックのラベルというよりもブックマークでのラベル削除がおかしいのかもしれない。ラベルを削除すると、一旦削除されたように表示されるが、再読み込み等を行うと復活する。ブックマーク等を削除してゼロ件にしても残ったままなので、なおさら釈然としない。

あと、Googleブックマークとの関連で言うと、GMarksは1000件超えに対応したようだ。ネットに書かれてるjsでの片方を修正したものをインストールするみたい。(もう片方がそのままでも良いのか?で、実験しようとした矢先にラベル削除の本問題に遭遇。)


ついでに。Gmarksでの1000件超えは、まだちょっと不安だったし、本削除の関係で別ツールを検討した。Xmarksって、以前はメモ的な内容も同期するみたいで嫌だったし、Googleブックマークと同期するのかな~とか思ってた。ただ、今回の問題で、どうするか再調査。そしたら、サービス停止予定で、今年いっぱいとか。

http://journal.mycom.co.jp/news/2010/09/29/046/index.html

結局、振り出しに戻ってしまった。 

いろんな情報を、格好良く言えばクラウド上に置いてるけど、サービスを急に止めるしバグみたいなのは少なくなくて、不安感が増してる今日この頃だ。

10月 27, 2010 ソフトウェア, パソコン・インターネット, 日記・コラム・つぶやき | | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年10月 4日 (月)

Twitterの新バージョン 徐々に展開

Twitterが、新バージョン(新画面)のリリースを行っている。

http://support.twitter.com/groups/31-twitter-basics/topics/146-new-twitter/articles/260943-x65b0-x3057-x3044-twitter-x306e-x30c7-x30b6-x30a4-x30f3-x306b-x3064-x3044-x3066-newtwitterjp

上に書いてあるように、一斉に新バージョンになる訳じゃない。人によって、順次新バージョンを利用できる。しかも、新しいバージョンを使っても旧バージョンが良ければ、旧バージョンのままにもできる。私も旧バージョンに戻した方。(若干、戻し方が分かりにくい。)

一斉のバージョンアップを避けたのは、あくまで類推だけど、ユーザの反応を見たかったと事と負荷の関係じゃないかと思われる。後は、バグ対応をスムーズにするのも理由かもしれない。(現に、送信時が「〜月月〜日」と表示されてしまう不具合があり、対策しようとしているようだ。)

負荷の件は細部まで知らないけど、データ(データベース)の移行などもあるのかもしれない。


で、上はユーザ側の立場での感想等だけど、システム構築の場合も結構行われるし、神経使う部分でもある。GUIのバージョンアップでも、新バージョンと旧バージョンを混在させて運用する。問題無ければ、全端末を新バージョンへ移行するなどが行われる。新バージョンのためにデータ形式を変更するのなら、事前にクレンジング。また必要なら、それに関する実験室レベルをテストを行っておく、、、、。

もしかしたら、ネット系サービスで、今回のTwitterのような”徐々展開”って増えていくのかもしれない。

10月 4, 2010 ソフトウェア, パソコン・インターネット | | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年9月29日 (水)

アップルの使用許諾サイト

この前、「OSSの法務分野に関する基礎知識」を書いて、今日「そういえば、iPadでのOSS関連ってどんな風に書いてたっけ?」と、気になった。

そもそも、iPadでの使用許諾(書)をちゃんと思い出せない。(ご存じのように、iPod/iPadでの付随する説明書は小さな紙切れに近い。) 

http://www2k.biglobe.ne.jp/~t_muto/ipod/howto_addnewipad.htm

上で画面のスナップショットがあるけど、iTuneと接続しての設定時に、同意するかの確認画面が出る。正確には、出たんだとちょっと思い出したような気がした。

で、その使用許諾は多分以下のページ。か、その中でのiPadソフトウェアの部分へのリンク。

http://www.apple.com/legal/sla/

上のページで少し驚いたのは、iPad~iPhoneあるいは他のソフトウェアなどが一覧化されていること。○兆円を売り上げるような会社で、この類のページが用意/整理されてるのは他にあるんだろうか?

”iPad Software License”をクリックするとPDFが開く。92ページもあって、一瞬「アップルにしてはボリュームあるな~」と思うけど、全言語を含めてのドキュメント。日本語だけだと、7ページ。

日本語での3ページ目辺りに、OSS等による制限などが書かれている。個人的には、ちょっと細かすぎるというか書かなくても良さそうに思う部分もあるけど、、、。

他の会社や商品での使用許諾も含めて、ちょっと参考にしたいと思う。

9月 29, 2010 ソフトウェア, パソコン・インターネット | | コメント (0) | トラックバック (1)

2010年9月14日 (火)

Bloglinesサービスは終了だって

先だって「Bloglinesよ、さようなら。Googleリーダーよ、こんにちは。」って書いたら、それ関連のニュースが、、、。Impress Watch。

RSSリーダーサービス「Bloglines」が10月1日で終了

勘が働いたと言うべきなのかもしれない。ただ個人的には、そこに書いてあるRSSリーダーサービス利用の減少が、ちょっと腑に落ちなかった。あるいは、こちらが今となっては古い考えなのか、、、。

ついAsk(特にAsk.jp)の事なども気にかかるというか、時代の流れを感じたりするんだけど、これからどうなるのか??

9月 14, 2010 パソコン・インターネット | | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月 3日 (金)

「パソコン創世記」Web版

今日、何気にニュースメールをクリックしてたどりついたのが、「パソコン創世記」のWebページ。

http://jibun.atmarkit.co.jp/ljibun01/rensai/genesis/001/01.html

上は、第1回。ちなみに今日読んだのは、第114回 新雑誌 「I/O」。結構懐かしい雑誌。その前後の回にも懐かしい記述が。

「へ~、ネットで無料で読めるんだ」と思ったら、以下のページなどでも読めるみたい。

http://www.aozora.gr.jp/cards/000055/card365.html

本の方は、左。


ちなみに「パソコン革命の旗手たち」という本もあり、当初上記をそれと勘違いしてた。

「パソコン革命の旗手たち」は自分でも持っていながらも、(新聞の方で何度か読んだこともあり)細部まで読んではいなかった。また、アマゾンで「パソコン創世記」の表紙が掲載されてなかったので、すぐに違うと分からなかった。

改めて「パソコン創世記」と見比べると、扱う年数やカバーしている範囲が違う。

いずれにしろ、「パソコン創世記」の方はネットで容易に読めるので、気になるところ/年代をピックアップして読むというもの面白いかもしれない。

9月 3, 2010 パソコン・インターネット | | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月28日 (土)

Bloglinesよ、さようなら。Googleリーダーよ、こんにちは。

RSSリーダーとして、ずっとBloglinesを使ってた。ただ最近不満になってきたのが、ログイン画面が頻繁に出ること。フィードの登録時もだし、リード時も。特に、パスワード以外にキャプチャ入力も必要で、しかも、そのキャプチャが結構複雑。何度もリロードする羽目になるので、時間が馬鹿にならなくなった。

結構以前もGoogleリーダーにしてみようか検討したけど、以下の理由で断念した。

・BloglinesからOPML形式でフィードを移そうとしたけど、フォルダ名などの文字化けがひどい。

・未読のみを読む機能がない。

・フォルダやフィードの並びが、アルファベット順固定。


Bloglinesのログインの時間の無駄が我慢なら無くなり、意を決してGoogleリーダーへ。上記の制限も含めて、慣れると結構使いやすい。文字化けは手作業で修正し、フォルダ名の先頭に番号を入れて優先順位などの代わりにした。多少、フィードそのものの文字化けもあるけど、数が少なかったし、フィードの一覧があるので作業は楽。

Googleリーダーって、さらっとフィードの一覧を見て重要そうなのを読めばいいし、読むタイミングを失っても気にしない気にしない、みたい発想。「トレンド」→「あまり更新なし」をクリックすると、フィードのあるページが永く更新されてない順に表示される。必要に応じてフィードを削除できる。

Bloglinesだとフィード毎にタイトルのみとか本文/概要も表示する指定が可能だけど、Googleリーダーにはそれは無し。それぞれを本文表示してみるとか、その都度フォルダ単位でのリスト表示タイプと全文表示を切り替える。最初は違和感あったけど、上のようにGoogleリーダーの発想を理解できると便利な面もある。例えば、タイトルだけで気になるのにマーク(☆をつける)にして、マークがついたもの全部を全文表示して読む操作ができる。

なお、Googleリーダーの昔はアルファベット順固定だったけど、今は操作で順番を変更できる。ただしこれもGoogleリーダーの発想を理解できると、むしろアルファベット順固定の方が楽な時もある。アルファベット順固定の方が、フィードのフォルダを変更する時などに参照しやすい。なので、フィードの登録でフォルダの末尾に追加されたり、フォルダ名の変更/追加で末尾になるが、むしろ違和感になってきた。まっ、許容範囲ではあるけど。


Autoaddfeed1ただし、Googleリーダーへ、フィードを登録しようとすると、リーダー側に登録するかブックマーク側に登録するかが表示される。

これも違和感あって、”Auto Add Feed to Google Reader for Greasemonkey”をインストールした。

http://userscripts.org/scripts/show/10729

ただし、うまく動かない。「あれっ」って思って調べたら、スクリプト実行のページが、”google.com”。なので”google.co.jp”を追加。 なお、私の場合はGreasemonkeyを常時Onにしていないことと、”Auto Add Feed to Google Reader”を利用しても2つの登録画面を表示する位の一瞬の時間がかかるので、手動操作でリーダーへ登録してもあまり変わらないかな。


少しGoogleリーダーに慣れたけど、そうなると使いやすい。しかも良かったのが、iPadでも利用できること。当然、既読/未読がPC/iPadで共用なので、非常に便利だ。

8月 28, 2010 ソフトウェア, パソコン・インターネット | | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月24日 (火)

スピードダウンは、Microsoft Updateのせい?

最近1月くらい、Windows XPの動作が遅くなった。起動時間もかかるようになったが、通常の操作でも。

当初ウィルスチェックソフトのせいかなとか、Thunderbirdの索引作成が関係するのかとか考えて、色々設定変更してみた。しかし、ほとんど変わらないし、動作が遅くなった後にWindows update更新のアイコンが現れることが多いように感じた。

試しに、Microsoft updateを自動起動しないようにしてみた。

 http://www.update.microsoft.com/microsoftupdate/v6/default.aspx?ln=ja

 「設定の変更」

 「Microsoft Update ソフトウェアを無効にし、Windows Update のみを使用する 」のチェックをオン

 「変更を今すぐ適用」をクリック

何となく、それなりのスピードで動くようになっている。

最近、めっきりOfficeを使うことが少なくなったので、余り問題も発生しないだろうと。また、もっと高性能のPCに買い換えるべきなのかもしれないが、新しいPCには新しいOSがついてて個人的には使いにくそう。と言うか、新しい機能に余り魅力感じない。しかし少し経つとパッチなどでスピード低下しそうだし。

Microsoft Update ソフトウェアを無効にして、しばらく様子見。

8月 24, 2010 ソフトウェア, パソコン・インターネット | | コメント (1) | トラックバック (0)

mixiの障害から学ぶもの

知り合いが、mixiの障害に関する細かい原因を記述してあるサイトをつぶやいてくれた。

mixi大規模障害について 解明編

そのサイトの左の方から、説明なども辿れる。”執筆者個人の環境と経験に基づく”とのことで、mixiの正式見解ではないけど、ミクシィ開発部の人なので貴重な記述。

このような(非公式)公表の仕方には意見あるかもしれないけど、個人的には好感。他の人の再発防止になるし、色んな思惑での公式な見解よりも純粋な技術的な話として参考になる。

で、個人的に実務的な実装を行ってないので細部は良くわかってないけど、分散キャッシュの”memcached”に関連した問題で、起動時のパラメータ変更で対応したとのこと。


高負荷状態のテストと同様に、接続限界数での確認を長く行えば事前に見つかったかもしれない。ただ、接続限界数を色々変えて、しかも日レベルでの動作テストすべきだろう。そうなった時に、確認環境をどうするか。一般的にクラウドのような範疇では、開発、テスト、本番の3システムを要することは言われているが、テストが1システムで良いか???

また今回は、”memcached”の問題とのことで、その点だけだとパラメータの組合せはそう多くない。が、システムには多くのソフトが使われている。各ソフトでの起動のパラメータの種類、そして複数のソフトのことを考えると、これらパラメータの組合せが膨大となる。

あと、今回は障害が長く続いた。”memcached”でのパラメータ変更の確認に時間がかかったとも言えるが、利用ユーザーからすると、もう少し早めに原因究明と確認が出来るべきだろう。

今回のトラブル、そしてその原因の記述が、開発とかテストでの課題を教えてくれた気がした。

8月 24, 2010 ソフトウェア, パソコン・インターネット, 品質 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月23日 (月)

Twitterの「おすすめユーザー」を消す

Twitterでの最近の機能に「おすすめユーザー」がある。他のフォロワーなどの状況で、その人がフォローしてはどうかと思う人が掲示される。で、これが一長一短で、敢えてフォローしたくない人なども表示される。嫌いだったり^.^;、結構な頻度での書き込みなので、別のリーダーで読んでる人などが出てくる。

消す方法もあるんだけど、手動なので面倒。ということで、上手い方法が無いか探したら見つかったし、そのためのスクリプトも用意されていたので紹介しとく。ただし、Firefoxでの方法。

上手くまとまっているのは以下。

Twitterのサイドバーに出るWho to follow (おすすめユーザー) を消す方法 Firefox編

ここに書いてあるように、”Stylish”なるものをインストールする。

で、その後だけど、上に書いてあるのよりも以下が良い。

http://userstyles.org/styles/browse/all/twitter

へアクセス。”Twitter おすすめユーザーを非表示”があるので、そちらをクリック。

すると http://userstyles.org/styles/35259 へジャンプする。そこで、右にある”Install with Stylish”をクリック。これでインストールされる。

8月 23, 2010 パソコン・インターネット | | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月24日 (水)

日経電子版 お試し感想

日経新聞の電子版が発行されるとのことで、申し込んで利用中。制限付きなら無料のコースもあるけど、申し込んだのは、日経新聞購読者でのプラス1000円のコース。紙面と同じような出力も得られるタイプ。ちなみに、こちらも4月末までは無料キャンペーン中。

http://www.nikkei.com/guide/

紙面と同じ出力の操作性が気になったが、個人的には悪くないとの感想。限りなく全紙面を見られるモードや、二面でも見られる。拡大等もOK。私的利用ならプリントも可。表示スピードも、(個人的には)さほど違和感はない。

日付のプルダウン選択なども出来る。ちょっと意外だったが、土曜日にPLUS1という別紙面があるけど、そちらは土曜日の扱いというよりも日付とは別扱いという点。つまり、その日でも、PLUS1へジャンプできる。

Web版とのやり取りが可能で、そちらで保存(スクラップ化)を指定する。この辺りがちょっと不便。つまり、紙面と同じ出力で記事を選んで保存は出来ず、一旦Web版へ行かないと駄目。ほんの少し移動の時間がある点と、感覚的にはもう一度保存の指定をするのがちょっと手間。また、何度か保存指示したが、すぐに保存OKにならない。失敗した旨の表示も2,3回目にした。

個人的にちょっと困ったのが、上のWeb版での保存指示が、”記事”に限られている点。紙面と同じ出力の時に、指定できるものが、ちょっと限定される。これは、印刷の指示でも同じ。ここでの”記事”扱いではないものに、広告(雑誌などを含む)とか、為替電信相場、WorldMarketのような経済指標、天気図などがある。また、記事の一部のみを印刷することも不可。例えば記事の中のグラフのみスクラップするとか、冒頭部分のにスクラップすることがあるが、それが出来ない。(もちろん、工夫して表示部をプリントは出来るんだけど、、、。)

うまくどの日を読んだかが分かるように、工夫してみるつもり。最近、記憶力が悪くなったせいか、ネットニュースを読むことで日付の感覚が薄れるせいか、結構後になって未読新聞に気がつくことがある。その辺りが解消できると良いな~と思う。

携帯電話上は、Web版と大差ないみたい。保存指示は可能。若干画像の扱いが違うかも。


個人的には、結構気に入った。ただし、多分上のようなスクラップの関係で、当面実新聞との併用になるだろう。

3月 24, 2010 テクノロジー, パソコン・インターネット, 新聞 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月28日 (木)

Firefox3.6、Googleノートブックの置き換えの目処

Firefox3.6でのGoogleノートブックの置き換えだけど、少し目処が立った。テキストの保存が主なので、ブックマークへ登録、その後Googleノートブックへ移動するやり方。(他のサービスの利用もあるけど、既に書いたように、スピードなどの点でちょっと難点。)

で、Googleブックマークって、同一URLで1つのメモ保存が原則になっている。それに対して、ノートブックは複数種のメモ保存が可能。Googleノートブック保存の際に、必要部分をペースト追加すれば出来なくはないけど、ちょっと面倒。

どうにかうまく出来ないかと探したら、同一URLで複数種のメモ等を保存できるアドオンが見つかった。「Old Add Bookmark Behavior 2.0」。

https://addons.mozilla.org/ja/firefox/addon/8479

それなりに動くんだけど、問題あり。上のページにも書かれているけど、複数のメモとかの場合に、最新のそれしか表示等をしない。Googleブックマークのサイドバー上にブックマークそのものは複数あるし、ツールチップ上ではそれら複数種のメモも表示される。所謂サイトとしてのGoogleブックマークの一覧に表示されない。


[既知の問題]
ロケーションバーからの検索においては,同一のURLで複数ブックマークしてる場合は,そのうち最も最近にブックマークしたもののみ表示されます。(See Bug 451318 – [meta] Unexpected behavior for bookmarks with the same url (duplicate bookmarks) Comment #1-3 および Bug 451587 – Location bar will not match on a bookmark's title/"name" if its url exists in a more recent duplicate bookmark )

したがって、ノートブックへの移行まで含めて、うまく解決しているわけではない。

また、出来れば右クリックでブックマークへの登録が行われればメモの確認になって良いんだが、それらしいアドオンが見つかっていない。こちらは、Cntl-Dで処理しようかなとは思っている。


上に書いた「Old Add Bookmark Behavior 2.0」でのバグ対策が実施されれば、本格的にFirefox3.6を使用して、Googleノートブックのアドオンは諦めるつもり。ただ、まだそのバグの件もあるので、Googleノートブックとしての利用の多いPCはFirefox3.0のままで動かすことにした。つまり、Firefox3.6にしたPCを利用して「Old Add Bookmark Behavior 2.0」でのバグ対策を確認、その後他のPCも3.6にする作戦。

ちなみに、「Old Add Bookmark Behavior 2.0」は、2,3日前にはFirefox3.6で動かないとのことでインストールできなかった気がしたが、勘違いかも知れない。


Googleブックーマーク、そしてノートブックの両方のデータは、サーバー上に置かれている。こんな時は別々のPCで使いやすい環境にしておけるので、ちょっと便利だ。

1月 28, 2010 パソコン・インターネット | | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月23日 (土)

Firefoxを3.6へ。Googleノートブックの件も踏ん切り。

知り合いの何人かがFirefoxを3.6にしたというので、どうしようか悩んだり関連することを実験して、今朝3.6にした。

急いで3.6にする必要もないし、特に新しい機能に興味があったと言うことでもなかった。ただし、実は、今使っているのが3.0.17。後述する理由もあったんだけど、どっかで新しいのにしないと行けないとは思っていた。大きくバージョンが変わったし、余りに古いのを使い続けていたらいろんなアドオンの整合性が取れなくなるので、潮時かなと。


古いバージョンを使い続けた大きな理由が、Googleノートブック。3.5かでアドオンが使えない。ホームページでの右クリックでノートブックに移すことが出来ない。

3.5の頃でも、zohoやevernoteへの移行を検討した。でも、当時(記憶が正しいか不安だけど)Googleノートブックからのインポートでの文字化けがひどかったり、動作が不安定だったりして断念。今回、再度動作を確認。インポートもそれなりに出来た。ただし実験だったので1ノートブック程度。

しかし、スピードが難点。面白い使い方が出来るのは判ったが、自分の使い方では、テキスト主体、、、、。他に、タグ(ラベル)が使えないみたい。ただし後者はzohoだけかも。

今朝、3.0.17のインストーラーはあるんだしと思って、3.6をインストール。もしかして、ほんとにもしかしてGoogleノートブックのサポートが復活してるかもと期待しながら。でも、案の定そこは駄目wink

さっと一通りテスト。その際、若干難問が。3.6で「IE Tab」が使えない。本アドオンは、Firefoxのままで、IEもどきの処理をするというもの。3.6で動くのに「IE View」というのがあったけど、これはIEそのものが起動するというもので、自分には向かない。どうしようか悩んでアドオン検索してみたら「Conral IE Tab」を見つけた。「IE Tab」と似て、そこそこ動いた。

「IE Tab」は、ちょっとしたセキュリティ絡みの場合の挙動で全くIEと同じ動作するとは限らないが、それでも結構Firefoxで見られるサイトが増えたので重宝していた。「Conral IE Tab」になって、どの程度互換性が高いか細部確認する。「IE Tab」が3.6対応したり2つでの互換性の差があれば別だけど、方向的には「Conral IE Tab」を利用するつもり。

もう一つの、Googleノートブックの件。どっかで踏ん切りつけないと行けない。結局3.6をインストールして動作確認しながら、テキスト主体なので、ブックマークの機能を利用することにした。つまり、ブックマークで保存して、その後ノートブックへ移動する作戦。

ただし、ノートブックの画面じゃ、ラベル付きのブックマークしか表示されないので、操作的にちょっと難点。うまいやり方がないか、検討してみる。また、画像を保存したい時も無い訳じゃないので、どうするかは検討。その部分だけ、zohoやevernoteを使うのもあり。FirefoxのアドオンでのSCRAPBOOK(日本の大学製の?)なる物もあるので、検討の一つにするつもり。


これで、Googleノートブックへの対応の件が一段落すると良いんだけど、、、、。

1月 23, 2010 ソフトウェア, パソコン・インターネット | | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年12月26日 (土)

Googleマップでは、検索結果もチェックすべし

今日は、東京都町田市の田端遺跡へ、MTBで。正式名称は、田端環状積石遺構。

昨日の夜や今朝、住所を元にGoogleマップで場所を確認した。プリントまではしなかったが、MTBで普段通る境川の脇なので、分かるだろうと。しかし、すぐに見つからない。その近辺は起伏があるんだけど、それらしいところへ上がってみたり、降りたり、、、。人にも聞いたけど、知らないと。まっ、トレーニングだったと諦めて、帰路に。

自宅で、別のサイトとかで地図を見てみたら、予想してた所よりも2キロ程度上流。しかし、入力した住所は間違ってない。最初、Googleマップのバグの類かな~と思ったが、当然Googleマップでいくつかやってみたら正しい。今ひとつ理由が分からない。

ふと、Googleマップでの検索結果のアイコン(記号付きの吹き出しみたいな所)を左クリックして、写真と住所などを見てみた。そうすると、今日行こうとした所のポップアップでの住所が、”町”どまり。普段なら、番地まで表示される。「町田市小山町3112-2」のはずなのに、「町田市小山町」と表示されていた。


Googleマップは、それらしい場所を検索している。例えば”東京都”って入れたら、都庁の辺りにアイコンが出て住所表示は”東京都”。”東京都新宿区”だと、新宿区役所辺り。

ところが、”東京都新宿区3000”と入れると、伊勢丹本館のちょっと東。左クリックしてみると”東京都新宿区新宿”。つまり、どうにか近い場所を検索結果とするようだ。なんのエラーとかワーニングも表示しない。日本人の感覚だと、表示しても良いのにと思ってしまう。やはり、元が向こうのソフトだからか、、、、。

さて、そこまで分かったので、次は正しい番地なのに何故「町田市小山町」と”町”どまりなのか。ぴーんと来た。区画整理関連。以下は、その近辺での区画整理での案内。

http://www.city.machida.tokyo.jp/kurashi/toshikei/t_06/banba050910/index.html

上での新住所は、Googleマップでも対応していた。つまり新しい番地でも検索できる。なので、今回の小山町3112-2辺りは、最近の区画整理でできた番地なんだろう。考えてみると、あの辺りは宅地造成とか公園化が少なくない。

普段は余り気にしてないので、良い勉強になった。Googleマップで検索したときは、左クリックして番地表示までの確認を、最低やった方が良い。

12月 26, 2009 パソコン・インターネット, 日記・コラム・つぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月22日 (火)

ネット上の墓標

年の暮れで、喪中の葉書を元に、ネット系の情報の整理をしようとした。それに関係する葉書自体は、先月届いたもの。

その主は、前の会社での知り合い。直接に一緒のプロジェクトじゃなかったけど、タスクフォースなどでの意見交換の場では同席。実際の年齢がほぼ同じだったり、同じように情報系の学科卒だった。しかも、彼の転職先にこちらの知った人がいたり、奇遇にも電車が一緒になったりして、メール等のやり取りが続いた。また数年前にはこちらが手がけたプロジェクトで、彼の大学の学科まで同じ先生が関係するプロジェクトだったこともあり人柄などを問い合わせしたこともあった。(彼はいくつか転職したり大学も変わったけど、最終的には大阪の学校。訃報は、47NEWSに掲載されたように思う。 )

今年の年賀状で具合悪い事を聞いてて、少し胸騒ぎはしてた。また、今年のはじめの頃に情報分野で有名な先生の死亡があった。その時のメールがこちらにも来て、先生のアドレス帳を元にした事務局からのメールだったりして、ちょっと情報時代の有り様が頭の隅にあった。(念のためだけど、こちらへはフォワード。ただし、我々のチームに、その先生の研究室に出入りしてた人がいて、無関係というわけでもない。)

死亡の連絡は息子さんから。アドレス帳を託されたみたい。また、SNSでのアカウントやパスワードも息子さんに伝えていたようで、そちら経由のメッセージも頂いた。その関係で、通夜に参列。通夜前のちょっとした待ち時間に、偶然に奥さんと話すことにもなった。といっても、1分程度。(当初通夜って親近者のみかなと懸念したけど、実際はそうでもないようだし、会社帰りなどを考えるとそちらへ方が参列しやすいかも。)


お坊さんからだったか、49日とかがあるのは、いつまでも故人に引きずられる訳にはいかないので、目安の区切りとして設けていると聞いた気がする。そのこともあって、今回思い切って、彼の情報を整理した方が良さそうと考えた。

アドレス帳などには、以前から登録してなかったみたい。保存したメールでの発信だったり、年賀状でのメールアドレスだったんだろう。気になったのがSNS関連。見てみたら、日記は削除されてた。マイフレンド設定を解除しようとして、ふと彼のマイフレンドを見てみた。直接知った人はいなかったけど、業界とか学会系で多少関連しそうな人も。そのため、解除しなかった。

何となく、SNSでのそれが墓標のように思えて来て、無理に解除することもないと感じてきた。そこにはアバターしかないけど、各自には彼の顔が浮かぶ。時々、訪れても良いんだろうと。

ネット時代になって、死亡通知なども瞬時に伝わるし、逆にネットでのやり取りが主の知り合いも少なくない。多少冠婚葬祭も様変わりしつつある。もうしばらくしたら冠婚葬祭の本に、アドレス帳とかホームページに関する遺言とか事付け、ネット系の知り合いへの式への参列での注意事項なども掲載されていくことになるのかもしれない。

12月 22, 2009 パソコン・インターネット | | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月 8日 (木)

台風とTwitter

台風ということで、今朝は結構早めに家を出た。

20091008060839駅までもそうだったし、電車も遅れてなくてラッキー。で、ふと、車両内の行き先案内の所を見たら、遅延情報。いくつかの路線で遅れが出てた。相鉄だったけど、今まで見たことがないような気がしたので、パシャッ。

家出るちょっと前から、Twitterに書き込んだ。ハッシュタグは”#typhoon”。写真もアップしようとしたけど、うまく行かなかった。少し前に、Twitterの設定変えた影響と思う。


会社近くの駅までは、普通の雨程度だったけど、駅出ようとしたら土砂降り。しかも、ほんの2,3分前は小雨に近い印象だったので、がっかり。悩んだけど、乗り場が空いてたのでタクシーにした。

それにしても、午後からは晴れ間も時々。変わり方が早~い。アスファルトも急に乾いたような気がする。

で、台風関係を調べていたら、Twitterを利用した台風情報の運用があったようだ。

タイフーンが来たらツイフーン 〜 参加型メディアによる台風情報(Twitter版)

ハッシュタグの利用以外に投稿方式も出来るようだ。ちなみに、ハッシュタグは”#TY200918”など。事前に知っていたら、こちらを使っただろうに。(なお上のページで今日の日付で台風17号なのは、多分ミス入力。)


いずれにしろ面白い試みだと思う。 個人的には、天気だとか、電車の遅延なども実験の場があるとありがたいな~。

10月 8, 2009 パソコン・インターネット, 電車 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月27日 (日)

Google Docsも検索対象になるとのことだけど

一長一短。一短の方は、やはりセキュリティか。非公開にしてても、やはり不安はある。もちろん、操作ミスでついうっかり公開にしてしまうこともあるし、、、。2週間後(以内)とかなので、その辺りでうまく対応すればいいのかもしれないけど。

9月 27, 2009 パソコン・インターネット | | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月22日 (火)

Windows エクスプローラーで、写真回転できるんだ

今日の、ちょっと感激の一つ。

デジカメcameraとかで撮影した画像を、回転down処理させる作業は結構多い。ポートレイト撮影した写真がそう。ブログへのアップとか、一覧(インデックス)でのプリントのために処理してた。

今まで、Photoshop(Elements)やフリーのソフト使ってやってた。今日何気にエクスプローラーでのファイル表示「写真」でファイルを右クリックしたら、”右回りに回転”の文字。きっと表示だけだろうと思ってたが、再度開いてみたら保存もされていた。しかも、シフトキーやコントロールキーとの併用での、複数選択してからの処理も可能。

今まで気がつかなくて、結構面倒なことやってたことになる。

もちろんトリミングとか”ぼかし”が必要なこともあり画像処理ソフトは手放せないけど、回転処理の効率は超アップする。(普段Windowsに対しては余り好感持ってないけど、今日は)嬉しくなっちゃった。

9月 22, 2009 パソコン・インターネット | | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月21日 (月)

NetWalker やっと自宅無線LANにつながる

土曜日にゲットしたNetWalkerが、やっと自宅無線LANにつながった。

NetWalkerは、購入予約していたもの。先行販売を行うとのことで、それに当たったみたい。25日販売予定だったけど、先行は18日から。18日は外出で先行販売とか品川でのイベントも知ってたけど、確認の電話をせず夜に留守電で知った次第。(ちなみに、NetWalkerの広報?がTwitterにアカウントがあって、品川でのイベントの様子を刻々とつぶやいてた。結構楽しいつぶやき。)

で、NetWalkerの感想。

・キーボードが今ひとつ
結構ネットで書かれているけど、パカンパカン。タッチが均一でないようにも思える。

・起動時間

3秒とか5秒ってサスペンドからなんだって。カタログとかにも小さく書いてあるけど、、、。てっきり電源ONからだと思ってた。

そりゃー「Linuxでも5秒は無理でしょう」とか言われそうなんだけど、うまい仕組みとかで実現したと思ってた。というのも、今回興味持ったのは自分のNotePCの起動時間が長くなってきてうんざりしていたため。ちょっと携帯でmixiとかTwitterでの書き込み見て反応しようにも、携帯での入力は(個人的に)きつい時あるし、かといってNotePCの起動は時間かかるし、、、、。

・画面は綺麗だけど

画角が今ひとつ。もう少し大きくなると思う。左右結構なスペースある。スピーカーのせいなんだろうか? イヤホンのみと割り切ってもらって良いと思うんだけど。

結構くっきり見えるんだけど、字とかが小さくて老眼には辛い。自分のNotePCよりは落ち着いて見られるが。(ホームページの拡大とかを使えるが、ホイール操作への反応にちょっと時間かかって、大きめ過ぎになったりが少し難点。)

・バッテリー

結構持たない。でも、最初だけだったように思えてきた。少し様子見かな。

・バッテリー交換

てっきり、バッテリーはオプションで購入できると思ってた。また、自分で交換できると思ってた。しかし、サービス会社じゃないと駄目と書いてある。がーん。ユーザー登録でこの項目あったので、要望としてチェックは入れた。半年とかで、運用などを再検討して欲しい。(どっかに自己責任で交換を実施する方法とかがでれば良いんだけど。ただしそのためには、販売されるようにならないと駄目か。。。。)

・USB

USBは2口あるけど、片方はミニサイズ。ミニサイズAB対応と書いてあったり、Bタイプと書いてあったりでちょっと混乱。ちなみに、おいらもよく知らないけど、ミニサイズAタイプのアダプタでもささっている。

片方をイーモバイル接続にして、もう片方をマウスにしようかと考えてる。あるいは、その逆。今日受け取るときに、一緒にアダプタ買おうとしたけど、店員さん横柄。「Aタイプですか? Bタイプですか?」。カタログとかをちゃんと見てなかったこちらも悪いけど、、、。(ただし上に書いたように、ちょっと混乱。) 結局USB普通→ミニ変換のタイプで問題なく使えてはいる。特に設定とかもせずにマウスなども使えたので、ちょっと驚き。

・ネットワーク関係

イーモバイルは、すんなり接続できた。拍子抜けするくらい。

問題は、自宅無線LANとの接続。認証で引っかかってしまう。暗号キーの入力に時間制限あるみたいで、細かくチェックしてたら時間切れでアウト。文字列を表示できるボタンがあるけど、結構長くて大変。しかも、一度入力して適用ボタン押しても、次に入力しようとしたら新しい文字列がデフォルトになってる。

ネットワーク自動接続などを解除したりしても同様。(ただし、多少操作ミスしてるかも)

丸1日以上、2日近く試行錯誤しても駄目。結構イライラしてしまった。結局、NetWalkerをイーモバイル接続して、暗号キーの一部分をメールで送信。NetWalker側でコピー&ペーストを使って入力したらOK。

もしかしたらだけど、キーボードの絡みで、実際はちゃんと入力できてなかったのかもしれない。


今のところ、総合的にはOK。スピードの、ちょっとしたもったり感とかに慣れたせいかも。当初Linuxの絡みで、コマンド入力とが必要だったり、制約多いかなと思ったけど、表面的にはWindowsとかMacとか変わらないくらい。コピー&ペーストなども同様な操作だし、メモ帳と同様なソフトもプルダウンですぐに見つかったし。

自分の環境がFireFox+Thunderbirdsだし、そのための環境ファイルもそれなりにセーブしているのが良かったのかもしれない。(ただし、メールのフォルダとかは、どうしようか思案中。そこまで揃える必要は無いような気もしてきた。)

PDFビュアーはAdobeのじゃないみたいだけど、試験的には大きな問題なし。かな漢字変換は、少し使いにくいかな。OpenOffice関係はこれから。

他での大きな課題は、FLASHプレーヤー。ダウンロード形式に変わったみたいなんだけど、登録とかが必要。そのため、mixiの「サンシャイン牧場」が実行できてない~。coldsweats01 もちろん、いつもゲームしてるつもりはないんだけど。

いつか外出先で実験してみるつもり。

9月 21, 2009 パソコン・インターネット | | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月15日 (火)

Twitter 技術屋視点で、ちょっと面白い

最近、Mixiでの日記への記載や”エコー”利用より、Twitterを利用することが多くなった。なんか、面白いというか新鮮な部分が多い。

技術屋としては、Twitter自体にツール類は皆無で、周辺ツールが多いのも新鮮。投稿のためのツールだったり、検索ツールがあったり、、、。Twitterへの投稿で、その人がどんなツールで投稿したかが小さく表示される。そのため、内容を読んで、知らないツールや面白そうなツールなら、調べたり自分で使ってみることになる。

また、ブログなどをTwitterに投稿するツールや、逆にTwitterの書き込みを取り込むようなシステムを構築しているコミュニティがある。なので、「○○さんは、****ツール使ってるんだ~」みたいに心でつぶやく。

Twitterって、原則として2人とか2,3人のやりとりが他の人にも読めてしまう。最初、結構抵抗あったけど、考えてみると友達の友達を捜したりできる。また、ちょっとした有名人のも読める。オバマ大統領などは一般的にも有名だけど、ソフトウェア業界の知り合いとか、特に海外のソフトウェアでの重鎮なども参加してると分かると嬉しい。

Twitterは1回の投稿が140文字以内なので、内容をコンパクトに記載する必要がある。そのため、単純な言葉で、ストレートな書き方が多いので、的確でコンパクトな情報になることが多い。業界人の発言も、背景などが分かり易いことが少なくない。(といいつつ、私の場合、海外の重鎮の発言を理解できることが少ないけど。^.^;)

ちなみに、Twitter関連で「これは!」と思ったのは以下。元は同じ映像。

対毛細血管ネット接続インタフェース「秋月パルス」(YouTube)

心臓とネットをつなぐデバイスを作ってみた(ニコニコ動画)


少し前にセカンドライフという仮想空間のサービスが出たが、その時よりもマスコミなどの扱いは大人しいような気がする。見栄えなどで、驚くようなことがないからだろう。逆に、そのせいか、まあまあ落ち着いた空間になっているように思う。また、内心firewallの関係もあるので、急激に話題になったり参加者が増えない方が良いんだろうな~と考える。(業界人や重鎮の”つぶやき”が読めなくなる事態は、勘弁して欲しいな~。movatwitterなどの手段があるけど。)

9月 15, 2009 パソコン・インターネット | | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月 1日 (火)

NetWalker予約

NetWalker(ネットウォーカー)は、シャープのモバイルインターネットツール。クイック起動(約3秒)、400グラム程度。

ネット向け端末は、以前から買おうと思っていたもの。最近自分のノートブックの起動が2分くらいかかるようになったこともあるけど、今のが1キロ程度なのでそれより遙かに軽いものにしたかった。(自分としては、携帯電話はどうも入力に不慣れで、ちょっとした文書を入れにくい。)

NetWalkeのニュースを読んで、すぐに欲しくなった。ニュース見てしばらくしてネットで調べたら、予約できることが判明。ヨドバシでもやってたけど、今の自分のポイントカードじゃ(ポイントつく方法での)ネット予約できない。

ということで、今日お店へ。即手続き。サンプルが無いか聞いたら、無いけど丁度カタログが来たとのこと。カタログもらった。

9月25日発売。その日に手に入ると思う/思いたい。多分実際使ったら、Windowsでないことで多少戸惑うこともあるかもしれない。ちなみに、OpenOfficeとかPDFのビュアーは付属するみたいなので、(細部のことは別として)大抵は大丈夫かな。

9月 1, 2009 パソコン・インターネット | | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月25日 (火)

Macの新OS 「Snow Leopard」は点字ディスプレイサポート

Macの新OS 「Snow Leopard」(スノーレパード)発表があったので、ちょっと閲覧。

気になったのは、点字ディスプレイサポートと”ローター”と呼ぶ入力方法。

http://www.apple.com/jp/macosx/universal-access/

点字ディスプレイって直接見たことないけど、標準でサポートされることで皆の意識が変わるのかも。ただ、点字ってドット数が限られるので、日本語はひらがな。例えば、漢字→ひらがななどのソフトウェア的なワンクッションが必要なので、使用場面は限られそう。

”ローター”の方は、機会あったらデモとかで見てみようと思う。

8月 25, 2009 パソコン・インターネット | | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月27日 (月)

Google ノートブック スクロールの動作変更?

結構、Google ノートブックは重宝してるけど、土日に「あれっ」と思うことが。今までだと、バーでスクロールさせようとすると、結構先(最後)の方まで読み込もうとしてた。そのため、処理時間がかかることが少なくなかった。逆に、結構何件もノートブックに記録させても、後の方まで行き着きやすかった。

ところが、土日には、20件ごとしかスクロールしない。そのため、結構件数が多いと何度もクリックが必要となった。Cntl+Endで移動させようとしても、例えば500件もあれば20数回のクリックとか操作が必要。

最初、ノートブックの設定にあるのかとか自分の特定PCだけかと思った。今日もいくつか操作しても同様。つまり、ノートブックそのものが変わったみたい。

iGoogleもタブ形式が変わったりしたけど、なんかどっかに変わった旨があると良いな~。結構面食らう。ノートブックの件は一長一短。でも、iGoogleの新タブ形式は、どうもメリット感じない。

7月 27, 2009 ソフトウェア, パソコン・インターネット | | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 2日 (木)

iPhone フリック入力と税務対応サービス

今日は、iPhone関係で、結構勉強になった。

まずは「フリック入力」という入力方法。携帯電話だと、”あ”の所を何度か押して、”い”とか”う”にするけど、iPhoneだと、一度押した後で指を離す際に4方向にずらすことで”い”とか”う”を入力出来るのだという。その様子の動画も、色々アップされている。

また、「フリック入力」での特許性自体も、ネット上で話題となっている。

もう一つは、ITproでのiPhoneショック2の記事。「開発者はアップルにあらかじめ税務上の書類を提出しておけば,製品名や価格などの必要な情報を入力してマウスでボタンをクリックするだけで,すぐさま世界60カ国以上でアプリケーションの販売をすることができる。」というもの。

iPhoneでの、画像とか動画、そして色んなアプリの販売が出始めた。時々、「何これ~」というような奇抜なものも。 App Storeのことは少し知ってはいたが、各国の税務まで考えてのシステムだとは思わなかった。ソフト開発者にとってはグローバルな営業が出来るわけで、願ったりかなったり。


実は、iPodとかは気になって、色々注意はしてた。自分自身の認識としては、iPodの商品化は外部コンサルに依存してたと思ってた。そのコンサルも、アップルを離れたと聞いた気がする。

どうもITproでのそれを読むと、App Storeはアップル自らのシステム開発か、少なくともiPodでの外部コンサルによるシステム開発ではなさそう。つまり、iTuneとかApp Storeのシステム自体が、アップルの強みなのかなと思えてきた。そう考えると、次にアップルは何を指向するか、少し見えてきそう。

7月 2, 2009 ソフトウェア, テクノロジー, パソコン・インターネット | | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月18日 (月)

Google検索ボックスでの意図しない文字列はPCによる???

ここ1月くらい、Googleの検索ボックスに日本語入れた時に、変な文字が出てくることがあった。かな漢字変換の途中のような文字列がいくつか。しかも、Delキーですぐに消せない。Delキーで消そうとしても、また出てきたり、結局1文字位しか消せなかったり、、。いつも起きる訳じゃないけど、起きたら結構イライラ。

かな漢字はATOKで、その関係かなと思いながらも、調べる時間が余りなかったのでそのままにしてた。今日ふとGoogleでのクエリ候補の表示が関係するかもと思い、候補を非表示にした。(Googleの検索ボックス脇の”表示設定”→一番下) 今のところ、それで対策になっている感じ。

よくよく考えたら、一番パフォーマンスの悪い(古い)PCでしか起きていないようだ。クエリ候補を表示しているPCでも、意図しない文字が出ることがない。そのために、現象を絞り込めないと感じて先延ばししてた。

少し安心。しばらくこれで様子見。

5月 18, 2009 ソフトウェア, パソコン・インターネット | | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月15日 (金)

NHK「ITホワイトボックス」でのCDS

昨日放送の、NHK教育「ITホワイトボックス」の録画してたのを見た。今回のテーマは、動画配信。

この番組って、言わば初心者向けなんだけど、専門的な文言の説明が分かり易くて良い。アニメというか動画的な部分が、特に。今回での分かりやすい説明と思ったのは、CDS(Contents Distribution Service)。

この番組では時々感じるので、ネット系の用語のPPTとかのプレゼンソフトでの説明では、動きを持たせてみるのは良いこと。

5月 15, 2009 パソコン・インターネット, 映画・テレビ | | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年5月 3日 (日)

Google 新サービス ニュースのタイムライン でも今は英語のみ

Googleの新しいサービス。

http://newstimeline.googlelabs.com/

余り気にせずにアクセス。「おお!」と思って「インフルエンザ」と入れてみたけど、表示されず。”About Timeline”をさらっと読んでみたら、今は英語のみとか。ちょっと残念。

でも、日本のNHKとか英語表記の有名企業名を入れてみたら、結構出てきた。単位を年にして横スクロールしたら、1970年などもOK。ちょっと面白いと思ってDecadeにしたら、1860年代も。つまり明治。さすがにこの辺になると、単純検索のためだろう。

気になる調査の時には活用できそう。(もちろん日本語メディアのコンテンツもあるといいなと思うけど、ややこしい問題あるんだろう。)

5月 3, 2009 ニュース, パソコン・インターネット | | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年1月31日 (土)

Googleさん ノートブックは続けてネ

直近での悩ましいニュースは、Googleのノートブック新規開発中止。しかも先だって、何かの拍子にノートブックの1つをゴミ箱に。復元で、各メモを戻そうとして途中でホームページ移動。すると、ゴミ箱に、残りのメモが残ってない。がーん。そのため、ますますノートブックの代わりを物色。


『Zoho』も『Evernote』も、Googleノートブックからインポート可能に
 みたいな記事もあったので、調査。Zohoのアカウントはあるし、Evernoteは新規登録。

でもどちらも、こっちの使い勝手からしたら今一。簡単にテキストベース主体でいいので記憶させたい。タイトルというかセクションも作りたいし、別のノートブックやセクションへの移動も操作しやすい方がいい。後レスポンスタイムも。

ZohoもEvernoteも面白い機能はあるんだけど、上のような使い方だと、使ってみてピンと来ない。と言うことで、当面ノートブックを利用することに。Googleが、しばらくノートブックサービスを継続することを祈りつつ。(時計ガジェットのことがあるので、ちょっと不安。)

ノートブックサービス廃止を前提に考えてみた。Googleのブックマークのエクスポートがラベル単位に出来れば、そこそこ使えるんだけど、、、。とにかく、自分のノートブックやブックマークの量が多すぎるので一筋縄では行かない。いつか見直さないと行けないとは思うんだけど、情報整理まで考えると時間がないな。

ネットサービス利用するけど、最近は今回のようなことなど含めて、不安になってきている。うーん、、、、。

1月 31, 2009 ソフトウェア, パソコン・インターネット | | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月12日 (月)

手抜きが心配→ライブカメラ

TVの注文住宅CMで、「手抜きが心配」のフレーズが出てくるのがある。当初、単なるイメージソングみたいに思ってた。そしたら、TVの何の番組か忘れたけど、24時間ライブカメラを設置しているとの話が出た。調べたら、以下。しかも、ページの下の方の物件の場合、我々でもカメラを操作できる。

24時間ライブカメラのページ ページ移動とかしてたらゴメン。

技術的に可能なのは分かってるけど、システム化して、実際に設置して、しかもそれを営業アピールにも活用できる時代なんだと、改めて関心した次第。

注文住宅ですら、そんな時代。ソフトウェア開発なんて「手抜き心配」の最たるものだと思う。なのに、日々のチェックすらやらずに、完成予定時になって出来てないが判明したなんて話は枚挙にいとまがない。ソフトウェア開発のリーダになったら、このような24時間ライブカメラとか他の業界の進捗管理や品質確保の手法を知っておくべき。(具体的に知らなくても、何らかの進捗管理や品質確保の必要性は理解すべき。)

1月 12, 2009 テクノロジー, パソコン・インターネット, 映画・テレビ | | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月18日 (火)

「2001 Google Search」は10月までだったんだ

今日少し時間できたんで、「2001 Google Search」へアクセス。

http://www.google.com/search2001.html でも、リンク切れ。

このサイトはGoogleが記念サイトとして10月初旬に発表したもので、2001年当時の状況で検索ができるというもの。アナウンスあった時にちょっと触ってみたけど、当時のホームページが全部記憶されている感じ。リンク経由で今のページにはたどり着かないし、逆もそう。いわば、タイムスリップした感覚さえ覚えた。

で、詳しく調べてみようと思いながら、URLをブックマークしていただけ。で、今日見たら、リンク切れ。当初から公開は10月末までだったみたい。ちょっとショック。

予想は外れているかもしれないけど、当時Googleは、全ページを記憶しておき、インデックスなどの生成をチェックしたということなのかもしれない、、、。いくら当時まだインターネットが普及してないといいながらも、膨大な記憶容量を占めたはず。そのあたりも調べられるかな~と思ったんだけど、、、。

ちなみに、以下あたりで少し詳しく調べた様子が書かれているので参考にはなる。

「10月末までの「2001 Google Search」をフル活用しよう」

面白いニュース見つけたら、期限とか発売日とかちゃんとメモるようにしないといけないな~と少し反省。

11月 18, 2008 パソコン・インターネット | | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年11月 2日 (日)

Amazon くるくるウィジェットを置きました

Amazonの「くるくるウィジェット」を置いてみました。このページの左下の方。

今は、余りに本の列挙が少ないですけどね、、、。追々増やします。

なお、背景色は(直修正でも)設定できないみたい。このページだと、ちょっと違和感出ちゃうけど仕方なし。また、リストの本の画像が取り込めてないのもあったので、リストでの本は2冊のみにしました。2冊だとさみしいんだけど、、、。

11月 2, 2008 パソコン・インターネット, 日記・コラム・つぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月18日 (土)

Googleの時計ガジェット元に戻して欲しいな~

今日の急がないといけない宿題は終わったので、ネット検索のついでにiGoogleの下の方も見てみた。

iGoogle自体は結構な頻度で見ているので、もしかしたら潜在的には気がついていたのかもしれないけど、、、。なんと(というと大袈裟か)、使ってた時計ガジェットが変わってた。以前には一般的な壁時計風。色合いなどが落ち着いていて好きなガジェット。それが、なんか少し幼稚(見方によっては斬新な現代風)な物に変わってた。

最初ブラウザが少し変になったのかとか思って、クリック詳細情報を見てみる。以前の時計の画像が出てて、掲示板に「元に戻して」などの文字。なんか急に変えたみたい。一応その詳細情報だと、25万人くらい使っている様子。

このあたりが、ネットサービスの不都合なところ。勝手に変えるんだもん。しかも、今回のは上書きして変更すべきじゃないと思う。別ガジェットにすべき。

クラウドコンピューティングの時代になったら(なりつつある今)、この類の話題はこれから増えてくるんだろうな。なるべくパッケージ化して、古いのも利用できるような構造にしていた方が良いという事なんだろうな~。

10月 18, 2008 ソフトウェア, パソコン・インターネット | | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月29日 (火)

GMarks 階層化できる!!

今日何気なく探し物してたら、以下のページに遭遇。


http://sunone.blog1.fc2.com/blog-entry-366.html

いやーラッキー。というのも、Googleブックマークが階層化できないとのことで、Googleノートブックを使ったりしていた。でも、最近段々とノートブックだと重いし、整理がまた大変と少しいらしていた。

上のページだと、少し分かりにくいけど、ラベルの指定で”>”を利用する事で階層化できる。”階層トップ>第2階層”とラベルを記述すると、、、、。

階層トップ
  第2階層

みたいになる。ただし、GMarks ブックマークの管理だとフォルダ構造が分かるけど、検索履歴のページでは”階層トップ>第2階層”のままで表示されて階層のイメージがつかみにくい。慣れればたいした事無いけど、最初は検索履歴などもそうなっていると固定概念が働くので、階層化していないように感じてしまう。

ちなみに、">"はデフォルトで、GMarks オプション 一般 ラベル ラベルセパレータ の記述で変更できる。ただし、どうも2バイト漢字文字をセパレータには出来ないみたい。

良かったと一安心だけど、今までノートブックに記憶させたものを順次ブックマークに移さないといけない。結構な労力になりそう。どっかで見切って、さほど利用しないURLはノートブックのままにしておくなど工夫する予定。もう少し、せめて半年位早めに知っておけば良かったんだけど。

7月 29, 2008 ソフトウェア, パソコン・インターネット | | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月28日 (土)

FoxMeter 3 つけてみたら、、、

右の方を見てもらえばわかりますが、ブログパーツのFoxMeter 3をつけてみました。

アクセスしてもらった方々のうちで、FireFoxバージョン3の割合が出ます。今のところ71%。FireFoxのことの記事があるせいかもしれませんが、こんなに高いとは内心思ってませんでした。

#個人的には、そろそろ、IEでしか動かないWebサービスって欠陥(かな~)と考えてもいいかと思うんですけどね。

6月 28, 2008 パソコン・インターネット | | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月25日 (水)

Firefox 3.0でのブックマーク登録

Firefox3.0にして、結構GUIが変わっているので戸惑ってた。(劣悪変更のOffice2007よりは、ましだけど。coldsweats01 ネット系との親和性を向上するのはわかるけど、GUIをあそこまで変えちゃいかんでしょう。)

で、Firefox3.0で、ず~~っと悩んでいたのがブックマークの登録。GMarksをインストールしているせいか、ブックマークのクリックだとGMarksの方への登録となる。以前のような選択タグがない。つまり、PCローカルの方への登録ができない。「おかしいな~」の連発。

今日になって、やっとわかった。ヘルプを見れば良かったんだけど。 以下。

http://support.mozilla.com/ja/kb/%E3%83%96%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%82%AF#__5

一番馴染んだのが、URLの記載のところでの☆マークをクリックするやり方。最初あの星マークは、Googleブックマークでの☆なのかな~とか勝手に思ってしまった。理解はできたけど、Googleブックマークでの☆と混乱しそうで、まだ慣れてはいない。

6月 25, 2008 ソフトウェア, パソコン・インターネット | | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年4月25日 (金)

Google 新入社員のブログ

Googleのブログサイトに、今年の新入社員による書き込みが掲載された。

http://googlejapan.blogspot.com/2008/04/google_24.html

昨年に参加したインターンシップのことや、新入社員としての感想など。”インターンシップ”のジャンル/カテゴリーというか、ラベルを設定している。

入社して20日くらいで、ある意味全世界向けの文を書くんだからすごい。そういえば、4月の最初の頃、TVで花見を設定する新入社員の様子を見た。入ってすぐに任される。数人でのプロジェクト。

我々の新入社員の頃って、工場実習やら大型コンピュータでのプログラミング演習や、オリエンテーリングなどを含めた合宿などが新入社員に共通課題。その後配属されても、1/3くらいが勉強とか、グループでの実験などを踏まえての論文作成。結局、ほぼ勉強期間からおさらばしたのは、半年くらい先だったと思う。(花見だって、幹事は二年生。新人は、全体教育中なので。)

それが、いまや超~即戦力。それだけ、学生の時から勉強とか文書書きに精通しているメンバーは、しているってことなんだろう、、、。

逆に、大学でのレベル低下を嘆く声もある。やっぱ、レベルの違いが広がったということなんだろうな。ということは、そのレベルの差をちゃんと認めて早期に給料に反映するかなども考えないと、能力ある連中が遠ざかるのかな~。ふとそんなことが頭をよぎった。

4月 25, 2008 パソコン・インターネット | | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年4月23日 (水)

「Googleを支える技術」

「Googleを支える技術」を買う。12日だったか、書泉グランデで本を買った時に、会計の時に見かけ買おうかと思ったもの。ただその時は、荷物が多くて後日の購入で仕方ないと断念。その後、そこそこの規模の本屋さんでも売ってなくて、機会があったら買おうと思っていた。

最初、ぱらぱらめくったら、分散ストレージ系の話題が目に付いた。最後の方で自動テスト関連。「あれ、もう少しソフトに突っ込んで書いてないのかな~」、とその時は少し拍子抜け。

実は、ここ2、3週間前から、Googleの検索方法が気になっていた。どうも、英語の単語はもちろんだけど、日本語だと文節で予め区切った単語でハッシュ化してるような気がしたため。

で、ちゃんと目次を読んだら、冒頭に検索関係のことが書かれていた。そこで、即購入。

”本書に寄せて”は、まつもとゆきひろ氏。TeckTalkの様子はビデオで流されるのに、写真撮影厳禁なのが不思議だったなどの話題も書かれていた。

開発方法などに関しては、むしろネットの方で流れているので、新鮮味が少ない人も少なくないかもしれない。ただ、ある程度網羅的に書かれているのがいい。ソースを全社で一元管理している話や、コードレビューを二段階で行っている話。後者は、一般の開発でも流用した方がいいのかもしれない。個人的には、やっぱレビューは人手をかけないと、というのを改めて確信した。

なお、最近はGoogleドキュメントやGoogelカレンダーなどアプリケーションサービスが豊富になっている。これからはSNS系のサービスが出てくるだろう。その意味では、もう少しソフトウェアなりネットサービスの技術に触れるような続編を期待したい。

ちなみに今年の「Google Developer Day 2008 Japan」は、6月10日にパシフィコ横浜において開催されるそうだ。

4月 23, 2008 ソフトウェア, パソコン・インターネット, 書籍・雑誌 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月19日 (水)

日本近代化プロジェクトの俯瞰

プロジェクトマネジメント関連。日本、特に明治維新での、プロジェクトを調べるのをポツリポツリとやってます。で、それらの時期的な列挙を、俯瞰してみようと作ってみました。NiftyでのTimeLineてのを利用。

一般の人は見れて、TimeLineユーザーの方は”できごと”の投稿やコメントが可能です。興味あれば、一緒にやりましょう。

現在は、まだ3つしか入力してません。少なすぎcoldsweats01ですが、順次追加します。(上は最新版取り込むので、後日は増えていることでしょう。)

3月 19, 2008 パソコン・インターネット, プロジェクトマネジメント, プロジェクト管理 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月14日 (金)

イーモバイルでSkype通話(+ビデオ)会議

今日は、S-openのSIGの会議。東京(3名)と関西(1名)とで、Skypeでの通話会議を行った。東京の1名と関西の1名は、ビデオでも接続。全体での参加は10人近く。

東京の3名は、全員イーモバイルだった。多少遅延が気になるのと、特定の人のPCのせいかもしれないけど、途中で何度か、変な音が入るとか接続断とかが発生した。が、おおむね良好。

私は、Skypeのみの音声通話。他の人のこと考えてPC自体での再生を行ったけど、逆に東京のエコーバックが気になる事もあった。まっ、仕方なし。

以前別コミュニティで、Festoon使ってビデオ会議やった事もあったけど、今回の会議前のやり取りで別の人がSkypeのみで出来るとか。時間無くて、その時はちゃんと聞かなかった。

で、さっき調べたら、SkypeはV2.5とかでビデオ通話が可能となったみたい。しかも、現在の最新版はV3.6。

Festoonとの違いが、今ひとつ分からなくなったけど、9人(10人?)までならSkypeでビデオ会議できるようだ。Festoonではそれ以上も可。(ただし、ネットではFestoonはダウンロードできなくなったとの記載もあったけど、サイトはあるようなので??)

実は、ビデオ会議を余り使わなくなったのには、そのチャンスがなかったのもそうだけど、Festoon+Skypeをインストールしていると、妙なタイミングでネットのやり取りをしている感じがあったため。また、こちらの設定が良くないのかも知れないし以前の事で勘違いしている可能性もあるけど、2つのソフトを起動したり停止したりするのが面倒。

次回にでも、Skypeのみでのビデオ会議は試してみようと思う。

3月 14, 2008 パソコン・インターネット, 出荷判定 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月12日 (水)

NHK+ID登録

ついさっき、「NHK+ID」へ登録。「NHK+ID」は、NHKの新しいサービス。

実は、昨日(サービス開始日)手続きしようとしたけど、うまく行かなかった。24時間たって登録解除されて、再度チャレンジ。よく読むと、自分の希望IDでの登録かメールアドレスでの登録。メールアドレス登録でやってたのに、希望IDをログイン画面で入力してエラーになったために、昨日は登録できなかった。

登録後早速、放送を待ち望んでいる番組を登録。正確には、キーワードを登録。というのも、少し古い番組で、番組名だと検索範囲になし。ただし、キーワード登録は5つまで。がーん。5つ全部入力した。(うーん、登録数は少し増やして欲しい。)

ポイントサービスもあった。今は特にポイントないけど、なんか面白そうな予感、、、、。

3月 12, 2008 テクノロジー, パソコン・インターネット, 映画・テレビ | | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月 8日 (土)

SPring-8の自転車 154台、藤野町のハートマーク封筒

今朝の日本テレビtvでちっと目にしたのが、Google Earthから見たちょっと変わった風景。

その中で、リングの絵と言うことで紹介されたのが、「SPring-8」。ここを読む人は大抵知ってると思うけど、兵庫県播磨の大型放射光施設。(まだ世界一? (次、)次々に向けてラッシュ。)

http://www.spring8.or.jp/ja/

を見てみたら、トップの記事は喘息やアレルギーの治療薬の文字(炎症産出のたんぱく質の立体構造の決定)。「髪のつや」の文字も。happy01 女性にとっては朗報なのかも。

あっ、話を今朝のTVに戻すと、SPring-8での自転車bicycleが154台との事。結構自転車の風景は見たことあったけど、150強の台数だったんだ、、、。


なお、他にもいろんな風景が出た。バレンタインデーの前に結構ネットで広まった、ハートマークの島なども。日本にも北海道の湖にハートマークのがあるとのこと。 (ヨーロッパでは、事故で横転したトレーラーの映像も出た。)


少し身近だったのが、神奈川県藤野町でのハートマークの封筒。山の山腹のオブジェ。藤野町が芸術の町との事で、置いているみたい。以下で見れる。

http://blog.mag2.com/img/u2229221/FI1177434912088t_0E.jpg


3月 8, 2008 パソコン・インターネット, 科学, 科学・技術, 科学技術 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月26日 (火)

拍手 日本IBMよおまえもか エバンジュリストのブログ

日本アイ・ビー・エム公認のソフトウェア・エバンジェリスト、米持幸寿氏のブログを発見。

http://www.ibm.com/developerworks/blogs/page/pandrbox?ca=drs-jp

日本のソフトウェアとかIT企業の、社員ブログ公開が加速するのだろうか? もちろんネット系とかの企業は以前からやってるけど、大手のグローバル企業ではまだ皆無?

2月 26, 2008 ソフトウェア, パソコン・インターネット | | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月21日 (木)

イー・モバイルへ

20日に買ったイー・モバイルをセッティングした。USBタイプにしたので、Win機とMac機の両方にソフトインストール。

そういえば、プロバイダーとの契約は?と、つらつら見たら、BBモバイルとやらがあって結構な値段。「あれっ」。よくよく考えれば、イー・モバイルのサイトにアクセスすることで、メールなどもOK。

やはり、スピード速い。良かった。(これでPCの起動時間が早ければ、出先でもさほどイライラしないんだが、、。) 難点は、実家の鹿児島では、鹿児島市内程度しかアクセスポイントがない点。と言っても、実家とか実家近くの小学校辺りでもエッジ使えないんだから大差ない。

今日のうちに、エッジ解約しとこ~っと。

2月 21, 2008 パソコン・インターネット | | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月17日 (日)

Bloggerはチーム100人まで

今複数人でブログを作成中。ほぼ、GoogleのBloggerを利用する事にしている。(ただし、タイトルの写真正式への差し替えとかマルシー関連の表記を再確認中。)

で、全く別のプロジェクトで利用できるかなと思って、投稿可能な人数を再確認しようとした。英語サイトとかでも良く分からない。調べたら、日本語というかBlogger自体の投稿者の追加画面に、”最大 100 人まで許可されます”と書かれていた。何ーんだ。

全く別のプロジェクトって、そもそも立ち上げるかもだけど、人数もどれくらいまでになるか不明。でも、協業と考えて投稿するメンバーを絞れば、100人行かないだろうな~。Bloggerを使えるかもしれない。

2月 17, 2008 ソフトウェア, テクノロジー, パソコン・インターネット | | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月16日 (土)

Googleのブログ 研究・開発者の成果?

ここ1週間、何度か読んでる(見ている)のが、Googleのブログ。

Google Enterprise Japan 公式ブログ

Google Japan Blog

もちろん、他の各国のブログへのリンクもある。アカデミックな記事bookもあるけど、微笑ましいwink記事も少なくない。

なお、どちらのブログでも、日付というか年がおかしいのがいくつかある。「Google Maps API ドキュメントが日本語化されました」も「IT Pro EXPO 2008に参加しました!」も、2008年のはず。それも愛嬌か。

日本だと、サイボウズラボとかmixi技術情報辺りが該当。他にも、ネットワークサービス系では、開発者のブログへのリンクがあるのも少なくない。マイクロソフト米国などでのブログも見た気がするけど、日本語でのブログの方が親しみを持てる。ただこれは、こっちが外国語が不得手なせいかもしれないけど。

サイボウズ・ラボ

mixi Engineers’ Blog


ふと思ったのが、それぞれのアクセスカウントを、研究者・開発者(・営業)の評価ポイントの一つにしてもいいんだろうなという点。即データ取得できる。実際利用しているのかもしれない。また、ユーザー嗜好とか要望分析にも使える。要望といえば、mixiでの「mixiへの機能要望」などはその際たるもの。

メトリクス系の勉強をしている身にとっては、測定する事への抵抗annoyは良く話しに聞く。なんか昔から、全然進歩してない。測定データを、あくまで参考にするとの割り切りが出来ない。ツール類の導入ですら喧々諤々punchannoypunch。そもそも、成果の評価が恣意的というか、ひどいのは何度も赤字プロジェクトにする担当がトントン。そんな記事は、昔から何度も見かける。

なんか、ブログとかSNSの発想をうまく利用したい。(あっ、実例が出だしたのは知ってるよ。)

2月 16, 2008 ソフトウェア, パソコン・インターネット | | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月14日 (木)

OpenID使う 大文字と小文字を区別するんだ

今日、OpenIDを使うことに。

動画の調査が必要で、Mitterで調べようとした次第。「はてな」のIDは持っていたので、それを利用した。

最初エラーが出るので、???。念のために、「はてな」のIDでの大文字を大文字のまま入力したら、OKだった。理由が分かれば、何だそんな事か~。(大文字/小文字を区別しない入力サイトもあり、普段小文字のみで済んでいるケースがほとんど。正確には、「はてな」で大文字/小文字を区別してるのかな。)

新しい仕組みって、最近は少し待ってから使う事にしている。これもそのために、少し使うのを控えてた。引き継ぐ情報も少ないようなので、OpenIDにはほとんど抵抗なくなった。(再度、確認はするけど。)

2月 14, 2008 ソフトウェア, テクノロジー, パソコン・インターネット | | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月12日 (火)

情報処理学会 全国大会でのセカンドライフ会場

今日の情報処理学会からのメール、見出しは「第70回全国大会 セカンドライフ会場のご案内」。

3月13日から開催される第70回全国大会で、セカンドライフ会場も用意するとか。以下の第70回全国大会での”セカンドライフ会場入り口”から辿れる。

http://www.ipsj.or.jp/10jigyo/taikai/70kai/index.html

といっても、今環境がなくて、確認できないが。

実は先週、とあるコミュニティで、その成果をセカンドライフでもやろうかと少し話題となった。その時は、(凝れば)予算の件や作成時間の事もあって、断念した。情報処理学会がやるんだったら、少し前向きに考えればよかった。

後日にでも、情報処理学会のセカンドライフ会場は覗いてみようと思う。

2月 12, 2008 ソフトウェア, テクノロジー, パソコン・インターネット | | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 9日 (土)

「新派生売買システム」、OpenPNE運用実験、Googleカレンダー、、

今日は、結構バタバタ。

朝、「新派生売買システム」の障害の件を、ほんのちょっとしたレポートへ。とある所で、障害事例を調べているため。(でも、数段詳しく調べる人がいくれて脱帽。)

昨日のトラブルは、前引け後に派生売買システムに障害が発生して、TOPIX先物2008年3月限(JTIH8)の売買を後場から終日停止したというもの。 復旧の見込みが立たず、三日連休返上だそうだ。

http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20080208/293321/

http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20080208/293371/

で、本システムは以前から危なさそうと言われていたもの。

http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20080123/291892/

の、中段などを参考の事。ToSTNeT(立会外取引)システムとの統合なので、接続でのテストや負荷、異常データなど多数の注意すべき事項があったんだと思う。基本的に色んな所に、バグが潜んでいる/いたんだろう。規模でかいし、大変。


その後というか、平行しながら別コミュニティのOpenPNE(SNS)の運用実験。昨日テストしつつあると聞いて、早速テスト。やっぱ個人的には、メールベースでの連絡よりも、SNSなんかの方がいいな。日記の下に自分のブログサイトも記載できる。つまり、そのSNSでの日記とブログの日記の表題が両方出る。mixiだと、mixiの日記→各ブログへのジャンプなので、そのワンクッションが面倒。

テスト運用のための、コミュやトピを作成したりした。若干登録の手順でおかしいところがあったので、蓋してもらった。作業が早くてありがたかった。

早急なテストだったので、全体的な見直しは必要そう。でも、何となく基本的なところは形が見えてきたかな。後は、皆をどう勧誘するかとか、本格運用のお墨付きを貰うにはどうするかなどが課題。

さすがに、頭使いっぱなしだったので、一時期スーパー銭湯へ。

その後は、OpenPNE(SNS)の運用実験とGoogleカレンダーのオフライン操作へのチャレンジを、平行しながら作業。運用実験は、他の人とのネット上の意見交換もあるので、やっぱ時間かかる。

で、Googleカレンダーのオフライン操作だけど、数日前から悪戦苦闘。Googleカレンダーのサーバーが駄目になった時に、どうオフラインデータを表示させるかの検討。同期よりも、オフライン表示を優先させようとしたもの。

そもそもGoogleカレンダーのエクスポート→インポートが、とある場所では、どうもブロックされている。最初それに気がつかず、ソフトそのものが動かないと思って再ダウンロードなどの作業が発生。自宅で実験したとしても、うまく行かないケースが、、。

・Calgooはネットワークをはずして起動すると、ハングアップなのか処理に時間かかっている。結局断念。これはきつかった。どっかに勘違いや設定があるのかもしれないが。

・Google Gearsを組み込む方法は、何となくインストールできるが、肝心のオフライン用の緑のアイコンが表示されない。うーん何故なのか?? 結局こっちも断念。

・ソーシャルカレンダー「c2talk」は、オフライン機能というよりサービス志向で、ユーザー登録などもやるので止める。

で、Lightningなどを使ったThunderbirdでの表示は、同期が主体の様子。

ほとんど八方塞りかなと思ったけど、再度Sunbirdでのインポートにチャレンジ。GoogleカレンダーでiCal(メニュー上はICAL)のファイルを一旦保存。Sunbirdで取り込むようにした。で、どうにか取り込めた。

ポイントは、非公開のICALを一旦選択→ポップアップでリンク先を保存→Sunbirdで取り込み。

非公開のICALじゃないとうまく行かなかった。また、思えば当たり前だけど、リンク先の保存が味噌かな。

ただし、インポートすると上書きしない。例えば、basic.icsでエクスポートしたものをインポート、次の日に再度インポートしたとすると、Sunbird上で2つのbasicのスケジュールが表示されてしまう。まっ、仕方ない。古いのを消してインポートするか、icsファイルの名前をユニークにする方法をとるか。後者の方が安全かな。

Palmのデータ(ToDo)を、順次Googleカレンダーへ移行している。上のオフラインでの表示も出来るようになったので、PalmでのToDoデータは不要になってきた。他のメモ帳データなども順次移行する予定。なんか、結構な作業だけど、ToDoが目処たったので少し安心。

2月 9, 2008 ソフトウェア, パソコン・インターネット, 品質, 技術 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 5日 (火)

Googleデータの整理

ここ1週間の作業で出荷判定寸劇以外で大きかったのは、Google関連の自分のデータ整理。というか、まだ継続中だけど。

一昨日くらいから悪戦苦闘していたのが、Googelカレンダーのエクスポート。結局、今さっきSunbird+Provider for Google Calendarに落ち着いた。

https://addons.mozilla.org/en-US/sunbird/addon/4631

会社PCじゃ駄目だった。自宅でも駄目?と思っていたら、よく見たらセキュリティで一旦ブロックされてた。で、結局同期はOK。

でも、どうも起動時にネット経由で取り込みに行くような感じ。そもそも、オフラインでも利用できるようにと意図したので、大丈夫かなと不安になっている。今晩にでも実験するつもり。


他の大きな作業は、Googleブックマーク→Googleノートブックへの移行。情報整理するのに、どうもGoogleブックマークは不便。というか、自分の場合、一過性の高いURLを保存していて、余り整理できてない。また、メール文やちょっと来た記事なども含めて情報整理しておきたい。

最初からGoogleノートブックを使っていたり、先にGoogleノートブックが登場していたら良かったけど、もう既にたくさんのブックマークがある状態。PC内も、GMarkの方にも。それらを一般情報に関してはGoogleノートブックに移行するつもり。GMarkが残り500くらい、PC内のもそれくらい残っているけど、1,2週で一旦けりをつけたい。

実は、GoogleノートブックとGoogleブックマークの違いが良くわからなかった。自分なりの使い道の区別といった方がいいのかもしれないが、どちらでも似たような事ができる。で、Googleブックマークではタグによるグループ化ができるけど、Googleノートブックではそれができない。そこを理解したら、自分の場合の主体は、ノートブックかなと思った次第。また、Googleノートブック経由でGoogle Docsへエクスポートできるのが、超メリット。

なお、”場所”とかカテゴリとか、やっぱ、ぴんと来なかった。特にGoogleノートブックでは、両方が表示されるので混乱。やっと慣れてきた。

なお、Googleノートブックを使うときのノウハウめいた話を。

文字とかを選択していて、右クリックで「メモを追加(Googleノートブック)」を操作すると、文字サイズや図も引き継がれる。ただし、メモを折りたためば文字サイズなどは無視される。折りたたみを利用する事で気にならないけど、Google Docsへのエクスポートでは文字サイズや図が引き継がれる。希望としては、それらを引き継ぐ必要がない時が多いので、”テキストとしてペースト”の操作が可能だといいな~。

GoogleノートブックへPDFファイル(のURL)を保存する時は、結構面倒。PDFのビュアーで右クリックによる「メモを追加(Googleノートブック)」の操作ができない。便利なのは、検索結果での”メモをとる”で、Googleノートブックへメモを残せる機能。PDFを見たら、一旦検索結果に戻ってメモ保存。必要情報をメモに追加する。(PDFの場合、文字列コピーを許してないケースもあるので、それでもちょっと面倒)


Google Tranもツールバーへ。その関連で気がついたけど、まだ日本語←→中国語とかはないんだ。


ちなみに昨日発売の週間ダイヤモンド(2/9号)のメインタイトルは、”年収が20倍増えた仕事術「グーグル化」知的生産革命”。「グーグル化」の文字に飛びついて買ったら、Googleツール類の話は、さほど突っ込んでなかった。その意味では、ちょっと期待はずれ。

ただし、情報整理という意味では、ためになる事項満載。やっぱ、ベストセラーを書ける人たちは違うなと感心。

で、情報整理を痛感した。Googleブックマーク→Googleノートブックの整理で気がついたけど、自分で気楽にブックマークしてたが、その後の吟味とかしてなくて不要な情報がいっぱい。また、情報のカテゴリー化とか関連情報との関係が不明確のまま。コピーして頭に入ったと思う状況に似てしまっていた。

また、Googleノートブックに登録する時って、PDFファイルなどもそうだけど少し面倒。逆に、その手間を惜しんでは、その後の情報の有効活用に結びつかないと感じた。


ここ何週間かのGoogleブックマーク→Googleノートブックの作業は、ブックマーク情報の棚卸にもなるな。

2月 5, 2008 パソコン・インターネット, 日記・コラム・つぶやき, 書籍・雑誌 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月31日 (木)

サイボウズがASPも ただし、10ユーザから

ついに、サイボウズのASP版が登場。

http://groupware.feedpath.co.jp/

でも、10ユーザから。1ユーザから申し込めて低価格になればいいんだけど、、、。

サイボウズは、(会社で)結構長く使っていて、気に入っているソフトというかシステム。以前から、他のPCとかでも使えると、自分個人のスケジュール管理などに使いたいと思っていた。でも10ユーザーからで、個人持ちには結構効果。

ASPになるとの事で、1ユーザからの料金体系を期待したけど、、、、。残念。

協業を、Google SpreadsやSharePointを使って作業したりしている。ブックマークはGoogle、マインドマップはMindMeisterと、他にもネット系のサービスをいくつか利用している。使いやすいネットサービスが増えるのを期待したい。

1月 31, 2008 ソフトウェア, パソコン・インターネット | | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月24日 (木)

Office2007ファイル互換機能をダウンロード

今日は、Office2003ソフトでOffice 2007ファイル(.xlsxなど拡張子が4文字で末尾にx)を開けるパックをダウンロード。

http://office.microsoft.com/ja-jp/products/HA101686761041.aspx

使っているいくつかのPCのうち、1台だけOffice2007にしている。ただし、Office2007には、「Backup to 2003」というソフトを入れて、Office2003の操作性に近いことが出来るようにしている。

とにかく、Office2007は、ある意味最悪ソフト。いろいろ機能が上がっているのは分かるけど、ああも操作性が旧バージョンと違えば頭イライラ。しかも、なんかボタン等の位置に脈絡があるように思えない。思考力が止まってしまう。

しかも、Office2007にしているPCは、WindowsXP Pro。シャットダウンの度に、更新版インストールの旨が出る。以前は1週間に1回くらいと思っていたが、今はほぼ毎日。これがまた、頭にくる。早い話、Office2007の自動パッチ配布なんだろう。なんか、馬鹿にされてるみたいな気にすらなる。(Officeのバグ修正だけじゃないのかもしれないけど。)

で、先ほどのをソフトを、Office2003のPCにインストールしてみた。どんな感じで使うのか、良くわからなかったがまずはインストール。Office2003での操作で、ファイルを開くに.xlsxなどのファイルタイプが表示された。つまり、Office2003での操作で、.xlsxなどのファイルを開ける。保存もOK。

開く際に時間かかるし、今までのファイルを開く時間よりも表示までの時間が長くなったような気がするけど、後者は勘違いかな。

今まで、自分での作業でOffice2007上でOffice2003形式での保存をしたけど、そのまま保存して上のソフトを利用してOffice2003で作業することになると思う。多少気分的に楽になった。

1月 24, 2008 ソフトウェア, パソコン・インターネット | | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月18日 (金)

情報処理学会集中セミナー「インターネットと放送」

今日は、情報処理学会の短期集中セミナー「インターネットと放送」へ参加。化学会館7F。

狭義のIPTVと一般的なインターネット放送をあつかったもの。3,4年前も似たセミナーがあったと思うが、それよりも少し技術系から離れていると案内の時にも感じてた。でも、内心結構技術系の話に行くだろうと思ったんだけど、、。

実感としては、2/3程度が非技術系と感じた。もちろん、ヨーロッパや南米でのインターネット放送や、韓国ドラマとネット配信の関係など知ってた方が良さそうな事項も多かったが。

限定配信やFullHDへの対応(圧縮とかコンバージョン)の技術的な討論めいたものを期待したが、ちょっと触れられた程度。少し肩すかし状態だった。

隣の席にウェラブルPC?を身につけた人が。「へー、まだそんな人がいるんだ」とか「研究してる人には、学会でのアピールにはいいのかな」程度に思っていたが、落ち着きない様子。ガサゴソガサゴソ。ドンドン。席は結構空いてたのに。終わり近くじゃ、少し誤ってた。

また、講演者が、WOWOWとかCS放送受信している人がどれくらいいるか挙手してもらっていた。それぞれ数人。こんなセミナーに出席する人の割合としては少なすぎと感じた。


蛇足:初めて化学会館に入る。壁に会館建設のための寄付者名が記載されていた。個人名が結構多い。こう言うと変だけど、化学会館に間借りしなくてはいけない情報処理学会って何だろうと感じた。IT,ITって騒ぐけど、電気学会なども間借り?? 「古臭くないんだよ」と言われたらそれまでだけど。

1月 18, 2008 ソフトウェア, テクノロジー, パソコン・インターネット, 科学技術 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 8日 (金)

GMarks 何か変

ここ1週間程度で悩んでいるのが、Google GMarksの挙動。ブックマークの追加のポップアップは出て、GMarksへの追加も実行したように見えるけど、自分の検索履歴のフォルダに追加されていない。Firefox2.0.0.4にしてから。

今は検索履歴のページから、直接追加している。でも操作が面倒、、、。

で、調べている最中で、以下のようなページを発見。
http://groups.google.co.jp/group/GMarks/browse_thread/thread/5456e496c2706bad

そもそも、2.0.0.4にしたら直ったよと書いてあるので??? 少し様子見かな。

上のページ。当初Googleのサポートページかと思ったけど、よくみるとGoogleのグループの機能。中国語でのスレッドもある。そのスレッドでは途中に一部日本語の記載も。中国語で書いた人が、途中で英語と日本語で、少し補足している。

いくつか思いつく日本語でGoogleグループの検索やったけど、少ない。やはり、日本人(日本語)って、謙虚なのかな。あるいは、Googleの利用は検索での利用どまり??

6月 8, 2007 ソフトウェア, パソコン・インターネット, 日記・コラム・つぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 3日 (日)

Amazonのマイページ 新?GUIいい感じ & Firefoxアップデートでの「アドイン確認」

Amazonのページへのアクセス、普段は気なっているページから入るんだけど、今日は久しぶりにAmazonのトップページへ。デパートだと普段電車の乗り換え口経由の入り口からだけど、正面玄関から入った気分かな。

で、トップページはDVDなども含めたお勧め商品が掲載してある。その中には「マイページ」と呼ぶ、今までの検索結果などから類推したお勧め本が掲載されている。

今日「マイページ」を見てみたら、下のほうに←と→マーク。クリックしてみると絵がぐるぐる回った。「おお」。Vistaって詳しく知らないし余り興味ないけど、あのGUIに似たものというと普通の人には話が早いかな。DVDの、クリップ一覧などではよくあるケース。

中身は、FLASH。←と→マークのクリックを止めると、少し時間があって絵も停止する。その部分自体はFLASHそのものの機能だろうけど、スピード的にも違和感無いGUI。

Web系は、技術がどんどん進歩する。


ついでに:先週Firefoxアップデートしたら、「アドインの確認中です」(詳細は失念)のメッセージが表示された。

Webソフトって、自動アップデートの仕組みを入れて、アドインのチェックを行えるようにして、、、。アドインを動かすわけにはいかないので、コードを調べているとかアドインのファイルに整合性のための情報がありそこを調べているんだろう。

アドインとの間で不整合が起きたら、アップデートを実行して、アドインキャンセルのポップアップが出ると思われる。

Webシステム(のテスト)って、Web操作での確認次元ばかりじゃなくて、自動テストを組み込んだ大きなシステムみないなことになってる。こっちの進歩もすごい。

6月 3, 2007 ソフトウェア, パソコン・インターネット, 技術, 科学技術 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月26日 (土)

Google Spreadsheetsで簡易バグ曲線生成 更新

以前記載した、Google Spreadsheetsでの簡易バグ曲線生成を更新した。

新しいURLは以下。

http://spreadsheets.google.com/pub?key=p8G5_VJ836HAp2al0ekShLQ&output=html

改めて、生成方法などを記述しておく。

あるコミュニティで、仮想的なソフトウェアテストの事例研究を行っている。研究と言うよりも、意見交換に近いかな。で、その過程で個人的に、Google Spreadsheetsでバグ管理やバグ曲線生成が出来ないかと、ふと思った。そこで、作ったもの。

日々の発生、対策済みのトラブルを入力することで、累計とグラフを生成、自動的に更新される。対策済みは、トラブルに対して対策日を入力する方法。

ただ、Spreadsheetsは選択した列でのグラフ化が出来ない様なので、結局続いた列の4種類全部のグラフ表示にした。まっ、処理スピードや機能などは表計算ソフトには及ばないけど、複数人でバグ発見や対策済みを入力するには便利かな。もちろん、小さな規模の時とか、簡単なシュミレーションの時。大規模になったら、それなりのツールやシステムが必要。

あっ、もちろんバグ累積曲線の分析は、Google Spreadsheetsをエクスポートして統計ソフトで分析を想定。こっちは、後日別の検討関連で書く予定。当たり前だけど、バグ累積曲線の分析をやるのは、統計ソフトだよ。エクセルじゃないからね。


累計とグラフの生成・更新のポイントは、累積を計算で求めることと、計算関数を利用してバグ一覧から自動生成している点。ちなみに、Spreadsheetsって、公開できて何人かで編集できるけど、”誰でも編集”の設定が出来ない。なので、上のURL経由で見ても、実際の”計算関数”の記述はわからない。

余りここで説明せずに、「誰でも編集」で見て貰えばいいやと思ってた。でも、よく調べたら「誰でも編集」が不可なので、ここで説明しておく。

例えば、「バグ時系列_グラフ化」シートのB3(5月2日のバグ発生件数) のセルには、”=COUNTIF('バグ一覧'!D$2:D$30;A3)"と入力されている。つまり、「バグ時系列_グラフ化」シートでのA列での日付と、別の「バグ一覧」シートでの日付が一致する個数をカウントして、「バグ時系列_グラフ化」シートのB列にストアする。

セルのB3には”=COUNTIF('バグ一覧'!D$2:D$30;A3)"と入力されているので、B3~(例えば)B45までをクリックして、Cntl-Dを操作。すると、エクセルと同様に関数がコピーされ、しかも自動的に関数式内の行番号(日付に相当)が更新される。

累計や日付も、計算式を埋め込んでいる。

まっ、ずっと先までグラフ化しておいても気にならないなら関数式上の日付を長めに設定出来るけど、そうでないと時々Cntl-Dで処理する範囲や日付部分の行番号を更新したほうが良い。この辺りはお好みかな。

意見等あったら、コメントください。(なおコメントは承認制なので、反映まで時間かかります。)

5月 26, 2007 ソフトウェア, パソコン・インターネット, 品質, 科学技術 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月28日 (土)

「Google のサマーインターン募集」を見る

Google のサマーインターン募集を読む。修士、博士が対象で、体験場所はアメリカ。飛行機代や宿泊場所は、Google持ち。

世の中、様変わりした。もう○○年も前、インターンシップの学生さんと一緒に(といっても間接的に)、作業したことがあった。日本でも超有名どころの大学。検証系と一部設計の雑用的な側面あり。ただし当時としては、インターンシップ自体をやっているとこ自体が皆無だったので、先覚的であり企業側もやり方を多少模索していた。

それが、今や国際的で、しかもネットで広告を出す時代。ついつい、(優秀な)学生さんは大変だな~と思ってしまった。語学力向上もだけど、成果も明示しないといけない。卒論だけとか修士論だけじゃ駄目なんだろうな。

ソフトウェアばかりじゃなくて、優秀なエンジニアの募集方法の参考になる。もちろん、優秀なメンバーだけでプロジェクトや企業が回るわけじゃない。だけど、自分たちのレベル上げを考えないと、衰退しかない。自分たちって、日本だったり、企業だったり、部門だったり、グループだったり。

普段はさほど感じないけど、こんな広告目にすると、各自でのスキルアップは必要なんだな~と感じてしまう。

4月 28, 2007 ソフトウェア, パソコン・インターネット, 日記・コラム・つぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

Google Spreadsheetsで簡易バグ曲線生成

あるコミュニティで、仮想的なソフトウェアテストの事例研究を行っている。研究と言うよりも、意見交換に近いかな。それなりの成果が出来たら、ここで書く予定。

で、その過程で個人的に、Google Spreadsheetsでバグ管理やバグ曲線生成が出来ないかと、ふと思った。作ってみたのが以下。

http://spreadsheets.google.com/pub?key=pdNXeKvRXfJKDqhyGoN3_Bw

日々の発生、対策済み件数を入力することで、累計は計算してくれる。グラフも自動的に更新される。

ただ、選択した列でのグラフ化が出来ない様なので、結局続いた列での4種類全部の表示にした。まっ、処理スピードや機能などは表計算ソフトには及ばないけど、複数人でバグ発見や対策済みを入力するには便利かな。もちろん、小さな規模の時とか、簡単なシュミレーションの時。大規模になったら、それなりのツールやシステムが必要。

なお、今回のは日々の集計からのグラフ化。別シートにバグ発見や対策済みの入力シートを作ったので、そちらからの主計自動化をこれから考えないといけない。

あっ、もちろんバグ累積曲線の分析は、Google Spreadsheetsをエクスポートして統計ソフトで分析を想定。こっちは、更に先の話。


★★作ってみたSpreadsheetsは現在メンテナンス中です。しばらくお待ちください。

4月 28, 2007 ソフトウェア, パソコン・インターネット, 品質, 科学技術 | | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年3月17日 (土)

YouTubeのタイトル日本語対応進んだ?

今日、アップしたYouTubeでの一覧を見て、少し驚いた。今までタイトルでの日本語文字化けしていたのが解消されていた。

それぞれのビデオでの表示は正しかったが、投稿者一覧”Videos”の一覧で文字化けしていた。何となく意味は通じてたので変更しなかった。今朝見たら、そこも正しく表示されてた。

あそこのタイトルは海外での利用も考えて”英語で”が一般論だろうけど、日本語が分かる人にだけ見てもらえば良いということもある。自分の場合、地名とか催しなど、どうしても英語にしにくい所が多い。(英語にしたら、興ざめというケース。)

今回の文字化け対策も、1月ほど前(?)にYouTubeのトップが日本に来て色々な所と交渉した成果の一環なのかもしれない。ちゃんと覚えてないけど投稿前の注意書きに日本語のメッセージも出るようになったので、それにつれて細部の不具合というか日本人から見た利用での障害を解消しようとしているのだろう。

ちなみに文字化けしてたのは、プロレス関連の投稿。”SUWAさん引退(国内)”の”退(”の部分で、文字化けしていた。

GoogleにしろYouTubeにしろ、日本語化がどんどん進んでいるイメージだ。日本製ソフトの海外向け販売の立ち遅れが多少議論されてるけど、Webの世界も同様というかそれが広がっている感じ。自分がもっと若ければ別の感情が湧くかもしれないけど、ただし今は「どっこい、それでも日本のソフトウェアは良いじゃん」みたいな感覚かな。

3月 17, 2007 ソフトウェア, テクノロジー, パソコン・インターネット | | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月16日 (金)

Google Docs & Spreadsheetsが日本語版も

とあるブログニュースで、GoogleのDocs & Spreadsheetsの日本語版が登場したと読んだ。

早速、(今までの英語版での)自分の文書のサイトへアクセス。「あれっ、どこが変わったの?」てな感じ。自分の文書名は、以前から日本語ファイル名だし、直近のアクセスまでの期間は以前と同じ英字表示だし、、。メニューが日本語になっている。それが違いなんだが、余りに違和感ないのが心地よい。当たり前だろうけど、自分の文書のサイトのURLは前と同じで良いし。

”Google Labs (英語)” の先にもまだリンクあるけど、”Google のツール”の一覧にGmail等と並んで表示されてた。(少し前から?)


歳取ったせいか、余り変化が激しい事について行けなくなってきている。操作性が大きく変わったり機能の概念が変わると、ちょっといらいらしてしまう。

ここ1,2週間で、上のGoogleのDocs & Spreadsheetsと対比的だったのが、マイクロソフトのIE バージョン7。何かの拍子でダウンロード。そもそも、バージョンアップに時間かかるし、何か良く分からないエラーは出るし。バージョンアップの途中で、断念してバージョンダウンしようとしたが出来ず。

仕方ないので、結局IE バージョン7へ。ところが、実行してみて、画面が大きく変わっているのに気がつく。ブックマークの記憶を(Firefoxの)”ブックマーク”でついつい覚えていたりウィンドウの上のほうにあると思っているので、ブックマークの呼び出しに混乱してしまった。今朝、IE バージョン7の画面で”お気に入り”で探したら、それらしい操作が分かったが。

IE バージョン7でブログ関連の機能がついたみたいだけど、それが画面表示の前面に出ているも気に入らない。もう、他のブログ関連のツールを利用してるし、、。個人的には、Firefoxでの”このページを購読”でのRSS登録の操作法が好きだ。

何か、ソフトもちょっと「奥ゆかしさ」がある方がいいな~。くどいけど、やっぱ、歳なのかな。

3月 16, 2007 ソフトウェア, テクノロジー, パソコン・インターネット | | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月 7日 (水)

ITproのVista開発史に見る品質

ITproのVista開発史が、ちょっと面白い。

個人的には、Vistaは余り興味ない。ただ、この記事での品質関係の話題は、参考になる。

Gartnerのアナリストにバグ検出システムを視察してもらうくだり

第三者機関にテスト依頼してから急激に品質が上がったとするくだり

上のページでは分かりにくいが、直前のページでの、この部分の見出しは「2006年8月:品質が突如高まる」


前者は、MSなりGartnerが検証システムを企業の核心と見ているということだ。日本の証券会社なりM&A系の会社でそんな認識のあるところは多いのだろうか? ましてや、企業でそんな検証システムを見せようと考える企業はあるのか????

後者は、第三者機関で全部の検証を行ったのか疑問だが、書き方の行間を読むと第三者機関による検証のメリットがありそうに思えてしまう。ただし、どこを任せたのか良く分からないし、期間が短すぎる事、RC1で解決したバグ数が少ないように思えるので、100%信用できかねる。

でも方向としては、ソフトウェア開発をアウトソーシングする動きと絡めて、ソフトウェアテストのアウトソーシングは広がりつつある。それなりの専門分野なので仕方ない。そうなると、ソフトウェアでのものづくりって何なんだろうと思えるこの頃。特に開発・検証の丸投げやろうとする輩を見るとなおさらだ。

2月 7, 2007 ソフトウェア, テクノロジー, パソコン・インターネット, 品質, 技術, 科学・技術, 科学技術 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月 2日 (金)

ソフトウェア・テスト PRESS Vol.4

今日は虎ノ門で会合。

「ソフトウェア・テスト PRESS Vol.4」 が発売となり、一昨日・昨日とか虎ノ門に行く途中で読もうと思ったが、時間無くて買いそびれた。虎ノ門のBK1で買い、会合での休憩時間や帰りの電車とかで読む。

今回の号は、ちょっと盛りだくさん過ぎる感じ。(私は、テスト専門じゃないけど)逆に業界人が写真つきでオンパレードなのが、ちょっと楽しかった。^.^;; ○さんは白髪増えたな~とか、あの人何度か目にしたけど○○さんって言うんだとか分かったり、、。

盛りだくさん過ぎるって書いたけど、ソフトウェアテストを急にやれって言われた人が現場を知るには丁度いいと思う。逆に、最近の分厚い本を並べるが、能書きしか言えない管理職とか担当者が増えてない? (そんな本も読まずに、しかも科学的思考も出来ない連中が、更にタチが悪いけど。)

で、”特集2”の「どうする?! テスト技術者のスキル/キャリア形成」は参考になる。特に大学、そして専門学校の視点での記事。個人的には専門学校のそれは、現場での問題を凝縮しているとも言える。

大学院でのコースも紹介されている。少し気になったが、広島市立大学の名が無かった。大学院でもコマがあるように思うが、、、、。


なお個人的には、P43でのISO12207とV字モデルの図は、どうも好きになれない。V字モデルが嫌いなせいもあるけど。段階的詳細化の考えがいいし、なんかテスト後回しの根拠になっている気がしてならない。ISO12207って、より全体的なサイクルの認識の必要性を言っていると思うし。(V字モデル本来の考えもあるようだけど、基本的にV字モデルは嫌い。って、既にディメリットが実証されているといってもいい。)

2月 2, 2007 ソフトウェア, テクノロジー, パソコン・インターネット, 技術, 書籍・雑誌, 科学・技術, 科学技術 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月31日 (水)

ブログサーフィン サイボウズやマイクロソフト

時々、サイボウズ・ラボのブログは読んでいるが、一昨日のヨードンさんの話に触発されて、ブログをいくつか読んでみた。

サイボウズは、ラボ以外にもいくつかブログがあった。求人のコーナーには品質管理の人の書き込みもあったりして、ちょっと面白かった。ネタ(?)ごとにユーザ数が判明する。

個人的には、「社内ソーシャルウェア?」での、法務部知財担当のタグクラウドが面白かった。社内の関心事、社内特定分野での関心事の程度を技術的に計測する解決方法の提示でもある。なんか、色んなものに応用できそうで、少しわくわく。


で、もう一つは直交表関係。PICTというマイクロソフトのツールが、あるコミュニティで多少話題となったので、少し調査。すると、マイクロソフトのMSDNのブログに辿り着いた。まだちゃんと読んで無いけど、結構掘り下げているように思う。

どうも、マイクロソフトと聞いて、敬遠したかったが情報収集としてはいいのかも。敬遠したいと思ったのは、そんだけ直交表使ってあの品質じゃね~との思い。ただし、飲み会などで言うと、それでもマイクロソフトの検証体制はピカイチとの話も少なくない。うーーん。

Bloglinesにいくつかのブログを登録しているが、今日見て面白かったものを追加したり、Bloglinesでの購読見直しもやらないといけない。いま少し購読数が多くて、量が半端でなくなった。(歳のせいか、件数多いと目や頭が疲れてしまう。)

1月 31, 2007 ソフトウェア, テクノロジー, パソコン・インターネット, 技術, 直交表, 科学・技術, 科学技術 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月22日 (月)

GoogleアラートのNotは”-”

実は、Googleアラートに”バグ”を登録しています。最近気になったのが、”バグダッド”も通知される事。

で、”バグ”は通知するけど、”バグダッド”は通知しないように設定しました。「バグ -バグダッド」と、Notはマイナス表記すればいいんですね。

で、それくらいなら、ブログに書くほどじゃありません。背景に、Googleの凄さが見え隠れした気がするので、書きます。

普通、感覚的にGoogleアラートに表記方法のヘルプがあって、そこで判明すると思います。が、アラートのヘルプには、(普通の)検索での詳細設定を行い、そのボックス内容をコピーしてくれとあります。検索条件をandやorで指定する画面での結果を、アラートに指定しなさいというもの。

早い話、検索条件はどんどん複雑になります。それを共通化している事になります。WebAPIもこれと関連しているでしょうから、検索用のAPIは普通の検索、アラートの指定、他のコンテンツでの検索も同じなのかもしれません。

これは、一つの会社のソフトウェアプラットフォームが一つということ。部とかの単位ではなくて、製品の単位でもなくて、会社。MSで言うと、エクセルでの検索とIEの検索が同じといったレベル。

しかも、多分ネット上の記述が機器でのマニュアルに相当するので、マニュアルも要らず更新もスピーディ。また、プログラムの挙動そのものが仕様になるので、バグになりようが無いといってもいい位です。

更には、多分新しい機能は、新サービスとか実験室として提供して、バグが少なくなったら他のアプリ(コンテンツ)で利用する事になると思われます。テストが非常に軽量化できますね。

やっぱ、凄い。

1月 22, 2007 ソフトウェア, テクノロジー, パソコン・インターネット, 技術, 科学, 科学・技術, 科学技術 | | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年1月21日 (日)

YouTubeへトライ

今年の課題、その1を達成。YouTubeへの動画アップ。

http://blog-honda.cocolog-nifty.com/honsyakikou/2007/01/post_9992.html

動画は、近くの遊水地公園の工事の様子。まっ、あくまでテスト。こんなサービスがあると分かっていたら、地球シュミレータなどの見学の時に、写真ではなくてビデオで撮影すればよかった。

1月 21, 2007 テクノロジー, パソコン・インターネット, 日記・コラム・つぶやき, 科学・技術, 科学技術 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月19日 (金)

”グーグル革命の衝撃”の予告編

深夜、何気なくTV見ていたら、21日のNHKスペシャル” グーグル革命の衝撃”の予告編(テレマップ)が流れた。

きわめつけは、エリックシュミットとのテレビ初のインタビューだろう。他には、マーケティングの様子なども出た。NHKのサイトでは、予告編の動画も見れるみたいだ。(残念。プラグインの関係で、Macで見えない、、。)

なお、ついついこの前ニュースになった、宇宙旅行するとか研究開発に投資するのってグーグルの誰だったかちゃんと覚えてない。放送までに思い出すか、資料ひっくり返してみないといけない。

1月 19, 2007 ソフトウェア, テクノロジー, パソコン・インターネット, 技術, 映画・テレビ, 科学, 科学・技術, 科学技術 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月 1日 (月)

年頭に考える Webの発展、2007年問題

あけましておめでとうございます。

ほとんど日本全国、晴れの天気でした。今は少し曇りだしてているようですが。今年が早朝の天気のように、いい年でありますように、、、。

昨年は、ブログを少し本格的にし、Mixiをスタートした年でした。逆に、大晦日ですが、メールマガジンを廃刊にしました。コミュニケーション手法が進歩したり、Web関係の技術の進展に驚いています。

で、今年の目標。

1)技術関連は、何か成果物というかまとまったものを作成するようにしたいと思います。

ブログネタも、少し掘り下げるつもり。

去年から宿題にしている資格取得も課題なので、どうにか達成しないと、、。(何の資格かは今はヒミツ。)

対外活動は今の延長で、飲み会主体というか、飲み会でエッセンスを頂戴しながらも交流深めます。^.^;;;;

2)ホームページとかブログを、もう少し見栄えよくします。

どうも、今は見栄えが良くない。^.^;

写真とか動画も散らばるようにしたいし、、、。特に、今年は動画を課題にしたいと思います。


なお、元旦での技術関係のニュースは、Mixiでのトラブル。案の定と言うかトラフィックが増えすぎて処理が滞ったみたいです。

Web企業の大きなステップです。日本の元旦のトラフィック対応は。テストとかで十分にやってるんでしょうが、その時点での会員数という母数自体が増えるので、テストはべき乗的に増えた量の想定が必要。

しかも”その時点での会員数”をある程度見積もりますが、Mixiのようなケースだと上場があって更に会員が増えたりする、、、。予算というか設備増強も限りあるし、システムが複雑でテストしてもほんとは未確定的な要素を払拭できない。難しい。


年末・年始にかけて、RSSフィードの実験関係でOPMLの吐き出しとか取り込みの実験をやってます。どうもうまく行きません。時間かかるとの事だけど。しかも、多分文字化け発生。うーん、課題多そうです。

知人から年賀状メールが来ました。ただし、個人宛というよりも購読ユーザー宛のもの。つい先々週、忘年会で会話した知り合い。多少奇妙な気持ちですが、ブログとかMixiでの新年の挨拶も似たようなもの。不特定多数向けなのに、場合によっては非常に親密な人に向けたメッセージでもあります。

和歌に自分の思いを託したものをよく学校で習いましたが、少しそれと似ているかもしれません。人によって、文意の受け取り方が多少違ってくる。表面の字面の受け取りだけでは駄目な時もあります。

コミュニケーションが、1、2年前は、1対1もしくは1対Nだったのが、1対nへ。nが結構小さなコミュニティになったり、nが1を含むイメージ。

ブログ技術の進歩(Web2.0の進歩)で、セマンティックWebの技術がどんどん発展しています。和歌が誰宛の恋文かを理解出来るようになるのが課題とは思えませんが、それに近い事が出来るようになるのかなとふと思った年始でした。

また今年は、「2007年問題」の年です。技能工の人や技術系のノウハウ持った人達がいなくなって行きます。どんな対策をして行くのか興味あります。対策していく企業が生き残るのかな。(ローテーションとかオフショアでケリがつくとは思えません。)

今年もよろしくお願いします。

1月 1, 2007 パソコン・インターネット, 日記・コラム・つぶやき, 科学・技術 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月31日 (日)

@niftyの「マイキャビ」のMac設定

さっき、@nifty「マイキャビ」のMac設定を行った。「マイキャビ」はファイル共有サービス。Windowsとの情報共有を行うのに利用しようと、以前から考えていたもの。

WordやExcelに近いものは、Google Docs & Spreadsheetsで作成する事が多くなった。WordやExcelとは異なる、引用や参照の多いPDFファイルなどを保管しておこうと思った次第。プレゼンなども、保管しておき、修正なども両方から行う事も出来そうだ。(ただし、細部の修正の時はどちらかのOSにした方がいいけど。) 

@nifty会員なら20MBまで無料という事だし、Macとの共用が可能なのがメリットだ。

ヘルプをよく読まなかったせいか、Macでの設定のURLを間違ったために2、3回やり直したが問題なく出来た。ただし、トップには色んなフォルダがあるので、深い階層のフォルダを作成してそれをエイリアスした方がいいと思う。

来年から、今までよりも更に効率よくやれそう。

12月 31, 2006 Mac, パソコン・インターネット | | コメント (0) | トラックバック (1)

Googleのアクセサリで一服

大晦日でちょっと忙しいけど、合間にGoogleのアクセサリで遊ぶ。

地球をシャトルのように眺めるもの。
http://echo3.net/flight/
北緯31度に設定。昨日やっと1回、九州が表示されるのを目にした。不思議なことに、中国は地名表示なし。

地震情報の表示。Googleに貼り付けたい時は、Googleのページからがいいかな。
http://www.robogear.biz/earthquake/indexred.html

株式市場。こっちは、アクセサリのタイトルバー経由でのページが無いみたい。Googleのアクセサリ設定ページから設定できる。結構面白いのが、そのGUI。特に期間の指定方法。また、ニュースが株価の罫線上にプロットされる。ニュースと株価との関連が分かるのでいい。ただし、こちらはアメリカの銘柄のみ(ADRでの日本企業はOK。日本企業を表示するアクセサリはあるけど、ここでのGUIとはまったく別物)。

上記は、Googleでの「パーソナライズド ホーム」の利用が前提。

ちなみに、急激にアクセサリが増えた気がする。大手企業のアクセサリも有る。うーん、皆さん商売上手だ。

12月 31, 2006 ソフトウェア, テクノロジー, パソコン・インターネット, 科学・技術 | | コメント (0) | トラックバック (2)

2006年12月30日 (土)

ブログフィードを整理 「知識ゼロから学ぶ ソフトウェアテスト」が更新されてた

今日は、”Bloglines”ヘ、気になっているブログをノミネートした。少し操作にも慣れた。この類のツールは、本当に便利。特定分野のブログを、一まとめにして見ることが出来るからだ。しかも、以前から更新されたブログのみ列挙できる。(逆に、ある特定時間前から列挙させることも可能。) しかも保存も出来る。

そのため、今日は学会やフォーラム系、ニュース系、そして知り合いのブログを登録した。特に最後は、ブログの更新状態がわかり、今年の締めくくりという意味でも役立った。

その中で、更新されていて少し驚いたのが、「知識ゼロから学ぶ ソフトウェアテスト」のブログ。まっ、ソフトウェアのプロセスとかテストとかは狭い業界。著者には、時々お世話になっている。(ソフトウェア自体が狭い業界だけど。)

なおブログ名は「知識ゼロから学ぶ ソフトウェアテスト」だが、個人的には「現場の仕事がバリバリ進む ソフトウェアテスト手法」の方が好きだ。

そのブログでの12月18日の日記で触れているのが、Windows Vistaの行数。Vistaのソースコードが5000万行。4000人の開発者、と同数のQA(テスター)。まっ、開発とテスターが1:1ということで、一般論と合致。また、一人1万行も、他と似ていると思う。

なお、一人1万行って期間を加味しないといけないけど、私の経験ではそれくらいが人間の集中力の限界。大抵は、1年とか長くても2,3年。つまり、一人当たりのプロジェクトでの生産量は多少変わるけど、2,3万超えるのは(超えるのを前提とした計画は)どっかがおかしいくらいに思った方がいいというのが個人的意見。あくまで生産という立場での平均的な数値だけど。(Vistaのような場合、期間は長いとの認識かもしれないけど、実質的な生産部分の期間は、2,3年じゃないのかな~。それ以前の研究的な期間は多少長いだろうけど。間違っていたらごめん。)

で、気になったので、SECでのほかの機器での行数の資料も、もう一度探しもとめた。IPS(SEC)での発表資料。東洋大学の野中先生による。

そこでのP5に書いてあるように、DVDレコーダーで100万行。ちなみに、P19には、日本のソフトウェア品質は高いんだぞというのもあるので、興味あれば見て欲しい。

ただし当時よりも、製品でのプログラム行数は増加、日本のソフトウェア品質は低下というのが、まっ飲み会レベルでの常識かな。(行数の件は、対数軸上で外挿した値で認識すれば外れてはいないはず。)


年末でのブログの整理のおかげで、ちょっとソフトウェア工学のおさらいをする羽目になった。来年の課題がいくつか出来た感じでもある。

12月 30, 2006 ソフトウェア, テクノロジー, パソコン・インターネット, 品質, 科学・技術, 科学技術 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月29日 (金)

AmazonでSPSSでの分散分析の本を注文

ここ2,3ヶ月、ソフトウェアでの直交表利用をちょっと考えている。で、ここ1月ほどが、統計での分散分析も少し勉強。というか、統計ソフトのSPSSでの分析方法が良く分からない。(大抵は回帰分析での利用なので。)

この類の本は、大きな本屋さんではいくつか棚にある。そこで他に関連する見ておきたい本もあったので、、帰宅途中の有燐堂に行ってみた。店員さんに聞いても無いとの事。藤沢店に在庫が有るようだけど、今からそのためだけに行く気はしない。

結局Amazon経由で注文。計3冊。他にちょっとグラフ作成でよく分からないところもあったので。

なお、SPSSで本格的な分散分析のためには、「Advanced Models」を買う必要がある。うーん、金が無い。 まっ勉強は、「Advanced Models」を含めてやっておくけど、検討している事項は「Advanced Models」なしでまとめたい。検討している事項は、ソフトウェアテスト結果の分析。繰り返しの場合が、ほんとは「Advanced Models」が必要。なお、根本的に分散分析まで一生懸命やる必要があるかは疑問ではあるんだけど。(論理的な検討はしておくべきとの判断。)

うーん、冬休みの宿題になってしまった。

12月 29, 2006 ソフトウェア, パソコン・インターネット, 書籍・雑誌, 直交表, 科学, 科学・技術 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月28日 (木)

お久しぶりね「筆ぐるめ」くん

昨日の夜から年賀状作成。色々バタバタしていて、気がついたら20日過ぎていた。あまり日がない。そのため、昨日の夜から一挙に作成。賀状の構成は前からほとんど決まっていたので、ちょっと画像処理するくらいだったが。

でも、昨日の夕方になって、どのソフトでどう作ったか覚えていない。

去年(2005年)の賀状までは、MacのPhotshopで絵を作り、住所はラベル印刷。少し前までは、MacのFileMakerであて先作成を作業してたけど、そのためだけに使うのも面倒になってエクセルに。

MacとWindowsのマシンでのファイルを色々探したら、判明した。WindowsのPPTで文面を、「筆ぐるめ」であて先を直接印刷していたようだ。

我ながら忘れっぽくなったと反省したけど、1年に1回しか使わないんだから仕方ない。また、これはPCにバンドルされていたソフトだったのも印象薄かった理由かも。で、今年は喪中の人が少なくなく、印刷から外す方法が良く分からない。でも便利なもんで、ヘルプを操作すると、どのボタンをクリックするかなど画面の上でわかるようになっていた。

頻繁に使うソフトじゃないけど、それに応じた工夫があり、ちょっと感心した。

やっぱ仕様書とか、操作説明書、システムそのものも、しばらくたってもすんなり理解できないと駄目なんだろうな。まっ、これは色んな設計図も同様。人間の思考にマッチした構成にしないといけない。(文書の数とか管理手法の問題じゃないんだよな~。)

12月 28, 2006 Mac, ソフトウェア, パソコン・インターネット, 日記・コラム・つぶやき, 科学・技術 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月27日 (水)

RSSフィードブロック対応はBloglinesにした

先週から実験しているRSSフィードブロック対応は、結局「Bloglines」をメインにした。ただし、メール配信の機能を持つ似たような複数サイトと共用する。

フォルダに保存しておきたいとか昔ののも見たいとか、表題のみの表示が出来るかなど色々機能として欲しいことがあった。また逆に、メーラー(正確にはRSSリーダー)受信も行っているPCもあるので、メールでの通知機能もあった方がいいと考えたり、、、。

それにしても、ここ1週間ほど色々調べたら、色んな機能のサイトがあったり、サービスがあったりしている。技術革新と呼ぶには賛否両論あるかもしれないけど、個人的にはWebのソフト屋さんが切磋琢磨している感じ。しかもスピードが速い。

色んなニュースマガジンを購読しているが、従来のハードメーカー主体のニュースが多い。この類(Web2.0対応サービスと呼ぶべきか?)のサービスなども、ちょっとウォッチするようにしないと時代に後れそうだ。

12月 27, 2006 ウェブログ・ココログ関連, ソフトウェア, パソコン・インターネット, 科学・技術 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月26日 (火)

Thunderbirdの検索フォルダはなかなかいい

今日は、年末ということもあってメールを整理。色々メーラーのThunderbirdをいじっていたら、「検索フォルダ」の機能が目に付いた。

色んな選択条件に合致したメールを、作成した検索フォルダに置くというもの。メッセージフィルタと違い、いわばエイリアスが置かれる。メールの重要度をラベルで区別してるが、全体の中で重要なものを選んで表示できたりする。時々、どのフォルダに入れたか分からない時があるので、今日は重宝した。

久々に、小気味いいソフトにあった感じ。

なお作業中に、Firefox2.0のダウンロードを促すポップアップが表示されたが、ダウンロードは見送った。年末で色々作業あるし、万一旧テーブルとかメール内容がおかしくなったら大変だからだ。来年早々、バージョンアップしたいと思う。

12月 26, 2006 ソフトウェア, パソコン・インターネット, 科学・技術, 科学技術 | | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年12月24日 (日)

MSのフィードリーダーに関する特許

ニュースを整理してたら、マイクロソフトのフィードリーダーに関する特許が公開されたとの事。CNET Japan。詳しい内容は分からない(理解できてない)が、多少物議を醸すことになるかもしれない。

なお、Vistaの発表日と本特許申請日との違いが、3日。Vistaでの機能にRSS関連がある。まっ、既に使っている人とかMS嫌いには、「何でいまさら」と思えなくは無かった。でも、ちゃんと特許申請まで配慮しての発表だったと考えると絶妙な作戦だったのかもしれない。特許に関する基本的な取り組みは参考にしていいだろう。会社とか部門によって取り組みが違うかもしれないけど、特許に無頓着なソフト屋には困ったもんだ。

12月 24, 2006 ニュース, パソコン・インターネット, 科学・技術 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月21日 (木)

フィードパス(feedpath)実験

今日は、フィードパス(feedpath)の実験。

http://feedpath.jp/feedpath/index.csp

いくつかPCを使っているけど、RSSリーダーに関する環境が違っている。

自宅Mac:FireFoxでのリーダー。
自宅Win:FireFox使ってるけど、未設定。
別場所Win:FireFoxなんだけど、、。

問題は3番目。どうも外からのRSSフィードをブロックしているみたい。で、半年前くらいから、いつかフィードパスで実験しようと思っていたが延び延びになっていた。ソフトウェア関係のフォーラムなどがRSS多用しているので、時々フラストレーションたまっていた。(といいつつ、なかなか実験できるタイミング無かったり、忘れていたり、、。)

今、上のURL確認したらユーザ登録のボタンが見えるけど、別場所Winからは見えなかった気がする(勘違い?)。そのため手間取った。で、色々探して、どうにか登録画面を見つけた。登録して、実験。自分のブログのRSSを受け取るか実験して、ページでの表示を確認した。

フィードパスは、サイボウズが母体となっている会社だ。社内インフラに向けての有料サービスの関係で、ユーザ登録などがページメンテされてないのかなと思ったりしたが、どうなのか??? なお、発展途上なのか、営業活動と無料サービスとか開発メンバーのページとか色々あって、今は多少混乱する。

今年は、結構3台のPCの環境を似たものにしてきた。例えば、ブックマークの共用など。他には、Google Docs & Spreadsheetsの利用やNiftyの”マイキャビ”の利用がある。

ほんとは、メーラーのアドレス帳とかフィルタリングも共用したいのだが、そんな機能はなさそう。あるかもしれないけど、利用できなくても大きな不満はない状況。

残った問題が、RSSリーダーだった。特にRSSフィードをブロックする場合。今回ので、環境を似せられる。これからの課題(作業)は、RSSリーダーそのものの利用と、フィードパスとの棲み分けの検討。他には、自宅MacでRSSリードしているものを順次フィードパスに設定する作業がある。今週末には作業したい。

12月 21, 2006 ソフトウェア, テクノロジー, パソコン・インターネット | | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年12月17日 (日)

DeltaGraphをインストール

今朝、2、3日前に届いたDeltaGraphをインストールした。V5.5.5J。Mac版。

DeltaGraphは、グラフィックソフト。自分はほとんど使わないが、プレゼンのための機能もある。

前の使っていたバージョンは、4。以前5とかになってバージョンアップしようか少し悩んでいたけど、あまりグラフィック使ったプレゼンやる事も無くなったので、ほったらかしにしてた。MacOSXへの対応が遅れたり、(勘違いかもしれないけど)サポートが疎遠だった時もあったように感じたのが理由。V5.5.5Jのアナウンスにすぐには飛びつかなかったけど、グラフィック使ったプレゼンが増えそうで、この前申し込んだ。

どうもエクセル使うと、頭イライラする。特に分析とかグラフ化が絡んだとき。(更には、文書やスケジュールをエクセルで見せられると、イライラが過ぎて血圧上がってしまう。) で、DeltaGraphは、グラフ化の時に利用する(利用してた)。

DeltaGraphで気に入ってるのは、スパイダーチャートとか三次元の離散図とか、、、。後、プレゼンの事考えると、エクスポートのフォーマットがたくさんあって便利だ。

データ分析のためのSPSSは、今月末に15Jが届くはず、SPSSはWinでしか動かないので、グラフ化のためにWin→Macがちょっと面倒だけど、仕方ない。今月末は、ちょっと面白い事できそう。

12月 17, 2006 Mac, ソフトウェア, テクノロジー, パソコン・インターネット, 技術, 科学・技術, 科学技術 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月15日 (金)

「Photoshop CS3」ベータ版

Photoshop CS3の3ベータが公開との事。

http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/USNEWS/20061215/256991/

昔はPhotoshop使っていたけど、今Macで使ってるのは、Photoshop Elements。あとが、Illustrator CS2。前者は、ブログ向けの写真加工がほとんどになったことや、Elementsでもレイヤーとか照明効果が可能になったので乗り換えした感じ。

課題は、Illustrator。今は、ちょっとしたプレゼントとかでの図形や線生成に使っているくらい。段々他のバージョンアップ費用もあるので、次回もアップするか悩みだした。Photoshop CS3が出るということは、Illustrator CS3も秒読みなのだろう。販売される頃までにどうするか、決めないといけない。ほんとは、Illustrator  Elementsとかを販売してくれたらいいんだけど、、。

12月 15, 2006 ソフトウェア, ニュース, パソコン・インターネット, 技術, 科学技術 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月14日 (木)

Amazonギフト券を使う

今日は田町で勉強会。フリーのテストツール、Jameleonについて。

で、その前にちょっと検討したい本があって神田へ。

曙橋くらいで電車に乗ってきた女子高校生にびっくり。カップラーメンを食べながら、電車内をうろうろ。パ○○をはいた猿に関しては、進歩というか後退ぶりが生物学的に興味あるので、しばらく観察。カップラーメン食べ終わって、別なのを食べだした。で、よく分からないけど、何か落としたみたい。どうも爪楊枝。なんでそんな物をと思ってたら、拾った。10秒ほどして、何食べてるか判明。爪楊枝で、チキンを。爪楊枝は、ついさっき落ちたのみたい。「ゲ~~」。曙橋あたりって、それなりの学校多かったと思ったんだけど。いや~、生物学的にも面白い一時。

で、神田は雨、書泉でポケット版のような本を買った程度。古本屋へも行ったけど、気になる本は見つからなかった。

なお、Jameleonの件は、具体的な話しで面白かった。勉強になった。今日は、飲み会なし? 色々聞きたいこともあったので、少し残念。


帰ってメール読んだら、Amazonからギフト券が来ていた。あっ、当然メール。神田行って、見てみようとした本の一部を早速購入した。エクセル使った統計系の本。エクセル嫌いなんだけど、、、。


12月 14, 2006 テクノロジー, パソコン・インターネット, 書籍・雑誌, 科学技術 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月29日 (水)

NHK「その時歴史が動いた」”新古今和歌集”の再放送予約、SPSS予約

何気なくTV見ていたら、”古今和歌集”の様子。番組は、NHK「その時歴史が動いた」だった。

”古今和歌集”は、偉大なる日本のプロジェクト(と思っている)。最後の方しか見れなかったので、早速NHKのページで再放送を調べる。来週4日にBSでやるとの事で、番組録画をセット。最近TV番組をチェックする時間も無くて、こんな番組の回があるのに気がつかなかった。

今日は、もう一つ予約。SPSS15.0の、先行予約キャンペーンへの申し込み。こっちは1月くらい、ずっと作業できていなかったもの。よく見てみたら、単にシリアル番号を記載する程度なんだが、、。12月20日までなので、さすがに12月になる前の処理しようと思い立ち実行した。

どうも、作業を先延ばしするのが多くなってしまっているようだ。いかんいかん。

11月 29, 2006 ソフトウェア, テクノロジー, パソコン・インターネット, 技術, 日記・コラム・つぶやき, 映画・テレビ, 科学, 科学技術 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月23日 (木)

iWork'06 (Keynote3)、tv-topics、Nif会議室巡回ソフトの削除

一昨日と昨日は、MacにiWork'06 をインストールしようとして四苦八苦する羽目になった。

ちょっとした資料作成をやっていて、文書系ソフトにしようかプレゼンソフト系にしようか悩んだ。結局後での他の人などへのプレゼンを考えて、Keynote(バージョン1)にする事にした。で、多少元になる文章を書いていたので、アウトラインプロセッサーのOmniOutliner Professionalで作業しようとした。OmniOutlinerからKeynoteへエクスポートして、最後はKeynoteで微調整との作戦。

が、少しKeynote(バージョン1)の機能に不満が出てきたので、思い切って以前から買おうと思っていたiWork'06を買う事にした。iWork'06にKeynote3という後継ソフトがバンドルされている。Amazon経由。機能の不満というよりも、流し込んだ文字列の配置とかそれに対する操作が少し気に入らなかったため。Keynote3で変わっているか判らなかったが、今のうちに新しくしておこうと思った程度だ。

直ぐに届きインストールしたが、OmniOutlinerでのKeynoteエクスポートが出来なくなった。エクスポートの指示の際にkeynoteがグレーアウト。あせる。OmniOutlinerのアップグレードを行ってみるが、マウント出来ないのエラー。英語のサイトに行くし、バージョンが0.5も上がるので、もしかしたら日本語版に対するアップグレード不可なのかもとも一瞬思ってしまった。

結局一昨日は、Keynote(バージョン1)に戻して作業継続。2つのソフトのインストールとかアンインストールを何度かやる羽目になったので、数時間がつぶれる。

しかも、OmniOutlinerの件をサポートにメール(Web経由の連絡)しようとするが、エラーが出て出来ず。昨日朝に電話したが、回線が塞がっていて結局午後に連絡。電話で話してもよく判らなかったので、メールをもらう事にした。

で、うまく行くはずとか駄目な場合での対応も書いてあったので、もう一度冷静にOmniOutlinerのアップグレードからやってみた。すると、アップグレード成功。どうも前はダウンロードで欠損が発生していたみたい。で、エクスポートも成功。サポートへ、お礼のメールを出した。(久々に、対応のいいサポートに接した気分。)


今朝は、いろいろネットサーフィンしていたら、www.tv-topics.net なるサイトを発見。TVで話題の用語を解説してくれる。Yahoo! JAPANのサービス。解説と言っても、その用語の書いてあるページやブログのURLなどが並ぶだけだが。

お仕着せの用語の検索だけならたいした事無いが、一度検索してURLなどを見ると、、、。結局自分の知りたい用語も検索できる。このサービスでいいのは、関連する用語が出る所。関連的に、芋づる的に調べて行く事が出来る。2、3週間前に少し似たような事が出来るサイトを見つけたが、そちらはページとかブログの列挙とは違った気がする。ちゃんと覚えてないのが、少し悔やまれる。

iWork'06 のインストール等で、改めでMacのディスクトップを見る。余り使わないソフトを見つけた。「あれっ、これはどんなソフトだったっけ」という感じ。クリックして動作させて思い出した。

Niftyの会議室巡回ソフトだ。「茄子」、「魔法のナイフ」、「NIFTY-J.ぞーさん」を長く使っていて、その関連でなかなかMac OSXに移行できなかった。2つのマシンにして、片方でMac OSXを使うようにした。その後どうにかして、OSX用の巡回ソフトを使うようにしたが、どうも操作性になじめず(昔の操作から脱却できず)時々しか使わなかった。しかも、結構昔から各会議室はWeb化を進めていたので、巡回ソフトのメリットも少なくなった。

今日、結局その巡回ソフトを削除した。起動の際に昔のログが表示されたが、余り気にする事無く終了して削除。考えてみると、自分にとっての”一つの時代”が終わった感じ。周りはとうの昔に終わってたんだけど。でもNiftyの会議室を通じてその後交流のある人も多いし、mixiで同窓会コミュニティがあったりして懐かしく参加したりしている。ちょっと感慨に耽った。

さっ、今日は(天気も悪いし近くのプールは工事中なので)冒頭の資料作成に集中する予定。ほんとは自分の目標として、先週には完成させておかないと行けなかったもの。今日できたとしても完成度8割くらいで、一部の人に「作成するからね!」と言ったのが少し恥ずかしい位。でも仕方ない。披露してコメントもらう作戦かな。

#資料作成しながら、いくつかフォーク聞いて、カラオケでメドレーが歌えるようにしたいのも別の目標。


11月 23, 2006 ウェブログ・ココログ関連, パソコン・インターネット, 日記・コラム・つぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月17日 (金)

CSVにしてからGoogle Docs & Spreadsheetsにアップ

今、Google Docs & Spreadsheetsで作業してることがある。Macともネット経由で作業したいことがあるためだ。DocsもSpreadsheetsもある程度アップ出来た。エクセルでの色のついたセルのファイルや複数シートのファイルもそのままインポートできて、満足。

そこで昨日、一番大きなエクセルファイルをアップしようとしたがうまく出来ない。一番ネット経由で協業したいファイルだったので、愕然とした。USBメモリでやり取りするのは面倒だし、他のファイルが協業できるので悩む。

何故だろうかと思って調べたら、インポートは500Kバイトまでとの事。そのエクセルファイルは、見た目はさほど大きなファイルではない。なぜかと考えたが、元々大きなファイルを部分削除やコピー修正して作成したもの。(MSソフトでは良くある)いらない機能とも言えるバックアップのための冗長的な情報のために巨大化したのだろう。

調べがつけば、後の対策は楽。CSVファイルもインポートできたので、それでインポートした。OK。さらによく考えてみたら、CSVをエクセル化しても(元のエクセルファイルに比べると)サイズはさほど大きくない。結局CSV→エクセル化したものをインポートした。

世の中には、段落のためにエクセルで文書作るとかスケジュールするとか駆使したい輩がいるけど、どうも好きになれない。特に、複数メンバーで作業する時。エクセルで統計分析(もどき)をして悦に行ってる人もいる。ふ~~。

Googleさん、次はグラフ描画ソフトとかプレゼンソフトも作って頂戴!! グラフ描画ソフトはSpreadsheetsとは別ソフトでお願いね。


ちょっと久しぶりに気分のいい朝だ。本格的にMacとの協業作業も進みそう。

11月 17, 2006 ソフトウェア, パソコン・インターネット, 日記・コラム・つぶやき, 科学技術 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月 3日 (金)

Mac Firefox 2.0にしてGoogle Docs & Spreadsheetsを使う

MacとWin両方で更新したい文書があるので、「Google Docs & Spreadsheets」を実践的に使おうとした。試験勉強の関係。原稿読み取りソフトやアイデアプロセッサーの類が、Macの方で作成することが多い。画像編集もこっち。かといって最近利用するのが多くなったのが、Win。ということで、共通的に使えるサービスが欲しくなった。

それで目をつけていた Google Docs & Spreadsheets にした。Docをそれなりに使い、さあ用語集の段だとなった。Docの表にしようと思っていたが、並び替えなどもありそうなので、 Spreadsheetsを使おうとした。

Docの時は使えたのに、 Spreadsheetsの時にエラーが出て、使っているブラウザ(Firefox)が古いとのメッセージ。いい機会なので、MacのFirefoxの新バージョン2.0をインストールした。

それなりのページ数(ただし4,5ページ)でも、さほどストレス感じない。便利なもんだ。これからちょっと活用して行こうと思う。


11月 3, 2006 ソフトウェア, パソコン・インターネット, 科学技術 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月 8日 (日)

ソニー製バッテリー交換 やっと終わる

水曜日に、申し込んでいたiBookのソニー製バッテリー交換での、新バッテリーが届いていた。旧バッテリーの返品の事は聞いていたし、箱にその説明もあったので、昨日交換しようとした。

で、すぐ交換しようとしたら、旧バッテリーは放電してくれの旨の記載。がーん。いろいろ用事あるし、充電しっぱなしで家を空けるのも不安だぞ、、、。家にいる時に放電したけど、パワーセーブ解除しても、なかなか残量減らない。普段充電の時は、もどかしいんだけど。

しかも、最初説明書を読んだら”店頭”の文字。えっ、どっかのショップに来いという事? 前後関係で、”点灯”のことと判明するのに、30秒くらいかかった。誤字。以前の申し込みでの氏名例での”林檎”といい、普段さほど気にならないのが、どうも気分的に良くない。

やっと放電し終わり、取りにきてほしい旨を電話。土曜日の夕方でお願い。外出した。

昨日帰ってみたら、不在の紙が。午前に来たみたい。再度電話して、夕方と言ったのにと言うと、集配は午前中のみとの事。それなら、受付の時に言ってくれ〜(それくらい出来るように教育しててくれ〜)。

Pa070018ちょっと悔しい気分になったので、交換の箱を写真に撮った。


結局、今日に旧バッテリーを受け取ってもらったので、1ヶ月くらいかかった事になる。何か、日本の色んな所での品質の”荒”をかいま見た気がした。これから、どんどんひどくなるのかな。

10月 8, 2006 パソコン・インターネット, 品質, 日記・コラム・つぶやき, 科学技術 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月16日 (土)

ミクシィ 上場、知的財産権対応

ここ2、3日の株式関係の話題は、「ミクシィ」の上場。一昨日の上場の日には、値つかず。昨日に値がついて、公募価格の倍くらいの約300万円。

「ミクシィ」には入っているし、面白いコーナーなどもあって楽しいし、そしてユーザー対応などの文面などでも、気に入っている企業の一つ。最小の売買価格がもう少し安ければいいんだが、今はある意味で自分とっては高嶺の花。(あれライブドア騒動などの時に、最小売買価格をある程度のゾーンにする案が浮上したんじゃなかったっけ、と愚痴も言いたくなった。)

で、今朝は改めて「ミクシィ」という会社の事を知っておこうと思って、IR情報のページを見てみた。すると、”知的財産権対応”の文字。

http://mixi.co.jp/ir/news.html

8月に提出した有価証券届出書でリスクとしていた特許紛争に関する件が、実際に通知があった旨の記載。

改めて、この業界(というかWeb2.0の世界)での知的財産権の重要性を認識した。


実は、自分自身の日本国内での特許出願件数は、199件。連名が少なくないし、ノルマの為に出した出願も無いとは言わないので威張れる数でもない。でも、ちょっとした誇り。

ところが今の(会社というか)職場では、これらが話題となる事がほとんどない。技術者のプロフィールの数値化にも無頓着と思えてしまう。多少ショック。もちろん数値化が万能じゃないけど。


「ミクシィ」って、日本製ソフト(日本人によるソフト)が中心となっている企業との認識なので、今後も発展してほしいと思う。また、(ライブドア的志向は困るけど)学生起業のドライブフォースになるといいな。

9月 16, 2006 ソフトウェア, ニュース, パソコン・インターネット, 技術, 科学技術, 経済・政治・国際 | | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年9月 3日 (日)

ソニー製バッテリー交換への申し込み

ソニー製のリチウムイオンバッテリー騒動。自分のアップルノート型は、3年近く前の発売なので対象でないだろうと思っていた。念のため調べたら、該当品。もーショック。Webで申し込んで、受け取って、以前のを返却するそうだ。

今日申し込んだが、憂鬱。電気とか製造の品質関係者じゃないけど、他の色んな意味でも少し気分落ち込んでいる。

申し込みのアップルのページは、全世界共通のせいか何かそっけなくて、多少不満がつのった。バージョン確認のページは英語のままだし、、、。普段は、愛嬌があって面白い情報も、今回は少しカチンと来るところも。だって、例文の姓のところ”林檎”だし。^.^;;;;;

9月 3, 2006 ニュース, パソコン・インターネット, 品質 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月15日 (土)

Firefoxのキャンペーン

今日は、渋谷で飲み会。待ち合わせは、渋谷マークシティ。色んな人に声かけた張本人から、遅刻するとの電話。仕方ないので、15分ほど待つ。それにしても、暑い。

待つ間、渋谷マークシティに着いて気になっていた「Firefox」のキャンペーンの説明を聞く。ステッカーも配っていたので、ついでにもらった。

キャンペーンは、新バージョンのリリースを機会としたもの。もう2年近く?、FirefoxとThunderbirdを使っている事もあって、特に目新しく感じる事はなかった。

でも、多少気になったのは、主催者は誰? スポンサーは誰なのか??? 昔Netscapeを販売する企業が出てきて、時々キャンペーンをやっていたように思う。そしてその後、Netscapeは衰退。キャンペーンが関係したとは思えないが、ついつい類似的なことが起きやしないか気になってしまった。

なお、ステッカーは、会社のPCに貼る予定。


7月 15, 2006 ソフトウェア, パソコン・インターネット, 日記・コラム・つぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月28日 (日)

防衛庁 機密流出で最大8割の違約金へ

今日の日経新聞で、防衛庁が発注の際に防衛機密が流出した場合の違約金として、契約金額の最大8割とすることにする方針を決めたそうだ。

ウィニーによる事件が続いていることもあって、啓蒙の役目も果たすと思われる。今後、情報流出を契約条項とする自治体や企業が増えるだろう。

それにしても、万一お役人が機密を漏洩した場合はどうするんだろう。国民に税金戻すとか、せめて担当者やその官庁の賃金カットなどで望まないとダメでは? 今一番啓蒙すべきはお上のほうと思えるんだが、、、。

5月 28, 2006 ニュース, パソコン・インターネット, 品質, 科学技術, 経済・政治・国際 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月22日 (月)

mixiに入る

先週、知り合いからmixiに誘われた。早速入会し、今日は色んなコミュニティをサーフィン。

mixiは、SNS(ソーシャルネットワーキングサイト)の一つで、日本で一番会員数が多いと思われる。

以前から知ってはいたが、SNSは既存会員の紹介が無いと入れない。色々聞いて回れば既存会員がいただろう。が、それらしい人に聞こうかなと思っていると、それよりも重要な案件を思い出して語らう事がほとんどだった。(どうしても入会したいというほどでも無かったが、招待されないとそれはそれで、少し寂しいものがあった。)そしたら、先週知り合いの女性から誘いメール。内心嬉しくて、即入会。

今日色んな所を見て回った。多少狭い技術分野では、○○さんかなと思える人がぽろぽろいたりした。あと、年賀状では毎年やり取りしている知り合いもメンバーだった。あまりにプロフィールでの似顔絵が似ていて驚いた。近くメッセージを送るつもりだ。

5月 22, 2006 パソコン・インターネット, 日記・コラム・つぶやき, 科学技術 |

2006年5月14日 (日)

アマゾンで丸札(ファイバータグ)注文

先週くらいから、丸札を探していた。放送局のシステムとか音響関係のシステム、ネットワークの工事で、よく使われるやつ。最近は、札形式よりも、ラベル形式のものが増えてきたが。

自宅でのPCや音響関係の品物が増え、そのケーブルがどの商品用か解らなくなってきた。特に、ACからDCへの変換ユニット。また、最近100円ショップでのメッシュ形式の袋を重宝するようになったが、これも中身は見えて判別できるが、複数の袋があるとどれがどれだか解らなくなってきた。色で区別もつくが、どの色が何だったかが直ぐに思い出せない。

そこで目をつけたのが、丸札。今まで目にすることが多かったので、量販店などに置いてあるだろうと、タカをくくっていた。木曜日にヨドバシのネットショップで探したら、取り寄せとの事。金曜日に横浜のヨドバシに行ったが、ネットワークのコーナーに置いていない。取り寄せできるかと店員さんに聞いたが、人が多い事(や多分安いので)などで取り寄せをさほど勧めない。

秋葉原に、この為だけに行くのも電車賃がもったいない。そこで今朝、ネットで売っている所が無いか色々探した。結構ショップでの販売が見つかった。で、更に探して行くと、アマゾンでも販売していると判明。ちょっと意外だった。

で、本なども買っている関係で、アマゾン経由で購入。商品は、サンワサプライの「CA-TAG120 ファイバータグ」 。少しストックしておきたかったので、計50個(5セット)。結局、配送料金はゼロ。

ついさっき、アマゾンから配送した旨のメール。便利な時代になったもんだ。1週間ほど悩んでいたのが、馬鹿みたいだった。


5月 14, 2006 パソコン・インターネット, 技術, 日記・コラム・つぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月10日 (水)

MS Project→ExcelのCOMアドイン

今日は、結構小気味いいソフトを購入した。

MS Project→ExcelのCOMアドインソフト。「Dual Plus For Project」。”デュアル”という有限会社が販売しているもの。

インストールしてMS Porjectのアドイン登録すれば、ボタンクリックでExcelへのエクスポートをやってくれる。他には、プロジェクトのガントチャート表示で、今日の日付の部分にジャンプしてくれる。

スケジュールをMS Projectで作成する場合、大規模でProjectサーバーを利用すればそれなりの解決策がある。本当にプロジェクトが小さい場合は、一人で作成して、2、3人で見ればすむ。

厄介なのが、中規模な時。見るだけの為に、皆にMS Projectを買ってもらうのも大変。Projectのリンクで大きなProjectを記述すると、見たい人が同じディレクトリ構造にしたり、見たい人が各リンクを張り直す必要がある。更に個人的に面倒なのが、ExcelやPowerPointでスケジュール表示して欲しいとの要望への対応。せっかくMS Projectへ入力してスケジュール変更に対応しやすくしたのに、そのプレゼンの為だけにExcelやPowerPointでの作業が必要となる。(折角作成しても、ちゃんと読んでくれるのかは??)

で、ネットで調べたら、本ソフトが見つかった。

一昨日、デモ版をダウンロードして動かしてみた。それなりに満足。ただし、1点問題が発生した。リンクで挿入したプロジェクトを、エクセルにエクスポート出来ない。昨日メーカーとやり取りしたが、向こうではデモ版でうまく行ってるとの事で、多少平行線状態。

どうしようか悩んだが、対応がよかったのと他の機能でのメリットも感じたし、さほど高価でもないので購入した。

今日早速インストールしてみたら、リンクで挿入したプロジェクトのエクスポートもうまく行った。ちょっと拍子抜け。(しかも、その為にいったんリンク解除したので尚更。)

以前から多少悩んでいた、タスクの並び替えもExcel上で可能であり、嬉しい。もしかしたらMS Project上でも出来るかもしれないが、未終了のタスクを日付順に並べたい時がある。つまり、やるべき作業の古い日付順のリスト。このソフトを使うとExcelへエクスポートして、Excelで並び替えすればよい。(完了のタスクをエクスポートしない設定が出来たと思ったが、もし勘違いしてたらごめんなさい。)

ここ当分は本ソフトのおかげで、プロジェクト管理関係の作業は、少し気分爽快かもしれない。

5月 10, 2006 ソフトウェア, パソコン・インターネット, 技術 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月11日 (土)

Skype+Festoonでネットミーティング初体験

今日は、技術士関係の会合にネット参加した。初体験。

WinXpのマシンを利用して、カメラ等は、QVX-13NHS [Qcam for Notebooks Pro with Headset ヘッドセット付きウェブカメラ]。2週間ほど前に購入したもの。ヘッドフォンのマイクとイヤフォン
のジャック端子とUSBでのカメラ接続。音はカメラではなくてヘッドセットを利用(手元でMuteできるため)。

接続は、Skype+Festoon。

当初接続グループチャットへの参加方法が分からず、ちょっと躊躇した。英文(英文画面)でFestoonのサイトへ行くのだが、何せ初体験で分からず。経験者との音声のやり取りで操作方法が分かりラッキー。

それにしても、素晴らしい。ヘッドセットは別としても、無料でTV電話ができるようなものだから。しかも、今回の参加者は数人同時。

プレゼンターのPC画面も直接に自宅で見れるのだから、驚き。(今回は、プレゼンに動画が含まれており、その部分が見れなかったのは残念。)

画質は、カメラに結構依存するようである。これから購入する人は、それなりの解像度のほうが良さそうである。特に発信側(主催者)。

途中から、皆のビデオが一覧で出る画面でブロックノイズというかブロックで他の画面が入り込むようになり、少し気になった。他の人もそうだったようである。ネットワークのせいなのか、参加者の数の関係なのか??

ジャージのリラックス姿で参加して、ちょっとヒンシュクだった(かもしれない)。

3月 11, 2006 パソコン・インターネット, 技術, 科学技術 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月10日 (金)

Webアプリの”修理”も商品と同じかも

今日の午前中に、無料のとあるWebサービスの調子が良くないので、サポートへメール。先週末に少し機能アップしたそうだが、ある操作での表示が少しおかしい。規則性があるかと思ったが、中々見つからず、そのまま思い切って連絡。

すると、夕方に修正したの旨の連絡。その後動作OK。(結構使う機能なので、他の人からも連絡あったのかもしれない。)

で、ここ2,3日悩んでいるのが、全く別の、カードの使用ポイントの還元。ポイント数を別のシステムでのポイントにできるというもの。金額換算で700円くらい。

そもそも本機能は、操作が相当面倒。そのカードの読み取り装置を前提としている。パソコンにその読み取り装置がつながっている前提。読み取り装置が特定のコンビニにあるそうだが、自分のPCとつなげてやるのか???

一応サポートに電話で聞いて見たが、よく分からない。2つのWebサービスに自分のPCからアクセスする事で出来そうなので、やって見るつもり。

それにしても、Webアプリも一般化して、従来の商品のサポートと同じだな〜と考えるこの頃。サポートが悪いとお客がどんどん逃げていく。機能アップも宿命。商品の修理と同じように、各企業やシステムでのWebアプリのバグ修正や変更対応が、会社の重要な比較材料になる時代なのかもしれない。

その意味では、Webアプリ関係のツールは貧弱。ネットワーク負荷測定程度しかないのかも。Javaはそれなりのツールが利用出来そうだが、他の言語が遅れているように思う。 うーーん、大変な時代でもある。

3月 10, 2006 パソコン・インターネット, 科学, 科学技術 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月21日 (土)

ウィルコム W-ZERO3 ゲット!!

今日は、雪の中にも関わらず都内へ外出。そのついでで、秋葉原の”ヨドバシカメラ”へ。きっと無いだろうなと思いながらも、携帯のウィルコムのコーナーへ。

一瞬目を疑ったが、「W-ZERO3」が入荷したとの事、早速購入する。

W-ZERO3はPDA位の大きさのPHSで、Windows Mobileが搭載されPDFの閲覧などが可能。スライド式のキーボードでも入力できる。シャープ製。

昨年の暮に発表されて店頭に置かれた時に予約しておけば良かったが、表示スピードなどを実際に見てからと思い予約せずにそのまま。年末や今年になって何度も横浜のヨドバシに行くも、売り切れ。ウィルコムのネットショップで申し込める可能性があったので、わざわざユーザー登録したがそちらもいつも品切れ。

雪の中の外出だったが、かすかな期待を持って秋葉原のヨドバシへ。実際はその前に、銀座で2,3件の買い物。雪の中の買い物となり、それが返ってラッキーだったのかも。

W-ZERO3を予約し、本来の用事(祭り踊りの練習)を終えて、神保町で買い物→再度秋葉原に出向いて品物を受け取る。係の人との話では、今日も完売とか。

実際に使ってみると、SSLを含めたページが見れて、ほぼ目的は達成。多量情報のページを見ようとすると、やはり画面が小さいのが難点か。


1月 21, 2006 パソコン・インターネット, 携帯・デジカメ, 日記・コラム・つぶやき, 科学技術 | | コメント (1) | トラックバック (0)

2005年12月22日 (木)

ThunderBirdのTipsかな

普段使っているメーラーは、ThunderBird。会社のメールアドレスが変わったため、ThunderBirdの設定を色々変更。ちょっと苦戦したので、あくまで自分自身の備忘録のつもりで書いておく。

そもそもThunderBirdを重宝しているのは、迷惑メールに対する処理が楽な点。もしかしたら、今は他のメーラにもっといいのがあるのかもしれないが。

で、普段は余り問題ないのに、設定変更の時に今まで結構問題あり。今日やってみたら、早い話、PCのパスワード変更(自分の環境ではメーラーのパスワードも同一パスワード)が絡んでいたよう。

1)もしパスワード変更する事があるのなら、ThunderBirdのアカウントでパスワードは記憶させない設定へ。

ThunderBirdのアカウントでパスワード記憶させると、その解除が出来ないようだ。そうなると、メールサーバーのパスワード変更するたびに、新しいアカウントを設定しないと駄目(みたい)。

メールサーバーやPCのパスワードを変更する可能性が高いなら、ThunderBirdのパスワードは未記憶設定が良い。

2)アカウントの再設定で、メッセージフィルターが解除されるよう。ただし、どうもフィルター名が英字だけなら、再度保存フォルダーを設定すればOK。

フィルター名に日本語が入っていたら、そもそも有効を再設定できない。

・一旦フィルター名を英字のみにして、保存フォルダーを設定。
・フィルターを有効化。その後、フィルター名を日本語化する

3)以前のアカウントのメールを読みたい時。⇒
・設定ファイルのありかを調べ、そこでのメールファイルを一旦バックアップ。その後設定ファイルを全てクリア。(普通は ...\ApplicationData\ThunderbirdのThunderbirdフォルダを丸ごと)
・一度Thunderbirdを起動。
・アカウント設定
・バックアップのものをコピーして元へ。
・必要に応じてメールのフォルダ名を変更。
・Thunderbirdのメールのメッセージの保存先を上のフォルダへ。

4)送信ボタンをそして、確認後送信するには、「スペルチェック」の機能が有効。言語を英字のみの設定にしておくと、日本語の部分のチェックでポップアップが出る。

ただし、アカウント再設定などで、スペルチェックの設定が一旦ダウンロード(基本的にスペルチェックしない)になるようだ。再度、言語を英語にしてスペルチェックを有効にした方が良い。

12月 22, 2005 パソコン・インターネット, 日記・コラム・つぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年7月16日 (土)

今日は、MacとBitのお葬式

今日は、以下を処分した。
・Mac G3
・Mac PB1400
・雑誌「Bit」1978年〜1997年(12月号と1998年〜2001年は残しておく)
MacG3



MacPB1400



Bit

Macは新機種が出たりしたので、処分。G3は、その当時MacでのUSB接続、特にスキャナーとの接続が不安だったので重宝したもの。PB1400は、当時としては軽めのノート型。

G3自体のOS9でのソフトに大きな不満はなかったけど、スキャナーを含めてスペースを取りすぎと思えるようになってしまった。PB1400は、こちらの加齢に反比例して軽くなってくれるといいんだけど、重さが身にしみるようになった。で、思い切って2つとも処分。

「Bit」は知っている人は少なくなったかも知れないが、共立出版という所が”コンピュータサイエンス誌”と銘打った雑誌。1969年創刊、2001年4月号をもって休刊。33年間続いた。

1978年から定期購読や本屋での購入を行ってきて、休刊後も時々見る事もあるので残していた。休刊から少し日が経ってきた事や他の本の関係で、Bitも処分する事に。Macもそうだけど、ちょっと残念だったので写真に収めた。言わば遺影。

骨董の類が登場する番組で、視聴者が商品を大事そうにしている様子が出る時があるが、IT関係ではその類は少ない。進歩が激しいと言ってしまえばそれまでだが、、、。建設や土木の人は地図に残る仕事を誇りにし、メカの人は長く使われたり油にまみれた手を誇りにする。弱電やソフトって短い寿命。時々、ほんとに時々だけど、技術者として寂しく感じる時がないのかなと思う時がある。

MacとBitを処分しながら、「ウィッシュ」というデュエットの、とある曲の冒頭を思い出しながら口ずさんだ。「今日〜 お葬式をします〜」。どちらも、天寿を全うしたのかな。でも、Bitの休刊は少し残念。

7月 16, 2005 パソコン・インターネット, 技術, 日記・コラム・つぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)