2011年2月 6日 (日)

丸亀城石垣での他藩の刻印

日本のお城に関しては、漠然とだけど少し興味がある。今日、何気にCS放送のチャンネルを回してたら、ヒストリーチャンネルで「栄華を極めた名城」。#2として、丸亀城。

興味深い話が多かったけど、結構頭に引っかかったのが、四国や九州のいくつかの藩の刻印のある石。九州熊本の細川家など。しかも、丸亀に近い島の山の中に切り出そうとした跡があり、そこにも刻印が。

江戸城とか大阪城や名古屋城での石垣への諸藩の刻印は有名で、ネットでも検索すれば結構出てくる。これらは、江戸幕府の命令によって諸藩が手伝った(普請(ふしん))したとのことで、理解しやすい。ただ、丸亀のような地方の藩に対して、別の藩が協力するのがピンとこなかった。考え方によってはライバルどうし。

番組では、城の改修に関する江戸時代の手続きを述べていたが、木の模型などを添えて幕府に申請。OKが出ると幕府からお金(援助)が。そして、他藩に協力要請。それを考えると、いくつかの藩に仕事を依頼したのだろう。ドライに言えば、発注/受注のプロセス。各藩は、石工などを派遣して、、、、、。 

江戸幕府自体の許可も、ある程度諸藩の忙しさなどを加味して許可したかもしれない。と、勝手に推察した。あくまで勝手な想像。また、工事では協業のための工夫や手法の情報共有とかが必要で、そっちはちょっと時間かかるだろうけど調べていくつもり。プロジェクトマネジメントの視点でも面白い。

2月 6, 2011 旅行・地域, 日記・コラム・つぶやき, 映画・テレビ | | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月11日 (火)

駅ホーム移動工事 瀬谷駅

相鉄・瀬谷駅の様子。携帯電話で撮影。

20110111090852下りのホームを動かそうとしていて工事中。ホームを、支柱で持ち上げてる格好になっている。

瀬谷駅で現在電車が走っているのは、写真の手前ホームと向こうのホーム脇の2線路。他に写真での後側に1線路あるけど、引き込み線や予備の線で電車は通過しない。

写真の左の方に白っぽい部分があり、新しい線路の工事部分。もしかしたら工事の掲示で背景などが分かるかもしれないけど、特急というか瀬谷を通過できるような線路を確保している感じ。

この類はいつも感心するけど、一晩でホームを動かすことになる。上で書いた工事の掲示に移動日などが書かれてたら、その前後は注意して工事の様子を見ておこうと思う。


1月 11, 2011 旅行・地域, 電車 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月18日 (水)

航空機 便変更での謝礼金

熊本空港での待合所での放送で結構耳にしたのが、次の便への変更依頼と、その結果の放送。東京とか名古屋に向けて、便を変更してくれる人の募集をしてた。人数的には6人とか9人。協力金の金額も含めての放送。

帰宅してから調べたら、「フレックストラベラー制度」と呼ぶらしい。JAL、ANAでのページは以下。

https://www.jal.co.jp/dom/info/flex.html

http://www.ana.co.jp/dom/checkin/service/flex/

次の便に変更してくれたら、1万円謝礼として支払うなど。

結構昔からやっていたみたいだ。私が、単に放送で耳にしなかっただけのようだ。(あるいは、今までは大っぴらに放送していなかったのかも。)

予約を多めにしておきたいのは良くわかるけど、結構リスキーに思える。以前余り耳にしてないのは、昔は座席数に対する予約数を差ほど大きくは取らなかったのかもしれない。つまり危険率を小さくしてたのかもしれない。

個人的にはちょっとリスキーに思えたけど、一定のキャパに対するシステム設計の場合は、基本的に考えておくべき事項なんだろう。つまり、予約数>席数とか、予約数=席数*αみたいな設計。チェックインなどの状況に応じて、次の便とか次回の公演に回せるようにする。 ちょっと勉強になった。

8月 18, 2010 旅行・地域 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月23日 (日)

はとバス藤川さん

今日のTBS「がっちりマンデー」は、”大好評!スゴイ社員 第4弾”。で、最後に登場したのは、はとバスの藤川さん。

実は、(まず間違いないと思うけど)一度バスガイドしてもらった。

http://blog-honda.cocolog-nifty.com/honsyakikou/2005/11/index.html

http://blog-honda.cocolog-nifty.com/gijyutuya_nikki/2005/11/index.html

2005年11月での、日本技術士会でのトヨタ見学+香嵐渓(こうらんけい)見学。ちなみに(私としては)なぜか、金属部会の方々と。

とにかくすごかった。足柄辺りから愛知に着くまで、ほぼしゃべりっぱなし。ネタが途切れない。実は愛知→東京への帰りでも、ガイドしようか/ガイドしてもらおうかとの話になったけど、皆さんお疲れでガイドなし。個人的には行きとどんな違いをしゃべってくれるか聞いてみたかったんだけど。

番組では、藤川さんが「これくらい勉強すれば大学受かったかも」と冗談言ってたけど、バスの中では皆さん驚いてた。(ただし、ガイド振りを知ってる人もいた様子だったけど)

あっ、そう言えば、バスの中で、お茶を出してくれた。最初は「うーん、今焼酎とか飲んでるから、、」とか思ってたけど、藤川さん薦めるならと飲んでみた。紙コップ。ところが、香りが全然違う。もう驚き。あれがほんとのお茶なんだ~、と今思い出しても心遣いなり工夫に頭が下がる。

ちなみに、その話を実家のお袋にしたら、1、2ヶ月前だったか旅行でのバスガイドさんの様子を話してくれた。そのガイドさんも、ずっとしゃべっていて旅行が楽しかったとのこと。ただし九州。

藤川さんに限らないけど、”スゴイ社員”が会社を支えたり、接した人たちの心が和む。

12月 23, 2007 技術士, 旅行・地域, 日記・コラム・つぶやき, 映画・テレビ | | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月 6日 (土)

エスカレータ 右側空け/左側空け

日経新聞の土曜版”NIKKEI プラス1”に、「エスカレーター 左側空けの由来」 と題する記事が掲載されていた。

アメリカで左側空けが多い理由を、交通規制そしてさらにその由来を馬車による事を紹介していた。また、大阪が左側空けなのは有名だが、その由来は1970年に開催された万博でのアナウンスによるそうだ。

関東→関西移動の時に気になるのがこの現象。新大阪の新幹線のエスカレーターとか、空港エスカレーターあたりは空ける側が少し微妙な気がする。

その記事読んだ後、いつかどちらかに収まるのかなとか考えながらTV(テレビ朝日)を見ていたら、台湾新幹線のトラブルを報じていた。チケットの二重販売とか券売機のトラブル。車両が日本製で、ポイントがドイツ製、運転手がフランス人とごちゃ混ぜでシステムとしての統一性に欠けるとの指摘。で、コメンテーターの弁が面白かった。「日本も100年位前に導入したシステムを引きずっている。50Hzと60Hz。」

50Hzと60Hzの件は、今やほとんど意識しない。機器に切り返しスイッチがあるわけではないからだ。どんどん国内の差異や各国の差異すら吸収していくのが技術力。

それに対して、習慣とか味付けのようなものは統一しにくい。プロセス改善は、”習慣”を変える事なのかな~と思ってしまった。でも少なくともソフトウェアプロセスは、効率化目指して進むべき。悪しき”旧習慣 Vモデル一直線」じゃ、、、。

(なお九州生まれの私としては、食堂でのうどん・そばの味付けが、デフォルト”関西風”なのがちょっと嬉しい。)


1月 6, 2007 ニュース, 旅行・地域, 日記・コラム・つぶやき, 映画・テレビ, 書籍・雑誌, 科学・技術, 科学技術 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月13日 (月)

久しぶりにJAL,ANAに搭乗する

今回の帰省では、久しぶりにJAL機とANA機を利用した。ここ4,5回エアーラインを利用したが、いつの間にかエアーラインの鹿児島-羽田線は廃止になっていたため。

羽田→鹿児島が、JAL エアバスA300-600R。鹿児島→羽田が、ANA ボーイング777-300。数年前は、どちらもジャンボ機だった気がするので、大きな様変わりだった。

久しぶりだったので、機内の様子が気になった。まず席の番号記号。JALは記号のB,F,I,Jがない。ANAは、Iが無いだけ。航空会社によって違うのか、機種によって違うのか、段々気になってきた。

次に気になったのが、搭乗の際の注意事項の放送。JALは全部がCGで時代の進歩を感じた。ANAはパソコンや携帯の使用あたりからがCGだった。ちなみに、救命胴衣の空気補充のやり方は、ANAは実写によるものだった。

離着陸時のビデオの機内放映に関しても、昔よりも進歩していた。そもそも画面の揺れが少ない。また、昔は機体の振動の度に画面が乱れたが、それもほとんどない。多分ビデオでの手振れ補正の技術が利用されているのだろう。あるいは、民生用のビデオカメラそのものが利用されているのかもしれない。

なお、映像としてはJALでの着陸の際のホワイトバランスが少し気になった。車線(というのか?)の白と滑走路の黒い部分とが入れ替わる格好になるので、その度にホワイトバランスが調整され色合いが変わってしまう。ただし、JALの方がオートでの調整で、ANAは固定だったのかもしれない。

飛行機会社の経営難とか整備不良などが話題になった。今回2つの航空会社を利用して、サービスの差や新しい技術への対応なども考えるいい機会となった。こんな旅行も時々あってもいいのだろう。

11月 13, 2006 技術, 旅行・地域, 科学技術 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月22日 (日)

平成の「焚書坑儒」

ここ2,3週間、文献調査とか本の購入とかやっている。昨日は休日なのに、電車に乗って本屋で本を購入しようとしたが、予定したお店には無くて明日会社の書店で注文予定。また、今朝は知り合いの人と「産業界の人も文献とかちゃんと読んでよ」と言われたことへのMixi日記ベースで意見交換を行った。

ここ数年、知り合いと飲んだ時に話題となるのが、会社の図書館の規模縮小とか無くなったという話。今朝も、それに類する話が出た。

「昔も含めて論文とかで議論されているのに、それも知らず(勉強もせず)に技術論ばかりに走るのは無駄が多いでしょうに」との話も多い。

ソフトウェア設計でも、数学とか物理・化学のベースがあるほうがいい。今は、専門学校と大学の差がないんじゃないかと思うことがある。あくまでそのような基礎勉強という意味で。(高校レベルも含めて)統計を知らない品質部署とかソフトウェアテスト設計の担当者が少なくない。ソフトウェアの効率化で、モデルの形式化とかがあるんだけど、論理数学(の基礎も)知らないから、検討の話し合いにならない。

で、ソフトウェアテスト設計者とかそれを指導する立場の人が、学会誌などを調査しようとしないような態度が問題。設計系が特許調査するように、品質とかソフトウェアテスト設計者は文献調査はやるべきだろう。(てっ、私も不十分だけど。) しかし、図書館のことを含め、会社経営上逆風。しかも、そんな文献調査を軽視するような上司が増えており、悲惨的だよな。

まっ、学の方、しかも情報処理学会は人数も少なくなったりして結構問題となっている。日経コンピュータだったかでも特集組まれた。

数日前に、図書館の司書の数が減ってきたことが書かれていたように思う。日付とかが思い出せないが、調べてみるつもり。

「焚書坑儒」の意味は、本来は偽政者によるものだけど、ここでの意図は皆の意識が自ら「焚書坑儒」に向かっているといったイメージかな。裏を返せばその延長に、日本の産業力が低下してしまうんじゃないかという懸念がある。逆にAmazonやGoogleの取り組みは、それらへの対策となるようにも思え、ありがたい。

#今この記事は、NHK BSの”列島縦断・俳句スペシャル”を聞きながら書いている。ある意味、こんな番組が全国放送されることが驚き。それに対して、文献や必要な本を手に入れるのに昔よりも苦労する時代。”列島縦断・俳句スペシャル”での、趣味を共有できる参加者とか放送界の人がいることが羨ましい。ふーーー。

10月 22, 2006 文化・芸術, 旅行・地域, 書籍・雑誌, 科学技術 | | コメント (0) | トラックバック (0)