2015年6月 6日 (土)

湯楽の里・瀬谷店の跡地 「くら寿司」がプレオープン

湯楽の里・瀬谷店が閉店して、湯楽の里・瀬谷店の跡地に「くら寿司」など等で書いたように、跡地に飲食店が出来つつあった。最近行ってみたら、「くら寿司」は営業してて、6/2~6/8がプレオープンとのこと。「横浜瀬谷店」。早速行ってみた。


http://www.kura-corpo.co.jp/store/detail/420

昼過ぎだったけど、店員さんの教育を兼ねてなのか、係りの人が意外に多かった。最初、初めてかと聞かれてそうだと言ったら、皿の取り出し方を伝授された。(簡単かと思ったけど、少しコツがいる感じ。2,3回してコツが分かったけど。)

生ビールはセルフ方式。少し離れたスシローも当初そうだったけど、そこではしばらくして店員さんが持ってくる方法に変わった。

特徴的なメニューはそう無いような気がした。個人的にはスシローには無い焼酎があるのは良いと思ったけど、(値段からして)グラスじゃなくて小瓶に思える。”トルティーヤ”なるものがあり、生春巻きに似た感じに仕上げてた。アメリカやメキシコでの食べ物で、皮はとうもろこしみたい。

レーンは皿がどんどん流れる。タッチパネルで注文したものはレーンとは別のレーン(フラットなベルトタイプ)で自分の席の前まで来る。フラットなベルトタイプは最初リニアモーターのような気もしたけど、ベルトを回してるような気がする。タッチパネルは、タブレット(iPad?)を利用したものに思える。

ちなみに、食べた皿は受け口に入れて、これはどこのくら寿司でも同様かな。ちなみに会計では店員さんが来て、金額などを教えてくれる。プレオープンとのことで、特別メニューや割引などがあるかと思ったけど、それはなし。なお、携帯登録すると割引になるらしいけど、個人的にはその類が好きじゃないのでパス。

しばらくしたらステーキハウスの方もオープンするだろうから、そっちにも行ってみるつもり。

6月 6, 2015 日記・コラム・つぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月 5日 (火)

湯楽の里・瀬谷店の跡地に「くら寿司」など

自宅近くにスーパー銭湯の「湯楽の里・瀬谷店」があったけど、昨年閉店してしまった。

「湯楽の里・瀬谷店 閉店」「湯楽の里・瀬谷店 跡地が工事中へ」などに書いてるけど、もう工事が進んで建物がだんだん形を成してきた。お店の看板なども出来て、従業員募集の張り紙などもしてあった。

P5051035P5051036出来るのは、「くら寿司」とステーキハウスの「ブロンコベリー」。

ほぼ同時の開店みたいに思えて、同じ企業グループなのかとも調べたけど、そうと分かる情報は引っかからなかった。たまたまなのかな。

ネットで調べたら、アルバイト等の募集はやってて、今の(工事中の)店舗内で面接なども行っているみたいだ。そちらだと、くら寿司の開店が6月上旬、ブロンコベリーの開店が6月下旬とのこと。

100m位離れて牛角、300m位にスシロー、500m位にビッグボーイ があるので、どうなるのか?? 

個人的にはスパー銭湯の方がありがたいとまだまだ未練があるけど、開店セールみたいな催しがあって安ければ、新しい店舗に寄ってみようかな~と思う。

5月 5, 2015 日記・コラム・つぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月 1日 (日)

湯楽の里・瀬谷店 跡地が工事中へ

以前「湯楽の里・瀬谷店 跡地が更地になってた」とかで書いたように、湯楽の里・瀬谷店は閉店してしまい、更地になってた。

今日近くを通ったら、工事してて、基礎固め。近寄って建設確認を見てみたら、上の方は良く知らない会社名。会社は調べたら何かのチェーン店の会社なのかもしれないけど、メモまではせず。で、下の方は「くら寿司」だった。

もう少し工事が進んだら、はっきりしてくるだろうし、その時にでも撮影するつもり。

なお、300m位離れた所に、スシローはあるし海鮮系のお店があって、商売繁盛となるか?? ただし、スシロー自体の土日は結構混んでるので、その曜日や時間帯は大丈夫かな、、、。開店したら、一度くらい行ってみるつもり。


個人的には、どっかのスーパー銭湯にならないかと淡い期待があったけど、もう考えられそうにない。ちょっと残念だけど。

3月 1, 2015 日記・コラム・つぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月11日 (水)

境川ジョギング 自宅近くのカワセミ

今日は、東京マラソン直前の長めのジョギング。長めと言っても、足底筋の痛みや膝の痛みもあって、20キロくらいにしたけど、、。

で、距離を短くするつもりだったし、境川の下流方向にしたので、カワセミを写真に撮ろうとデジカメ持参にした。自宅近くの川べりで、最近何度か目にしたため。言わば、「境川→多摩川→境川 序盤・終盤はカワセミ撮」の続編。(前と同じで、写真のピン呆けはご容赦。)

P2110784P2110787午前中だったので、駄目かな~と思いながらも目を凝らしたら発見。じっとしてたので撮影も出来た。

撮影後、走り出そうとしたら良いカメラを持参した人も目に入った。(当然だけど)気になってる人もいるんだ。

その後は、ジョギングで淡々と俣野橋辺りまで。いつものように、走る人や自転車はそこそこの数。今日は、併走など、そう変な人は少なかったかな。

P2110788俣野橋の手前での撮影。この建機、帰りは遊水公園近くで見た。

ふと思うに、川底の砂利などを取り除く事にもならないので、言わば清掃なり砂利を岸の方へどけると考えれば良いのかな、、。

P2110789P2110792P2110795往路での同じ場所に、またカワセミ発見。ラッキー。

最近目にしてるものこの辺りなので、もう縄張り化しているんだろう。自宅から300メートルくらいなので、特に帰りは撮影がクーリングダウンにもなる。


今日の距離は20キロで、痛いところなど課題があるけど、行きも帰りもカワセミを見ることができてレースに対して少し前向きな気分になった。

2月 11, 2015 ジョギング, 日記・コラム・つぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月19日 (月)

スーパーやスーパー銭湯での職場体験

今日は、少し離れた所のイオンとスーパー銭湯へ。イオンで少し驚いたのが、ジャージ姿の集団。最初学校のクラブでの買い物とか思ってたら、少しうずくまってる。どうやら、”職場体験”。

「へっ~、こんな大きなスーパーでもやるんだ~」とか、「店長さんや現場の人も対応とか大変だよな~」とか思ったりした。学校との打ち合わせや中学生?辺りにもわかるように説明しないといけない。そもそもスーパーで人が多いのでその目もあるし、お客さんに失礼が発生しないような作業への配置や対応の訓練も必要だろう。変な話だけどニュースに出るような世界で言えば、おやじ狩りとかをしかねない世代なんだから不安も少しはあるだろう。

スーパーでふとそんな事思いながら、次のスーパー銭湯に行って湯船に浸かっていたら、そちらにもジャージ姿の子。湯船の掃除などでは女性のケースが少なくないので、そのジャージの子はどっちと思ったら男の子だった。まっ、そうだわな~。

こんなところでも職場体験を行うということで、都会と田舎じゃ違うな~とか、学校とかでも色々意見が出たろうにと思いをはせた。

関連して、都内とかだと高層ビルの会社での実習もあるのかな~とか、逆に生徒側の要望ってどんな所なんだろうって思ってしまった。ゲーム作りとかケーキ作り、建築現場、、、。IT企業での実習も悪くないかもとか思ってしまった。

思うに、職場体験って悪くないと思うけど、”効果”って把握できてるのか気になった。色々検索すると、市町村によっては受け入れ側とのアンケート結果などがネットで掲載されている所もある。各校で振り返りしてるだろうけど、例えば就職率などを絡めた振り返りをしても良いかもしれないと考えた。そうじゃないと、せっかくの協力もメリットないというか、、、。

さらに言えば、ニュースで賑わっている一つに「外国人雇用」がある。研修して日本人と同じ給料にしたいとかの話になると、向こうの人達の方が良いんだとか外人を積極的に雇用すべきとの意見にすら思えてくる。せっかく職場体験とかして勤労へ目線が行ったのにと、日本人の雇用は前向きなのかとついつい思ってしまう。あるいは、就職率や働く意欲への低さは、就業体験とかでは解決できない問題が横たわってるのかもしれない。(不労でも安易に保護される仕組みとかをついつい考えたが、どうなんだろう、、。)


職場体験の現実を見て、受け入れも大変そうだな~との感想と一緒に、そんな事も考えてしまった。

1月 19, 2015 日記・コラム・つぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月 6日 (火)

スーパー銭湯で丹沢談義

今日スーパー銭湯で、会話した人は丹沢の戸川公園に勤めたことのある人だった。炭酸湯という少しぬるめのお風呂だったこともあって、話が弾んで、30分近くもしゃべっちゃった。

炭酸湯に1人で入ってると、ガラスに「水かけて良い?」と言われたので「良いですよ。でも、今日は展望良くないままだろうけど、、」と返事。そしたら、丹沢のキーワードで、段々話が弾みだした。どうやら昔に丹沢で雨量計を設置してた人みたい。丹沢以外での作業もやったんだろうけど、そんないきさつなのか戸川公園の管理もやったと。自分的には、雨量計は丹沢主脈の黍殻山のそれを思い出したけど、どうも違うようだった。(その時は新大日などの話しが出たけど、帰って調べたら、ルート的には塩水橋からの途中にある雨量計のことかも。)

戸川公園での魚放流イベントなどの苦労話や喜んでもらえた事、登山事故(特に死亡がらみ)なども。こちらも、ついこの前に山岳スポーツセンターからのアスファルト道路に座り込んで死んでる人に遭遇したので、その時の話などもした。逆に戸川公園でお茶のお店/茶室があるので、何か由来があるか聞いたけど、単なる施設としてやってみてるみたい。(「風の吊り橋」の先のほうで、今さっき再度調べたら、お茶室「おおすみ山居(さんきょ)」という名前。)

昔は公園も無かったし、バス停も今からするとはるかに狭かったなどを、お互いに言い出したりした。

ちなみに、宮ヶ瀬や西丹沢と比べて、戸川でのイベントが多い(イベントを開催できる)のは、川の権利が絡むような印象だった。

偉く奇遇だったけど、こういう場でちょっとした情報を仕入れることが出来るのは貴重。いや~、楽しいひと時だった。

1月 6, 2015 日記・コラム・つぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月22日 (月)

湯楽の里・瀬谷店 跡地が更地になってた

今まで「湯楽の里・瀬谷店 閉店」とか「湯楽の里・瀬谷店 解体工事進行」とか書いてたけど、今日行ってみたら更地になってた。

Pc220544Pc2205451週間前くらいでは、まだ回りをシートで囲んでたと思う。ほんと跡形もなくなっちゃった。

近所の人との話では、温泉のためのボーリングも解体したので、工事が長引いたみたい。まっ、真偽のほどはどうか分からないけど、解体工事が相当長かったので合点は行く。

それを考えると、別の企業が引き継いでスーパー銭湯になることは皆無かと思える。(一からの開業はあるかもしれないけど、近くにいくつかあるので望み薄。)

ちと残念。

12月 22, 2014 日記・コラム・つぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月 8日 (月)

たまご焼きを作って、ふと指導要領を確認

この所、時々作ってみてるのが”卵焼き”。お弁当とかで良く目にするので、大したことがないと思ってたけど大間違い。みりんや砂糖などのダシは必要だし、最初は半分を使って焼いて、後半分を追加する格好で焼くんだそうな、、、。

で、大昔の自分の小学校時代には、ジャガイモを蒸かすのはやったような気がする。他には授業ではないけど林間学校の類でカレーだが、ご飯が微妙で、他の人が担当だったのか余り記憶にない。

いずれにしろ、ご飯と味噌汁くらい小学校で教えるべきだよな~とふと思った。武道などを必須にするのなら、ご飯と味噌汁も必須が良いよな~と。

ところが、念のためと思って指導要領を読んでみたら、ちゃんとご飯と味噌汁を教えるべきって書いてあった。

小学校学習指導要領解説 家庭編 - 文部科学省 平成20年6月
http://www.google.co.jp/url?sa=t&rct=j&q=&esrc=s&source=web&cd=1&cad=rja&uact=8&ved=0CB8QFjAA&url=http%3A%2F%2Fwww.mext.go.jp%2Fcomponent%2Fa_menu%2Feducation%2Fmicro_detail%2F__icsFiles%2Fafieldfile%2F2009%2F06%2F16%2F1234931_009.pdf&ei=o6_AVI_UBMPlmAXWuYCQAw&usg=AFQjCNGbK-HB9w6noJzcf47YurIgx7L9rw&sig2=JRl5QLB7pFCC45wnZTMKkA

B 日常の食事と調理の基礎のところで、「エ 米飯及びみそ汁の調理ができること」とある。まっひと安心。

ある意味、日本料理の入口。学んでおくのは良いことだ。なお発展的な教材として、ここで述べた卵焼きやほかの日常的な料理、その地域で簡単にできる郷土料理の類にチャレンジしてみるのも悪くないように思えた。

Amazonでの指導要領

12月 8, 2014 日記・コラム・つぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月30日 (日)

発疹で皮膚科へ 原因不明

201411282158372014112821585920141128215924鹿児島への帰省で、少しむずむずしてた足の発疹がひどくなった。鹿児島では痒いな~位だったけど、帰宅してからしばらくたつと、粒々が大きくなってるし、少し黒ずんで来たところもでてきた。

少し危ないかなと感じて、近くの皮膚科へ。そこは、10年ぶりくらいの病院。診療カードはあったけど、カルテはすぐに見つからなかったか、新規に作ってくれたか??

先生に見せても、原因ははっきりせず。思いつく事で述べたのは、、、。
 ・木を伐採して、その木片が皮膚についたかも。 木はケヤキ。
 ・林に入ったけど、一応ウルシとかを手で直に触れたわけじゃない。しかも厚手のズボンを使用。
 ・襖の手入れで、ウルシ部分をカンナで削ったのはあった。その時はショートパンツで直に触れた可能性はある。
 ・蜘蛛が出てきた事あったし、ダニも可能性はあるかも。
 
一応塗り薬などを貰って様子見になった。手の平につけてさっと塗るんじゃなくて、ピンポイントで発疹の所に塗るようにと。指先にちょっとつけて、ほんとにそこの部分だけに点ける感じ。(これは市販の薬でも同様なのかも知れない。今まで、大雑把に塗ってた。)

Amazonでの虫さされ・かゆみ止め薬

追記:お薬で結構痛みが引いて粒々なども小さくなった所が多い。4日分貰ってて再度病院に行ったら、もう4日分。それで引かなかったらまた病院にと言われたけど、結構引いて一件落着した。原因は分からずじまい。

自分は普段でも虫刺されなどで痒みを覚えることが少なくないけど、その都度その直近の行動等をメモしてないと原因とかを特定しにくい。また、小まめにピンポイントで治療した方が良いんだな~と実感した。

11月 30, 2014 日記・コラム・つぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月26日 (土)

湯楽の里・瀬谷店 解体工事進行

6月で閉店となった、湯楽の里・瀬谷店。その後の行方が気になってた。かすかな希望は、他の企業でスーパー銭湯継続してくれること。

でも、先週だったかに見た時は、足場が組まれてシートで覆われてた。今日見たら、一部が解体。

P7264871P7264872左の写真での左側が、以前の男湯での滝のようなお風呂部分。

右の写真は、入口あたり。

次が何になるか不明だけど、お風呂の可能性はゼロに近くなったように思う。個人的には、非常に残念だけど。

7月 26, 2014 日記・コラム・つぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月25日 (金)

おふろの王様 瀬谷店へ

湯楽の里・瀬谷店が閉店になったので、近場でのスーパー銭湯探し。今日は、おふろの王様の瀬谷店へ。自転車にしたけど、自宅からはやはり遠い、、、。また近くの道路が狭くて、遊歩道みたいなとこを利用しないと、ちょっと危なっかしい。

高座渋谷のおふろの王様へも行ったけど、入浴のシステムが高座渋谷店と大きく違って、面食らってしまった。高座渋谷店は、ロッカーのタグで食事などもできて後で清算。瀬谷店は食事は別会計で、事前にチケット購入する方法。しかもセルフ。入場で入浴料払うので、食事後はそのまま下駄箱の靴はいて出口へ向かう。帰り間際の清算がないことになる。

高濃度炭酸泉があるのは高座渋谷店と同じだけど、瀬谷店の炭酸泉は露天湯。また、瀬谷店は温泉が沸いてて、壷湯などもその温泉。それが真っ黒で、結構印象的。「瀬谷目黒の湯」という名称。この近辺に”目黒”という地名があるため。(高座渋谷店は”渋谷”だし、なんか都内での地名が多い。たまたまだろうけど。)

電気風呂があったけど、高座渋谷店にはなかったような気がする。電気風呂は、湯楽の里・瀬谷店よりも弱め。(少し分かりにくいけど)うずくまるように座るとちょうどいいかな。

お風呂の種類は他も結構、高座渋谷店と違うように思えた。


距離的には高座渋谷店のほうが楽。普段は高座渋谷店の方が良さそうで、黒温泉や電気風呂を思いついたら瀬谷店へというパターンかもしれない。他に自分に都合の良いスーパー銭湯が無いか、探してはみるけど。

7月 25, 2014 日記・コラム・つぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月14日 (月)

大和市 「上和田・野鳥の森公園」

今日は自宅から少し離れた「上和田・野鳥の森公園」へ。スーパーへの途中などで掲示を見たりはしてたけど、行き来の道から少し離れてるし、さほど大きな公園でもなさそうで行ってなかった。

ところが、ついこの前に時間があって行って”リス”を発見。しかも二匹。なんか木の上でガサゴソ音がするから、枝でも落ちてくるのかと身構えたら、なんか黒いものが。その後も少し音がして、(小さな)イタチにしては、、、なんて思ってたら、もう一匹も。灰色というか日光の関係で黒っぽい色に近かった。

そこで、今日はスーパーへのついでに、デジカメ持参で出向いた。

P7144817P7144819公園の入口と林の様子。

少し大きめのカメラを持った人がいて、「オナガアゲハ」とか小さな花の名前をしゃべっていたような、、、。その後にもう一人カメラ抱えた人がいた。

沼というか池沿いの道や、林の中を通る道がある。広さは4.2ヘクタール(東京ドームとほぼ同じ)って書いてあるけど、窪地のせいやさほど整備されてるとはいえないので、広くは感じなかった。まっ、全部を回ったわけじゃないので、知らない場所があるのかもしれないけど。

残念ながら、今日はリスは発見できず。また沼があって季節は夏、蚊が結構多かった。さっき述べたカメラ持った人は、ちゃんとポータブルの蚊取り線香をぶら下げてた。短パン、Tシャツで出向いたこっちが良くなかったといえば良くなかったんだけど、、、。昼に近かったこともあって、鳥の声も少なかった。

リスを見つけたとしても自分のデジカメじゃちゃんと撮影できそうにないけど、またいつか行ってみるつもり。春とか秋とかの鳥の様子も見てみたいし。


7月 14, 2014 旅行・地域, 日記・コラム・つぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月 6日 (日)

セミビキニのブリーフ探し

以前「新庄 下着もボクサーパンツがメイン?」って、ブログに書いたのが10年くらい前。スーパーとかでも、めっきりボクサータイプのブリーフが増えてきた。逆にビキニタイプのブリーフが結構少なくなってきて、トレランなどスポーツする時の化繊のブリーフを見かけなくなってしまった。普段に使うのは綿100%なんだけど、スポーツの時は乾きやすいことなどから化繊。ポリエステルなどがちょっと入ってる方が好みである。

実は、ワコールにブロス(BROS)という男性下着のブランドがあり、ブリーフの調達先として重宝してた。ところが最近は、超ビキニ。腰骨辺りがえぐれてて、イメージ的には”ふんどし”に近い。他は、セミビキニの化繊のは無くてボクサータイプになったり、ゴム紐部分の幅が広かったり、肌触りが以前よりはよくなかったりと、自分にぴったりのがない。2,3年、古いモデルが復活するかな思って待てども、モデルチェンジで超ビキニがどんどん”ふんどし”に似てきた感じ。

 http://store.wacoal.jp/disp/CSfDispListPage_001.jsp?dispNo=001260300150011&ddlink=mens_brief ブロス(BROS)のブリーフのページ。更新で変化して、たどれなくなってる可能性大だけど、、。

昔の下着が痛んで買い換える必要もあり、意を決して今の中でベストなものを探そうという気になってきた。で、目を引いたのが、ユニクロの”エアリズム”。その中での、ボクサーブリーフ(ローライズ)。エアリズムは、下着の首シャツを持ってるけど、特に夏場はさらっとした感じが良い。ローライズは、ボクサータイプよりも若干たけが短い。エアリズムでない普通のとでは金額的に倍ではあるけど、まっ仕方ない。

 http://www.uniqlo.com/jp/store/feature/uq/trunksbrief/men/#fC02 ユニクロのブリーフのページ。こっちも、たどれなくなってる可能性大だけど、、。

以前のが段々痛んできてるので、当面試して良ければ、買いだめしておくつもり。ユニクロは、売れてるのはさほどでもないけど、そうでないとあっさりラインナップから消えてしまうので。夏場のうちに試して、良ければ夏場のうちに買いだめしとかないと、、、。 


追記(2014/08/30):2,3週間前に何気に検索したら、ブロスで「スポーツフィットパンツ」なるものが発売されていると知った。GB2162という商品。

http://store.wacoal.jp/disp/CSfLastGoodsPage_001.jsp?GOODS_CD=GB2162#incartDisplay

これは良さそうと思ってブロスを置いてあるスーパーに出向いたけど置いてない。2箇所行ってみた。Webストアで販売しているのは分かったけど、手触りを確かめたい。念のためと思ってワコールに置いてある店を問い合わせしたら、もう販売終了との事。今年の春発売なのに、、、早い。悩んだけど、Webストア経由で購入した。(すっかり忘れていたけど、CWXの購入の時だったのか会員になってた。)

さっき届いて触ってみたら、さらっとしてるかと思ったけど少しざらざら。でもこれはメッシュなので、当然と言えば当然。明日とかに履いてみることにする。

なお問い合わせのやり取りで、つい、ブロスでのセミビキニの化繊タイプの商品が無くて困ってる旨を言ってしまった。ブロスも含めて、上手く商品が出てくるといいんだけど、、、、。

7月 6, 2014 日記・コラム・つぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月25日 (水)

今日もビール馨和(KAGUA)

和食に合うビールをTV CMで見て、買って飲んだけど、自分としては今一。

20140615163129そこで、和食に合うビールとしてネット検索して目に入ったのが、馨和(KAGUA:かぐあ)。調べてデパートで(あまり良く考えずに)購入。Rouge(赤)とBlance(白)。国産と思ったら、ベルギー産だった。ちなみに、日本の酒税上の扱いは”発泡酒”。日本では山椒などが混ぜものとして扱われて、発泡酒だそうな。瓶のラベルも発泡酒になってる。

お寿司(といってもパックタイプ)と一緒に自宅で試してみた。どうも赤の方は合わない。白はまあまあ。再度ホームページを読むと、やはり魚系には白の方みたいだ。

また、家庭ごみの分別の関係で、さっと水洗いしたら沈殿物が出てきた。再度ホームページで調べたら、ビール酵母とのこと。食べてみるべきだったと、少し後悔。

ということで、白を追加で購入して、今日もパック寿司と一緒に。やはり悪くない、、、。

ただし、今日は横に寝せてたのを立てて栓を抜いたので、結構泡が。注ぐときでも泡が多い。まっ、それが特徴かも。

また、期待してた沈殿物がない。たまたまかと思って他の瓶を見てみたら、少し沈殿してる。横にして、しかも泡が立って、沈殿物が拡散した感じだ。

次回は、瓶を立てたままで保存しとくか、しばらく前に立てて注ぐかしてみたい。


6月 25, 2014 日記・コラム・つぶやき, 食べ物 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月24日 (火)

ドクダミ駆除にラウンドアップマックスロード アリ退治はアリの巣コロリ

今まで何年も、草取りで大変だったのが「ドクダミ」。抜いても抜いてもまた生えてくる。スギナもそれに近いけど、ドクダミの方は普段でも嫌な臭いがする。抜く作業時は、臭いが大変なものだし、蚊の襲撃も多い。

今年はどうにかしたいと思い、調べて目に付いたのが「ラウンドアップマックスロード」。

近くのホームセンターでも売っていたので購入。

相当希釈する必要があるが、自分の場合、数倍に希釈して”刷毛”で直接ドクダミの葉に塗った。一応サングラスを着用して、ゴム製の手袋を使って作業。

P6174804P6244806P6244807左が塗る前。右2つが、塗ってから1週間後。

結構枯れている。最右の写真でタマリュウまで枯れてしまっているのは、つい横着してタマリュウなどにも塗ってしまったり、残った液を撒いてしまったためだ。次回からは、刷毛を使うにしても、もう少し希釈した方が良さそう。

結構効果があった。今度の春や夏に、どれくらい生えてくるか観察してから考えるけど、そうたくさんは生えて来そうに思えない。生えてきたら、また塗ろうと思う。


今まで何年も、大変だったもう一つが「アリ」。2,3年前からは、家の中で見かけた場合は出てくるところを探して、パテを塗ったりした。特に効果があったのは浴室。殺虫剤で一時的にいなくなっても数日したら出てくることがあったが、パテで塞ぐようになってからは家の中で見かけることは皆無になった。

後は家の外というか、庭など。こちらは、「アリの巣コロリ」を重宝している。(相当以前にアリメツを使ったことがあったが、自分の周りのアリには「アリの巣コロリ」が有効なようだ。)

アリの巣の近くや列の途中に置くようにしている。

今年はアリそのものの行列を見かけず、いなくなったのかなと思っていたら、数日前に行列発見。結構なアリの数で驚いた。雨が長くて、晴れ間の間に別の巣を作ろうとしていたのかもしれない。

そんな時に限って、「アリの巣コロリ」のストックが無い。翌日早速買いに行って、行列の途中の2箇所に置いた。気のせいか(アリも勉強したのか)「アリの巣コロリ」の容器の中に入ってくるアリが少ない。少し顆粒を行列の途中に撒いた。

すぐにアリが反応したわけでもないけど、翌日や翌々日になると行列のアリが少なくなって、その後は分からなくなった。容器の中に入るかどうかは、アリの腹のすき具合に関係するのかもしれない。1,2日程度は気長に(?)待つのが良さそうだ。今までもそうだったんだろうけど、今回は久しぶりにアリの行列に遭遇したのとアリの数が結構多くて、ちょっと焦ってしまったようだ。


ということで、今年はドクダミとアリに関しては、結構気が楽になってる。

6月 24, 2014 日記・コラム・つぶやき, 植物 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月20日 (金)

高座渋谷 「おふろの王様」へ

今日は、高座渋谷のスーパー銭湯「おふろの王様」へ。以前同じ場所にあった”ここち湯”が運営会社が変わり開店キャンペーンをやってたため。また、今日は偶数日なので、男性が富士山が見える「天晴れの湯」かと思って、ちょっと急に決断。

 http://www.kokochiyu.com/yamato/

開店キャンペーン(誕生キャンペーン)で、入館料が500円、生ビールが350円。税込み。

ちなみに、以前”ここち湯”に行った時のは、1回目2回目とブログに書いてる。

お風呂の様子や靴の預け方などは以前と同じ。係りの人のユニフォームはちゃんと覚えてないけど、変わったかな。お風呂の設備や備品はそのまま。端的だったのが、サウナ向けのシートや洗面所の綿棒入れのケースには、”ここち湯”と書かれたままだった。蛇口のコックなどが新しく思えたけど、ホースの辺りは前から使ってる感じで、コック部分とかは多少研磨した程度かも。

なお、サイトのURLはkokochiyu(ここち湯)になってて、それも流用ということですね。コンテンツは変更してあるけど。

(蛇足ながら、技術系の会社も譲渡などするけど、例えばソフトウェアのソースコードも譲渡の中に含めるとか契約ではっきりしてないとゴタゴタしそうとか思ってしまった。ソースはまだ分かりやすいけど、テスト環境とか細部のドキュメントとかになると少し微妙かな。)

お湯の温度は、以前より少し下がったように思う。まっ、夏の関係かもしれないけど。サウナ前のかけ湯が、”湯”としてはやたらと冷たい。そこまで同じだったか??

以前は、マッサージルームはがらんとしてたけど、今回はそこそこの人。また食堂もそれなりに混んでた。

食堂では、生ビールとチキン南蛮にした。以前のブログの書き込みを振り返ったら、同じ品目だった。ちなみに、まっビールは(今回は開店キャンペーンで安いんだし)仕方ないとして、チキン南蛮はそこそこ。記憶が不確かだけど、前よりは料理は良くなったんじゃないかと思う。

ちなみに高座渋谷前は、有料の駐輪場になってた。10時間まで100円だったかな。大和駅前のように、短い時間なら無料という仕組みがない。「おふろの王様」でも、駐輪券みたいなのを発行するわけじゃないみたい。「おふろの王様」のビルにスーパーがあるんだけど、その利用でも駐輪場の利用となる(ように見受けられた)。うーん、その辺りが改善されると良いんだけど、、、。


近くのスーパー銭湯の湯楽の里が閉店するので、それの関連でまた行くことになるかもしれない。食堂のメニューで気になったのもあるので、それもお目当てにするつもり。

6月 20, 2014 日記・コラム・つぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月15日 (日)

水の事故を防ぐには やっぱ親とかだろう

今日は境川を江ノ島方向へジョギング。用事とか久々のために、40キロ未満の距離にした。前半はさほどでもなかったけど、後半は筋肉痛で歩きを交えながら、、、。

で、暑かったせいか、川べりの人が結構いた。ミニBBQみたいなのもだけど、ゴム堰の近くや落差のあるところでふざけてる子供らも。いくつかゴム堰あるけど、2,3年前に死亡事故が発生したとこには子供はいなかった。全部が全部じゃないけど、自転車が道路をふさぐ方向に置かれてて危なっかしいところもあって、どうも子供の川遊びは好意的になれない。

自宅に戻って一風呂浴びて自転車で買い物に向かったら、さっきの落差のある所に警官。その時は、何かあったのかな~位だったけど、買い物の帰りにも警官とかがいた。救急車はいなかったし他の大人もいなかったので死亡事故じゃないだろうけど、川に落ちて一騒動だったくらいが起きたのかも。

ジョギングの際には、橋の近くでフェンスを越えて川に近づいてる子供数人に対して、「上がりなさい」と言ってる大人二人連れがいた。”助けられないんだよね”とか言い合ってた。多分子供が複数だったり器具がないと、大人の方が危ないことを言ってたんだと思う。自分も、行きの元気な時なら一人くらいなら助けられるだろうけど、帰りだと筋肉痛だしバテててフェンス越えたり川に飛び込むのは相当躊躇すると思う。自転車の人達は、まだ体力的には大丈夫だろうけど、濡れたりするのは多少気持的に嫌がるように思えた。


事故が起きたら、学校とかが非難されるんかな~とか思いつつも、やっぱ親とかだろうにと思えてきた。ふとPTAっていう組織体は、そんな事故予防なども考慮してるのかな~とか色々思いついた。でもまずは、各家庭でだろう。

最近は、川べりのミニ公園が増えてきたように思う。川の水に触れることができる。逆に、そんな公園と、フェンスのある川との区別がつかない子が増えてるようにも思う。

結構暑くて、今年の水の事故の件数ってどうなるんだろうかと、ふと思った1日。

6月 15, 2014 スポーツ, 日記・コラム・つぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月 8日 (日)

黄ズッキーニは子房から黄色

昨日は雨で、歩きでプールへ。その後、回転寿司「スシロー」。新メニューで目についた”ズッキーニのラザニア風”など。食事後に雨の中、散歩気分で帰路に。すると、ズッキーニ畑が目に飛び込んできた。以前もあったか少し記憶が不確かだけど、そこそこの広さ。

で、目を凝らすと、緑のに交じって、黄ズッキーニがポツリポツリ。しかも、花のすぐ下というか子房部分が黄色い。虫とかにやられたにしてはと思いつつ、自宅で検索。すると、黄ズッキーニは子房から黄色のが普通と出てた。結構意外。ピーマンにしろパプリカにしろトマトにしろ、実が緑から黄色や赤に変わってくのが普通と思ってた。ズッキーニの仲間のかぼちゃも同様。(形の似てるキュウリも、黄色くなるのは日が経ってから。まっ、キュウリに黄キュウリがあるわけじゃないけど、、。)

今日も曇り&もしかしたら雨だったので、プールにして、その途中でデジカメ撮影することにした。

P6084795P6084793P6084794左の写真での、中央少し左の花の部分が分かりやすいと思う。右の写真が、普通の緑色のズッキーニ。


食事した後にその食材の栽培の様子を目にして少し奇遇に思えたし、そもそも知らないことだったので勉強になった。次回も”ズッキーニのラザニア風”とやらを食べてみようかな。

6月 8, 2014 日記・コラム・つぶやき, 植物, 食べ物 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月26日 (月)

湯楽の里・瀬谷店 閉店

重宝してたスーパー銭湯(湯楽の里 瀬谷店)が、来月で閉店するとのこと。館内のポスターに掲載されていた。

サウナ、電気風呂、ジャグジーが揃ってて良かったし、そもそも自宅から近いのが超メリットだった。11年近くの営業で、会員になって何度も利用してたのだが、、、。他のとこは(歩いて行くには)遠かったり、銭湯レベルだったりで、先のことを考えると憂鬱になる。 

何でか?? 直近では、4月だったか新会員サービスに移行しますとアナウンスあったけど、システムの不備か何かで結局すぐに停止された。それが瀬谷店のみなのか、他の店舗もそうなのかまでは判明しなかったけど。ちなみに新会員サービスは、2年間毎に有効期間を区切るやり方。途中で加入すると有効期間は2年未満になる。割引率も低かったように思う。 他に、3週間ほど前にロッカーがバールみたいなので壊されてたのを見た気がする。直前には何事も無かったので、営業中の出来事だったんじゃないかと思う。ちょっと記憶が不確かだし、そうだったとしても、それが関係してるとは思えない。

多少儲からないのかな~と思ったけど、週末は結構な人なので、そうでもない気がする。まっ、平日だと、食堂などがちょっとがらーんとした感じではあるけど。

ネットで親会社というか運営会社を調べたら、不動産系。近くの住宅展示場も運営しているようだ。不動産系のほうが儲かるとの判断なのかもしれない。まっ個人的には、この施設そのものをスーパー銭湯主体の企業に売り払うなども考えられるので、それだとまだ利用する側としては許容範囲。(あまりに高価になるとは勘弁して欲しいけど。)

ちなみに会員の回数券は、期限あるけど現金化できるそうだ。しばらくしたら、手続きする予定。それにしても、ほんと残念。


追記:ホームページにも閉店のことが掲載された。(しばらくしたら、閉店後はこのページ自体なくなると思う。)
http://www.yurakirari.com/site/seya/2014/05/26/%E6%B9%AF%E6%A5%BD%E3%81%AE%E9%87%8C-%E6%A8%AA%E6%B5%9C%E7%80%AC%E8%B0%B7%E5%BA%97%E3%80%80%E9%96%89%E5%BA%97%E3%81%AE%E3%81%8A%E7%9F%A5%E3%82%89%E3%81%9B/

回数券の現金化も完了。10回分の冊子をそのまま換金。あとバラの券が1枚残ってるけど、それ以上に行くことになったら、会員カードで個別入場券買って入る予定。

「湯楽の里 北本店」で、レジオネラ菌感染が発生して、一人死亡がニュースになってる。6月14日に営業停止処分になったそうだ。ある意味瀬谷店というか、湯楽の里そのものとしても、超逆風。

5月 26, 2014 日記・コラム・つぶやき | | コメント (1) | トラックバック (0)

2014年5月13日 (火)

鹿児島 「れすとらん七菜」

鹿児島に帰省して、時間があったので、日置の「れすとらん七菜」に連れて行ってもらった。テレ朝「人生の楽園」に登場した、野菜バイキングを主としたお店。テレビでの紹介記事は以下。

 http://www.tv-asahi.co.jp/rakuen/contents/past/0257/

以下は鹿児島県での郷土料理一覧での該当ページ。(多少蛇足だけど、県がこんだけのことやってるんだから、市町村も負けじと地元の紹介をやっていいと思うゾ。)

 https://www.pref.kagoshima.jp/ag01/sangyo-rodo/nogyo/syokuiku/suishinten/navi/kagoshima/kyoudoryouri/sitisai.html

日置市のひまわり舘とか県立農業大学のすぐ近くで、それを知ると分かりやすい。ただし、幹線道路に大きな看板があるわけでもないので、それを知らないと通り過ぎそう。

親戚がちょっと知った人とのことで、お店開業までのいきさつや、TV撮影の様子を聞いた。地元テレビにも出たことはあったが、テレ朝のそれは番組が長いこともあって、結構期間をかけて撮影したようだ。

なお、11時すぐに店の前を通過して、少し別のところへ。戻って20分過ぎくらいだったと思うけど、テーブル席が2つ空いてる程度で、カウンターは1つか2つ空きがある程度。11時のときに入ってても良かったかなといった感じ。(お店を出る12時少し過ぎには、入るのに人が並んでた。)

バイキング形式で、一人900円を前払い(だったはず)して、セルフ的に自分で皿に盛ってテーブルなどへ。皿が何種類もあってと言うか、(変な言い方だけど)掻き集めたような感じで、積んでても揃ってない。まっ、それがいい雰囲気でもあった。似合いそうな皿を自分で選べるし。(一応テーブルの掲示では、「終わったら皿は同じ種類のでまとめてください」みたいに書いてあって、返却口まで持ってく必要は無いみたい。)

野菜以外に、味噌汁やカレー、から揚げなどもあった。野菜だけだと少し飽きそうと思ってたので良かったけど、自分の感想では野菜以外は普通の感じ。野菜は、新鮮なのとやはり味が濃い。

20140513120035写真は、”ピクルス”って書いてあったもの。結構おいしくて、3皿くらい食した。最初カブのようなそうでもないようなと思ってたけど、回を重ねるうちに緑っぽいところが分かるようになった。 知り合いとは「新たまねぎのピクルス」かなということになった。個人的には結構好感。

20140513121008写真は、入口近くに植えてあった”グミ”。お店で出すのかな~とか、食べさせてくれるのかな~とか言いながらも、写真撮影しただけ。食べさせてもらえるとしても、後ほんの数日くらい先のほうが良さそうだったので、今回はパス。

食後は、隣のひまわり館へ。少し変わった野菜があって、野菜の名前を訊こうか悩んだけど、訊かずじまい。また、ジャージ姿の子がいて”実習中”みたいな名札を付けてたから、隣の大学の実習かとか、それにしては若すぎると思って知り合いに聞いたら、中学校の実習みたいだ。ふと、お金もらえるのかな~とか、お金などもらった方が張り合いあるし勉強になるのにとも思った。実習は、結構(鹿児島県以外でも?)やってるみたいだ。

良い所に連れて行ってもらった。次回帰省した時も、機会があれば訪れたいと思う。


追記:「新たまねぎのピクルス」が忘れられなくて、自宅でも作ってみることにした。ちょうど手軽で良いかなと思ったのは、エバラ「甘酢漬けの素」。新たまねぎを切って、ちょっとレンジでチン。甘酢漬けの素に浸して2日程度冷蔵庫に入れておいて、その後に食した。たまねぎ臭が残ってたけど、血液サラサラを意識して、長い時間のチンや水に浸しておくのは避けたので、まっ仕方ない。

たまねぎだけど、パクパク食べることができて、たまねぎサラダよりも良い。血液サラサラのためのたまねぎ料理は、これを主体にしようかな。

5月 13, 2014 旅行・地域, 日記・コラム・つぶやき, 食べ物 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月27日 (木)

隣町のコミュニティバス実験運行

隣町(神奈川県・大和市)の、コミュニティバス実験運行の利用実績が出てたので紹介。

 大和市/コミュニティバス実験運行の利用実績等について

3ヶ月ほど前から、最寄り駅への途中に小さなバス停のような案内が設置されてて、少し気にしてた。もちろん車は通れるけど、幹線道路からは1つ、2つ入ったような通り。住宅街。他にも、学校脇などでも見かけてた。

実験運用でバスを見た時は、結構小さいと感じた。マイクロバスよりも小さい。しかも、ガラスが結構暗くしてあって、最初は乗ってる人のプライバシーの関係かなと思ってた。(大人くらいの)人のちょうど目線と、水平に乗ってる人の目線が合う感じ。

画像は以下が参考になると思う。

 http://www.city.yamato.lg.jp/web/content/000084399.JPG

ちなみに、それよりも大きいバスでの巡回バスの運営も行ってる。(利用実績で、’のろっと’と書いてあるもの。そちらは、路線バスを1周り小さくしたくらいの大きさ。ここでのコミュニティバスよりも数段大きい。)

利用実績での「実験運行に対するご意見等」を読むと、いろんな意見というか要望がある。ただ、やはり”コミバスは利用者が少なく、税金の無駄遣いだ”は傾聴に値するかな。1便あたりの利用者が一人や二人では、コストがかかりすぎと言われても仕方ない。(個人的に黒いガラスは気になったけど、”乗るときに不安”との意見には少し納得。)

大和市は郊外都市なので、路線バスなどもそれなりに運行している。自分の時々利用する路線だと、20分に1本という感じ。なお近くに大型ショッピングセンターがあって、電車で出向くには不便。今回その方向へのルートもあるんだけど、それでも1便あたりの利用者が二人程度のようだ。

この類のサービスは、要望が色々出る。やはり、ここで紹介したように期間を区切って実験運用して、数字で示した方が納得感が大きいと思う。しかも実験して最後に結果を示すよりも、実験中に途中結果などを更新して方法がいいだろう。そうしないと、知らなかったとか○○すればもっと違っただろうとの意見が出て、ずるずると運営してしまうことになる。

何かの参考になればと思って紹介。

3月 27, 2014 日記・コラム・つぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月25日 (火)

ジョグノートのブログパーツを更新

本ブログで、右側にジョグノートのブログパーツを貼り付けてた。それを更新。

以前だと棒グラフが表示されてたけど、新しいのは泳いだり走ってるアイコンがカレンダーの上に重なった表示になってる。個人的には、以前のグラフ形式の方が分かりやすかった。また、前月などにもジャンプできてありがたかった(と思う)のだが、新しいのは今月のみだ。

パーツの表示のための負荷を軽減したいためだろうが、少し残念。

3月 25, 2014 日記・コラム・つぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月 7日 (金)

エスエス製薬の響声破笛丸料 見つけた

ここ半年ちょっと薬で重宝したのが、響声破笛丸料(きょうせいはてきがんりょう)。エスエス製薬のもので、喉の薬。

2年近く前にも飲んだのかもしれないけど、その時はさほど効いたとは思えなかった。しかし、ネットでこのお薬のことを見つけ、その人は、うがいをしながら飲んでいるとのこと。それを真似たら、結構喉の痛みが取れた。声楽家なども利用しているようだ。

なお、うがいをすると、ちょっと石鹸の泡のように泡立つので、一挙にではなくいくつかに分けてうがいをした方が良いと思う。


使い切ったので、この前から新しく買おうと思ったんだけど、(前も多少そうだったけど)置いてるドラッグストアが少ない。一昨日、あるドラッグストアで見つけたんだけど、少しパッケージが違った。係の人に訊いたら、パッケージが変わったようなことを言ってた。

ただ帰路で別のドラッグストア(HAC)には、売ってた。その時は、古いのが置いてあるんだくらいの気持ち。

ところが帰って調べたら、エスエス製薬のそれは、製造中止と書いてるブログがあった。しかも、今回購入したのと箱での成分を比較してみたら、どうも成分量がエスエスのよりも少ない。成分の件は、示したブログにも出てた。(エスエス製薬のホームページには、もう響声破笛丸料自体が掲載されてない。)

 http://matsutake.hatenablog.jp/entry/%E9%9F%BF%E5%A3%B0%E7%A0%B4%E7%AC%9B%E4%B8%B8%E3%81%8C%E8%A3%BD%E9%80%A0%E4%B8%AD%E6%AD%A2

昨日、急いで2軒目のドラッグストアに行き、2箱あったので2箱とも購入した。

P3073968P3073969紫の箱の方がエスエス製薬。新しいのは松浦という会社のもの。

ギリギリセーフといった感じで、少しラッキーだった。。

それにしても何で製造中止なのか? さほど売れなかったんだろうか、、、。まっ、それなら良いけど、特定の成分が良くないとかだと気にはなる。喉の痛い時だけ利用するので、そうだとしても、多少楽観視してるんだけど。

3月 7, 2014 健康, 日記・コラム・つぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月 9日 (木)

「にっぽん健康情報マップ」再開

以前”「にっぽん健康情報マップ」は閉鎖?”って書いたけど、偶然見つけた。オムロンのサイトに引っ越して、少し見栄えが変わったように思う。

オムロン ヘルスケア http://www.healthcare.omron.co.jp/#map

血圧135以上の県が6つになってた。やはり寒さの影響だと思われる。

結構参考にさせてもらっていたので、復活(?)は嬉しい。

1月 9, 2014 パソコン・インターネット, 健康, 日記・コラム・つぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月30日 (月)

「にっぽん健康情報マップ」は閉鎖?

今月10日あたりから、「にっぽん健康情報マップ」がリンク切れしている。以前のURLは、以下。

http://www.wellnesslink.jp/p/sp/map.html#01

オムロンが運営しているサイトで、結構重宝してたのが全国血圧マップ。オムロンの血圧計を利用してて希望者での(?)データを集計したもの。各都道府県頃に色分けされて、血圧135以上になると赤色になる。また135以上の県名は、テキストで表示される。

11月とか12月の寒い時に自分の血圧も上がるが、他の人も同様かは気になるところ。また、気温以外に、自分の場合は、気圧の谷の通過でも少し上がるような感じで、実際統計的にもそうなのか気になっていた。

今年の11月などの気温の変化に関しては、この全国血圧マップで135以上の県がチラホラ出てきて、やはり相関はありそうに思えた。ただし冒頭に書いたように、今はリンク切れ。サービス自体を停止したような感じだ。

なんか勿体ない気がする。せめて、オムロン製品を買った要望者は閲覧できるようにするとか、工夫してもらいたいと思うのだが、、、。

12月 30, 2013 パソコン・インターネット, 健康, 日記・コラム・つぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月27日 (金)

電子レンジ用お餅トレー

昨日、100円ショップで見つけたのが「電子レンジ用お餅トレー」。ダイソーにて、100円。

山に行く時やマラソンレースの朝食に食べることが多いのが”お餅”。大抵は、切り餅2つをぜんざいにして食してる。ただ、ちょっと面倒なのが、時々見てないと鍋にこびりついたり、吹きこぼれると結構取れにくい。(吹きこぼれはすぐに拭き取ったりすれば大丈夫なんだろうけど、その後も加熱した後だと熱湯やタワシでも取れない、、、。)

またぜんざいばかりだと飽きるので、焼いて食べようとする。なるべくならと次のことを考えて電子レンジでトライするけど、加える水の量の加減が微妙だし、膨らんだ後は容器にへばりついてた。

そんなことが頭の隅にあって、昨日偶然見つけたのが「電子レンジ用お餅トレー」。

Pc273686Pc273688Pc273689右の写真が、チンが完了してすぐのもの。一旦膨らむけど、電子レンジのドアを開けてシャッターを押す間に、ぺしゃげてしまった。(ちなみに、トレーの下の皿は自分で置いたもの。説明では特に必要とは書いてないようだけど、レンジ自体のトレーに破片がこびりついたら少し面倒なので置いて利用した。)

真ん中の写真がチンしてちょうど膨らんでる所なんだけど、少し分かりにくいか。

ちなみに時間は、角餅(50g)1個で、40~50秒(500W)と書いてあり、そちらでやってみた。ただし40秒では膨らまず、再度+20秒。昨日は、2個で1分30秒あたりでぴったりだった。(30~40秒(600W~800W)と書いてある。)

これで、ぜんざい作るにも結構楽になるし、きなこ餅にするなどでバラエティが増えそう。

2,3年前は、「こんなのもあるのか~」と100円ショップでの商品に驚くものがいくつかあったけど、直近は以前気に入ってたのが無くなったり使って不満の残る商品もチラホラあった。でも今回の「電子レンジ用お餅トレー」は、気に入った商品。ラッキー。


12月 27, 2013 日記・コラム・つぶやき, 食べ物 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月16日 (月)

台風の影響でプールが休場

土曜日は弘法山を走ったので、昨日と今日は出来ればプールにしたかった。台風18号の影響の風雨は気にはなってたけど、、、。

15日日曜日は、予報では雨のち曇り(だったと思う)。11時くらいには雨は止んだので(小康状態だったので)、大和・引地台のプールに行った。が、自転車が置いてない。まさかと思いつつ入口に近づくと、臨時休場の看板。全日。洪水警報が出たためらしい。ただし午後の予報は晴れマークもあったはずで1日中上というのは解せず、途中で買い物と飲食して渋々帰宅。

翌16日の方は早朝は暴風雨。大和には、また洪水警報が出たようだ。ただし16日も予報では午後から好天。昨日の休場が気になったので、ホームページを見たら午前中は休場と出てた。しばらくしたら、1時から開場と。きっと15日の対応で苦情を電話した人が(多数/少し?)いて、半日レベルで休場を検討したんだと思う。

Photo

ちょっと作業して、1時半くらいにプールに出向いた。自転車は少なかったけど、自動車は入口で少し待ち行列が出来てるくらい。プール自体は、それなりに混んでた。フリーの方では、ちゃんとした泳ぎを練習出来ないくらい。

一昨日の足の疲れなどもあって、今日はプルブイでの練習を主にするつもりだったのにフリーエリアでは練習出来そうになかった。仕方なく、コースロープ内をキック無しで遠泳。(引地台プールのコースロープ内は、ビート板などの利用は不可。) 今月・来月は走りレース前ということもあり、混んでたら、この練習方法が増えるかもしれない。

なおホームページを見たら、注意点の掲示もあるし、要望の記載が出来るようだ。注意点に、コースロープ内が立ち止まり禁止だとか片方法の時があるなども掲載して欲しいと思った。要望に流れるプールの逆泳OKの掲示をどっかにして欲しいなども書こうかなと思ったけど、またいつかにしたいと思う。


それにしても洪水警報での対応、15日と16日どっちが良かったかというと16日だろうな。なお、メンテナンスを含めて臨時休場はあるので、ホームページのお知らせをRSS登録した。また、ふと大和市の防災メールってあったっけと思って調べると運用されてた。そっちもついでに登録した。副次的なメリットもあったし、今日は泳げたので、少し不満が収まった。

9月 16, 2013 日記・コラム・つぶやき, 水泳 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月26日 (金)

リュックのファスナー修理を接着剤で

今日は、この前壊れたトレラン用リュックのファスナー部分を修理。

P7213004ファスナー部分の金具というかプラスチック部分が取れてしまった。(普段よりも大きめ表示。)

写真右のポケット部分だと、左の所で止まるようになってる。一般的なファスナーだと先に小さな金具が付いていたりするけど、今使ってるリュックではプラスチックのギザギザ部分のままで、ポケットの布などと一緒に縫ってあった。それにより歯止めになってるんだけど、少し力を入れて閉めたもんだから歯止め部分がほぐれてしまって、金具というかプラスチック部分が外れてしまった。

金具というかプラスチック部分を嵌めて、ゆっくり少しずつ逆方向へ。片方だけを引き延ばしたりして調整。やっと元の位置に戻した。

縫合部分をどうしようか考えたけど(ばらさないままで)上手く縫えるか不安になり、接着剤を利用することにした。丁度ハケを使うタイプのがあったのでそれを使用。小さな布を、押さえに使用した。

でも少し力が入ると、また壊れてしまいそうな気はする。当面注意しながら使用して、次とかで駄目なら買い換えかな。ただ、ハセツネをこのリュックにするか(ストックのことなどで酷使しそうで)思案のしどころではある。


7月 26, 2013 トレイルランニング, 日記・コラム・つぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月21日 (金)

築○○年も経つとガタが、、、、

自宅は築20年くらいなので、段々色んなところが痛んでいる。前々から、リフォームのチラシがうんざりするくらいポストに入っていた。延ばし延ばしにしていたけど、さすがに見栄えもあってリフォーム。結構お金が掛かってビックリした。

その他にも給湯システムが調子悪くなって交換。同じシステムはもう販売されていないし、新しいのは給湯の口が1つになっていたり、設定が色々できて便利になってた。

で、先週からチャイム(インターフォン)の調子がおかしい。誰も押してないのに音が鳴る。TV「ナニコレ珍百景」で、電化製品とか自動車と連動して音が鳴るケースがあったように思うけど、今回の場合は何か関連するものも無さそう。メーカーとかに電話して、結構古い機種と判明したり、メーカーとメンテナンスは別と言われたりしてどうするか悩んだ。

装置が駄目だろうと近くのホームセンターに行ったら、機器の販売と備え付けの窓口は別で、なんとなく商売の仕組みが分かった気がした。テレビモニター付きの機器もあったけど声だけのを購入して、設置も依頼。結局、機器が駄目になってて、交換でOKだった。

P6212828P6212829P6212830前の機器はこんな感じになってた。

取り付けの人との会話で、配管経由で線を這わせているけど、チャイムの機器周りが雨風が吹き込んでしまい虫が入ったようだ。言われて目を凝らすと、石(多分人工石)と石の間をコンクリートで固めていて、そのコンクリートに配管を埋めていた。まっ、石に穴を開けるのは大変なのでそうしてるんだろう。石の縁は段差があるので、結局隙間になっていた。

気になって他のお家のを注意してみたけど、このタイプが結構多い。石の真っ平らなところのチャイムを備え付けているところもあったけど、結構少数だった。

P7102932取り付けの人から、機器の周りをコンクリートを使って少し埋めればいいですと教えてもらったので実施。前述のホームセンターが自宅から近かったので、ラッキーだった。コンクリートと言っても少量。

段ボール紙などの様子が見え見えで、もう少し見栄え良くできないかとも思ったけど、労力やお金も惜しいので当面これで過ごそうと思っている。


他にも流しだとかコンロとか、タイル周りとか不安なところも出てきていて、機器の裏というか中が痛んでいる。タイル周りはひび割れだけど、コンロは機器内のサビとかが結構厄介だ。日頃その辺りもメンテナンスしていたら良かったんだろうけど、まっ仕方ない面もありそうだ。

結構勉強になった。

6月 21, 2013 日記・コラム・つぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月15日 (水)

朝ドラ「あまちゃん」

連続テレビ小説(朝ドラ)「あまちゃん」が、なかなか面白い。BSでの毎週土曜日のまとめ放送を録画再生で見ることが多いが、時々NHKGでの朝の放送などを時々見ることもある。

今日は、そのガイドブックを購入。早速読んでる。

直前の朝ドラは「純と愛」で、大阪というかNHKの西日本での制作。朝ドラでは、関西(西日本)制作の次は、東京などの関東の局の作成というパターンが多い。

今回の「あまちゃん」は、”ノリ”が関西風で結構笑いの場面が多い。直近では、高校生の恋愛ものの雰囲気が漂って、従来の朝ドラと結構雰囲気が違ったとの印象。70年代の歌やTV映像が結構流れて、ある意味NHKの朝ドラに似つかわしくないとの感想も頭をよぎった。「そこまでやって大丈夫?」と思ったくらいだ。ただし、台詞などに本質的なことがポツリポツリとあって、考えさせられる事が少なくない。

笑いの場面が少なくなくて大阪での制作かと思ったけど、エンディングに制作・大阪とは出てないような、、、。そもそも大阪制作の次が、また大阪制作と言うことは考えにくい。さらには、東京や東日本などでの制作として、どの局なのかとか、どんなスタッフなんだろうかと気になった。ちなみにガイドブックを買おうかと思ったが、近くの大きめの本屋さんでも置いてなかった。今日、都内に出向く事があったので、その際に購入した。

ガイドブックを見てビックリしたのは、制作スタッフにNHKドラマ「ハゲタカ」のメンバーが多かった点。結構意外だった。逆に、面白いネタの間にちょっとピリッとした味付けがあるように感じるのは、そのせいかもしれない。(それにしてもTVでの制作も大変だ。全然番組のジャンルや雰囲気が違う番組を制作するんだから。)

ガイドブックであらすじなどをさらっと読んで(見て)、参考になることが多かった。「純と愛」は途中から見なくなったけど、今度の「あまちゃん」は当面見続けそう。

5月 15, 2013 日記・コラム・つぶやき, 映画・テレビ | | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月 5日 (火)

東京スカイツリー 70分待ちで展望台行きは断念

今日は用事のついでに、東京スカイツリーへ。工事の最中には数回行ったけど、完成してからは初。

P3052030少し離れた箇所からの写真。雲がほとんどなくて、内心ニンマリ。

P3052031押上駅から出たところからの撮影。屈み込んだりしたら、どうにか全容が撮影できた。

P3052035周りの川も整備されたんだ。

展望台に行こうかと思ったけど、70分待ちと聞いて断念。普段なら早朝(ソラマチの開く10時前)なら、まだ並びが少ないとのことだった。夕方や夜は、天気や日によるみたい。

P3052042P3052043ソラマチで購入して食べたり飲んだりしたもの。

(ちょっとピンぼけだけど)左は、サザエさんの波平のもんじゃ焼き風。「波平さん焼」と呼ぶみたい。右はフローズンビール。

波平さん焼は、なかなか美味しかった。フローズンビールは、最近プリン体絡みでビール控えようとしてることもあって余り美味しく感じなかった。

これらの前に、キャベツコロッケも食してみた。近くに食べるところがあるんだけど、ゴミ箱が?で聞いたら、お店で食べた後は引き取ってくれると。美味しかったんだけど、少し熱が足りなかったのが難点かな。ただし、コロッケ揚げたてくらいに温度が高いと食べにくいし、悩ましいところ。

また、更にその前は、絵柄クッキーのお店に行って興味持ったけど、写真撮影禁止。詰め合わせとか良く分からなかったが、お土産などに検討するつもり。(調べたら、東急ハンズでも販売してるようなので、そちらも含めて検討かな。)

P3052044P3052046東京スカイツリー駅の方からと、東京スカイツリー駅の様子。

P3052048東京スカイツリー駅の対岸からの写真。桜が咲いてて、良い風情。

P30520511川のテラスから。パノラマ写真で、普段より少し大きめ表示。

P3052057川の様子。工事中はゴタゴタしてたけど、すっきりしてる。

P3052061ソラマチの通路。夜桜を楽しもうとのポスター。3月16日(土)~ 4月10日(水)の期間は「桜特別ライティング」だそうだ。


結構面白かった。次回は、展望台に行けるように日時を調整して出向きたい。ただ出来れば良い天気の日にしたいから、うまく行くかが微妙ではある。

3月 5, 2013 日記・コラム・つぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月31日 (月)

2012年の総括

大晦日なので、今年2012年の自分のスポーツや健康関係を総括してみる。特にブログで書かなかったようなことを中心に。

・トレラン

ハセツネカップでの完走を含め、今年はトレランが多かった。良い景色に遭遇したり、関東近郊なのでそう高くはないけど雪山へもチャレンジして有意義だった。0泊富士登山も行った。登山というよりハイキングだけど、尾瀬まで行ったのも楽しかった。

逆に山で長く走って、アキレスの上あたりの痛みが引かないのに遭遇。2,3日後に起きるし長引くので、最初トレランのせいとは分からなかった。整体とかに行って、トレランのせいと確信したり、自宅での治療方法も教えてもらった。その整体には時々行っている。

なお、湘南国際マラソンに出場したけど、タイム的には散々だった。30キロ過ぎから膝を中心に激痛。トレラン等も、故障して歩けない状態の再来は嫌なので、今後はほどほどを心がけようと思う。

・口呼吸やら喉の痛み

以前歯医者さんで、歯石が多いのは口呼吸のせいかもと言われ少し気にしてた。寝る時にマスクをするようにした。”口呼吸は万病の元”という言葉もあるようで、これからも注意しておこうと思う。

ちなみに、喉の痛みも2,3年続いてる。喉スプレーを利用しても、寝る時のマスクでも余り変わらない。12月になって、武田薬品の”ストレージタイプH”というのが喉の違和感へのお薬みたいで試している。どっちかというと精神安定系のお薬みたいだけど、、、。

・血圧

そんなにひどく高い訳じゃないけど、お薬で治療中。劇的に下がらないと、お薬無しにはならないみたい。うーーーん。しかも冬に寒くなると、またちょっと上がってしまう。

塩分控えめは当然として、トマトジュース(食塩無添加タイプ)、椎茸、オリーブオイルなどを試してる。個人的にはそれらよりも、(一時的には)運動やお風呂、お酒などが血圧を下げる感じ。甘酒も血圧下げるとのことで、冬になって試しだした。甘酒は粉末タイプの商品もあって便利そうだったけど、舌触りなどで結局紙パックの商品を重宝している。

来年も、治療や食べ物などの対策は継続だろうな~。

・白髪対策

椿油を試したけど、効果は?? 今年後半は、馬油を使ってる。少ーし改善したような気がする。トレランの時も、ラン後のスーパー銭湯のことなどを考えて、小容器に入れて持参してる。(ちなみに、他にオロナイン軟膏とインドメタシン。)

・その他のお薬

塗る頭痛薬や、手先のかじかみで漢方を試してみた。

前者は、肩こりっぽいときに有効だったと思う。最近頭痛なり肩こりっぽい症状が無くて、使うことは皆無になったけど、、、、。

後者は漢方薬局に行って勧められたもの。1週間ほど続けたけど、効果は? 冷たいときにぽっぽっとする感じまでには行かなかった。 それなりの値段で、その後は集中して飲んでないこともあって、実際の効果は不明。本来1,2月続けるべきみたいだけど、、、。


来年は(も)程良い運動を心がけ、健康に暮らしたい。老眼も進まないようにしたいし、血圧などもお薬なしになれるように注意していきたいと思う。

良いお年を!

12月 31, 2012 日記・コラム・つぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月21日 (水)

アナグマ退治法

丹沢や奥多摩を走っていると、獣の跡で結構荒らされた山肌を見たりする。山肌というか登山道脇というか、、、。ただし、畑の類でも見かけることが少なくない。最初、イノシシだろうと思ってた。

ところが、鹿児島に帰省した際の”開聞岳”でも結構似たものを見かけた。当初盗掘かと思ったけど、上の方に登って段々数が多くなったりして動物のようだと考えた次第。しかも、実家近くの排水路に動物がいたようだとのことになって塞いだが、今回の帰省で自宅近くの畑に獣が掘った跡があった。

P5200037P8110195Pb151121写真は左から、奥多摩(2012/05/20)、開聞岳(2012/08/11)、実家脇(201211/15)。

開聞岳での写真はピンぼけも理由だけど、それぞれ掘られているが写真だと分かりにくいかも知れない。しかし、結構深い。

さすがに実家脇も被害にあったので調べてみると、どうも”アナグマ”のようだ。地方によっては”ムジナ”と呼ぶらしい。(「同じ穴のムジナ(狢)」でのムジナらしい。また”穴熊”で検索すると将棋用語が結構引っかかるので注意。)

退治方法とか天敵がいないか気になったけど、どうも決め手が書かれているのが少ない。また、熊のように人が死んだり怪我をしたりが無いから、問題としてマスコミなどでも取り上げられないのかも知れない。

調べた限りで、少しヒントになったのが以下。

「アナグマの撃退法を教えてください」
http://okwave.jp/qa/q7671211.html

ミント臭のスプレー。ただ、畑や山とかだと広さが半端じゃないので、畑などの場合には実際には工夫すべきなんだろうが、、、。 

今度帰省した時にも被害が収まってなかったら、実験してみようかと思う。

11月 21, 2012 日記・コラム・つぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月 9日 (火)

ハセツネ レース後の洗濯など

今日は、ハセツネでの荷物の整理や、使用したリュックや靴などの洗濯。

Pa120718まずこちらは、今年の完走Tシャツ。普段より大きめ表示。

P6080190P6080191P6080192これらの写真は、1995年の完走Tシャツ。比較というか参考で掲載。右の写真での下の方のは、大会プログラム。


洗濯しようと、靴下(X-socks)を見たらサロンパス(正確にはホームパスEという商品)がこびりついてた。左足の足底部分に疲れが溜まってると思って、7日のレース当日も足に貼ったままにしていた。レース中にめくれて、それなりの距離を走ったせいか、靴下の方に頑固にこびりついたようだ。そこそこの値段の靴下なので、無理に剥がして靴下を駄目にするわけにも行かない。(まだ3,4回しか履いてない、、、、。)

ネットで調べたら、お湯が良いとか、逆に氷が良いとか書いてあって決定打は無さそう。氷の方かなと思って30分ほど浸したが、変化なし。結局洗濯機で長時間洗濯という作戦へ。10分位を3回繰り返したか。結局、粘着部分は靴下に残ってしまったけど剥がれた。良かった~。(乾かした後も手で触るとねばねば感を感じたけど、履いてみるとほとんど感じない。実用的には問題いレベルと言えそう。)

今までもサロンパスの類を貼ったままレースで走ったことはあったけど、ここまで頑固にこびりついてたのは初めて。長時間の走りと、今回の靴下が少しごわごわしているせいかと思う。後者がトレランでは有効に働いてるようにも思い、微妙な織り方の違いなんだろうけどと、ちょっと不思議にも感じた。

靴下を洗濯しながら、シューズやリュック、防寒ウェアなども水洗いしたり石鹸を利用したりして洗った。ふとリュックの微かな汗の臭いも気になって、丁度良いやとネットに入れて靴下と一緒に洗濯機へ。ほんとは良くないんだろうけど、、、、。こんな時に容量の小さなトレラン向きリュックは好都合と、妙に納得。

シューズのサロモン(XA PRO 3D ULTRA 2 GTX)もゴシゴシ。ただ、この所何度もだけど、乾そうとして日光の元で見て泥が残っているのに気が付くことが少なくない。今回も靴先に少し。持ってるトレランシューズの靴先などは灰色で、泥の色に近いため。シューズの洗濯でも、メガネ(老眼鏡)が必要か、、、、。

行動食は結構余ってて、中には今回新しく試そうと思ってたものも。今月何かの折に使ってみるつもり。

洗濯や洗濯乾しでの移動で、体の節々は多少痛い。手摺りを利用すれば、階段の上り下りは1段ごとの普通。ひどい時には、1段ごとに左右の足を置いてじゃないと歩けないことがあるけど、そこまではなし。ただ、明日などを含めて痛くなったり、痛いのが長引くので低周波治療などでメンテナンスするつもり。今日はスーパー銭湯へも行って、奮発してマッサージ器も利用した。奮発と言っても、10分で200円ではある。

ただ足をよく見たら、左の中指が、薄く爪下出血。薄いので早く直るかも知れないけど、少し痛みを感じるので厄介。また、自分の場合の最近は、爪下出血が直るのに半年とかかかってしまうようになった。その意味では、少し嫌な感じ。(半年くらいかかるのは、結構濃い色の時ではあるけど。)


洗濯とかお風呂などで品物も体もリフレッシュして、次(特に来月の湘南国際マラソン)に備えようと思う。

10月 9, 2012 日記・コラム・つぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月30日 (日)

風呂場天井のカビ対策

ここ数年悩んでいたのが、風呂場天井のカビ。デコボコした天井で、スタッコ吹付とかリシン吹付とか呼ばれるタイプかと思う。

風呂場天井以外のガラス戸のパッキン部分とか風呂場のタイルの目尻に関しては、100%満足と言うほどでもないが、そこそこ綺麗になった。ちなみにパッキン部分で重宝しているのは、「カビキラー ゴムパッキン用」。タイルにも使用可能と書かれていたが、そちらではあまり効果無し。どうもカビの種類と商品での対応カビ種が異なると効果が少ない/効果がないようだ。

タイルにはカビキラーの類とか小型の温水ジェット噴射の機械や消しゴムタイプなども利用すれば、それなりに綺麗になるような感じになったが、天井が難問。届かないし、吹付のために塗布しにくい。より正確に言うと、カミさんが出来ないと言うしネットでも難しそうだったので、塗布しにくいと鵜呑みにしていた。

竹酢液などもカビには効果ありそうとのことで実験してみたけど、全然駄目。温水が良いと聞いてやっても、全然効果無し。しかも何のTV番組だったか、温水が効果ないとも言われて、無駄なことやったな~と思った。同時に、若干TV番組で言われることが、ちょっと信じられなくなった。

で一昨日、時間があったので、何気にカビキラーを天井にかけてみた。脚立を利用したけど、臭いが凄いし、気をつけないと液が垂れて自分にかかってしまう。しかし、数分して水洗いしてみてビックリ。結構カビが落ちてる。自宅の天井のカビが、カビキラー対応のカビとマッチングしたのかも知れない。

一昨日は1/10ぐらいを試験的にやった。昨日は用事で外出。昨日の帰り道で写真を撮った後に全面やろうかなと思ったら、カミさんが全部やってくれてた。ローラーを購入して行ったようだ。証拠が残らなくて一瞬残念だったけど、やってもらってラッキー。

実際やるには、一般的には、ローラーの利用が良さそうだ。ちなみに自分の作戦は、スプレーを直利用するにしてプール用の水中メガネを利用するつもりだった。ローラーを使うにしろ直にしろ、目や体の保護は必要。スキー用のゴーグルなども良いかもしれない。

今日は、カビ予防の方のスプレーを購入して、1/4ぐらいに塗布した。しばらく様子見するつもりだ。


なんかこの数年間悩んでいたのが、バカみたい。鵜呑みにせずに、早めに実験しておけば良かったと猛反省した。

9月 30, 2012 日記・コラム・つぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月 6日 (水)

スカイマークの「サービスコンセプト」

今朝のNHKのニュースで「東京都 スカイマークに抗議文」。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120605/k10015628361000.html

ここで書かれている”ポケットの文書”が、「サービスコンセプト」。TVの画面では、全体像と今回ネタになっている苦情処理部分が大きく映った。

実は、先月の鹿児島帰省の際に気になったもの。復路では見たものの、往路では見かけなかったような気がした。またスカイマークのページを含めて、「サービスコンセプト」などの検索で引っかかると思っていたが、なかなか見つからなかった。そのこともあって、気になっていたもの。ちなみに、ニュースのページに先月18日からとのことなので、自分の往路で見かけなかったのは勘違いではなかったようだ。

で、この「サービスコンセプト」。ニュースでの苦情部分もだけど、他も結構「えっ」と思う事項が少なくない。服装での規定はポロシャツ程度で他は自由にしているとか、丁寧な言葉遣いのみを期待しないで欲しいとか、、、。搭乗員が、立ち話をすることもありますなどの記載も。もちろん表現は結構違うけど。

「そんなことまで文句を言うお客がいるのかよ~」との印象だけど、新聞などの飛行機でのお客のトラブルなどを考えると頷けなくもない。また、今回復路では、止まってもいない飛行機の中で立ち上がるお客もいて、近くにいたらこちらも行動起こしそうに思える時もあった。タキシング中に、プレーヤーなどを含めて、なんか音を聞くこともあるし、、、。

個人的には今回の部分は、スカイマークに言ってもらちがあかないと考える人は、消費者センターとかにどうぞと言い切ったので分からなくもない。「あんたらに言っても、らちがあかないじゃないか」と言いそうなお客もいそうだからという意味で。中立性というのが、案外難しくなっている昨今だ。

ただしスカイマークに分が悪いのは、飛行経路の逸脱などの問題も発生していること。改善計画書を提出したようだけど、、、。


LCC(格安航空会社)の事がニュースになり、安さなどがTVで紹介されているけど、多分しばらくしたらお客の素行なども目立ってくる気がする。警察や裁判などの解決策はあるだろうが、各自にとっては目の前の危険への対応も絡むので難しい。アメリカでのパイロットへの拳銃携帯を認めた法案とは次元が違うが、乗客の安全確保のための中立的な施策が必要な気がしてならない。

6月 6, 2012 ニュース, 日記・コラム・つぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月 7日 (土)

デジカメ操作に詳しい女性

今日は、高校の同窓生らと花見→居酒屋宴会。花見の場所は、北の丸公園。靖国神社の境内の花見も予定してたけど、人が多すぎたし、その関係もあって宴会時間が迫ってきたので、北の丸公園だけに。花見の頃にずっと歩いたのは初めてかと思う。(人が多くて、九段下の2番出口は、上り禁止にしてた。)

P4072030距離も長いし、桜も見事。結構楽しめた。

人が多くて、立ち止まり禁止。そう係の人が飛んでくる訳でもなかったけど、入り口では呼びかけてたかな。もう少し暖かかったり、人が少なければ言うこと無いだろうけど、仕方ない。

公園内でミニ宴会。ビールや、持参した焼酎のボトルやお湯でお湯割り。

田安門のところで夕暮れ。18時を少し過ぎてた。記念撮影ということになり、メンバー内から撮影者出した後に、他の人にお願いしてみようということになった。

近くの女性が気安く応じてくれた。ラッキー。と思ったら、「もう1枚」とか「向こうの堀の桜をバックに」とか言ってくれた。言われるがままにお願いしたけど、多少恐縮。しかも、設定変更して写した方が良いとかで、カメラを操作してくれた。いつも使ってる小さなデジカメ。「良いカメラですよね」とか言われて、さらに恐縮というか気恥ずかしくなってきた。

さあ撮影となったら、電池切れ。ガーン、皆で爆笑。その女性にお礼言って分かれた。人が多くなかったり、後の宴会まで時間があったら、なんで詳しいか聞いても良かったくらい。もしかしたら、カメラメーカーの人とか量販店の人だったのかもしれない。

帰ってカメラを操作してみたら、どうもホワイトバランスで”曇り”に設定変更してくれたみたい。自分でも設定したことはない。フラッシュ併用も含めて、4,5枚撮影してもらい、良い記念。ここで、ありがとうございましたの旨を書いとく。

4月 7, 2012 携帯・デジカメ, 日記・コラム・つぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月23日 (金)

高尾山 シモバシラとダイヤモンド富士

”シモバシラ”って、植物で、冬の寒い時に茎の所から氷が霜柱のように出てくるというもの。色んな形のをネットでも見ることができる。高尾山へのトレランやグループ登山の下調べの際に、山行記を読んで興味がわいてた。また、冬至の頃には、高尾山でダイヤモンド富士を見ることができるとのページもあった。今回連休中にと考えて、いつにしようか悩んだけど、今日23日にしてみた。どうせ歩きになることが多いのと、朝シモバシラを見て夕方ダイヤモンド富士なら時間が余るため、色々散策してみる作戦にした。

4時くらいに起きたけど、さすがに寒くて、6時くらいに自宅を出た。片倉の駅だったか、ちらっと富士山が見えて、「ラッキー」と思った。ただし経路検索では、高尾での到着と小仏行きのバスが1分違い。でも、八王子で1本前なのか電車に乗れて、バスに少し余裕で並ぶことができた。さらにでも、バスの行き先が別のとこだった(だったはず)ので、小仏行きを待ってる間に携帯操作してたら、本来の小仏行きのバス出発時刻を過ぎてた。ついさっきのバスが小仏行きだったみたい。

なんで小仏行きにしたかというと、蛇滝経由で登ってみたかったのと、蛇滝口バス停近くの水飲み場があったはずで、そこにもう一回行ってみたかったため。予定を考えた時点でも、(水飲み場の確認もあるので)走ってバス停まで行こうかなと思っていたので、あっさり高尾駅前からラン。なんか今日1日を暗示するようなスタート。良くもなく悪くもない感じ。まっ、グループでの登山でもないし、昼に余る時間もあることから割り切ってた。

格好は、下は昨日買ったCW-Xと冬用のズボン、上はTシャッツ+長袖シャツとちょっと防水の登山用上着。軽量ダウンをバッグ内。他は耳当てを大抵つけてた。靴はトレラン用。リュック内には、テルモス、スキットル(中身は焼酎)。他はコップとか固形食とか地図、、、。(ガーミンGPSは持参せず。)

Pc231540Pc231541Pc231542途中での「イノシシ出たぞ~」の掲示と、蛇滝口バス停や登山道入り口の様子。

イノシシの掲示は、夏場も見た気がするけど、勘違いならごめんなさい。また、水飲み場は、見落とした? もしかしたら、夜間はシャッターなり戸を閉めてるところなのかも。

Pc231545Pc231546Pc231549Pc231551Pc231552Pc231556

蛇滝のコースは高尾山の他のコースとの比較では全体的には短くて、断片的には面白いものの大勢で長く楽しみながらという選択肢にはノミネートしにくいかな。

修行場まではアスファルト。脇に水路や水場もあるけど、そう長くはない。修行場は門が閉まってて、登山自体も断念と思っていたら、お坊さんのような人が顔を出していたので訊いた。門の手前の上り階段の方を進むとのこと。どっかに書いてあったかもしれないけど、少し分かりにくかった。ある意味、登山ルートはサブというか便乗なんだろう。

9折りの掲示がちょっと面白かった。写真では分かりにくいけど、石に手書きで9つのうちのどれかを書いてる場所もあった。

Pc231557Pc231558蛇滝コースは、霞台(かすみだい)に通じる。8時半くらいで、お店が少し準備しかけてる程度。ケーブルカーも動いてたけど、人は少ない。いないのを見計らっての撮影。

Pc231559Pc231560一度蛇滝コースを下って、分岐点から2号路の方へ。ここも距離は短い。道狭いし、階段急。ケーブルカーを降りて、早めに登山気分になりたかったら悪くないコース。

少しジョグっぽく走ろうとしたら、道の真ん中にものの影。生き物かとか思ったら、リュック。「えっ~」と思っておそるおそる近づくと、リュックの脇に剪定用の中くらいの棒。目をこらすと、10メートルくらい下の方に人がいて、剪定のような作業をしてた。そのまま過ぎたけど、この類の作業では掲示とか複数人でやって欲しい。(これに関しては、また別件も発生。)

Pc231561Pc231562薬王院も、まだ人はほとんどいず。また、もう正月の準備がチラホラ。

9時にはビジターセンターが開き、そこでシモバシラとダイヤモンド富士の最新情報を聞こうかと思ったら、10時からだった。ということで、事前にシモバシラポイントで調べてた、もみじ台の北側まき道に行くことにした。そのネットでの書き込みでは、他に”5号路の南側や北側の江川杉”と書かれてたので、その後5号路(南側)に回る作戦。

Pc231564Pc231565Pc231567もみじ台の北側まき道を早歩き。探しても見つからず。

そんなに急いでもいなかったけど、グループの後に付いたら、「特急通過」って言われちゃった。(もしかして御岳山での遭遇グループと同じかなと思ったけど、気分的に訊く余裕無し。)

まき道合流まで行って見つからなかったので、折り返し。見つからなかった記念に、掲示だけでも撮影しとこうとパシャリ。

その後5号路の南側を早歩きしたけど、日は差してるし少し暖かいようにも思えてほぼ諦め。(ふと思うに、水場みたいな所があったけど、位置的にどう考えても飲むべきじゃないかな。)

帰ってから思うに、シモバシラのためには、(北側の)山頂直前から、とにかく北側のまき道を小仏城山まで進むとの考えが良さそうに思う。朝早くに狙うのなら、その方が作戦としてもシンプル。念のためだけど、その分霜柱などもあるので靴などには注意。ただし、奥高尾はメインのルートも結構ぬかるんでるから、シモバシラ見物のため以外でも注意は必要。

”5号路の南側や北側の江川杉”と書かれていたのを”5号路の南側の江川杉”と記憶していたせいか、江川杉も見つからず。時間的にも10時前だったので、多少諦めて6号路に向かった。6号路って下ったことがなかったため。(よくよく考えたら、以前6号路を上る際に大川橋で折れてしまい、本来の6号路の沢の方を登っていなかったようだ。つまり、以前は6号路全部は登ってなかった。)

Pc231571Pc231572Pc231573Pc231575(今回は大川橋までにしたけど)落ち葉あり、ミニ沢ありで面白いコース。

左から2番目の写真は、根っこの途中が切られているので撮影。分からなくもないけど、そこだけ階段にするとか工夫できるように思うんだけど。

なお、結構人がいて、こちらも驚いた。そう言えば、6号路って下り禁止だったのは、もう解除だよなと気になったけど、掲示もないし登る人達も言わなかったので、今は問題なしだろう。

Pc231577「ごまだんご」。

Pc231579今まで行った記憶が定かじゃない仏舎利塔で、小泉元総理(厚生大臣当時)の筆を見つけたのでパシャリ。

Pc2315806号路を登った時に消防の人や車両を見かけ、もしかしたら朝の伐採の人というのが頭をよぎった。タコ杉辺りを歩いてたら、結構な数のレスキュー隊員。さすがに驚いた。ちょっとした高山での活動に近い。霞台ではレスキューのバイク(クイックアタッカー)が2台とか車も。

Pc231581「三幅だんご」。「ごまだんご」と合わせて、朝昼兼用の食事。今日の登山のテーマの、脈絡の無さ^.^;が露呈。多少ツアーガイドの下見みたいとも言えなくはないか。

ちなみに団子は、個人的には甘い方が好きなせいか、三幅だんごかな。2つの対比では、少し柔らかいのも好み。(多少の疲れや冷えも影響してそう。)

Pc231582Pc231583左は、夏場だとビアマウントになる建物の上の階からの撮影。展望自体は悪くなくて、筑波山なども見えた。

右は、薬王院の石車。撮影してたようなしてないような気もして撮影。

ビアマウントを降りたら、ガイドサービスのコーナーがあった。臨時的なテントの設営。時間によってはガイドをしてくれるみたい。ちょっと寄って立ち聞きしたら「シモバシラ」のことを話している雰囲気。直後に確認したら、一丁平で見かけたみたい。(実は、ずっと”いっぺいだいら”と覚えてしまってて、上手く会話にならず。ちょっと失態。)

また山頂目指そうとしたら、レスキューの人が蛇滝コースのすぐ近くにいたので、朝の伐採の人のことを話した。どうやらその人ではなくて、一般の登山の人みたい。

山頂へ12時ちょっと前。ビジターセンターが開いていたので、シモバシラやダイヤモンド富士、江川杉の事を聞いた。丁寧に教えてくれた。シモバシラは5号路でちらっと見たように言ってたけど、、、。ちょっと勘違いかな。江川杉もすぐに教えてくれたけど、自分の慣れた地図の方が良かった。江川杉は後で見つかったけど、北と南を逆に思ってた。ちなみに江川杉は、山頂の手前で5号路に入るとすぐ。それなりの大きさの掲示がある。杉そのものというよりも植林地のことを言う感じ。

少し前のガイドコーナーもそうだけど、この類は聞いた方が早いし、理解するには慣れた地図などで的確に覚えるような方法が良い。何度か失敗してるんだけど、今日さらに感じた。

5号路北側、もみじ台、一丁平の北側まき道を歩くけど、シモバシラは見つからない。12時を過ぎてるしほとんど諦めてて、一丁平の終わりの方へ。カメラをぶら下げてゆっくり歩く人がいて、少し親近感を覚えた。そしたら、なんか登山道の少し先に白いものが、、、、。

Pc231587Pc231588取りあえず急いで写真に撮った。しばらくしたら、カメラの人が近くまで来たので、「あれそうですよね」と言ったら、そうだとの旨。

いや~ラッキー。少し溶けてるかなと思いながらも見ることができて良かった。

多少興奮が収まって、ダイヤモンド富士を見ることができる夕方まではまだ時間があるので、小仏城山へ。ほんの少しシモバシラを期待しつつ、北側のまき道というかルートを選択。ここ1年とか2年近く、伐採の跡があるエリアがあるけど、そこに目をやると、、、、。

Pc231591Pc231592Pc231593Pc231594Pc231597急いで駆け下りて撮影。いくつかあった。

撮影し終わる頃にさっきのカメラの人が通ったので、こちらから声をかけた。また、別の人がこちらに声をかけてきて「結構あるでしょう」と。まっ、来年とかは植林されて立ち入り不可になりそうなので、ちょっと貴重な場所かな。

Pc231598小仏城山では、なめこ汁にした。ついでに焼酎のお湯割りも。

ほんとは、陣馬山の清水茶屋のけんちん汁が煮干しだったので、煮干し以外のけんちん汁があればと思ってたんだけど。(個人的に、煮干しが苦手、、、。) 小仏城山にはけんちん汁は無いみたい。あと、以前よりもキノコが小さくなったような、、、。 美味しいことには違いないんだけど。

バーナー使ってる人達もチラホラ。どうやら南側(神奈川)のお店は、買い物したらバーナー使用の許可証(段ボール紙での手作り)を渡してくれる仕組みみたい。北側では、10人くらいの女性+1名男性みたいなグループがバーナー使いながら宴会みたいに楽しんでた。ちょっと羨ましい気も。

Pc231599小仏城山のモニュメント。ここ1年くらいでできた? ちょっと寒さと撮影を待ってる人の関係で急いだら、アングル良くない。

まだまだ夕方まで時間があると、ゆっくり高尾山の方へ。再度一丁平では、少し遠くの方も注意したら、シモバシラみたいなものが。多少人が踏み込んだ跡も。カメラ好きにも悪人がいるんだなーとか、コンテストなどで入賞しても度を超した撮影なら入賞取りやめなどもやるべきかな~とふと。逆に、小仏城山での自分の撮影は、なんか言われるかなとも。(念のため。小仏城山のあそこは厳密には登山道じゃないけど、伐採後整理中で人が撮影で歩くのはまだ構わないと考える。)

もみじ台の直前というかもみじ台の西側で一休み。つい、朝は良かったのにとか今日は駄目そうかなとか話す。もみじ台は、少し人もいて、南のまき道にポイント無いか歩いたけど、やはり木が遮ってる。高尾山の山頂の方は少し人が混んできてた。

戻って、しばらく、もみじ台で待機した。10分ほど待ってたら、ぽつりぽつりと人が増えてく。そのうち、幼稚園か小学校の一団が来た。数十人いたかな。最初絶景ポイントの端に小さく固まってたけど、段々広がってくる。まっカメラの砲列のすぐ後ではあったけど。寒い中で、なぜ大勢連れてくるのか?? 科学クラブみたいなグループには思えなかったし。 時々東京のメジャーな山では、子供関連で理解に苦しむことがある。

上空の雲は多少流れてるんだけど、丹沢とか方向的に富士山の回りの雲がなかなか取れない。多少諦めたり、立ちっぱなしじゃ焼酎飲めないしと、高尾山山頂に向かった。早く下山できるようにも考えてのこと。

Pc2316032Pc231605山頂の手前というか富士山から離れたコンクリの縁で、焼酎をちびちび。つまみを持ってきてないのを後悔。固形食食べて、飲んだ。

16時少し前。パトカー?が来た。なお、しばらくしたら、パトカーは少し後方へ。人が増えて前すぎると判断したようだ。

ちなみに山頂掲示の所にサンタの格好した山ガール。格好はおちゃらけてるけど、山経験はそこそこみたい。コンクリの縁の所で、バーナー使った料理を準備しようとしてた。機材も何種類か。なんかこのメンバーもどっかで遭遇したような気がしたけど、さすがに勘違いか。

右は16時過ぎ(6分くらい)。結構人が増えた。帰りのこともあったので、じわりじわりと稲荷山のコースの方へ。皆さん多少諦めもあったせいか、移動が難しいということはなかった。

Pc231606Pc231608ダイヤモンド富士? 雲が多くて、シルエットで富士山だろうな~程度。全く見えなかったわけでもなく、60点くらいか。

終わったのかそうでもないのかはっきりしないような状況だったけど、こちらは早々帰路へ。

Pc231610Pc231611Pc231614稲荷山コースの様子。17時くらいにケーブルカー駅に着いたけど、ランプは使用せず。早々ランプ使う人達もいたけど、そんなに暗いとは思わなかった。右の写真は、カメラのフラッシュを使ったので真っ暗に思えそうだけど、、、。

少し酔ってるというかアルコールを飲んだので、走らず。木の根や多少の岩への注意は必要だけど、楽なコースかな。以前登った時はきついところがあるように感じたが、今回の下りではそうでもなかった。程よい下り勾配だったと考えればいいのかも。


で、高尾山口駅に到着したら、スーパー銭湯”ふろッぴィ”のバスがいた。急いで駆け寄って、「ふろッぴィに行きますか?」と訊いたら、ちょっと無愛想に「見れば分かるだろうに」といった感じ。でも、まっ行ければと乗り込んだ。(高尾じゃない方向に進むので、あれって思ったけど、新しい道路というかトンネルを使って八王子方向へ。ちなみにこのトンネルは、照明が緑っぽくて少し新鮮。)

そもそもホームページでは、高尾山口駅からの送迎バスは16時10分まで。夏の高尾山の時に17時頃にバスを見かけて、”ふろッぴィ”で店員さんに訊いたら宴会送迎バスだろうと言われた。さすがに今回は確認必要と、店員さんに訊いたら、小さな紙の時刻表をくれた。いくつかフロントに置いてある。そちらでも確認したら、土日祝は17時40分のがある。

ということで、スキャンして掲示。(ダイヤ改正とかがある可能性があるので、注意ね。)

___1___2

お風呂の後は、ビール。前回1階のお店にしてちょっと失敗と感じたので、今日は2階の宴会場へ。今回は少しラッキーなことに、照明が明るかった。でも演芸してる人が、女装男性のようで、躊躇。^.^;

隅っこの席にして、ビールと生姜焼き定食にした。何度もお酒のつまみを頼んだり長居する気がなかったため。お客さんとのデュエットがあって割り箸に挟んだお金で“花”を出したりと、ふるさと会の演芸にも似てるか~なんて思って楽しめば違和感も少ない。なお、皆さんのテーブルの周りで歌うこともやってって、さすがにこちらまで来たらどうしようなんて思ってたけど、その前に食事終了。(個人的には、1階よりちょっとドキドキだけど、2階での食事が良いかな。)

ほろ酔いになって、八王子までの送迎バスを利用して八王子駅へ。JRやバスなどを利用して自宅へ。”ふろッぴィ”を出る時に、軽量ダウンも着たけど、バス待ちの時は寒かった~。タイツ(CW-X)脱いだり薄めのソックスにしたりしたことやズボンを絞らなかったのが理由だけど、先々は山を下りてからの寒さ対策を考えないと行けないと痛感。

今日は脈絡のない山行になったけど、こんなのを年に1,2回やるのも面白いし、次の時の参考になる。その意味では貴重な一日だった。

12月 23, 2011 旅行・地域, 日記・コラム・つぶやき, 植物 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月17日 (木)

鹿児島へ 11/13~17

13日~17日に、実家の鹿児島に帰省。

当初予定してた飛行機よりも、1つ早い飛行機に予定変更。前日に変更しても良かったけど、あまりに早朝の便で、飛行場で空席があれば手続きすることにした。ソラシドエアー(旧 スカイネットアジア航空)。

便の変更もあって急いでて、空港ターミナルで警備員らしき人にソラシドエアーの窓口がどこか聞いたら「知らない」と。搭乗口のことだけ聞く始末。ちょっと呆れた。ANAの人は系列とのことで親切に変更手続きしてくれようとしたけど、割引とかいろいろな関係で搭乗向け端末では変更出来ず。(一応割引とか特殊とは言ったんだけど。) 結局、ほぼターミナルビルの端から端へ小走りしてしまった。

で、飛行機までのバスを降りると、なんかオシャレというか、少し変わった格好の人が。作務衣をちょっと厚めにして、色柄が紺と白いのと混ぜたような、、、。へーと思ってよく見たら、「三遊亭歌之介」さん。割安航空便のつもりだったので意外で、とっさに名前が出てこない。しかも、席に着いたら、一つ空席を置いて、隣だった。「漫才の~」と言って、簡単に挨拶。どちらの出身ですかと聞かれて、鹿児島と。(よく考えたら、鹿児島のどこって言わないと話が通じない状況だよな~。後で、気がついた。)

Pb130952Pb130959富士山が、それなりに綺麗だった。

実は天気良さそうだったので、搭乗手続き時に窓際にしてもらった。あと、デジカメっていつ使えるか、念のためにCAさんに確認。羽田からの飛行コースによるけど、富士山撮影にはデジカメ使える頃から外の景色は注意してた方が良いかな。到着だと、デジカメなどが使用禁止になるちょっと前も、良いアングルのような気がする。

Pb130960Pb130962なかなか雲の様子も面白かった。左は前線の雲? 右は雲が行列を作っているような気もして、思わずパシャ。

飛行機から降りるときに、また歌之介さんと少しお話。川辺の事を2,3。

Pb161003Pb161004Pb161008指宿に行こうとなって、以前から念願だった”釜蓋(かまふた)神社”へ。1年ほど前だったか、役場に勤めている親戚が話題にして気になっていたもの。

南九州でのパワースポットとして、ネットなどでは有名になったみたい。後で調べたら、テレビ朝日の「ナニコレ珍百景」に登場したようだ。

枕崎方向から向かったが、この辺りと思っても案内などを見かけなかった。逆に、指宿からの帰りでは、多くの掲示。枕崎からだと、ナビ担当の人はこの辺かなと近づいたら、ちょっと振り返りながら探すと良いかも。

鳥居から蓋をアタマに被って、、、、と聞いていたので、自宅から鍋の蓋を持参して、駐車場から片手に持って神社へ。本殿までに数人会ったけど、変な顔してた。

本殿に着いてお参りしようとしたら、既にお参りした人が教えてくれた。備え付けの蓋をあなたに乗せて、神殿直前の鳥居から階段も含めて登って、お参りするのだと。皆で苦笑い。その際に手は使っては駄目だそうだ。鳥居が少し低くて、屈む格好になる。どうにか1回で成功したけど、お賽銭のための小銭を取り出すとこで、駄目だった。まっ、御利益はあるだろう。

他に、岩の方に小石のようなものを投げ込んで、運を見るものあった。そちらは2回やって、2回とも失敗。難しかった。

少し奥の海岸の風景も、開聞岳が良い形で素晴らしかった。

指宿は前日予約してなくて、飛び込みで空室あるかと聞いたら一杯と。少し焦って、別の所2,3カ所に電話したけど駄目だった。で、(そちらも以前から気にしてた)鰻池の民宿に電話したら、夕食は無しだけど泊まれると。そちらにした。


Pb161011Pb171012Pb171013Pb171015落ち着いた雰囲気の温泉(街)。西郷さんも湯治したことがあるとのことで、像も。また、温泉の蒸気で料理するのも有名。

右は区営の温泉。200円だったような。また、入り口に西郷さんの絵が飾ってあって、一瞬ぎくり。

民宿のお風呂は、風呂場自体は綺麗とは言い難かったけど、浴槽と別の建て屋に露天風呂。露天風呂にゆっくり星を見ながら浸かった。(ただし露天風呂の方は、ちょっとしたカーテンで仕切った混浴。)

Pb171017Pb171018Pb171020Pb171024朝の池の様子など。水蒸気での料理の施設は”スメ”と呼ぶらしい。なお、地熱発電を行う計画があるのか、反対でスメを守るとのノボリなどもあった。

右から2つめの建物は、映画「寅さん」の第34作「寅次郎真実一路」で登場した宿。映画のヒロインは大原麗子さん。映画のシーンなどは覚えていたけど、実際の宿がどこか分からず、携帯で調べて早朝寄ってみたもの。映画の頃から少し寂れてる?

右は、宿の近くの温泉源。熱湯が時々吹き出してた。また、近くには泥の場所も。なんか触ったりしてるので、どうしたのかと聞いたら、温泉研究をしてると。男女の3人組で、宿の朝食で近くにいた人達だった。

Pb171025Pb171029JRの最南端の「西大山駅」。丁度電車が止まってて、急いで撮影。

我々がいる間にも、マイクロバスやタクシーで来る人達がいた。バイクでのツーリングの人もいて、本州(山口とか大阪)のナンバーだった。

Pb171032ちょっとおまけみたいな写真。帰る時の鹿児島空港の様子。地震対策の工事中のようだ。クランプとかがむき出しで、ちょっとビックリ。


釜蓋(かまふた)神社のお参りのせいか、ラッキーなことが少なくなかった。出来ればどでかい幸運も来てくれると良いんだけど。

11月 17, 2011 日記・コラム・つぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月 3日 (木)

湘南国際マラソン

今日は超久しぶりのマラソンレース。第6回湘南国際マラソン大会、フルマラソンに出場。10数年ぶりくらいのレースで、膝の故障の後に少し走れるようになって、やっとレースに出ることが出来るようになったことに感謝。

記録はベストの頃からすると1時間くらい遅くなってる。頑張ればこれからタイムを短くできるかもと思いつつ、故障再発が怖いのであまり無理することなく記録向上を意識するつもり。

ちなみにラップは以下。折り返しからは失速。
10Km 0:54:52
20Km 1:49:35
30Km 2:55:21
40Km 4:11:36
ゴール 4:26:45

前日から、あまり寝付けず。結局4時くらいには起きて準備することにした。ただし、7時くらいには二宮駅とか大磯駅に着いておくべきとの案内だったので、体を慣らしたり混雑避けるためには、悪くない起床時間。

小田急の大和から藤沢に向かったけど、結構ランナーが多かった。でも、あまり会話する人もおらず、目をつむると普段の早朝電車と変わらず。ちなみに藤沢では、ランナー姿の人達でJRの乗り換え口ではない方向に向かう人達もいて、最初その人達の後を追いそうになった。別の大会でもあったんだろうか。

大磯駅から歩き。ウィンドブレーカー着用だったので、歩くと少し暑いくらい。1,2週間くらい前から防寒をどうしようかと天気予報が気になったけど、少し暑さ対策を気にしておく位の暑さになったようだ。また、会場到着前に、ちょっと公園のトイレ利用。

前日にゼッケンを装着してバッグに。会場でスパッツとゼッケンつけたタンクトップを着てレースへ備えた。ちなみにICチップも前日に靴に装着。駅までとか駅からも、ICチップ付きのレースの靴で歩いた。会場で履き替えたりICチップつけても良かったんだけど、針金で止めるタイプだったこともあって、事前に実施してた方が良さそうと思ったため。(でも結構頑丈だし歩いたり走っても違和感少なかったので、次回は会場での装着でも慌てたりすることは無さそうだ。不測に備えてなら、自分ちの針金持参で大丈夫そうだし会場にも用意されているかも。)

ポシェット持参でのレースで、中身は大ジェル1つと、小ジェル2つ。飴やキャラメルが数個。インドメタシンとオロナイン軟膏、バンドエイド、下痢止め。ただし、ジェルは少量しか口にしなかったし、飴も3粒ほど使っただけ。インドメタシンは数回利用した。

自宅で既に踵と乳頭にバンドエイド、足の指にテーピングを施した。レース中に少し気がついたけど、足の左の人差し指に”豆”が出来てた。レース中に治療するほどでもなかったけど、次のレースではもう少し念入りにしてた方が良さそうと反省。

440076764会場は大磯ロングビーチ。今まで2回くらい行ったことがあるかな。ただし、その近くの国道1号線はサイクリングやジョギングで何度も通っているので、気分的には楽。ちなみに写真は、次のも含めて携帯電話での撮影。

最初受付はどこかなと探したけど、受付は無し。案内のどっかで読んだ気もするけど、ゼッケンやICチップも送られており多分無いのだろうと考えた。(多少時間の余裕はあったので、人の流れで受付を知っても大丈夫と。天気も良かったので気分的には楽。)

写真では人が混雑しているようには思えないけど、更衣室(テント)は既に人で一杯。待ったり奥まで行くのも面倒で、外で着替えた。インドメタシンを塗ったり、少しジェルを飲んだり。後はトイレ。ちなみにトイレにはカーテンタイプもあり、そっちが効率良いと少し感心した。久々のレースなので、自分が知らないだけかもしれないが。

開会式を少し聞いて、その後の人の流れに合わせて待機場へ。最初DEFの人達の隣がCのグループと思ったら、A~Cは、スロープを越えた別の広場とかスロープ上だった。グループの表示とA~Cの場所を示す矢印掲示が近かったのと矢印が見えにくかったため。案内をよく読めば分かっただろうけど、最初少し混乱。

20分以上、スロープ上で待機。脇にガードレールがあったので、それを利用してストレッチしてたら、見知らぬ人が真似ようとして「やっぱ固いな~」と。その人は上手く足が上がってなかった。

多少トイレが気になって、スタート直前の移動の際に駆け込んだ。(なお、結果的には、コース上のトイレにはそう多くの人が並んでいることもなく、スタート直前でトイレに焦る必要もなかった。)

スタート地点まで少し距離があったしスタートまで少し待機してたけど、(寒くなかった事もあって)丁度良いウォームアップになった。ゲストとかがいたけど、あまりはっきり見えず。前の方を気にしながらのスタート位置通過だったこともあり、そこでもあまり見えず。

なお、スタート待機の時に回りを見たら、ペースメーカーのランナー。風船つけた二人組で、3時間半の掲示。その時とか数キロくらいまでは、(復帰後初レースなので)あまり引っ張られないようにと思ってたけど、段々離されていった。

そこそこ暖かかったこともあり、自分も周りの人達の格好はそれなりのランナー姿。走りも皆さんサマになってた。その意味でも、前半は気分よく走れた。(って、人の走りのフォームを云々出来る立場じゃないんだけど。また、ゴール後に思うに、ベストの頃から1時間も遅くなってて回りの人のフォームがサマになってると思ったので、自分はスピードを全く意識しない走りになっているのかもしれない。) 

コースは、サイクリングなどで何度も通っているので、そちらも気分的に楽。直線に近いし、高低差も緩やか。ただし、レースになり疲れてくると湘南大橋程度の勾配でも上りはきつかった。

給水所での水とかバナナなどは重宝した。レーズンとか塩とか飴は、各々1回づつの利用だったけど、気分/味転換になって良かったと思う。また、1回だけ沿道の私設エイドステーションで、”オレンジ”をご馳走になった。いや~、美味しかった。ありがとうございました。

25キロ過ぎくらいから、少し歩きが入るようになった。「やっぱ駄目か~」と内心で。そんなに練習してないし、寄る年波というのもあるだろうと思うようにした。当初4時間切れればいいな~と思ってたけど、30キロくらいからは、4時間15分も無理そうで、30分は切りたいな~へ。

ちなみに、25キロ過ぎくらいでトイレへ行ってコースに戻ろうとしたら、TVクルーの係の人が「インタビュー良いですか?」と。どうやら地元CATVの人達だったみたいだ。良いですよと返事して、女性アナウンサーとやり取り。10年ぶりくらいのレースだとか、湘南国際は最初だけどエイドステーションもしっかりしてて走りやすいとか答えた。その後、レースに復帰して走りながら、レースに出られるようになって嬉しいとかを涙声で言えば良かったかなとか、湘南国際は富士山に向かって走るので最高とか言えば良かったとも思ったけど後の祭り。というか、やはりレース中だと頭の切替が難しい。

また、その少し先に、沿道で自宅の近所の人を発見。走友会のノボリを立ててたので応援だったのかもしれない。それにしても、普段は走友会のメンバーなり関係してそうには思えない人。走りながら声をかけようかと思ったが、最初ノボリもはっきり見えなかったり勘違いかもしれないと思って過ぎてしまった。まっ、次回会ったときにでも聞いてみるつもり。

前半もそうだけど、カメラ撮影ポイントでは、ついついピースなどでポーズ。30キロ過ぎくらいからは、カメラ撮影ポイントのちょっと前やポイント過ぎてから休憩して、撮影ポイントの辺りは走りというケースが増えてしまった。ある意味では絶妙なエネルギー注入。ほんとに元気そうに走ってたか、撮影結果がちょっと楽しみ。

係の人や沿線の応援も励みになったけど、後半はやはり疲れが。係の人は「お帰りなさい」と言う人が少なくなくて、ある意味気分的には楽。最近は「お帰りなさい」は多いのか??

終盤になると、道路脇にうずくまってる人とかその介抱をしてる係の人もチラホラ。救急車や消防車も2,3回見かけた。多少暑かった範疇に属するかもしれないけど、平均的な気温の寒さだったり、あるいはさらに高温になったりしたときのことを思うと大会運営も大変だな~とつくづく思ってしまった。AEDを背負った自転車の人も多かった。ちなみに、AEDのケースって結構スマートになったような気がする。ウェアなどとマッチしてるように感じたからだろうか。

後半では所々で、消炎剤(サロメチールなど)の臭いのきついところがあり、ちょっと面白かった。風が弱かったのか、臭いがこもったような感じ。また、臭いをかげば少し足の痛みが治るような気もするけど、さすがにそれは錯覚。(私設エイドのようにして、知人外の人にサービスしてるように思えたところもいくつかあったように思う。)

それにしても、大磯プリンス→折り返し→大磯プリンス(ゴール)のきついこと。6キロくらいなのに、10キロ以上に感じた。沿道の声援もあるのに元気になれず、走力の衰えを感じた次第。

さすがに残り1キロくらいはノンストップで走ることができて、ゴール直前の上り坂やフィニッシュも気分よく走ることができた。久しぶりのレースで達成感あったけど、行動なり外見では淡々としたもの。ベルトを受け取って、ICチップを外してもらって、、、。ベルトやチップ外しの人って、ゴールに近い人は超忙しいのに後の方の人はさほどでもなくて、仕事などでも似たようなもんかとか均一化する方法はあるのかな~とか、しょうもないことを考えてしまった。そのせいか、チップつけてる左足を出すべきなのに、右足出して「あっ、ゴメン」。

それなりに汗をかいたり給水ポイントで水を浴びたこともあって、更衣室で着替えた。更衣後に10数年くらい前でのパソコン通信Niftyのマラソン知り合いの人にばったり。数回程度レースや練習で一緒になったことがあった人。Niftyでのメンバーでユニフォームを作り、それを着用してたので判明。実は、レース直前に目に止まり、スタート後3,4キロでレース中に声をかけた。着替えの直後でも再会したので、「またどっかのレースで逢うかもしれませんね」と言って別れた。懐かしかった。

440336453その後会場をブラブラしたり、フードコーナーで、一人で生ビールで祝杯。Twitterで祝杯の旨を述べたらTwitter知り合いから反応あったけど、タイムラグで会場を後にしてから気がついた。別の機会に祝杯することになるのだろう。

フードコーナーから1号線へ向かったけど、結構バスがいた。ところがバスの発着場へは大回りする必要がありそうで、バスは諦めた。あるいは、1号線のところから川沿いに進んでも行けたもしれないが。帰りも大磯駅まで歩きにした。さすがに疲れてて、歩きながらバスを利用した方が良かったかなと考えた。バスの便が良くないと思っていたためだけど、次回はもう少し案内の冊子を読んだり掲示に注意しておこうと思う。

ほんと冒頭に書いたように走れたことに感謝だし、係や沿道の人にも感謝。


なお、大会運営の人が目にするかもしれないと思って、ちょっとした提案なり意見をいくつか。

・RSS配信など情報共有への工夫が見られるので、どうせならTwitterのハッシュタグを設定(公式タグの明示)すると面白いと思った。

・公衆トイレの利用がOKなのかが分かりにくい。”公共での排泄”禁止って、道路とか更地へのことのようだ。公衆トイレの利用はOK。(店の人がOKならコンビニなどもOKと思える)

ホームページや大会要項小冊子には「用を足す際は必ず仮設トイレ、公衆トイレ等の施設を使用してください」と黒字で書かれていて、「公共の場所で排泄行為」が赤字なので少し分かりにくい。”必ず仮設トイレ、公衆トイレ等の施設を使用”の部分を太字にしたり赤字にしたら分かりやすいかと思う。(って、何度か参加してる人達にはわかりきってることかな。)

・A~Gのコース別整列って、少し徹底した方が良さそうに思った。スタートして数キロの間でも大きなスピードの差で接触しそうな人達がチラホラ。

・こちらの勘違いかもしれないけど、給水所で水とゲータレードの区別がしにくかった。水を浴びようとしたらゲータレードだったことがあった気がする。コップで区別できない時があったように思う。

・会場メインとフードコーナーなど2階というか上の方の位置関係が会場図で少し分かりにくい。大磯ロングビーチを含めた会場の様子の写真が、大会要項の中にあるとありがたいと感じた。

・帰りに気がついたけど、上の方のトイレ(あるいは出店エリア)のちょっと先に、洗面所(鏡とちょっとした水蛇口)があった。案内図などに掲載されておらず、図にあった方が良かったと思う。やはり、少しでも水で汗を流せるのはありがたい。

・荷物袋のことがホームページでは会場で渡すとなっている部分(多分NEWSで)もあり、少し混乱。

・フーズコーナー近くで座る場所が少ないし、結構混雑。出店側の反対側にいくつか席を用意して出店側の席は少なくても良さそう。

・フーズコーナーでの分別回収所が分かりにくかった。大会本部近くの階段からフーズコーナーに寄ったせいもあるけど。ミニバルーンをつけるとかテントの色を奇抜にするとかしてもらえるとありがたい。


補足:結果が公表され、正式タイムは以下。自分の計測では、ゴールは44秒だったけど、正式記録の45秒に修正。

順位 ナンバー  記録(グロス)    ネットタイム
4633 3137   4:26:45  4:24:15

11月 3, 2011 ジョギング, スポーツ, 日記・コラム・つぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月25日 (火)

カビキラー ゴムパッキン用

今日はふと、お掃除。以前から気になっていた、サッシのゴムパッキン部分のカビ取り。温水のジェットなどでも、なかなか取れなかった。

ネットで調べて、引っかかったのがカビキラーのゴムパッキン用。ジェルタイプ。左が商品の様子。

近くのホームセンターに置いてあったし、料金も差ほど高額でもなかったので、お試し的に使ってみた。

Pa250889結構有効で、ビックリしたくらい。で、写真撮影。左が使用した方で、右は使用前。

なお、他のガラス窓のゴムパッキン部分でもうまく行く場合と、そうでもない場合もあった。さほどでもない場合でも、シミのように残る感じではあったけど。また、(風呂場の)タイルの目尻のカビにも有効とのことだったけど、我が家の場合はさほどでもないと感じた。

説明書に、カビが取りきれなかったら再度繰り返す旨も書かれているので、年末の大掃除などで再度実施してみようと思う。

10月 25, 2011 日記・コラム・つぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月 2日 (日)

コキア(ホウキギ)の実

今日は、境川をサイクリング後、プールへ。サイクリングは、コキア(ホウキギ)の赤くなったのを見たかったし、”実”を食べてみたかったため。

Pa020796Pa020797結構赤くなってた。(場所は、遊水地公園の近く。)

そこの草花の手入れをしている人がいたので、「コキア(ホウキギ)の実って食べられるみたいなんだけど、食べさせてもらっていい?」と聞いてみた。聞いたこと無いけど、「食べてみたけりゃどうぞ」と。

実をちぎって食べてみたけど、草。味もほとんど無し。ネットで”ドンブリ”になるって書いたあったけど、本当かな~。あるいは、食用と観賞用とで品種が違うのかな~。あるいは、絶妙なタイミングによるとか、、、。聞く機会は皆無だけど、植物関係の人とあったら聞いてみようかな。

10月 2, 2011 サイクリング, 日記・コラム・つぶやき, 植物 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月27日 (土)

天気予測

そう言えば昨日のグループ登山は、我々のビアマウントの到着と降雨がほぼ同時だった。同じグループでの大山登山では、途中でガスが出たものの、どうにか雨に会わずに済んだ。そのせいか、帰りに歩きながら「天気予報ってどうやって入手してるの?」みたいに言われた。で、答えたことをメモのつもりで補足を含めて残しとく。

最近はインターネットやTVのデータ放送で、天気予報の情報入手が楽になった。TVやラジオを見逃したり聞き逃しても、必要な時に入手できるのがよい。遠隔地(といっても我々のグループ登山の場合は、高尾山とか丹沢方面)の天気予報も分かるのがよい。また、気象庁の予報精度も向上してる。

ちなみに、リモコンでのBS放送のチャンネルの一つにNHKBSの天気予報のチャンネルをセットしており、イベントなどが近づくと時々ウォッチしている。天気予報の地域をいくつか登録できるデータ放送が多いので、実家とかを登録している。操作方法がデータ放送局で違うけど、高尾山とか丹沢方面を登録していたり、その都度選択したりする。

登山などのイベントを前に予報を気にしていると、例えば1週間前の予報と直近の予報とが異なることは増えてきている。天候が不順なことが少なくないことや、予報の細部(雨が降るのかとか風が強いのか)が影響されることがあるのも理由だ。なので、1週間前の予報は、あくまで予報で変更になるかもしれないとの扱い。1週間前の予報で中止を決定する必要はないという意味。

直近で重宝してるのは、2,3日前だと、気象庁の発表の文字情報。お天気マークの予報だと、ついマークによる先入観が出てしまう。雨マークだとしても、降るのが夕方以降なら、外でのスポーツには差し支えないことが少なくない。文字情報は分かりにくいとも言えるけど、かえって妙な先入観に囚われないのでためになる。後は、強風かが事前に分かっているのは備えになって良い。

細部では、TV局などにより予報が若干異なることがある。予報のお天気マークがちょっと違うことがある。登山のためには、都合の良い晴れや曇りマーク予報がありがたいけど、雨マークのある予報の局もあったりする。どうも、小雨や夜からの雨を雨マークにする場合があるようだ。その意味でも、気象庁の文字情報予報を知っておくと、天気予報が媒体で違う時にも少し役立つ。また、データ放送では、天気予報の変更に多少タイムラグがある時があるように感じる。なので、いくつか見たり、本当に気になる時はやはり地上波での放送を見るとか、気象庁のページを見るとか、、、、。

また、日本気象協会からは、「登山天気」なるものも発表されている。数値計算での(何種類かの高度の)気温・風速や、”ふもと”の天気なども分かるのでありがたい。

http://tenki.jp/mountain/

あと前日とか当日で重宝してるのが、”雲レーダー”(予想)。予報という観点では、1時間ごと最大6時間後までが図示される(ものがほとんど)。インターネットでも探せるけど、手軽という意味ではTVのデータ放送を利用している。特に山の場合に、山にかかりそうかが分かりやすくて重宝する。ちなみにテレビ朝日のデータ放送を利用させてもらっている。 なお、”アメッシュ”は、しばらく前や今の雨の状況を知るには便利だし自分なりの予報も立てられる。ただ、登山などのイベントでは、数時間程度の先までとか利便性で”雲レーダー”(予想)の方を重宝している。

蛇足めいているが、ライブカメラによる情報も良いかもしれない。山の場合は識別も含めてそれほどでもないが、風の強いかがマリンスポーツの時は役立つだろう。山で役立つのは、しばらく先の積雪状況だろうか。

後は、現地での判断。こればかりは経験によるところが少なくないかもしれない。と、それほど経験豊富じゃないけど。 ガスと雨雲とは少し違う。また同じ小雨でも、暖かで風のない時の小雨と冷えた風を伴う小雨じゃ、その後の対応方法が結構違う。他には、雷鳴。丹沢とか(多少他でもそうだろうけど)では、富士の裾野の演習の音が雷音に聞こえるから、それを知っとくのは備えになる。


自分たちのグループ登山でも、軽めの雨対策準備などをしてくれる人も増えてきた。なので、登山プランは、小雨決行としておいても対応できそうになってきた。それはそれでありがたい。

ちなみに昨日での天気は、夕方から夜の雨の予報は理解してたけど、あんなに降るとは思わなかった。天気予測としては、多少はずれ。でも、まっビアマウントで楽しく飲めたし、帰宅の頃には雨も弱くなってたのでよしとしよう。

8月 27, 2011 日記・コラム・つぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月 8日 (月)

小ボールペンと防水メモ

今日、東急ハンズ(横浜)で、小ボールペンと防水メモを購入。

小さなボールペンと防水メモのペアは、ここ20年近くと思うけど、トレランを含むジョギングや自転車サイクリングで持ち歩いていた。ポイントの時刻などをメモ。ずっと、ゼブラのペンポッドと、オキナという会社のプロジェクト耐水メモ B7サイズを使ってた。

ついこの前、ゼブラのペンポッドが見つからなくなってしまった。近くの文房具へ行っても無し、ネットでのゼブラのページからも消えてた。別のものでもと思ったけど、小さくて細いのなどはあるけど、、、。自転車の手袋してて、小さくて細いのは使いにくい。

防水メモはストックが無くなりつつあった。ただし、こちらは近くの100円ショップでも同類の商品あり。サイズが少し小さかったのと、やはり防水性や使い勝手などで不安。

で、特にペンポッドのことでは、駄目もとで東急ハンズに行ってみようと。売り場に行ったら、ペンポッドは数本置いてあった。ラッキー。2本購入。防水メモは、オキナのはあったけどデザインが少し違ってた。迷彩系。バッグの中で分かりにくそうということと、ついこの前に金属部分が指に刺さったこともあって、別のメーカーの少し小さめにした。ほんとはB7くらいが良いんだけど。

いずれしろ、小ボールペンと防水メモ購入は一段落。様子見で使ってみるつもり。

8月 8, 2011 日記・コラム・つぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月 9日 (土)

通販で下着購入

ここ2月くらい、以前から気に入ってる下着を購入しようと色々回ったが、種類やサイズでぴったりのが見つからず。結局、通販で似たものを購入して、さっき届いた。

追加購入しようと思い立ったのは、ガス/雨の中でトレランしても、乾くのが結構早かったため。化繊だからだろう。普段は綿主体だけど、こうも乾きは早くない。また予備を持って行くにも、綿のそれより少し軽いのもありがたい。3つか4つ持ってたけど、少し古びてきたので追加しようと考えた。ブロス(ワコールでのブランドの一つ)のビキニタイプ。

売ってる店舗を回ったが、超ビキニのように種類が違ったり、色やサイズが自分に合うのがなかったり、、、、。結局、用事のついでに途中下車したり自転車で遠出して、4店舗くらい回ったか。

ふとネット検索したら、ネットでも売ってる。ある意味当たり前なんだけど、ちょっと盲点。結局ワコールのネット通販を利用した。以前のよりも、少しビキニ度が強いのが難といえば難。ただし、化繊下着も有利なこと判ったので、お店に行った時などは注意しておくつもり。

7月 9, 2011 スポーツ, 日記・コラム・つぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月29日 (金)

横浜駅辺りの登山専門店巡り

今日のサイクリングを、さほど長距離にしなかったのは、夕方に買い物に行こうと思ったため。春から夏にかけてのトレラン用のバックを購入したかったため。

容量は20L未満。かといって数Lとか、ハイドレーション用のにまでは手を伸ばしたくない(というかレースに出る訳でもないし、、、)。軽い方が良いけど、全く防水不可というのも避けたい。そんな感じ。数Lなどが難しいのは、現地に着いてから上着などを仕舞う事もあるため。また、グループハイキングにも使う考えで、着替やメンバー用の備品収納があり得る。冬でのトレランを含めて、それなりの容量のは持ってるので今回は少し小さめを検討。

実は、27日水曜日に都内に出向くことがあったので、南町田のモンベルに寄ったり、神保町のお店を回ったりした。少し時間の余裕があったので、急いで新宿にも行った。神保町じゃ、さかいやスポーツやICI石井スポーツ 。ビクトリア本店なども。新宿はヴィクトリア エル・ブレス新宿店やICI石井スポーツ。

今日は、横浜にも行ってみようと。調べたら、西口の好日山荘以外に、みなとみらいにカモシカスポーツとかモンベルがあると判明。カモシカスポーツって、名前自体を今まで知らなかった。

最初みなとみらいのカモシカスポーツに寄って、西口の好日山荘へ。その後に陸橋経由で、またみなとみらいへ行って、モンベルへ。良い運動。みなとみらい、しかも横浜寄りってあまり歩いたこと無いので良い経験と思って歩くことにしたけど、疲れた~。なお、思ったよりも横浜駅からの人の流れあり。これから発展するのかも。

カモシカスポーツって、場所的にはキャッツシアターの道路の反対側と言った方が分かりやすい。ビルは結構大きい。調べたら長野とか新宿(高田馬場)にもお店はあるみたい。また、みなとみらいのモンベルは、IDC大塚家具の大きなビルの2階と言った方が分かりやすいかも。

で、最終的にはモンベルの後に、再度カモシカスポーツに行ってそこで購入した。19時少し前で、音楽が鳴ってて閉店の直前だった。ちょっとラッキー。(平日は20時までみたいだけど、土日祝日は19時まで。)


それにしても、登山専門店って結構増えたし、人が多い。悪い事じゃないけど。(南町田もみなとみらいも)モンベルはロッククライミングの体験できるみたいだし、(みなとみらいの)カモシカスポーツって、結構本が一杯だったりコーヒーか何かを飲むコーナーもあって少しオシャレ。また、今回は容量とか重さとかが少し特殊で歩き回ることになったけど、何処のお店もバッグにしろウェアにしろ豊富だ。多少お店によるけど、バッグについては、容量と重さを大きく書いてくれてるところがあり、今回役だった。

みなとみらいは少し車の量が多いのが難点だけど、歩道の幅もそれなりにある。今日も少し暗くなりかけていたけど、走ってる人や自転車の人もぽつりぽつり。距離的には自宅からそんなに離れてもいないので、サイクリングも含めて考えてみるかな。(途中の道も混雑なのがウンザリだけど。)

4月 29, 2011 トレイルランニング, 日記・コラム・つぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月12日 (土)

地震 東京→横浜まで徒歩で帰宅

昨日11日に東北関東で大きな地震が発生したが、都内で地震に遭遇した。記録に残しとく意味で、書いておく。

ちょっと特殊な事情もあるけど、感じた大きな点は以下の3つ。

・情報が少ない人への配慮が欲しい。さらには、絶対的な値での情報がある方が良い。

外出していたら、TVやラジオの情報を入手できない。今回は、さらに携帯なども利用不可だったので、情報の重要性を痛感。また絶対的な情報とは、地震だと震度とかマグニチュード。津波なら高さなど。地震が起きましたとか、大きな地震が起きましたじゃ、対応の仕方が良くわからない。駅なんかでも、時々で良いので、それらの情報を述べるとか掲示があると良い。

・思った以上に、都内のビル周りで避難している人たちを見た。また、ヘルメット/緊急袋と一緒に帰宅する人も少なくなかった。道をマーカーで記入したコピーの地図を持っていたり、グループでの徒歩が少なくなく、日頃の訓練や教育などは重要と感じた。

・歩行による帰宅とかは、ある程度の多くの人や照明が非常に安心感につながる。トイレのことなど、TV等でのちょっとした呼びかけも役立った。


都内の会合のために、午後東京へ。会合そのものは18時半から、神谷町。今回の会合では短い時間のプレゼンを行う予定だったし会合準備のための人を募集していたので、早く行ってそれも手伝おうと思っていた。そして、寄ってみたいお店があったり、都内で本屋に行ったり散策してみようかと、正午前に出発した。

ただ、今思えば、ちょっと運の悪いことが発生。途中駅で下車して、数日前のTVで見たうどんのチェーン店に入った。今まで、1,2回しか降りたことない駅で、数分して探すことはできたが、、、。TVでは、カツ丼とのセットや餃子もあったので、それを食べようと自宅を出る時から心づもりしてた。ところが入ったら、立ち食いそば屋さんとあまり変わらない。小さなテーブル席で3席くらいはあったけど、他は立ち食い。しかも、カツ丼とかがない。結局玉子とご飯+うどん。えらく気落ち。ツキが良くないかな~と、若干不安に。

横浜経由で一旦東京駅へ。地下街を散策してたら、鹿児島の小さなアンテナショップ「かごしま さつまいもの館」を発見。買おうか悩んだものもあったけど、会合前とのことで、加治木まんじゅう2つにした。地下街の奥の方に座るところがあったはずと思って向かったけど、椅子の類は撤去されてた。仕方なく、立ったまま頬張った。

その後、八重洲ブックマークへ。地下街からの階段を、2段毎に上がりつつある時にグラグラ。最初は少し目眩かなと思った程度。地上に上がって、街灯などが揺れていてビックリ。上着を頭から被ろうとしたくらい。実際襟に手をやって頭半分くらいまで。上や周りを見る程度は出来たけど、歩けずに近くの街灯を掴むのがやっと。

その時は震度も判らないし会合のことも頭にあったので、揺れが少し落ち着いた時に八重洲ブックセンターへ。結構入り口に人がいて、エスカレータが停止してた。

201103111456022エスカレータも動いてないし、時々揺れるので、少し周りを見てみた。左は、近くの様子をデジカメで撮影したもの。

ちらほらとヘルメットを被って避難している会社もあって、「教育がそれなりに行き届いているんだ~」くらいの気持ち。ただし、あくまで被害状況を知らなかったから。

会合はいざとなったらタクシーとか徒歩でも行けそうだし、ちょっと見たい本もあったので、ブックセンターが再開されるのを待つ格好。10分以上は待ったと思うけど、エスカレーターなどが再開。ただし、途中階(5階だったかな)以上は、営業そのものを止めたようだった。自分の行ったフロアには、お客さんは数人。時々店員さんが状況把握に回ったり、トイレで被災してないか確認しに行ったり、、、。

探してる本がなかなか見つからない。うろうろ探していたら、時々余震。本棚から離れて、大きな柱の近くに寄ったけど、上にTVモニターがあって、別の柱脇に。余震は何度かあって、柱を支えに利用することも。少し揺れが大きいと、店員さんが棚から離れてくださいなどを言っていた。

本を探そうにも、検索端末はエラーのような画面を表示したままだった。店員さん用も停止していると。さすがに長居するのもと思って、店員さんに聞いて規格関連のコーナーに行ったら本が見つかった。ぱらぱらと見て、それなりの内容だったので購入した。既に店内アナウンスなどもあったけど、非常階段を使って1階まで。

まだ時間もあるし、どうしようかと思って携帯を取り出すけど、圏外表示だった。(当時はアクセスできない旨の表示だったかもしれない。いずれにしろ、最終的に圏外表示に。また電池残量が少なく、途中から赤表示。時々電源オフすることにした。ワンセグ放送受信で状況把握できたのかもしれないが、電池残量が気になって受信してみるという発想にならなかった。)

神谷町に行くにしても会合時間には早すぎるな~と、地下鉄の丸ノ内線・大手町駅方向へ。JRの改札近くなどで、電車が止まっていると聞いたり目にした。最初はJRの特定線路だけと思ったら全部だし、地下鉄や私鉄もとのこと。さすがに、ちょっと驚いた。(八重洲の地下街が普段と大きく異なっていないように感じたので、不通と聞いて驚きになった。また、しばらくしたら復旧するんじゃないかとの思いにもなっていた。)

丸ノ内線の改札近くで、ちょっと待ってみようと待機。不安感もなく、当初は、小さい子に付き添うように相手をしてた駅職員さんとかを見ながら、駅員さんも大変だな~程度の感想。丸ノ内線が止まったままで日比谷線が動くなら、近くの駅までは歩こうかなとか、JRだけが動き出したらそちらに行こうかなとか考える程度。そのために、路線図もデフォルメしてない方も探して色々考えを巡らした。

何度も復旧の見込みが立たないとアナウンスされたり、シーツを用意してその上で休んでも良いですよと駅員さんが走り回るようになった。会合に向けて万一歩いて行くにしても、まだ時間あったので、一度地上に出てみることにした。

良くわからない場所だったけど、エスカレーターで上に向かったらビルの1F。丸ビルだったのかもしれない。しかもTVが置いてあって、津波の様子を何度も映してた。マグニチュードはそこで聞いたように思うけど、東京の震度とか肝心の鉄道の復旧見込みの話が出なかった。というか、そこまでは凝視してなかったし、当時は電車の復旧の見込みは不明とのアナウンスだったろう。(ビルの1階は大勢の人だったが、車も普通に動いてるように見えたし、何か落下物があるわけでもないので、都内の被害は少ないと感じてしまった。電車のことは知ってても、念のための確認をしている程度の感覚がまだあった。)

TVでは、無理に帰宅するのは良くないとの話もあった。ただ、会社勤務でビルとかにいたら泊まることも考えられるけど、外出を含めてそうでないと真っ先に浮かぶのは帰宅だろう。なお、帰ったからのTVでは、民間の施設も含めて休憩所の提供などもあったようで、これほどの被害だと今後検討されるのかもしれない。

時間も経過してきたので、奮発してタクシーかなと思って外に出たら、長~い行列。車はそれなりに動いているけど、タクシーが来ない。腹をくくって、歩いて行くことにした。ポケット版の地図をバッグに入れとくのを忘れていたけど、東京タワーを目指せばいいので気分的には楽。皇居のように広場のようなところだと見えるし、ビルの合間から見えることも少なくない。皇居辺りで人的ロックオンしとけば、日も差してるので行けるだろうと。

歩き出したら、南の方に向かう人が少なくない。時々ヘルメットを被っている人も。さらには非常袋を背負った人もいた。ヘルメット被っている人の中では、男性との対比で女性の方が6,7割。ちゃんと紐もしてて、教育が行き届いてるよな~とか、つい思ってしまった。見るからに会社に置きっぱなしの運動靴での徒歩女性も、時々目にした。

愛宕山の辺りで道が良くわからなくなったが、少し歩けば東京タワーが見えたので、そちらの方へ。しばらくしたら見慣れた通りに出たので、目的とするビルに到着した。ビルに行く前に時間があったのと、多少徒歩帰宅を考えてコンビニに入った、その頃には食べ物も多少あった事と、会合前に荷物になるのも嫌だったので、買わなかった。しかも今回はバッグと手荷物があって、さらに増えるのも嫌だったのも理由。会社宿泊を考えての買い出しかと思われる人たちも。ただ普段でも夕方に買う人は少なくないので、実際に宿泊のためなのかは??

会合のビルに入ったら、エレベーターが動いていない。どこが階段かなと思ったら、すぐに発見。5階まで歩いた。会合の会議室に行ったら、既に一人到着してた。会議室にはTVもあって見ることができた。なお、会議のために別のビルで預かるものがあり、そのためにそちらへ。そのビルもエレベーターが止まってて、今度は8階まで歩き。多少、会合中止かなと思いながらも、準備はしておこうとした。会合の会議室で、PC起動してイーモバイル接続。でも後者の調子が良くなくて、つながらない。

そこでも携帯電話は圏外。ふと、フロアに固定電話があるのを思いだして、自宅に電話することにした。変な話だけど、並んでの電話と違って気は楽。ただし固定電話でも、1回目はつながらなかった。回線混雑の旨。もう1度かけたらつながって、留守電に入れた。自分でもどうするか決めてない/決められないので、「都内でホテルにするか思案中。生きてはいる。」みたいなことを述べた。連絡くれと言ってもこちらの携帯電話が圏外なら意味がないし、細かいこと言っても無駄に思えたため短めに連絡。

別の人と、まだ電車が停止しているので中止にしようかとも言いながら、開始予定時間までは待ってみることにした。別の会合予定チームは、さっさと中止を決定して、案内板に中止の旨を掲示してた。結局開始予定を15分くらい過ぎて、中止だろうと相談して、その旨を掲示。別の人は少し作業するとのことだったので、自分だけ帰宅することにした。中止となると、帰宅するなら早めがよいと考えたためだ。 ちなみに後で判ったが、交通機関の停止により今回の会合の中止は、ネット上では確定してたようだ。ただ、こちらがアクセスできなかったので、現場で待ったことになる。

「とりあえず帰宅!」と、気分切り替えて大通りへ。五反田や品川を目指した。会議室脇の地図で品川への短いルートもありそうだったけど、大きな通りにした。道に迷って時間が経過する方が怖いと考えたため。今思えば、慶応大学の少し先で曲がらずにそのまま進めば、国道15号線にすぐに行けたはず。(恥ずかしながら箱根駅伝での道に馴染みがあっても、それが国道15号線だとかの意識が無かった。また曲がる人が多くてそちらについて行った格好。今思えば、五反田とか目黒、目蒲線沿線などの方に帰宅する人たちが多かったのだろう。)

結局国道1号線を五反田まで。そこから品川に向かおうとして、近道っぽいところを歩いた。でも知った道じゃないと判明して、引き返したりした。五反田-品川の大きな通りに出たときは、少しほっと安心した。ちなみに、五反田→品川方向に歩く人の割合は、五反田方向に対して1割もいなかったと思う。大勢との反対方向に歩いたのは、この区間程度、結構神経使うんだな~と実感した。御殿山界隈が様変わりしてたが、暗いしまだ入居は始まってないようで細部は良くわからなかった。

新八ツ山橋(国道15号線)に出たら、気分的に一山越えた感じ。ここからなら、横浜駅近くまでは知った道。箱根駅伝を真似て一度大手町から走った道だし、箱根駅伝での映像でも何度か見ている。また、工場見学などで何度か部分的に通った所もある。少し一休みしようかとも思ったけど、疲れもさほどじゃないし休めそうな所が近くにないので、歩き出すことにした。

当初はタクシーに乗る事を考えたり、箱根駅伝を真似て走ったときも大抵そうだったので、左の道を歩くことが多かった。多分平均的にも、左側の方が歩道幅は広いし歩きやすいように思う。なお、タクシーは捕まらないし、特定の自動車を覚えて歩行とどちらが速いか気にかけたけど、歩きの方が速い。時々自動車が動き出すことあっても、すぐに停止する格好だった。ただし、車のクラクションが皆無で、そちらも精神的には楽だった。

途中、平和島の近くで、牛丼やに。「すき家」。満席に近くて、ご飯炊くのに時間がかかると言われた。セットにしようかとかカレーを含めようかと悩んだけど、結局大盛り+玉子。これから結構歩くし胸焼けしそうなのも困るので、慣れたのにした。また、近くのコンビニ(セブンイレブン)で、クッキータイプの補助食や梅系のスナックとか水を購入した。どんぶり食べたし、荷物もあったので軽めにした。水も小さなボトルにした。いざとなったらコンビニとか自販機が利用できそうだったので。

20110311230454写真は、多摩川の橋の上。人の少ないところ選んだことと、写真撮ると判ってちょっと離れた人もいたので、前の人たちと空いているように見える。しかし、そこそこ混雑していた。

ちなみに、橋に登る際に結構狭い階段があった。以前も利用したはずだけど、あまり記憶にない。急に混んできたので、なんだろうと思ってしまった。川崎側は緩いスロープになっているので、東京側も工夫したらと思うけど道路や民家で無理なのかもしれない。(ただ関東での大きな地震のことを考えると、この箇所は大きなウィークポイントになるように思う。)

また、羽田の方が明るくて地震での後片付けかなとか思ったが、帰ってから思うに、多分千葉側のコンビナート爆発の炎だったのだろう。


徒歩で感じたのは以下。

・人が多いとか明るいのは、非常に安心感につながる。しかもヘルメット被っていたり非常袋持参の人がいて、そんな人たちの中にいること自体が安心感に。気分的には、ハイキングに近いと言っても良いかも/そう思うことにした。天気も幸いした。

歩きのスピードも、皆さんほとんど同じ。時々遅い人/人達や速い人/人達はいるものの、山登りなどとあまり変わらないな~といった感想。上で”ハイキング”と書いたけど、歩キングや山ガールなどによる山登りのちょっとしたブームなども影響してるのかなと考えた。

・知った道というのは大きな安心感。暗くなって知らない道を歩くのは、非常に不安だと実感した。

・人の流れにもよるが、同じ方向への人が多いのなら、左の方が多少歩きやすい感じ。右だと車のライトが明るすぎる。もちろん普段は歩行者は右側通行だし、車がほとんど止まっている状況や歩道分離している前提での話。

右を歩いてて、非常に嫌だったのは、右側通行の自転車。急に歩道に来るとか、歩道内でスピード出してる。しかも無灯火が多い。向こうから来る車やバイクにとっても迷惑というか、そもそもそれらの自転車は交通違反。普段でも時々見かけるけど、災害時の右側通行自転車は凶器になるとすら感じた。自転車購入時に、法律知ってるかの確認とか講習するとか紙切れ渡す位して欲しいくらいだ。

・トイレなど、TVの呼びかけを意識した活動には感謝。コンビニ以外にガソリンスタンド、自動車販売店、学校、宗教法人などに「トイレどうぞ」の掲示などがあった。学校の近くでは交通整理している生徒風の人を見たりした。ただし、鶴見から先は工業地帯ということもあって、それらは結構減ってきたが。

・少し驚いたのは、自転車屋さんとか特売ショップでの靴販売に人が多かったこと。前者はどうもパンク修理とかじゃなくて、自転車そのものを購入する人だったようだ。靴販売の所では、急に新しい靴を履くことでのマメの発生とか気にならないのだろかと思ったりした。(でも、それは自分が履きやすい靴だったから。自分でも、革靴で何キロも歩いたらどうしても買いたくなるだろうなとは思ってしまった。早めにマメ予防とか応急処置できるようなものを買っとくということも必要かも。)

・携帯が通じなくて困惑。(概述) ただし、回りに時々ネットでの情報を言う人などもいて、大きな通りでは情報がないような不安感にまでは至らなかった。自宅への連絡とか自分固有の情報へのアクセスができない点は諦めたけど。

ちなみに、生麦の前後だったと思うけど、1カ所コンビニ前で携帯電話の充電サービスをやってる人たちがいた。サービスというか、普段持ってるものを持ち寄ったような雰囲気。そこでは、ワンセグと思うけどTV映像なども流してた。

・普段でも、少し暖かめにしとくとか、バッグにちょっと羽織るものを用意するのは良いのかも。自分自身としては、結構寒さ対策の服装だったのは良かった。上はレザータイプのジャケットだったけど、チョッキを中に着込んでいた。その日は傘以外に、耳当てと手袋はバッグに入れていた。徒歩の際には、耳当てをほとんどして、かえって暖かくて少しはね上げて風を通すことも。手袋や傘は利用しなかったけど、安心感になった。

・お薬も、できれば普段でもバッグなどに。今回で普段持ち歩く薬類の中では、牛丼の後に下痢止めを飲んだ程度。他も含めてちょっとした薬をバッグとかに入れてたのは、安心感につながった。


普段でも膝は痛いが、今回も時々。靴は、布張りの靴だったこともあって、足や膝への負担は少なかった。ただし、休んでから立ち上がろうとすると、結構膝に痛みが来た。川崎を過ぎた辺りで、一度休憩。水分補給と補助食を食べた。丁度バス停の椅子があったので利用させてもらった。横浜までで休憩したのは、トイレ以外はここだけ。あとは、道の脇で膝の屈伸をちょっと行った程度。

ビジネスホテルとかカプセルホテルのカンバンも目にした。見慣れたチェーンホテルも見かけた。見た限り出入りする人もいたので、もうちょっと横浜の方まで歩いてみようかという気になって歩き続けることが多かった。よく考えると、出入りしてても事前に予約とかしててたのだろうと。予約しようにも携帯が通じないし、電話番号判らない、、、。よほど疲れたら、ホテルに飛び込んでみるかとの思いになっていった。(結局ホテルは利用せずだったけど。)

鶴見では、箱根駅伝での鶴見中継場の像(たすきをつなぐ像)を見て、駅伝を真似て走った頃などを思い出した。なお、鶴見を過ぎる頃から、若干道幅が狭くなった。歩道もそこそこ起伏ができてて歩きにくい。休憩しようか悩んだけど、良い案配の腰掛ける所がなかった。疲れてるわけでもなかったので、なるべく良い条件の所をと思ったせいか、なかなか無い。冷たいところだと、体を痛めるというか膝や太股に来る可能性があり、避けたかったし。

生麦辺りのコンビニ前で、人だかりができており携帯充電などを行っていた。(既述) 見たら2階のトイレが使えそうなので、そちらを利用させてもらった。少し階段がきつかったけど、逆に人が少なくて個人的には良かった。

疲れが出始めたが、ビルの光景などで横浜駅に近づくのが実感でき、気分は楽に。そのまま横浜から自宅まで歩くのはきついかなと思ったり、横浜駅から知った道までを良く覚えて無くて思い出そうとしたりした。ちなみに、昔に(現在の)みなとみらい地区から自宅まで走ったことがあったり、1度だけ横浜駅から徒歩で帰った時があったので、どうにか歩ける気はしていた。ただし、今回は疲れと筋肉痛の前触れが気がかりになってきていた。

横浜駅に近づくと、横浜市営バスだったと思うが、生麦行きのバスを数台見かけた。乗客も乗っているような感じ。バス会社によるだろうけど、最終だと行き先表示に判るような色がつくが、それはない。地震で深夜運行してそうに思えた。

となると、深夜2時近くだったが、相鉄が動いているかもしれないと思えてきた。そして少し早歩きになった。横浜東口のJR通路がふさがっていて、少し先の自由通路側に向かう時も急いだ。タクシー乗り場には行かず、まずは相鉄の改札の方へ。すると電車の行き先掲示があり、電車も車内灯をともして停車していた。結局座れて、10分ほどしたら発車した。あの疲れた状況で、電車で座って帰れるのと歩きでとは、雲泥の差だ。結構ありがたかった。つい、改札口で駅員さんにありがとうの旨を言っちゃった。

駅では、タクシーはいず。ただし、少し歩いたら膝も痛み出して駅に引き返した。30秒くらいでタクシーが来た。その運転手自身、電車が動いてることを知らなかったみたい。

全体でどれくらいの距離を歩いたのか、万歩計などで計測してないし、携帯も時々電源Offしたので歩数も不明。おおざっぱで、40Kmとかじゃないだろうか。ジョグノートの方には、その数値にした。


自宅に帰り着いたら、少し頭が冴えた状態だったので、PCからmixiやMLなど知り合いにメール。携帯はその時も圏外表示で、おかしいなと思いながらも具体的には調べず。少しTVを見たりして3時を少し過ぎたら、バイクの音。朝刊が到着。普段よりも少し早かったが、新聞の1面が地震で、しかもカラー。ちらっと見た後は、疲れも出てきて床に入った。

起きた後は、TVを見たり、新聞を見たりした。改めて凄まじい津波に驚いた。自分自身は筋肉痛が起き、午後から少しずつじんわりと痛くなった。足よりも肩。バッグとちょっとした荷物があり、両手がふさがっていたからだろう。

そして、携帯の方は充電したけど、自宅の午後近くでも圏外。さすがにおかしいと思って設定などを確認したら、省電力のためのネットワーク検索方法が関係している気がしてきた。マニュアルでの検索を行ったら、携帯のネット接続が回復した。普段だと、時々ネットワーク検索のエラーは出るけど再接続できるので、その設定が関係してるとは思いもしなかった。普通は電源On時にネットワークが見つかり途中でネットワークが見つからないとエラーを出すが、今回は電源Onの時にネットワークが見つからないケースが継続したようだ。

またイーモバイルは、別PCも含めて何度かつなげてみようとしたけどエラー。午後になってやっとネット接続できた。しばらく使ってなかったから充電とかも関係したのかもしれないけど、こちらは本当にネット自体が混雑していたのかもしれない。


自分にとってはある意味では良い経験になったけど、被災された方々を思うと胸が痛む。


追記:今回の地震は、気象庁が「東北地方太平洋沖地震」と命名。震災に関しては、「東北関東大震災」や「東日本大震災」と呼ばれているようだ。

3月 12, 2011 日記・コラム・つぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月22日 (土)

ファスナーのフック小物

リュックやバックの、ファスナー止めに悩んでた。以前、帰宅ランの際にディバックが空いてしまったのに気がつかず、定期などを落として一騒動を経験してしまった。1年以上前なんだけど結構トラウマになって、帰宅ランが少なくなってしまった。

自分のリュックは開閉を2つのファスナーでやる場合が多く、2つのファスナーを結びつけるような小物が欲しかった。ただし、飲み食いやウェアの取り出しなどがあるので、外しやすいとの条件がつく。

で、近くにホームセンター(ホーマック)ができたので、昨日物色。ちょっと前にも探して使ってみたけど、もっと良いのがないかと。

P1220525P1220526P1220527気にいったものを見つけて、購入。今日取り付けてみた。

店内での商品名とは違うかもしれないけど、”甲丸スナップ”と言うようだ。8つで、300円を切ってた。

左の2つの写真が、取り付けた様子。右のは販売時の様子に近くて、大きなリング状のものに8つ付いてる様子。ただし、写真は使ったのを外してるし、以前購入したもの(ナスカンと呼ぶらしい)も一緒にしている。

ナスカンがちょっと良くなかったのは、片方(写真でのリングの方)が取り外しできないこと。2つのファスナーをバネで開け閉めできる方に通す事になる。そのせいで、この前のトレランで落としてしまった。(ナスカンで、その片方を取り外しできるのがあるかもしれないけど、見つけてない。また、この前は寒すぎて震えたり注意力散漫だったのが大きな理由で、普通なら落とさずに済むだろう。)

甲丸スナップは、バネの方じゃない小さな円部に、ファスナーそのものとかファスナー付属品に上手くフックできる。まだ実際に取り付けて走ったりしてないので多少不満も出てくるかもしれないけど、部屋での操作の限りでは結構好印象。見つけることができて、良かった~。再来週とか、トレランで試してみたい。


ちなみに、この前のTV「シルシルミシル」で、”チャック”、”ジッパー”、”ファスナー”の違いをやってた。基本的には同じで、チャックは日本での和製英語もどき。ジッパーは商標。ファスナーが一般用語みたい。「シルシルミシル」のページにもあるだろうけど、以下辺りに書かれてる。

http://e-zatugaku.com/minomawari/fastener.html

1月 22, 2011 日記・コラム・つぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月 8日 (土)

境川 「厚木土木事務所」の掲示

今日はジョギング。ちょっと長めにと思って、境川を鵠沼まで。往復で約40キロ。鵠沼では、少し霞んでたけど、富士山が綺麗に見えた。

走りは34キロくらいまではそこそこだったが、その後からは歩きが増えてきた。食べ物がキャラメルとジュース程度だけだったので少しバテ。また筋肉痛とか内臓(背中?)への対応が不十分と実感。また帰りでは、少し塩分欲しくて、ジュースの1つをコーンポタージュにした。缶にコーンが残ってたので、手のひらでコンコンして手のひらを舐めるようにして食べた。


なお、帰りで気になったけど、管轄の土木事務所の掲示がシールで修正されていた。大和辺りで、「厚木土木事務所(東部センター)」だったと思う。”(東部)”だったかもしれない。相模原市が政令指定都市になった関連のようだ。以下あたりで触れられている。

http://www.kak.or.jp/information/renraku_220219.html

以前は、相模原の土木事務所管轄だったはず。それが、厚木の管轄に。少し違和感。厚木(市)って政令指定都市じゃないのに、土木事務所としては影響が大きいのか。宮が瀬などがあるせいかもしれない。

ジョギング程度じゃ、どこの管轄かはほとんど気にかけることでもないけど、管轄の掲示って少なくない。それを全部修正したんだと思うと、作業大変だったんだな~と思ってしまう。 なお、相模原が政令指定都市になったのは2010年4月だったので、掲示も実際は相当以前に変わっていたのかもしれない。

1月 8, 2011 旅行・地域, 日記・コラム・つぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月 4日 (火)

広島辺りの穴子(アナゴ)料理

NHKの朝ドラ「てっぱん」を見てるけど、前の週分とか今日ので気になってるのが穴子(アナゴ)の雑煮。ちょっと調べたら、雑煮にするのは尾道あたりとのこと。

実は、”穴子(アナゴ)”を母方のばあさんが食べたかったと聞いたのが、昨年。母が病院に見舞いに行って、亡くなるちょっと前に言われたと。何の料理なのか分からず、食べさせることができなかったらしい。一般的には天ぷらとか寿司ネタだろうけどとの話と、昔祖母や母が広島に住んでたのでそこでの料理かもしれないとの話になった。ただ母は中学くらいまでしか広島には住んでなかったので、穴子料理を詳しく覚えていないと。

それで広島辺りの穴子料理が、頭の隅にあった。今回の朝ドラをきっかけで調べたら、穴子重だと広島とかでも食するようだ。祖母が食べたかったのは、穴子重か穴子の雑煮辺りと思えて来た。いつか母に言ってみようと思う。

1月 4, 2011 テレビ, 日記・コラム・つぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月31日 (金)

2010年 いろいろ

大晦日なので、今年2010年の健康関係とか読んだ本などを書いてみる。ブログに書こうと思いながら、書くタイミングを逸したものが多い。(一部既に書いてることがあるけど、ごめんなさい。)

・トレラン

今年は、少し走れるようになったのが嬉しかった。トレランで山とかを走り、良い経験になった。トレランというか登山による普段生活の効用としては、”けつまづく”のが減った気がする。


・喉

ここ1,2年、痰がからんだり引っかかる感じが出てきた。病院で診て貰ったけど(12月16日)、軽めの炎症があるとのこと。特効薬も無さそうで、気長に直すしかない。長めにしゃべれないのがちょっと辛い。


・肘

こっちも1,2年痛んでる。昔整形外科でレントゲンを撮って貰ったけど、大きな異常はないと。消炎剤とかで治療してるけど、完治してなかった。

ところが12月頭辺りから、少し調子良くなってきた。余り痛み感ぜず。ただし、2週間くらいして再発。水泳にも行ってないし、パソコン操作も控えたはず。今までずっと、肘の痛みは水泳の影響だと思ってたけど、別原因みたい。

トレーニング用のハンドグリップのような力を入れるのが痛みで操作できない。他の動きとかはそれなりにOKなので、かえって辛い。腕伸ばすとかストレッチに努めてみるつもり。


・目が疲れると暗い影

秋口から少し気になったけど、目が疲れると黒い残像のような者が見える。特に縦書きを読んだ時に、文字列のちょっと下に少し黒い帯。普段は出ないし、うっすらとなので様子見かな。


・「武士の家計簿」

暮れに映画が公開されたので、再読。(というか結構前に購入してたけど、積ん読状態だった。)

貨幣価値の記載もそうだけど、領地がどこにあるか知らないケースが少なくない/なかったとか面白いエピソード-も少なくない。


来年は、ランがある程度復活できると良いな~。出来れば、トレランで今年より長い距離を試してみたい。

12月 31, 2010 健康, 日記・コラム・つぶやき, 書籍・雑誌 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月12日 (日)

サングラス入れをドレッシングシェーカーに

ここ1,2年悩んでたのがサングラス入れ。サイクリングではほとんどサングラスしっぱなし、ジョギングだと外したときも手に持ったり時々ポシェットへ。

でもトレランでは、手に持ったら岩場とかで困ってしまう。首に提げるやり方は、体に結構当たりそうで気が進まない。ポシェットに入れるにも、他で結構いっぱいで避けたい。リュックやポシェットに直接入れるにも、そのままだと衝撃などで壊れそうで気になっていた。ちなみにトレランでは薄い色のタイプのサングラスにしてるが、曇った日や木で陰ったりすると、岩場などを見やすいようにサングラスを外したりつけたりするので、どうにかしたいと思っていた。

ただ、サングラス入れって結構高価。サングラスはいくつか持ってるけど、それ毎に容器を買うのもお金が勿体ない気がしている。また普通のメガネケースは100円ショップを含めて結構色んな所で売ってるけど、スポーツ用のサングラスは入らない。スポーツ用のサングラスは顔につくように曲がってるので、結構な厚さがある。つまり普通のメガネケースは薄すぎる。

Sany0368Sany03692で、今まで使ってたのが、ローラー式のクリーナーの外容器。自分のサングラスのいくつかの収まりが良い。実家にサイクリング道具を持って帰る時にも利用して保管のために置きっぱなし。しかも100円ショップでのクリーナー。つまり容器も100円未満。左の写真での右側。ただ、これと同じタイプのクリーナーを見かけなくなり、悩みの種だった。自宅にはこのタイプのクリーナー自体が1つしかなく、クリーナー/その容器としても使っているし、、、。

今日100円ショップ(ダイソー)をうろうろして見つけたのが、左の写真での左側と右の写真。ドレッシングシェーカー。少し円錐になってて2つの径の大きさが違うけど、余りに気ならない。結局2つ購入した。

結構気に入ったので、次回のトレランでは持参予定。

12月 12, 2010 日記・コラム・つぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月14日 (木)

ポストイット入れ

永らく、バッグにポストイットを入れるには、どうしようかと悩んでいた。電車とかで本を読んでる際に、上手く付箋をつけたいため。

普通の大きさのポストイットは、そもそも文庫本などと比べると大きすぎて、印字部分にかかってしまう。また、小さい方が良いけど、探す際のガサゴソで束が切り離されてしまうことが気がかりだ。普通の大きさのポストイットでも、結構ばらばらになってしまう。

貼って剥がせるシールがあり、100円ショップとかでもいろんな種類がある。実は先週試したけど、紙が薄い場合は、剥がすときにちょっと神経使うのでNGに。

Pa140435_2先週から試しているのが、小さなポストイットと、プラケースの小物入れの組み合わせ。後者は、100円ショップで見かけた。ケースの上の部分がスライドする。そのため、ポストイットの取り出しなどが便利。

ちなみに、コクヨの方からも小さなポストイット(商品名「タックメモ」)が出ており、最初はそれで実験した。なおプラケースの方は、ダイソーで購入したけど、近くでのダイソーで置いているのは1店のみ。また、小さなポストイットの方も、何処の文房具屋(本屋)にも置いてあるわけでもない。なので、昨日プラケースを、今日は小さなポストイット(3M)を2つくらい買いだめ。

ちょっと嬉しい、2,3日になった。


ちなみに、箱に入った、普通の大きさのちょっとファンシーなタイプを見つけた。ただし、試したけど、やはりシール部分が少し大き目。

他に、付箋テープという、ロールタイプの付箋紙がある。ただし、近くの店で買えそうなのは、結構幅がありバッグでかさばるために断念。なお、ネット上で、狭い幅のを見つけたけど、そちらの実物を見て検討したい。でも、どう考えてもテープ部分は全てくっつくだろうから、今回の用途には不向きなようにも思える。


10月 14, 2010 日記・コラム・つぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月26日 (日)

「しろくまのきもち」洗濯してしまうつもり

1週間ほど前まで続いた猛暑が嘘のように、めっきり冷えてきた。天気が良いのもあって、今年お世話になった「しろくまのきもち」を洗濯、乾いた後にしまうつもり。

「しろくまのきもち」って、夏とかにメディアに紹介されたことがあると思う。以下がホームページで、バンダナ風のもので首とかを冷やすもの。

「しろくまのきもち」ってなぁに?

TVか何かで見て頭に入っていて、新宿に行った時に「東急ハンズ」に寄ったら置いてあったので購入したもの。バンダナと言っても、見た目はネクタイを小さくしたように幅が狭い。バンダナを畳んで帯状にして縫ってある。

水に浸すと少し水を含んで膨らみ、その水分で冷やしてくれるというもの。私の場合は、リングを利用することなく、首に引っかけて自宅を出た。最初は最寄り駅でバッグに入れて、会社近くの駅でまた付けることもやったけど、1回のみ。以降は、電車の中でもつけたままにした。首につける時に少しひやっとすることとか、バッグにしまうのがちょっと面倒なため。

で効果だけど、ほんとに暑い時はハンドタオルが汗でぐっちょりだったのが、ハンドタオルで2,3回拭く程度で済んだ。絶対的に冷えるわけじゃないけど、汗でのイヤな感じが結構軽減された。

アマゾンとかでも売ってる。色もいくつかあるけど、元々、白は無いみたい。

これ以外でも体や空気を冷やしてくれる商品があるようで、ちょっとした割安店にも何種類か置いてあった。そんなに多くの人が利用してるようには思えなかったけど、稀に町中とかトレラントかで身につけてる人や話題にしてるのを聞いた時があった。


私の「しろくまのきもち」は、涼しくなったので、今シーズンの役目は終了。お疲れさん、ってとこかな。洗って干して、タンスとかにしまうつもり。来年の夏が暑かったら、すぐ出せるようにしとかないと。

9月 26, 2010 日記・コラム・つぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月19日 (日)

B-1グランプリ 厚木

昨日も行こうかと思ってたけど、結局回り道などのせいで行けなかった厚木のB-1グランプリへ。15時からは現金でも買えるとのことで、それに合わせて向かった。若干売り切れとかがありそうで、気にはなったけど、、、。

ちなみに、今回は携帯での写真。

20100919144838第1会場(ヨーカ堂駐車場)を目指すことにした。暑くて、第2会場に行くよりも、第1の方が駅から近いからと安直に。でも本厚木の駅からすごい人。

2010091914593420100919145946会場近くの公園にも結構な人がいるし、入り口も混雑していた。

事前に、名前とか簡単な記事から行ってみようと思うところをリストアップしてた。第1会場で数カ所。会場入りして向かったら、人がほとんどいない。ラッキーと思いながらも、悪い予感が。案の定、後者で「売り切れました」の紙。3つくらい連続。

他は長い列。お店らしくないところにも並んでて、なんだろうと思ったら、投票の場所。想定外の来場者で、投票自体に時間がかかってしまうことになったんだろう。


焼きそばの1つか2つならずっと並べば食べることが出来たかもしれなかったけど、長~い列で、並んでも食べられなさそうだったので断念。15時20分とかを過ぎてしまったから、終わりまで30分ちょっと。朝早くから並ぶべきなんだな。

結局、入り口で貰ったパンフレットを持って帰路へ。^.^;;; 帰りの電車でパンフレット読みながら、神奈川のフェスティバルをやってて、沿線でのお店もありそうと判明。いつか行ってみようと思う。

9月 19, 2010 日記・コラム・つぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月18日 (日)

大磯へ「アオバト」を見に

ここ1週間ほどで「アオバト」をTVで見たので、大磯へと。1つは、TVKの「あっぱれ!KANAGAWA大行進」。もう一つは、NHKの小樽でのアオバト。前者が、大磯(照ヶ崎海岸)での様子を伝えてた。「アオバト」って、鳩の格好なんだけど、体の色が緑(アオ)。海水を飲む習性があるそうだ。

で、境川→江ノ島→大磯の往復ルート。(ただし、帰りは引地川→境川にして距離を短めにした。)

P7180090白旗公園のちょっと上流のヒマワリ。雨が長かったこともあって余り意識してなかったけど、ヒマワリ咲いててギンギンの夏。

P7180096P7180097江ノ島の様子。

境川の河口から、江ノ島の駅の通りに出たけど、すごい人。最初ビックリ。

P7180099P7180100P7180103鵠沼でビーチバレーやってたけど、結構なチーム数。しかも、4人制。昨日だったか、TVで4人制ビーチバレーのことを目にしたけど、公式な種目になっているみたい。

プロ(?)と違って、肌の白い人が多かったり、プレーもそう上手という訳じゃない。でも、歓声上がって楽しそう。アマチュアだと、ビーチバレーの2人制はきついけど、4人制だとグループで楽しめそう。

そんなこと考えたら、なんか「すみません」とかザワザワした感じが。見たら、お馬さん。コンクリートの階段上ってた。その後、江ノ島方向へ。

その後は、海岸べりを大磯方向へ。でも、結構な人だったので、途中から国道脇を。最初歩道にしてたけど、途中から結局車道へ。昨日の疲れを考えて、歩道をゆっくりにしたかったんだけど、、。

P7180104花水橋を通過したら、再度海岸べりを。

なんて言うのかよく知らないけど、固定式の凧(タコ)? 特に紫色のは、くるくる回る動作が面白かった。

海水浴場の近くに来たら、車多くて結局駅の方へ。帰りで判明したけど、そのまま海岸の脇を漁港、照ヶ崎海岸に進める。(駅からも、海を目指せば迷うこと無いと思う。) 日本での海水浴発祥の地の大きな碑があるので分かりやすい。

P7180108で、結論だけど、全然見られなかった。"アオバト目当て"の人も、砂浜にそれらしき人が一人いた程度。カメラと望遠鏡をセットしてた。

ちょっと季節的に過ぎたんだろう。TVKの「あっぱれ!KANAGAWA大行進」の放送じゃ、撮影する人が10人以上いたし、木工?でアオバト作ってて見せてくれた人もいた。

まっ、多少予想してたので、さほど残念な気にもならなかった。少なくとも、場所(サイクリングルート)が分かっただけでも収穫。機会あったら、ちょっと勉強してまた出向こうかな。

今日の走行距離:71.37Km。


7月 18, 2010 サイクリング, 日記・コラム・つぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月 6日 (火)

ここち湯(大和:高座渋谷) 「天晴れの湯」へ

2ヶ月ぶりに、大和(高座渋谷)のスーパー銭湯「ここち湯」、富士山を見ることが出来るという「天晴れの湯」へ。雨の日が続いてたけど、今日は晴れて暑かった。

2ヶ月前では開店早々ということもあって仕組みが良くわからず、「天晴れの湯」には行けず。今回は下調べしたら、カレンダーが書いてあった。(前はなかったと思う。)

http://www.kokochiyu.com/yamato/event-calendar.html

これを見たら、偶数日が、男性が「天晴れの湯」の日。それに合わせて、今日にした。

で、実は、「天晴れの湯」とかは個別の部屋みたいなものと思ってた。今日判ったけど、早い話が露天を含む風呂に2部屋あって、片方全体が「天晴れの湯」。その2部屋を、男湯⇔女湯に日替わりで交代交代で使うというわけ。男湯などが固定と思っていたので、入って部屋の感じが前と違うので違和感を覚えた。

http://www.kokochiyu.com/yamato/openair-bath.html

フキとかが結構植わっていて、上の写真よりも少し自然に近いイメージあり。またガラス窓のせいか、前入った「木立の湯」よりも広々とした感じがした。サウナから、(丹沢など)外が見えるのもいい。ただし今日は、残念なことに霞んでて、富士山とか丹沢は全く見えず。

今回も、何度か炭酸湯に入る。

お風呂の後に、5F「富士見食堂 うまみ屋」へ。前にちらっと見せてもらい、いい展望だったので、窓近くの席にした。(今日は富士山とか丹沢が見えず、残念。) ビールとかチキン南蛮とかを頼む。味とかは、スーパー銭湯だから仕方ないかな。 高層ビル(?)とかでガス調理が出来ないことが少なくないけど、そこもそうなのかもしれない。あくまで推測。

次回は、もう少し天気良い日にチャレンジしようかと思う。

追記:サイクリングロードでの(高座渋谷)「ここち湯」の看板が変わってて、”お風呂の王様”と言う名前になってた。どうやら、ここち湯の母体だった相鉄が、「おふろの王様」運営の会社に譲渡したとのこと。2014年2月。

http://www.sotetsu-re.co.jp/news.asp?topics_no=305

お風呂自体の営業は行ってるようなので、機会があったら、様変わり具合を見てみるつもり。

さらに追記:「お風呂の王様」になって、その様子はブログに書いたけど、今日も行って来た。で、前回はチキン南蛮、今回はしょうが焼きを食したけど、以前よりはましというかそこそこ美味しかった。

食堂の名前は同じだけど、もしかして系列が違ったのかと係りの人に聞いたけど、以前のここち湯の時からとの返事。支配人や料理人が変わったのかな。

7月 6, 2010 日記・コラム・つぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 1日 (土)

スーパー銭湯 ここち湯(大和:高座渋谷)へ

今日は、お薬をもらいに病院に行ったついでに、「ここち湯」へ。スーパー銭湯。小田急の高座渋谷の駅前に、つい最近できたもの。

http://www.kokochiyu.com/yamato/

駅前の区画整理で、結構様変わりしてた。駅から直接じゃなかったし、さほどでもないけど、線路を横切る道が移動してて少し大回り。


ビルのエレベーターで5階へ。降りたら、結構照明暗いので違ったかと思ったくらい。精算の仕組みは、タグ付けて後で精算するタイプ。また、会員になるか聞かれたけど、そう何度も来ないと思ってパス。風呂は別のエレベーターで7階へ。(後で分かったけど、階段もあった。)

お風呂は結構ゴージャス。お茶のお風呂や、炭酸泉が目新しかった。サウナも驚くほど板が新鮮。(電気風呂がないのが、個人的にはちょっと不満。)

風呂上がりに試したのが、骨密度(骨WAVE)測定。無料だった。他にお肌の乾燥度?とか血圧の測定器具も置いてあった。また、5階には食堂もあって、ちょっと覗いて見せてもらったけど、富士山が正面。今日は霞んで見えなかったけど、それでも丹沢の山々が。

ちなみに、ポスターとかで富士の見える風呂もあるとのことだったけど、今日は分からず。後で案内見たら、男女、日で入れ替わりとのこと。入り口などが違うのだろう。

風呂から上がって、1,2時間後に確認したら、少し肌がつやつやした感じ。炭酸泉の関係かもと、ふと。富士の見える露天風呂は、いつかチャレンジしてみるつもり。

5月 1, 2010 日記・コラム・つぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月31日 (日)

境川 (カワセミ、)河津桜、メジロ、蝋梅

昨日、境川でカワセミに遭遇。昨日も帰る際に注意してたけど、再会できず。今日も遭遇するとは思わなかったけど、桜なども気になりデジカメを携えて、プールに行く前のMTBで寄り道。

ちなみにカワセミを見かけたのは、中原街道・新道大橋の少し下流。カワセミに適した木々がある訳じゃないし、見かけたのは初めて。なお、境川での町田のちょっと下流に、カメラの人達が時々集まる場所がある。カワセミが来るような感じなんだけど、そこでも見かけたことは今までない。でも、それ考えると、新道大橋近くでいたとしても不思議じゃなく見間違いの類ではないと思う。

P1310048で、今日の収穫。まずは、新道大橋よりもちょっと上流での、河津桜(カワヅザクラ)。もう咲いてた。ここ2,3日暖かいからか。この近辺では、数本生えてる。数年前は見かけなかったような気がする事もあって、生えたというよりも誰かが植えたんだろう。(念のためだけど、地方自治体の管理で、最近のべつまく無く伐採するケースがあるけど、その難からは逃れて欲しい。)

桜に近づいたら、”チュンチュン”という鳴き声。「メジロ」。しかも2,3匹。写真だと、少し上の方だけど、分かるかな? ここ数年で、こんな近くで見かけたのは無い。カワセミとの比較は可愛そうだけど、メジロに会えてデジカメ携えた甲斐があったと。

P1310053P1310055もう一つ、撮影しようと思ってたのが、黄色の梅。右の方が、先週に(2,3ヶ月毎に行く病院近くの)見かけたもの。夕方だったこともあって、最初”マンサク”かと思ったけど、近くに寄ったら梅と判明。”蝋梅”(ろうばい)。

実は、蝋梅って言葉は聞いていても、実物見たこと無かった。少し近くに寄ったら、名前の由来が分かった。蝋(ろう)のようにてかてかしてる。テカテカ度は造花にすら思えるくらい。

しかも、今回は、その病院に向かう途中で、道路の近くまで張り出してるのを発見。その写真が左。すこし、テカテカ度が分かるかな。

昨日のカワセミといい、この辺りでは珍しい動植物に遭遇して、ちょっとラッキー。良いことに結びつくといいかな。

1月 31, 2010 日記・コラム・つぶやき, 植物 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月15日 (土)

本ブログのカレンダーを一工夫

本ブログでの右の方に表示されるカレンダーに一工夫入れました。記事に応じた月のカレンダーを表示するようにし、その時の月の前月などへ移動できるようにしました。

  << 2009年5月 >>

カレンダーの上部で、上のように表示されている時、”<<”クリックで先月(4月)を表示して、”<<”クリックで後月(6月)を表示します。

http://maximum.cocolog-nifty.com/longer_than_forever/2006/02/__7dcd.html
を参考にさせてもらいました。


カレンダー上部の表示が更新されるのにちょっと時間かかるのが難点です。また、前月や後月に記事がないときにNiftyページにジャンプするのも難点です。少し調べますが、手間の件もあって、このままとなる可能性大です。

8月 15, 2009 ウェブログ・ココログ関連, 日記・コラム・つぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月23日 (木)

遠泳映画「チェスト!」 補足

この前書いた「チェスト!」の補足情報。

女先生を演じた”松下奈緒”さんが、来年3月からのNHK朝の連続ドラマのヒロインに決まりました。

http://www.nhk.or.jp/dramatopics-blog/1000/22669.html

半年くらい前だったか、NHKで水木しげるさんと奥さんご本人が出演されているのを、少し見ました。結構ギャグいっぱい言ってました。その時は、奥さん少しふっくら目だったので、松下さんとの対比では配役は少し意外。でも、松下さんって好きな俳優さんなので、逆にあまりその辺りを気にしないで楽しんだ方が良さそうです。

ちなみに昔、調布に住んでいた頃に、水木しげるさん本人を本屋で見かけたことありました。身体的なこともあり目立ちましたし、結構店員さんが丁寧な対応だったので、判明した次第。その意味でも、本朝ドラ、ちょっと楽しみにしています。


三遊亭歌之介さんは、本を出しました。「月ば撃つぞ!―落語家歌之介がゆく」。いつか見てみたいと思います。


7月 23, 2009 日記・コラム・つぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月 9日 (土)

近くの「サイクルベース あさひ」閉店してた

先だってのパンクの関係で、チューブを購入。今朝近くのショップで入手したけど、今までのブランドと違うもの。昼に走りながら、そう言えば近くに「サイクルベース あさひ」があるのを思いだした。自分のブログで”自転車技士、自転車安全整備士”(08/4/14)として書いたお店。

夕方に久しぶりに他の品物も見てみようと行ってみたけど、更地? あるいは、別の空きになった店舗の方だったかも。同じ方向の、自転車関係でないお店なども見学して帰宅。ネットで調べたら、そこの閉店の旨が記載されていた。

世の中、そこそこ自転車ブームなので??と気になって詳しく調べたら、数少ない閉店の一つ。あさひの出退店情報

周りに大きな公団あるし、幹線道路脇なのに不思議。近くにDIYショップあるけど、自転車はあったかな~。DIYショップに自転車あったら、そのせいだったのかも。まっ、うちの近くのサイクルショップもそうだけど、この界隈での商売の主体はママチャリ。その商売がキーポイントなんだろう。幹線道路脇と言っても、丁度加速する辺りで分かりにくいのかな。元ショップの反対側に、「洋服の青山」が開店準備してた。近隣の飲食のお店も、開閉店があった。結構周りが様変わりしている。

数キロくらい距離があるけど、あさひの別のショップがあるので、今日にでも行ってみるか、、、、。

5月 9, 2009 日記・コラム・つぶやき, 自転車 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月16日 (月)

マイクロ SPA ターバン やっと届いた

NHKの「まちかど情報室」で紹介されたもの。高い吸収力で、濡れた髪を乾かすというもの。「まちかど情報室」のページで商品名を確認して、ネット検索したら東急ハンズでも扱っていると分かった。ただし、都内に出たときに新宿店で聞いたら、品切れとのこと。新宿に出向くことは時々あっても、注文品が届いて出向くには結構遠い。

ということで、横浜の東急ハンズででも注文しようかと考えていたら、、、。アマゾンで扱っていると判明。結局ネット注文した。でも、結構かかって、1月かかった。ハンズ経由でも変わらなかったと思う。ただ、出向く時間分がメリットになったか。

結構値も張るし、何で品薄なのか?? テレビショッピングで”万能クロス「シャムワウ」”というのもあり、そちらと関係しているのか???


昨日と今日使ってみたけど、頭をすっぽり覆う感じ。そんなに縛るわけでもない。効果はそこそこ。途中で、耳の辺りまで狭いところを上げたりしたので、少し寝癖のような跡が残った。

いままで、タオルでほっかむりしたりしてたので、それよりは乾き自体は早い。また、使い方をそれなりに注意したり、そこそこ乾いたら外すことで跡は残らなそう。

当面使うつもり。

3月 16, 2009 日記・コラム・つぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月13日 (金)

練習距離記録を、「Blog Meter」→「ジョグノート」

今まで、本ブログでBlog Meter使ってたけど、文章にしないといけないので、距離くらいしか話題がない時が面倒でした。しかも、長い期間を表示できません。そのため、ついつい投稿が億劫になり、そのためメーターが空白で見苦しくなりました。

今日、ジョグノートなるサイトを発見。 早速登録しました。ブログ内への記載ではなく、そのサイトで記入します。写真とか無く、単に練習記録を残す程度なら、こちらの方が便利なので、利用していきます。以下が、私の記録の場所(サイト)。

http://www.jognote.com/?vid=73e7w.2i8yibq.cov9g

マイリストにも、記載したので、興味あれば見てください。ちなみに、ジョグノート自体は写真のアップや携帯などとの連携もできます。SNS的な使い方も出来て、結構機能豊富。

なお、Blog Meterでのデータは移行しましたが、それ以降はまだ未記入です。明日とか来週にかけて作業予定です。(そもそも、結構長い距離は知ったりした内容の投稿もすべきなんですが、、。)

2月 13, 2009 サイクリング, ジョギング, パソコン・インターネット, 日記・コラム・つぶやき, 水泳 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 2日 (金)

ネットの大会記録で懐かしい名を

ネットサーフィンしてて、昔の知り合いの名前を発見。湘南国際マラソンの記録。

その人(達)とは、もう○十年も前に、前の会社でランニングチームを作った。チームのランニングTシャツを作ったり、河口湖マラソンに出場したり。

会社変わったし、こっちは膝を悪くして10年近く走ってない。おいらを含め、皆そんなに早い訳じゃなかったので、彼がレース出場を続けているとは思わなかった。前に設立したチーム名での記録だったので懐かしかったし、ネットで見つかったのはチーム名での検索で偶然。

「走ってないの」?と、言われそうに感じてしまった。少し膝の調子が元に戻ったので、走るようにしてるけど、レースはまだ無理。練習して、レースにも出れるようにしたいと思った次第。今年はまだ無理と思うけど。

1月 2, 2009 ジョギング, 日記・コラム・つぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月 4日 (火)

アルカリイオン水も、飲み過ぎには注意

1週間に1回程度は、アルカリイオン水の2リットルペットボトルを会社に持って行っている。小さなボトルも含めて、アルカリイオン水は、結構飲む方。

で、今日何気なくネットサーフィンしていたら、アルカリイオン水を飲み過ぎるとピロリ菌が増える可能性があるとの事。”厚生省は「アルカリイオン水の飲用は1日コップ1~2杯にしましょう」と新聞でも発表しました。”と、書いてあるページもある。「アルカリイオン水」、「ピロリ菌」で検索するといくつかのページが見れる。

アルカリイオン水orお茶or爽健美茶なんだけど、何事も「過ぎたるは、、」ということ。明日から少し注意しよう。

3月 4, 2008 健康, 日記・コラム・つぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 2日 (土)

「湘南オープンウォータースイミング2007」申し込み

今朝、速攻で「湘南オープンウォータースイミング2007」へ申し込み。10キロの部。

Mixiで色々教えてもらったこともあって、申し込み開始がいつかをやきもきすることなく作業完了。結構システム化してるというかランナーズのシステム利用のためか、細かい事まで決まっている事が多い。例えば、お金の払い込み順の申し込みで了解するなど。

さすがに、「プールで種目距離を泳いだ事ありますか」の設問には、苦笑。まっ、いないとは限らないだろうけど。

あっ、10キロはウェットスーツ、ラッシュガード等は不可。2.5キロは「ウェットスーツ、ラッシュガード着用可。(ライフジャケット・浮輪類の使用は不可)」なのに。天候(寒かった時)が、少し不安。一応ラッシュガードは持参予定。

あとは、ワセリン。くらげ対策。ワセリンつけるレベルの海での遠泳は10年ぶりくらいなので、どこにしまったか??? カビとかは生えてないだろうけど。

何れにしろ、8月までは水泳中心の身体へ。といいつつ、身体の筋肉のバランスのせいなのか、時々サイクリングなど他の運動を取り混ぜた方が調子がいい。ただし、膝の関係で、MTB中心としてロードレーサーは止めとこうかな。

6月 2, 2007 日記・コラム・つぶやき, 水泳 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月13日 (土)

今年初のニラレバ定食

昨日は、今年初のニラレバ定食。プラス、ギョーザ。チェーンの王将。

たまたま、ビールとギョーザが安い日だった。そのため、実際は、ニラレバ単品+ギョーザ二人前+生ビール。レバーは、二ヶ月ぶりくらいと思う。

でも気のせいか、最近はニラレバ食べても、目の方は良くならない。前は、翌日視力回復するような気分が多かったんだが、、、。レバーの刺し身系だと、まだ良くなるのかもしれない。いつか試そう。

1月 13, 2007 日記・コラム・つぶやき, 食べ物 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月10日 (日)

今日も、ストロークブイで1時間泳

今日も引地台のプールへ。昨日に続いて今日も、ストロークブイで泳ぐ。

目標1時間半、ただし(昨日の疲れの)状況によって15分くらいと思ってたけど、1時間泳げた。そのまま左のストロークを中心として10分くらい続行した。やはり、1時間越えはちょっとつらいというか、それなりの体力つけないと駄目かな。(寄る年波にも勝てないし。)

最近ちょっと気分いいのは、蹴伸びで少し距離が伸びた点。後1メートルくらいで中央(12.5メートル)に頭が着きそう。伸びたといっても、30センチとかそんな範囲だけど。少し工夫したのは、手を少し広げたこと。広げると水中で水平なのかが良く分かる。ほんとは水平というよりも、進む方向と腕の方向。水の抵抗を手のひらが感じる。


ちょっとした宿題があったので、今日は自転車での遠出は止めた。少しどんよりした天気になったのも理由。宿題は一段落したので、来週天気よかったら遠出(多摩川かな?)する予定。

12月 10, 2006 日記・コラム・つぶやき, 水泳 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月 9日 (土)

ストロークブイで1時間泳

今日は、雨の中を自転車でプール(引地台)へ。サイクリングするには、雨で駄目。かといって運動しないわけにも行かないし、、、。昼は、家の中から見たよりも雨が強くて、結構びっくり。

プールは、人が少なかった。50人いただろうか? やはり寒いせいかな。

引地台は、コースロープ内がブイなどが禁止。フリーの方は人が多いと色んな泳ぎの人がいて、少し神経使う。

今日は人が少なかったし、膝がまた痛かったので、ストロークブイでの練習メインへ。最初から1時間泳。当初は、30分くらいで駄目かもと思っていたが、ブイのせいかどうにか達成。昨日と一昨日が宴会だったけど、焼酎にしたせいとか、昨日の最後を朝鮮人参酒にしたのも良かったのかな。


12月 9, 2006 日記・コラム・つぶやき, 水泳, 自転車 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月18日 (土)

境川 車イスレース練習は左側通行?

朝に体重を測ったら、着衣状態で70キロが目の前。やばい! 後、明日は天気が雨。また近くの引地台のプールは、25日まで工事。

仕方ないというか、運動を兼ねて、MTBで湘南台の秋葉台のプールへ。夏に、水が綺麗な屋外プールとして何度か利用した所。パドルつけて、30分、20分、20分泳いだ。

帰りは、ちょっと寒い位。と言っても、下こそ長めの自転車用のズボンにしたけど、上を半袖タイプにしたから仕方ない。

寒さもあってスピード出していたら、少し先のカーブから車イスの二人がこちら方向へ。車イスレースの練習のような感じがしないでもなかった。服装が普段着の様でもあったので、ジョギングで言うなら走り始めと言った感じか。

で、カーブのコーナーの近くで、はち合わせに近い状態になった。向こうが少し並走に近かった事、カーブでサイクリングロードの真ん中に位置することになった事が理由。しかも、向こうは右を走るべきか、左を走るべきか決めかねている様子でもあった。

車イスで複数の人で少しスピード出しているのは、境川では初めて見た気がする。多摩川では、結構見かけるし、スピードもレース並みの人も多いが。また多摩川では、車イスでレースの練習をする人は、左側通行で一致している気がする。

車イス(のサイクリングロードでのレース練習)は、右側通行なのか左側通行なのか気になった1日だった。

11月 18, 2006 サイクリング, 日記・コラム・つぶやき, 自転車 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月16日 (木)

「自転車少年記」を録画予約

ネットサーフィンしていたら、「自転車少年記」というTV番組を発見。テレビ愛知の作成らしい。今度の祝日、23日の放送(12時半から13時55分まで)。

http://www.tv-aichi.co.jp/jitensya/

早速録画が予約した。小説でも有名だそうだが、よく知らない。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/410468001X

なんか楽しめそうな作品。

11月 16, 2006 日記・コラム・つぶやき, 映画・テレビ, 書籍・雑誌, 自転車 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月 9日 (木)

南薩 開聞岳を目指して

今日は鹿児島へ帰省し、実家(川辺 かわなべ)から薩摩富士=開聞岳を目指してサイクリングした。秋との事で、寒さに備えて長袖ウェアを持って行った。天気がよくてラッキーだったが、長袖のせいで暑い位。下を普通のサイクリングパンツにしたが、長ズボンタイプにしてたら、途中でダウンしたかもしれない。

ルートは、川辺から県道29号線(石垣加世田線)で頴娃(えい)方向へ、国道226号線との交差でひたすら指宿・開聞岳方向へ。開聞岳は登山口まで行き、帰りは226号線→県道27号線(頴娃川辺線)。メーターを持って行くのを忘れたので距離は判らないが、80キロくらいかな。MTBだったけど、さほど信号も無かったし昼食も摂らなかったので、20キロ/時近かったかもしれない。

Pb090093県道29号線(石垣加世田線)の所々は、林の中。時々大きなダンプカーが通り過ぎるし、ダンプも含めてスピードの速い車がある。写真のような狭い道と、広域農道として広い道とか幅の広い歩道が備わっている道もある。

Pb090094Pb090096知覧に入ると、茶畑の向こうに開聞岳が見えてくる。いい風景。
秋なので、さほど作業している人はいない。これが茶摘みの季節なら、白い目で見られかねない。その意味では、いいタイミングだった。

Pb090097Pb090098県道29号線(石垣加世田線)の頴娃の入り口と、国道226号線との交差の地点。川辺人としては、頴娃には行き来がないし、特に海岸寄りは、風土も違う感じ。街路樹としてのフェニックスを見ると、特にそう思う。
川辺・知覧・頴娃の合併の話があるようだがどうなる事やら。(本質的に、平成の大合併は大嫌い。)合併の事を頭の隅に入れながらペダルをこぐ。


Pb090101田んぼに植えてあるコスモス。南薩で時々目にした。レンゲのように土地改良になるんだろうかよく判らないけど、綺麗は綺麗。

Pb090104Pb090107左が「背平自然公園(せびら自然公園)」でのスナップ。今回、最も行きたかったもう一つのスポット。よく観光写真などで目にする風景。最初有料道路かなとかいろいろ気にしたが、一般道。しかも駐車スペースやトイレも近くにあるし、写真右の半島のような所は自転車を押しても行ける場所。開聞岳反対側の枕崎などの展望もよく、大満足。少し先に行けば、松などの被らない開聞岳を撮影できる。
橋の途中には、与謝野鉄幹の和歌のプレートがあった。鉄幹自らが鹿児島に来た事があるんだろうか?と気になったが、サイクリングの時は脳みそが限りなく筋肉質なので深く考えない事にした。

「せびら自然公園」を過ぎたら、後は登山口を目指そうとペダルをこぐけど、気分的には一向に山が近くにならない。学校の遠足で開聞岳は登山した事があるので、覚えている風景の一つでもあるかと思ったが、全然記憶にない。覚えてないのか、道路工事などで風景が変わったのか??

Pb090108Pb090114Pb090112やっと、登山口の道路標識を目にする。右に曲がり、しばらくすると上り坂。一般の人だと、少し苦痛かもしれない。途中に神話めいた場所もあったけど、止まると疲れがどっと出そうだったので、そのまま通過した。上り坂のせいか、段々山が近づく。近づいた山を写真に収めたが、いい出来じゃない。仕方ない。
暑さのせいで、一度だけ小休止した。ちょっと残念、ほんとは、登山口まで一挙に行きたかったんだが。
登山口では、MTBも含めて写真を撮る。学校の遠足の時も、こんな風だったかよく判らない。登山の際の断片的な記憶はあるが、上ってみないと判りそうにない。駆け足モードで登山すれば2、3時間なのだろうか。早朝に出発すれば、ここまで自転車で来て、頂上まで上って帰る事も可能かもしれない。次回のテーマかな。

登山口から226号線までは、下り坂。一挙に下れるんだけど民家や学校もあるので、ちょっとスピードをセーブ。

帰りは、頴娃高校近くの国道226号線と県道27号線(頴娃川辺線)の交差まで、とにかく急ぐ。

Pb090115Pb090116県道27号線(頴娃川辺線)は、高台を進む感じ。ハイビスカスがまだ咲いている所が南国らしい。午後になったことや高台のせいか、風が強くなったので、スピードを上げようとする。しかし、風とアップダウンで思うようにスピードが出ない。後、エネルギー切れ。途中で自動販売機でジュースを買う。九州限定で100円の掲示があったので、パシャ。

何カ所か温泉の掲示があった。新しく出来た所もあるようなので、次回は、小さなタオルでも持って行き、途中でお湯につかるのもいいかもしれない。その後汗をかく事になるけど、歳のせいかギンギンにペダル漕ぐだけじゃ物足りなくなってきた。頴娃では「そまんずし」を食べさせてくれるお店も発見したし、、、、。

開聞岳の登山といい、途中での温泉三昧といい、ちょっとした宿題の出来たサイクリングだった。次回にでもチャレンジしたい。(でもその前に、後輪がもう駄目なので交換しないとな〜〜。)

11月 9, 2006 スポーツ, 旅行・地域, 日記・コラム・つぶやき, 自転車 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月30日 (土)

久々のロードレーサー 秋の境川

今日は、久々のロードレーサーでのサイクリング。3月ぶりくらい。前輪のブレーキ関連で、一部錆が発生していた。また、タイヤは空気抜け状態。

コースはいつもの境川を下流へ。結構サイクリングの人が多かった。100人くらいとすれ違っただろうか。

P9300008P9300009飯田の諏訪神社の少し上流のコスモス。ここの橋の近くは四季折々の植物を楽しませてくれるが、久しぶりという事もあって、この前からすっかり秋らしい植物に変わっていた。

P9300013P9300015サイクリングロード脇の農道片隅での彼岸花。群生になっていた。ロードレーサーだったが、一部砂利道になっている農道経由を寄り道して撮影。

P9300017稲刈りをやっている人たちが多かった。特に明日は天気が下り坂なので、今日のうちにとの思いからだろう。

速いスピードのMTBの人と、並走する羽目になることがあった。結果的には、計2,3キロ。手信号で合図くれて、ちょっと気分のいい並走ができた。


9月 30, 2006 旅行・地域, 日記・コラム・つぶやき, 植物, 自転車 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月29日 (土)

番外編かな 隅田川の花火

朝に湘南までサイクリングしたが、夜は隅田川の花火大会という事で都内へ。まっ、直接本ブログのサイクリングなどと関係しないけど、同じ”川”つながりという事で。

P7290029いつもサイクリングに持って行くカメラでの花火の様子。うまく撮れていない。

ここ2年は、大学の同窓生の実家の屋上からの花火見物。他の同窓生は、結構前から続けている。今年は、途中雲行きが怪しくなりハラハラした。

実は、花火大会の前には神田の本屋に寄っているので、朝のサイクリングまで含めると体ガタガタ。明日は、少し体を休めよう。

7月 29, 2006 旅行・地域, 日記・コラム・つぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月 4日 (木)

境川 源流〜河口 道草編

今日の境川の源流〜河口までのサイクリングの道草編。

P5040002町田の少し上流で見かけた”アヒル”。2羽で、しかも最初ぐったりしているように見えたので、生きているのか気になった。写真を撮ろうとしたら動き出したので、一安心。

P5040003アヒルの場所よりも更に上流(アスファルトが途切れた先)の”藤”。薄い赤紫色なのが、何とも言えなかった。そんな品種なのか、交配でそんな色になってしまったのか???

P5040004藤の場所よりも更に上流。”ハナミズキ”。ハナミズキは、街路樹には多いが、サイクリングロード脇ではあまり見かけない。大きくなるスピードも葉の茂り方も、サイクリングロードの木としては中途半端なのかもしれない。中高の木で、低い位置での葉や花が楽しめないし、かといって葉が茂って日陰になる訳でもない、、、。
しかし、この木を見るたびに、そのいきさつをふと思い出してしまう。日本がワシントンDCに桜を送り、そのお返しとして大正時代にハナミズキがアメリカから送られたというもの。太平洋戦争の遥か前の、日米友好の賜物。

P5040008境川源流「大地沢青少年センター」近くの風景。昨年は結構神秘的だったが、今年は既に草が生い茂ってしまっていた。

P4170103P4170104昨年(4月17日)は、左の写真のように、小さな青い花をつけた草が一面に広がっていた。

P5040011P5040017「大地沢青少年センター」入り口あたりの風景。カエデの若葉が真っ赤で、まるで紅葉しているよう。もう片方は、”グミ”かと思うが、木肌が松のようになっていたしトゲもあまり見かけなかったので違うのかもしれない。

5月 4, 2006 旅行・地域, 日記・コラム・つぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月20日 (日)

愛知県 香嵐渓

愛知県の香嵐渓(こうらんけい)へ行った。モミジ紅葉の名所との事。自転車じゃなくて、バス旅行。結構印象的な旅行となったので、こっちに日記として書いておく。まっ、自転車で向かう人を何人かは見かけたので無関係でも無い。

出発は東京駅。「はとバス」。参加した団体は年に2回ほど「はとバス」使うとの事で、向こうも心得てる所が時々。ガイドさんのガイドぶりにも感心した。神奈川の外れから東名から下りる頃までしゃべりっぱなし。メモなし。富士山の近くでは”コノハナサクヤ姫”などにも話が及び、お茶やミカンの健康や有効活用の話、徳川家康等の戦国・幕府などの歴史系の話し、、、、。来年の大河ドラマの山内一豊の城(掛川城?)がバスから見える/見えないの時は、車内盛り上がりだった。

お茶は、沈んだ粉状の”かす”のような所に効用があるそうだ。また車内で温かいお茶が出た。小さな紙コップに注いだもの。最初は、あっ美味いなと感じた程度。2度目の時に、ふと嗅ぐと、いい香り。最近飲むのは、ペットボトルのお茶。そのせいか、余り匂いを意識しない癖が付いていたようだ。

PB200014現地に近づくにつれ、のろのろ運転。結局その運転が2時間近く続いたとのこと。途中で、徒歩チームがバスを降りる。1時間くらい歩いて到着。30分くらい見物。バス組は、見物終えた頃に到着。時間がなかったので、そのまま宿泊所へ向かい結局バス組は紅葉を見れず。

地元の人達が植えたモミジの数が増え、観光地化したとの事。シーズンだったので人が多かったが、人の少ない時に歩いてみたい杉並木も。

バスの中から、1,2台の自転車を見かける。歩いている時でも2,3台の自転車とすれ違う程度。まだまだ日本での自転車は、マイナーと思った方がいいのかもしれない。

それにしても、地域が違うとモミジや銀杏の色がこんなに違うものなのか。今年の関東の銀杏は今一つ。不思議なもんだ。

結構高齢の人が少なくなかったが1時間も歩いて驚いたり、名ガイドに感銘したりと楽しい一日だった。

11月 20, 2005 心と体, 旅行・地域, 日記・コラム・つぶやき | | コメント (0) | トラックバック (1)

2005年9月 3日 (土)

境川 少し秋

今日は自転車で、境川経由で藤沢の秋葉台のプールへ。

P9030001水田の稲は、少し穂が出ている状態。暑さのせいか、普段より早めの生育のような気もするが勘違いか。


P9030004境川には所々コスモスを植えてある所もあるが、ピンクや白のコスモスはまだ。黄色のコスモスは咲いていたのでパシャ。個人的には、ピンクや白の方が秋には似合っていると思う。(黄色の方は、春にも咲いていたような気がするので、なおさら。)

9月 3, 2005 日記・コラム・つぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月 7日 (日)

今日は近場をゆっくり

今日は、天気が良かったせいか、昨日よりも暑い暑い。

昨日の疲れもあったので、大きなプールへ。泳いだ後、ギョウザのチェーン店で割引券使ってニラレバ定食をと決めていた。ところが!!、競技会で一般の遊泳は不可。余りにがっかりした姿がオーバーだったのか、交通整理のおじさんが笑っていた。こっちも引っ込みつかなかったので、「今日だけ?」。

考えてみると昨日の多摩川沿いのプールの施設では、50メートル以外に流れるプールや25メートルプールも多かった。これも水のもたらすメリットか。

1キロくらい離れた温水プールへ行ったが、すごい混雑。まっ、夏場の混雑には慣れてるし、今日は昨日の疲れもあって休み休み。するとプールの常連さんが声をかけてきた。ちょっと雑談して、少し離れた所の最近出来たプールを教えてもらう。次回にでも行ってみるつもり。

大きなプールへ行く時や小さなプールへ行く時も、なるべく路地裏を走る。「ハイビスカス」を発見。昨日の多摩川への途中でも見たけど、最近は綺麗さよりも暑さを更に感じる。(今日のは鉢植えだったけど、昨日のは直植えだったような気がする。)ただし今日は、胡蝶蘭の小さな鉢も置いてあったり道に打ち水してあったりして風情を感じて良い感じ。

8月 7, 2005 日記・コラム・つぶやき, 趣味 | | コメント (0) | トラックバック (0)