2009年2月 8日 (日)

「温州ミカン」→「さつまオレンジ」あたりがいい?

今日のとある会合の帰りで、ご一緒した人の話が面白かった。特に「温州ミカン」ネタ。

「温州ミカン」(うんしゅうみかん)の”温州”って、元は中国の地名。発音は若干違うけど。早い話が、今で言う偽装産地ブランド。二人で多少笑いながら、中国の偽ブランド言う前に、さっさと「温州ミカン」使わないようにしちゃった方がいいのにと。(リンゴとかコメとか、中国では結構ひどいことが行われているみたい。)

ちなみに海外では、温州ミカンを「サツマオレンジ」「サツママンダリン」を呼んでるそうだから、丁度いい。個人的には、平仮名書きの「さつまオレンジ」あたりが良さそうに思うけど。

これ以外にも、ご一緒した人の話は参考になった。アジアの歴史系の話が多かった。その人とは、偶然帰りの方向が一緒。世の中いろんな事があるもんだ。

2月 8, 2009 経済・政治・国際, 食べ物 | | コメント (0) | トラックバック (0)