2015年10月23日 (金)

鶏刺+クレソンが絶妙

今日、(鹿児島の)親戚でご馳走になった、鶏の刺身+クレソンが絶妙。醤油との関係なのか肉との関係なのか、クレソンのピリピリ度が微妙に違う、、、。あと、生シイタケ焼きに少し醤油垂らして食したりして、なんか至福の時。

考えてみたら、鶏の刺身+クレソンって余り目にしない。焼肉とクレソンの組み合わせは、結構目にするが。まっ鶏の刺身自体が、鹿児島など一部の地方で食されてると言っても過言じゃないし、+醤油か、+にんにくや+大葉辺りが定番のせいだろうか。

親戚は自宅(近くの川べり?)で栽培しているようで、結構増える時があるとのことで、「売るようにしたら?」と言ったけどその気はないみたい。


実家に帰って調べたら、抗酸化作用があるとか、結構健康に役立つようだ。これから時々摂取しようと思う。

追記:自宅近くのスーパーで探したけど、季節の関係か、置いてる所が少ない。また、鶏の刺身が売ってなくて、他の魚とかとの組み合わせにしてみたけど、この前の絶妙さが無い。醤油も関係しているのかも。

また、水耕栽培もどきで育ててみたけど、今一元気が無い。台所の隅なのが良くないのかもと、外の小さなプランターで育ててみることにした。

10月 23, 2015 植物, 食べ物 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月28日 (日)

境川をのんびりジョグ カルガモやキンメイチク

今日は、境川をゆっくりジョグ。色々脇道を通ってみようと。

P6281285竹。以前から気になってたもの。突然変異かな~、それにしては位の気持ち。この前撮影したけど今一で、今回再チャレンジ。

帰ってから調べたら、どうやら「キンメイチク(金明竹)」と思える。まだら模様が結構素敵。竹林にしてて有名な所があったり、場所によっては天然記念物に指定している所もあった。

P6281300P6281301P6281304こっちはカルガモの子供たち。田んぼに放ってるけど、他の鳥に捕まらないようにと逃げないようにを兼ねて電気柵にしてあった。帰りにも見てたら、他の人に昨年もいたか聞いたら、いたとのこと。気付かなかった。


P6281296P6281310カルガモの親の方がいる所が複数個所あって、少しのんびりした気分。

P6281309また、田んぼに除草剤散布の掲示があるところも。まっ、夏に元気というかハメ外す子らが川で泳いでるけど、やっぱり少し考え物だよな~と思ったりもした。


追記:何気に目にしたTV番組「相棒」(の再放送)で、キンメイチクが登場した。ゲストが三田佳子で、二人のツーショットで登場した。エンディングに「川口市立グリーンセンター」って出て、調べた時での生えてる場所として代表格の所。

6月 28, 2015 ジョギング, 旅行・地域, 植物 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月17日 (日)

ヤマボウシの実 試食

今日は、ヤマボウシの実を食べてみた。サイクリング中の尾根緑道と、自宅近くの幹線道路の街路樹のそれ。

P8174931P8174933P8174934P8174935写真は左から、尾根緑道、自宅近くの街路樹、自宅近くの街路樹-2、実の様子(右の方が街路樹)。

ライチの実を相当小さくした感じ。ただし皮は柔らかい。熟すとオレンジや赤色になるけど、自分の見た感じ赤くなる前に落実しちゃってる。

意外にも尾根緑道のよりも幹線道路の実が若干大きいのは、肥料などが関係するのか?? ただし、実が大きいのは種も大きくて、食べられる量はさほど差が無い。

実は幹線道路の方のは、花が咲いてもハナミズキ、あるいはその仲間程度に思ってた。少し離れた所に、ハナミズキを街路樹にしている所があるため。

それが今年の春、トレランなどでヤマボウシの花が気になって調べて花・木の名前を知り、ハナミズキとの区別を書いてるページや街路樹に使われてることなどを知った。そもそもハナミズキの正式名称がアメリカヤマボウシ。そしてヤマボウシの実が食べられることに言及しているページもあって、夏とか秋を心待ちにしてた。

先週、その幹線道路を歩いてみたら、ヤマボウシの実がいくつか落ちてる木があった。風雨のせいかもと思ったけど、熟れてる感じもしたので、2つほどもぎ取って自宅で食べてみた。片方は少し硬かったけど、熟れてて食べられた。ということで、今日たくさん採取。

ほんのり甘いのは良いんだけど、種があるのと、実毎の量がさほどではない。ジャムとかにするのは大変じゃないかと思う。ただし、もしかしたら大きな実のなる品種があるのかもしれない。

まっ、興味あれば結構街路樹とか公園に生えてるので、食してみては? (似た実は無いと思うけど、まっ自己責任で。)


8月 17, 2014 植物 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月27日 (日)

多摩川・羽村まで 帰りは雷雨で散々

今日は、そこそこ運動しようと思って自転車で多摩川の羽村取水場まで向かうことにした。走りだと少し疲れが溜まってるのと、暑すぎ。なお、天気予報では夜から雨とのことで、まっ大丈夫だろう位の意識。(関東の山沿いでは午後から降るかもと言ってて、少しは気にしてたんだが。)

境川では河川の清掃をやってた。NPO主体? 町田の少し上流で見かけた掃除でのゴミが結構多くてびっくり。やはり町田近辺はゴミの量というか自転車を含むゴミ山の形状が半端じゃない、、、。

尾根緑道も結構暑い。人はまばらだけど、自転車の人よりも走ってる人のほうが多くて少し以外。緑道でのトイレ脇のひまわりが、結構背が高くて驚いた。ここのは1本のみで、えらく高く伸びてた。他でもヒマワリは綺麗に咲いてた。

関戸橋くらいまでは、体力的にはまあまあ順調。その後多摩川になると、少し向かい風のせいもあって、体力が空回り。スピード落とすようにと緑色の帯の部分がいくつかあるけど、そこでのガタガタが腰に響くようになって来た。

タンクトップだったし、関戸橋くらいまではさほど暑さも感じなかったけど、くじら運動公園など多摩川の上流になると、暑さも堪えるようになって来た。福生の南公園で頭から水かぶったり、自販機でドリンクなどを購入。自販機で2本飲んでるほんの数分間で、サドルが「あちっ」と驚くくらい熱くなってたのにはびっくり。

羽村取水場までにして、オニギリ食べたら少し水遊び。多少足がつるかもしれないのは避けたかったけど、夏場しか経験できそうに無いので、さほど躊躇することなく河川敷へ。

川の水は結構綺麗だし、小さな魚などもいた。水温も山のような冷たさでもなくて、ちょうど良かった。ただし、上がって靴を履こうとブロック石の上を歩いて大またぎしたら、少しつりそうになった。ヒヤッとしたけど、ちょっとしたマッサージで対応、そしてその後消炎剤。

トイレ脇の水道のとこで休んでたら「暑いね~」と話しかけてくる人。そうですねとか言ってて少し話してたら、別の人も来た。おじさんたちとちょっと会話。刺青って血圧下がるとか、スズメバチは外来とか。なお羽村から羽田というか河口まで50キロくらいなんだけど、どうも往復で200キロと受け取られるようにしゃべった気がする。間違いです、ごめんなさい。(刺青やスズメバチの件を帰ってから調べたけど、前者は的確なのがすぐには見つからず。後者は、スズメバチの中に非常に危険な外来のはいるみたい。)

その後再スタート。上流側を見たら、少し黒っぽい雲がポツリポツリ。嫌だなーと急いだけど、黒い雲が広がるし段々近づいてくる感じ。少し風も出てきて、予報と違うじゃん!てな感じ。天気予報では、群馬などの山沿いでは荒れるかもといってたけど、横浜などの雨は夜からとの予報だったので。

関戸橋あたりだったか、少し雨粒が落ちてきた。そしてモノレールの大塚駅あたりからは、土砂降りになってしまった。時々突風も。当初は帰りも尾根緑道経由にするつもりだったけど、尾根緑道近くになると雷の音が聞こえるようになった。時々閃光も見える。尾根よりも平地というか境川経由がいいかなと、境川(橋本方向)へ下った。京王線との交差地点から、境川のサイクリングロードを利用。

尾根への道では上り坂でスピードがなかったので雷音の区別がついた。が、サイクリングロードになると、風を切る音と雷(特に遠雷)の音が区別つかない。光ったら少しスピード緩めて、雷音を確認する時が何度かあった。最初は心地よい雨程度に思っていたけど、雷音が近づくし、時々バリバリという音。結構不安になってきた。ただし、今日はさほど冷えた風でもなくて、というか暑過ぎて?、雨宿り判断が難しかった

雨の中漕いだけど、宮前橋近くで、木の近くで雨宿り。合計20分近くすごしたか。オニギリとかジェルなどで栄養補給も。一時的な雨かなと思ったけど、雲の切れ間がなかなか無い。というかどんどん少なくなってく。雷は、近づいたり、少し収まったり。数回、近くで落ちたような音もして、ますます天気予報と違うじゃん!てな感じ。また、 濡れたサングラスをポシェットに入れてたけど、再使用しようとしたらえらく曇ってしまった。その後はサングラスは利用せず。今気づいたけど、葉っぱとかで揉めばよかったかな。

町田の駅脇を過ぎて、枝道の向こうの公園のサルスベリが目に入った。普通の木のようにと言うと変だけど、あまり選定してない樹形。しかし、立派に咲いてる。教科書的にはサルスベリって、伸びた枝を選定する。なので、普通の家庭のサルスベリは、太い木から細い枝が伸びてそこに花が咲く。中間的な太さの枝はなかなか無い。それがその公園のは、自然と細くなってる感じ。全く剪定しないと逆にあんなに綺麗に咲くもんなのか??? 結構不思議な感じ。

町田を過ぎたら、一時的に日が差してきた。印象的だったのでパチリ。

それにしても町田界隈はいろんな人がいる。今日の変な自転車連中は、サイクリングロードからマンション側の通路に入り、こっちの直前で横切るようにサイクリングロードへ。うーーん。

距離は113.4kmとしておく。雷雨への遭遇が結構堪えたけど、それなりの運動にはなったし、羽村では面白い話も聞けたので良しとしよう。

写真と写真へのコメントは、以下のGoogle+の一般公開でアップしている。
https://plus.google.com/photos/108703789592645092142/albums/6043880223663922881

20140727 多摩川・羽村まで 帰りは雷雨

7月 27, 2014 サイクリング, 植物 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月24日 (火)

ドクダミ駆除にラウンドアップマックスロード アリ退治はアリの巣コロリ

今まで何年も、草取りで大変だったのが「ドクダミ」。抜いても抜いてもまた生えてくる。スギナもそれに近いけど、ドクダミの方は普段でも嫌な臭いがする。抜く作業時は、臭いが大変なものだし、蚊の襲撃も多い。

今年はどうにかしたいと思い、調べて目に付いたのが「ラウンドアップマックスロード」。

近くのホームセンターでも売っていたので購入。

相当希釈する必要があるが、自分の場合、数倍に希釈して”刷毛”で直接ドクダミの葉に塗った。一応サングラスを着用して、ゴム製の手袋を使って作業。

P6174804P6244806P6244807左が塗る前。右2つが、塗ってから1週間後。

結構枯れている。最右の写真でタマリュウまで枯れてしまっているのは、つい横着してタマリュウなどにも塗ってしまったり、残った液を撒いてしまったためだ。次回からは、刷毛を使うにしても、もう少し希釈した方が良さそう。

結構効果があった。今度の春や夏に、どれくらい生えてくるか観察してから考えるけど、そうたくさんは生えて来そうに思えない。生えてきたら、また塗ろうと思う。


今まで何年も、大変だったもう一つが「アリ」。2,3年前からは、家の中で見かけた場合は出てくるところを探して、パテを塗ったりした。特に効果があったのは浴室。殺虫剤で一時的にいなくなっても数日したら出てくることがあったが、パテで塞ぐようになってからは家の中で見かけることは皆無になった。

後は家の外というか、庭など。こちらは、「アリの巣コロリ」を重宝している。(相当以前にアリメツを使ったことがあったが、自分の周りのアリには「アリの巣コロリ」が有効なようだ。)

アリの巣の近くや列の途中に置くようにしている。

今年はアリそのものの行列を見かけず、いなくなったのかなと思っていたら、数日前に行列発見。結構なアリの数で驚いた。雨が長くて、晴れ間の間に別の巣を作ろうとしていたのかもしれない。

そんな時に限って、「アリの巣コロリ」のストックが無い。翌日早速買いに行って、行列の途中の2箇所に置いた。気のせいか(アリも勉強したのか)「アリの巣コロリ」の容器の中に入ってくるアリが少ない。少し顆粒を行列の途中に撒いた。

すぐにアリが反応したわけでもないけど、翌日や翌々日になると行列のアリが少なくなって、その後は分からなくなった。容器の中に入るかどうかは、アリの腹のすき具合に関係するのかもしれない。1,2日程度は気長に(?)待つのが良さそうだ。今までもそうだったんだろうけど、今回は久しぶりにアリの行列に遭遇したのとアリの数が結構多くて、ちょっと焦ってしまったようだ。


ということで、今年はドクダミとアリに関しては、結構気が楽になってる。

6月 24, 2014 日記・コラム・つぶやき, 植物 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月 8日 (日)

黄ズッキーニは子房から黄色

昨日は雨で、歩きでプールへ。その後、回転寿司「スシロー」。新メニューで目についた”ズッキーニのラザニア風”など。食事後に雨の中、散歩気分で帰路に。すると、ズッキーニ畑が目に飛び込んできた。以前もあったか少し記憶が不確かだけど、そこそこの広さ。

で、目を凝らすと、緑のに交じって、黄ズッキーニがポツリポツリ。しかも、花のすぐ下というか子房部分が黄色い。虫とかにやられたにしてはと思いつつ、自宅で検索。すると、黄ズッキーニは子房から黄色のが普通と出てた。結構意外。ピーマンにしろパプリカにしろトマトにしろ、実が緑から黄色や赤に変わってくのが普通と思ってた。ズッキーニの仲間のかぼちゃも同様。(形の似てるキュウリも、黄色くなるのは日が経ってから。まっ、キュウリに黄キュウリがあるわけじゃないけど、、。)

今日も曇り&もしかしたら雨だったので、プールにして、その途中でデジカメ撮影することにした。

P6084795P6084793P6084794左の写真での、中央少し左の花の部分が分かりやすいと思う。右の写真が、普通の緑色のズッキーニ。


食事した後にその食材の栽培の様子を目にして少し奇遇に思えたし、そもそも知らないことだったので勉強になった。次回も”ズッキーニのラザニア風”とやらを食べてみようかな。

6月 8, 2014 日記・コラム・つぶやき, 植物, 食べ物 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月 5日 (土)

桜花見 乞田川、多摩川(+ニヶ領用水)、大栗川

今日は、桜を見ようと多摩川方向へ。下流方向へとは考えてたけど、途中の登戸近くに行ってみたいニヶ領用水があるのを思い出した。できればそちらも。

尾根緑道から大栗川へと考えてたら、尾根緑道が桜祭りで自転車も通行止め。係りの人に自転車は許してみたいな目で訴えたけど、駄目だった。なお、もっと桜美林あたりに掲示してくれないと、自転車で上った人達には酷。また下って上る必要があるんだから、、、。さすがに、来年とかはどうにかして欲しいと思った。

で、勘を頼りに多摩川方向へ。結局乞田川に行き着いて、そこ経由で関戸橋→多摩川へ。

ニヶ領用水はなかなかいい風情。ただし、多摩川から離れるにつれて宴会モードの人が多くて、風情とはちょっと違った雰囲気。なお、以前新聞か何かで古い施設が紹介されてた。帰って再度調べたら「久地円筒分水」。花見会場で係りの人に有名な施設とか(こっちの勘違いでおわんのような施設と言ったこともあって)聞いたけど、分からずじまいだった。なお、久地円筒分水は少し距離があって、今回は人が混んでて行かなくて正解だったかも。

天気予報は悪くなかったのに、途中で少し暗くなって冷や冷やしたけど、乞田川、多摩川(+ニヶ領用水)、大栗川の桜を堪能。

多摩川は、桜の他に、ハマダイコンやユキヤナギがきれいだった。なお、距離は128.45km。


写真と写真へのコメントは、以下のGoogle+に一般公開でアップ。
https://plus.google.com/photos/108703789592645092142/albums/6019550641921811377

4月 5, 2014 サイクリング, 旅行・地域, 植物 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月 5日 (火)

家庭菜園でアイスプラント

2ヶ月くらい前にホームセンターで「アイスプラント」を見かけたので、庭先で栽培している。「アイスプラント」は、佐賀での塩害対策として栽培され、結構広まってきた植物。前はデパートとか専門店でしか見かけなかったけど、最近は近くのスーパーなどでも販売している。淡い塩加減と、小さなぶつぶつのせいか葉触りの面でも楽しめる。

P60501733,4回は摘んで食べた。

買った当初は、葉っぱが普通の植物と変わらない。食品として売ってるのと結構違った。試しに1枚くらい摘んで食べてみたけど、塩味もほとんどしない。

定植してしばらくは水のみを与えていたけど、やはり塩水が良いんだろうと考えて、1,2週間に1度塩水を与えることにした。

最近は、写真のようになって、淡い塩加減が出てきた。自分ちで育って、ちょっと一安心。

塩水と葉っぱの塩分濃度がどれくらい関連するだろうと、買って2,3週間して調べたら、データを並べて関連性が薄いとのページを見かけた。でも実際塩味になってる気がするよな~とか、葉のぶつぶつが塩気を感じるのかなとか思ったりした。ついこの前、「ためしてガッテン」では、パセリの苦みが葉のちぢれによるものと聞いて、まだまだ人間の味覚では分からないことがあるんだと認識したのも関係する。なお、直近で再検索したら、塩水と葉っぱの塩分濃度の関連性を述べてるページのみだった。(関連性が薄いとのページを見たこと自体が勘違いだったのかも知れない。)

あと、”アイスプラント 塩分濃度”とかで検索すると、塩分(ストレス)でアイスプラントの性質が変わるとか、りんご酸との文字も見える。塩分と一緒にリンゴ酸の関係で、さらに塩っぽく感じるんだろうか。いくつか論文などもあり、興味ある人が少なくないんだな~との印象。

春での購入なので、冬場とかが気にはなる。ただし、越冬できたとのページもあるみたいだ。塩水の件以外は、特に育てにくさとか注意点は無いように思うので、種苗店などで見かけて興味あれば栽培してみてはいかが。

6月 5, 2012 植物, 食べ物 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月23日 (金)

高尾山 シモバシラとダイヤモンド富士

”シモバシラ”って、植物で、冬の寒い時に茎の所から氷が霜柱のように出てくるというもの。色んな形のをネットでも見ることができる。高尾山へのトレランやグループ登山の下調べの際に、山行記を読んで興味がわいてた。また、冬至の頃には、高尾山でダイヤモンド富士を見ることができるとのページもあった。今回連休中にと考えて、いつにしようか悩んだけど、今日23日にしてみた。どうせ歩きになることが多いのと、朝シモバシラを見て夕方ダイヤモンド富士なら時間が余るため、色々散策してみる作戦にした。

4時くらいに起きたけど、さすがに寒くて、6時くらいに自宅を出た。片倉の駅だったか、ちらっと富士山が見えて、「ラッキー」と思った。ただし経路検索では、高尾での到着と小仏行きのバスが1分違い。でも、八王子で1本前なのか電車に乗れて、バスに少し余裕で並ぶことができた。さらにでも、バスの行き先が別のとこだった(だったはず)ので、小仏行きを待ってる間に携帯操作してたら、本来の小仏行きのバス出発時刻を過ぎてた。ついさっきのバスが小仏行きだったみたい。

なんで小仏行きにしたかというと、蛇滝経由で登ってみたかったのと、蛇滝口バス停近くの水飲み場があったはずで、そこにもう一回行ってみたかったため。予定を考えた時点でも、(水飲み場の確認もあるので)走ってバス停まで行こうかなと思っていたので、あっさり高尾駅前からラン。なんか今日1日を暗示するようなスタート。良くもなく悪くもない感じ。まっ、グループでの登山でもないし、昼に余る時間もあることから割り切ってた。

格好は、下は昨日買ったCW-Xと冬用のズボン、上はTシャッツ+長袖シャツとちょっと防水の登山用上着。軽量ダウンをバッグ内。他は耳当てを大抵つけてた。靴はトレラン用。リュック内には、テルモス、スキットル(中身は焼酎)。他はコップとか固形食とか地図、、、。(ガーミンGPSは持参せず。)

Pc231540Pc231541Pc231542途中での「イノシシ出たぞ~」の掲示と、蛇滝口バス停や登山道入り口の様子。

イノシシの掲示は、夏場も見た気がするけど、勘違いならごめんなさい。また、水飲み場は、見落とした? もしかしたら、夜間はシャッターなり戸を閉めてるところなのかも。

Pc231545Pc231546Pc231549Pc231551Pc231552Pc231556

蛇滝のコースは高尾山の他のコースとの比較では全体的には短くて、断片的には面白いものの大勢で長く楽しみながらという選択肢にはノミネートしにくいかな。

修行場まではアスファルト。脇に水路や水場もあるけど、そう長くはない。修行場は門が閉まってて、登山自体も断念と思っていたら、お坊さんのような人が顔を出していたので訊いた。門の手前の上り階段の方を進むとのこと。どっかに書いてあったかもしれないけど、少し分かりにくかった。ある意味、登山ルートはサブというか便乗なんだろう。

9折りの掲示がちょっと面白かった。写真では分かりにくいけど、石に手書きで9つのうちのどれかを書いてる場所もあった。

Pc231557Pc231558蛇滝コースは、霞台(かすみだい)に通じる。8時半くらいで、お店が少し準備しかけてる程度。ケーブルカーも動いてたけど、人は少ない。いないのを見計らっての撮影。

Pc231559Pc231560一度蛇滝コースを下って、分岐点から2号路の方へ。ここも距離は短い。道狭いし、階段急。ケーブルカーを降りて、早めに登山気分になりたかったら悪くないコース。

少しジョグっぽく走ろうとしたら、道の真ん中にものの影。生き物かとか思ったら、リュック。「えっ~」と思っておそるおそる近づくと、リュックの脇に剪定用の中くらいの棒。目をこらすと、10メートルくらい下の方に人がいて、剪定のような作業をしてた。そのまま過ぎたけど、この類の作業では掲示とか複数人でやって欲しい。(これに関しては、また別件も発生。)

Pc231561Pc231562薬王院も、まだ人はほとんどいず。また、もう正月の準備がチラホラ。

9時にはビジターセンターが開き、そこでシモバシラとダイヤモンド富士の最新情報を聞こうかと思ったら、10時からだった。ということで、事前にシモバシラポイントで調べてた、もみじ台の北側まき道に行くことにした。そのネットでの書き込みでは、他に”5号路の南側や北側の江川杉”と書かれてたので、その後5号路(南側)に回る作戦。

Pc231564Pc231565Pc231567もみじ台の北側まき道を早歩き。探しても見つからず。

そんなに急いでもいなかったけど、グループの後に付いたら、「特急通過」って言われちゃった。(もしかして御岳山での遭遇グループと同じかなと思ったけど、気分的に訊く余裕無し。)

まき道合流まで行って見つからなかったので、折り返し。見つからなかった記念に、掲示だけでも撮影しとこうとパシャリ。

その後5号路の南側を早歩きしたけど、日は差してるし少し暖かいようにも思えてほぼ諦め。(ふと思うに、水場みたいな所があったけど、位置的にどう考えても飲むべきじゃないかな。)

帰ってから思うに、シモバシラのためには、(北側の)山頂直前から、とにかく北側のまき道を小仏城山まで進むとの考えが良さそうに思う。朝早くに狙うのなら、その方が作戦としてもシンプル。念のためだけど、その分霜柱などもあるので靴などには注意。ただし、奥高尾はメインのルートも結構ぬかるんでるから、シモバシラ見物のため以外でも注意は必要。

”5号路の南側や北側の江川杉”と書かれていたのを”5号路の南側の江川杉”と記憶していたせいか、江川杉も見つからず。時間的にも10時前だったので、多少諦めて6号路に向かった。6号路って下ったことがなかったため。(よくよく考えたら、以前6号路を上る際に大川橋で折れてしまい、本来の6号路の沢の方を登っていなかったようだ。つまり、以前は6号路全部は登ってなかった。)

Pc231571Pc231572Pc231573Pc231575(今回は大川橋までにしたけど)落ち葉あり、ミニ沢ありで面白いコース。

左から2番目の写真は、根っこの途中が切られているので撮影。分からなくもないけど、そこだけ階段にするとか工夫できるように思うんだけど。

なお、結構人がいて、こちらも驚いた。そう言えば、6号路って下り禁止だったのは、もう解除だよなと気になったけど、掲示もないし登る人達も言わなかったので、今は問題なしだろう。

Pc231577「ごまだんご」。

Pc231579今まで行った記憶が定かじゃない仏舎利塔で、小泉元総理(厚生大臣当時)の筆を見つけたのでパシャリ。

Pc2315806号路を登った時に消防の人や車両を見かけ、もしかしたら朝の伐採の人というのが頭をよぎった。タコ杉辺りを歩いてたら、結構な数のレスキュー隊員。さすがに驚いた。ちょっとした高山での活動に近い。霞台ではレスキューのバイク(クイックアタッカー)が2台とか車も。

Pc231581「三幅だんご」。「ごまだんご」と合わせて、朝昼兼用の食事。今日の登山のテーマの、脈絡の無さ^.^;が露呈。多少ツアーガイドの下見みたいとも言えなくはないか。

ちなみに団子は、個人的には甘い方が好きなせいか、三幅だんごかな。2つの対比では、少し柔らかいのも好み。(多少の疲れや冷えも影響してそう。)

Pc231582Pc231583左は、夏場だとビアマウントになる建物の上の階からの撮影。展望自体は悪くなくて、筑波山なども見えた。

右は、薬王院の石車。撮影してたようなしてないような気もして撮影。

ビアマウントを降りたら、ガイドサービスのコーナーがあった。臨時的なテントの設営。時間によってはガイドをしてくれるみたい。ちょっと寄って立ち聞きしたら「シモバシラ」のことを話している雰囲気。直後に確認したら、一丁平で見かけたみたい。(実は、ずっと”いっぺいだいら”と覚えてしまってて、上手く会話にならず。ちょっと失態。)

また山頂目指そうとしたら、レスキューの人が蛇滝コースのすぐ近くにいたので、朝の伐採の人のことを話した。どうやらその人ではなくて、一般の登山の人みたい。

山頂へ12時ちょっと前。ビジターセンターが開いていたので、シモバシラやダイヤモンド富士、江川杉の事を聞いた。丁寧に教えてくれた。シモバシラは5号路でちらっと見たように言ってたけど、、、。ちょっと勘違いかな。江川杉もすぐに教えてくれたけど、自分の慣れた地図の方が良かった。江川杉は後で見つかったけど、北と南を逆に思ってた。ちなみに江川杉は、山頂の手前で5号路に入るとすぐ。それなりの大きさの掲示がある。杉そのものというよりも植林地のことを言う感じ。

少し前のガイドコーナーもそうだけど、この類は聞いた方が早いし、理解するには慣れた地図などで的確に覚えるような方法が良い。何度か失敗してるんだけど、今日さらに感じた。

5号路北側、もみじ台、一丁平の北側まき道を歩くけど、シモバシラは見つからない。12時を過ぎてるしほとんど諦めてて、一丁平の終わりの方へ。カメラをぶら下げてゆっくり歩く人がいて、少し親近感を覚えた。そしたら、なんか登山道の少し先に白いものが、、、、。

Pc231587Pc231588取りあえず急いで写真に撮った。しばらくしたら、カメラの人が近くまで来たので、「あれそうですよね」と言ったら、そうだとの旨。

いや~ラッキー。少し溶けてるかなと思いながらも見ることができて良かった。

多少興奮が収まって、ダイヤモンド富士を見ることができる夕方まではまだ時間があるので、小仏城山へ。ほんの少しシモバシラを期待しつつ、北側のまき道というかルートを選択。ここ1年とか2年近く、伐採の跡があるエリアがあるけど、そこに目をやると、、、、。

Pc231591Pc231592Pc231593Pc231594Pc231597急いで駆け下りて撮影。いくつかあった。

撮影し終わる頃にさっきのカメラの人が通ったので、こちらから声をかけた。また、別の人がこちらに声をかけてきて「結構あるでしょう」と。まっ、来年とかは植林されて立ち入り不可になりそうなので、ちょっと貴重な場所かな。

Pc231598小仏城山では、なめこ汁にした。ついでに焼酎のお湯割りも。

ほんとは、陣馬山の清水茶屋のけんちん汁が煮干しだったので、煮干し以外のけんちん汁があればと思ってたんだけど。(個人的に、煮干しが苦手、、、。) 小仏城山にはけんちん汁は無いみたい。あと、以前よりもキノコが小さくなったような、、、。 美味しいことには違いないんだけど。

バーナー使ってる人達もチラホラ。どうやら南側(神奈川)のお店は、買い物したらバーナー使用の許可証(段ボール紙での手作り)を渡してくれる仕組みみたい。北側では、10人くらいの女性+1名男性みたいなグループがバーナー使いながら宴会みたいに楽しんでた。ちょっと羨ましい気も。

Pc231599小仏城山のモニュメント。ここ1年くらいでできた? ちょっと寒さと撮影を待ってる人の関係で急いだら、アングル良くない。

まだまだ夕方まで時間があると、ゆっくり高尾山の方へ。再度一丁平では、少し遠くの方も注意したら、シモバシラみたいなものが。多少人が踏み込んだ跡も。カメラ好きにも悪人がいるんだなーとか、コンテストなどで入賞しても度を超した撮影なら入賞取りやめなどもやるべきかな~とふと。逆に、小仏城山での自分の撮影は、なんか言われるかなとも。(念のため。小仏城山のあそこは厳密には登山道じゃないけど、伐採後整理中で人が撮影で歩くのはまだ構わないと考える。)

もみじ台の直前というかもみじ台の西側で一休み。つい、朝は良かったのにとか今日は駄目そうかなとか話す。もみじ台は、少し人もいて、南のまき道にポイント無いか歩いたけど、やはり木が遮ってる。高尾山の山頂の方は少し人が混んできてた。

戻って、しばらく、もみじ台で待機した。10分ほど待ってたら、ぽつりぽつりと人が増えてく。そのうち、幼稚園か小学校の一団が来た。数十人いたかな。最初絶景ポイントの端に小さく固まってたけど、段々広がってくる。まっカメラの砲列のすぐ後ではあったけど。寒い中で、なぜ大勢連れてくるのか?? 科学クラブみたいなグループには思えなかったし。 時々東京のメジャーな山では、子供関連で理解に苦しむことがある。

上空の雲は多少流れてるんだけど、丹沢とか方向的に富士山の回りの雲がなかなか取れない。多少諦めたり、立ちっぱなしじゃ焼酎飲めないしと、高尾山山頂に向かった。早く下山できるようにも考えてのこと。

Pc2316032Pc231605山頂の手前というか富士山から離れたコンクリの縁で、焼酎をちびちび。つまみを持ってきてないのを後悔。固形食食べて、飲んだ。

16時少し前。パトカー?が来た。なお、しばらくしたら、パトカーは少し後方へ。人が増えて前すぎると判断したようだ。

ちなみに山頂掲示の所にサンタの格好した山ガール。格好はおちゃらけてるけど、山経験はそこそこみたい。コンクリの縁の所で、バーナー使った料理を準備しようとしてた。機材も何種類か。なんかこのメンバーもどっかで遭遇したような気がしたけど、さすがに勘違いか。

右は16時過ぎ(6分くらい)。結構人が増えた。帰りのこともあったので、じわりじわりと稲荷山のコースの方へ。皆さん多少諦めもあったせいか、移動が難しいということはなかった。

Pc231606Pc231608ダイヤモンド富士? 雲が多くて、シルエットで富士山だろうな~程度。全く見えなかったわけでもなく、60点くらいか。

終わったのかそうでもないのかはっきりしないような状況だったけど、こちらは早々帰路へ。

Pc231610Pc231611Pc231614稲荷山コースの様子。17時くらいにケーブルカー駅に着いたけど、ランプは使用せず。早々ランプ使う人達もいたけど、そんなに暗いとは思わなかった。右の写真は、カメラのフラッシュを使ったので真っ暗に思えそうだけど、、、。

少し酔ってるというかアルコールを飲んだので、走らず。木の根や多少の岩への注意は必要だけど、楽なコースかな。以前登った時はきついところがあるように感じたが、今回の下りではそうでもなかった。程よい下り勾配だったと考えればいいのかも。


で、高尾山口駅に到着したら、スーパー銭湯”ふろッぴィ”のバスがいた。急いで駆け寄って、「ふろッぴィに行きますか?」と訊いたら、ちょっと無愛想に「見れば分かるだろうに」といった感じ。でも、まっ行ければと乗り込んだ。(高尾じゃない方向に進むので、あれって思ったけど、新しい道路というかトンネルを使って八王子方向へ。ちなみにこのトンネルは、照明が緑っぽくて少し新鮮。)

そもそもホームページでは、高尾山口駅からの送迎バスは16時10分まで。夏の高尾山の時に17時頃にバスを見かけて、”ふろッぴィ”で店員さんに訊いたら宴会送迎バスだろうと言われた。さすがに今回は確認必要と、店員さんに訊いたら、小さな紙の時刻表をくれた。いくつかフロントに置いてある。そちらでも確認したら、土日祝は17時40分のがある。

ということで、スキャンして掲示。(ダイヤ改正とかがある可能性があるので、注意ね。)

___1___2

お風呂の後は、ビール。前回1階のお店にしてちょっと失敗と感じたので、今日は2階の宴会場へ。今回は少しラッキーなことに、照明が明るかった。でも演芸してる人が、女装男性のようで、躊躇。^.^;

隅っこの席にして、ビールと生姜焼き定食にした。何度もお酒のつまみを頼んだり長居する気がなかったため。お客さんとのデュエットがあって割り箸に挟んだお金で“花”を出したりと、ふるさと会の演芸にも似てるか~なんて思って楽しめば違和感も少ない。なお、皆さんのテーブルの周りで歌うこともやってって、さすがにこちらまで来たらどうしようなんて思ってたけど、その前に食事終了。(個人的には、1階よりちょっとドキドキだけど、2階での食事が良いかな。)

ほろ酔いになって、八王子までの送迎バスを利用して八王子駅へ。JRやバスなどを利用して自宅へ。”ふろッぴィ”を出る時に、軽量ダウンも着たけど、バス待ちの時は寒かった~。タイツ(CW-X)脱いだり薄めのソックスにしたりしたことやズボンを絞らなかったのが理由だけど、先々は山を下りてからの寒さ対策を考えないと行けないと痛感。

今日は脈絡のない山行になったけど、こんなのを年に1,2回やるのも面白いし、次の時の参考になる。その意味では貴重な一日だった。

12月 23, 2011 旅行・地域, 日記・コラム・つぶやき, 植物 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月 2日 (日)

コキア(ホウキギ)の実

今日は、境川をサイクリング後、プールへ。サイクリングは、コキア(ホウキギ)の赤くなったのを見たかったし、”実”を食べてみたかったため。

Pa020796Pa020797結構赤くなってた。(場所は、遊水地公園の近く。)

そこの草花の手入れをしている人がいたので、「コキア(ホウキギ)の実って食べられるみたいなんだけど、食べさせてもらっていい?」と聞いてみた。聞いたこと無いけど、「食べてみたけりゃどうぞ」と。

実をちぎって食べてみたけど、草。味もほとんど無し。ネットで”ドンブリ”になるって書いたあったけど、本当かな~。あるいは、食用と観賞用とで品種が違うのかな~。あるいは、絶妙なタイミングによるとか、、、。聞く機会は皆無だけど、植物関係の人とあったら聞いてみようかな。

10月 2, 2011 サイクリング, 日記・コラム・つぶやき, 植物 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月13日 (火)

境川 コキア、ヤブラン

今日は、急に思い立って境川のコキア(ホウキギ)などを写真撮影しようとラン。

P9130605P9130607P9130608コキア(ホウキギ)。

以前から少し気にしてたけど、カメラ持参してなかったりで撮影しそびれてた。この木は緑→赤くなる。写真のも少し赤っぽい。なお、”木”って書いたけど、ほんとは1年草。って、近くのホームセンターの園芸売り場で知った。また、ネットで調べたら、この実って食べることが出来るみたい。

P9130611こちらは、葛(くず)。サイクリングロードに紫の花びらが落ちてるので、(春の藤が少し見事な場所なので)季節外れの藤とか思ったら、木の上の方に葛の花や蔦が。葛の花びらが落ちてくるのも、なんか風情があると感じて撮影。

P9130612_2P9130613_2遊水池公園のサイクリングロード休憩所の”ヤブラン”。斑入りタイプ。去年の今頃はまだ工事中?

9月 13, 2011 ジョギング, 植物 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月14日 (土)

高尾山 いろはの森(詳細編)

今回高尾山の「いろはの森」を目指したきっかけは、上野樹里のCM「樹の里」。高尾山のCMなんだけど、当初どこだか判らなかった。結局「いろはの森」という行ってないコースと判明。とにかく撮影ポイントを探して、そこで記念撮影をと。小さいけど、三脚も用意して出掛けた。(セルフタイマーって、ほとんど使って無くて、昨日予行演習。)

また、「いろはの森」って48種類の木があり、しかも掲示があるとのこと。”ん”の字の木なんて無いだろうにとか色々考えることあって興味が出てきた。ちなみに、こちらもホームページで木の種類調べたり、図鑑で少し予習。ただし、撮影で精一杯で、予習効果は皆無(というかちゃんと予習しなかった^.^;;)。

上記2つの課題を頭に、4号路→「いろはの森」を折り返すコースにした。(実際は、「いろはの森」→日之影キャンプ場→小仏城山も往復したけど。)


まずCM「樹の里」のニュースリリース。

http://www.keio.co.jp/news/update/news_release/nr110426v02/index.html

以下の動画をスキップした方が、大きな画像なので現地の様子が分かりやすい。

http://www.keio.co.jp/kinosato-takaosan/

P5141009 P5141013で、撮影ポイント探しだけど、結論としては写真の所が撮影ポイントと思う。実は、往路では見つけられず、復路で見つけた。

木の標識とか切り株がCMと違うと思える。後者は、CM時に画像処理したように感じるけどどうなのか?? (なので、最初見つからなかったというのが理由でもある。) ちなみにニュースリリースでの小天狗の後に、切り株があるので間違いないだろう。

「いろはの森」は、山頂と打って変わって、静かと言っても良いくらい。自然観察の10人とか20人のグループの2,3と遭遇した。ガイドさん風の人と後はガイドブックなどを片手に持った人たち。年配の人が多かった。脇を通してもらう際に、「山側へ」とか「リュックを引っかけないように」とかガイドの人が言ってたので、初めてとかに近いのかもしれない。それにしても結構な数で、都か何かの屋外セミナーなんだろうか??


次に48種の木。「いろはの森」にはいろは48文字(種類)の木々があるそうだ。また和歌などの掲示もあるとのこと。ちなみに、48種類は、以下に整理されている。

http://www.takaosan.info/iroha.htm

今回は、ここでの48種類の木を探してみようと考えた。ちなみに上のサイトで、”いたかえで”は「ゐ」、”えんこうかえで”は”ゑ”との表記が正確だろう。(「い」と「え」の木は別にある。)

最初4号路に近いところから順次掲示の木を写真撮影したけど、しばらくして木名の冒頭が丸文字の木とそうでないのがあると気づいた。基本的に、冒頭丸字の木を探すことにした。

結論を先に述べると、全部見つからなかった。ほんとに48文字種(の掲示が)あるんだろうか? 日之影キャンプ場でのセンターとかに学芸員らしき人がいたら聞いてみようとすら思ったけど、そんな人がいる感じでもなかった。

と言うことで、探した木々の写真。ちなみに、文字の前の×は見つからなかったもので、△は丸文字掲示の方は見つからなかったものや不確実なもの。48のうち、見つかったのが32、×(見つからなかった)が11、△が5。

ちなみに今回は48種類の木を探すのが目的だったけど、作業しながらアウトドア向けの筆記具を持ってこなくて少し後悔した。(今回はサイクリングなどで利用する小さな防水メモだったので)メモなどもそれ用が良かったかも。また少し勉強を兼ねるなら、植物を含めたガイドブック辺りを持参した方が良さそうに思った。


P5140949P5140957P5140962△い、ろ、は、×に。

「い」は、”いろはもみじ”。写真を確認したら、あまり木の名前が映っていない。写真撮影の時に見つけた文字のチェックしており、その点で可能性の高いのは「い」。ただし、木の大きさや木の皮の様子からして、”いろはもみじ”でない可能性も高い。


P5140946ほ、×へ、×と、×ち。

4つのうちでは残念ながら、「ほ」”ほおのき”しか見つけられず。


P5141003P5140965P5140963×り、ぬ、る、を。

「を」は”おおもみじ”。


P5140975P5140947P5140980P5140984わ、△か、よ、た。

「か」は、写真では”カラスサンショウ”で丸文字ではなかった。一覧のURLでの「か」は”かや”(いちい科)。


P5140941P5140971×れ、そ、つ、×ね。


P5140978P5140973P5140974P5140970な、ら、む、う。


P5140952P5140953ゐ、×の、×お、く。

「ゐ」は、”ゐ(い)たやかえで”。

P5140943P5140960P5140942△や、ま、△け、×ふ。

「や」と「け」の前の△マークは、○の掲示の写真じゃないため。多分、丸文字での掲示の木はありそう/あったかもしれない。


P5140940P5140968P5140972こ、え、×て、あ。


P5141004P5140967P5140976P5140982△さ、き、ゆ、め。

「さ」が△なのは、参考URLでは”さわしば”なのに、見つかったのは”サイ・・”だったし、丸文字でなかったため。


P5140948P5140959P5140966P5140955み、し、ゑ、ひ。

「ゑ」は、”ゑ(え)んこうかえで”。


P5140950P5140956P5140954P5140981も、せ、す、ん。

ちなみに、「ん」は”んまべのき”で、うばめがし(ぶな科)。


結構キャンプ場の人達の声が響いて興ざめだったけど、それを除けば登山の人も少なくて良いコース。岩場は皆無だけど、多少の勾配あり。なので、山を登ったという気分にも浸れる。 グループでの高尾登山でのルートにも良いかもしれないと感じた。

5月 14, 2011 旅行・地域, 植物 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月29日 (金)

鈴川のツツジ、善波川のアジサイ、引地川親水公園のフジ

GWということで、MTBで花巡り。なお善波川のアジサイは、見頃の季節に備えてサイクリング目線でのコースの下見。また、ルート的には目久尻川→渋田川→河口方向→鈴川。そして善波川を目指して、その後は河口へ。湘南を江ノ島方向に、浜須賀から新道経由で引地川。親水公園の後はちょっと引き返した後、藤沢市民病院脇から境川へ。

夕方には買い物に行こうかと思ってたので、あまり長い距離にするのは避けた格好。(結果的には80キロ超え。)

P4290730渋田川脇のフジ。この前、親戚と一緒のサイクリングで教えてもらったもの。6分咲きくらいか。


P4290731P4290732P4290733渋田川の近くの田んぼ。レンゲソウの近く/隣の田んぼに、”クリムソンクローバー”。この辺りや、鈴川の辺りでもぽつぽつ見かけた。流行ってるのかも。って、名前は後で調べたんだけど。

P4290734P4290735渋田川(歌川?)の菜の花。桜の季節が過ぎてるのに、結構咲いてた。最近河川自体が整備されて川自体が小綺麗になってるけど、菜の花の風情は昔が良かったかな。(小綺麗と言っても、昔に比べてで、水質自体やゴミの類はまだまだ課題と思う。)

P4290740P4290741鈴川脇の岡崎会館と土建屋さんのツツジ。岡崎会館の方も、少し見頃を過ぎてたみたい。この辺りはツツジを見に3,4回行ってるけど、見頃はGWの前あたりなのかもしれない。また、土建屋さんのツツジの方は一般公開にしてなかった。すぐ脇が工事中だからかもしれないし、震災の関係? (ちなみに後でもちょっと触れるけど、いつも鯉のぼりやってるとこも、今年は無し。鯉のぼりは、5日の直前にやるのかもしれないけど。)

実は土建屋さんでは、ツツジと一緒に楽しみにしてたのが小屋の脇の黄色のボタン。今年は非公開で、近づいてみることできなかった。

P4290746P4290744道路脇のボタンは見ることできたので、パチリ。こちらも全般的には、少し見頃を過ぎてた。

再度鈴川に戻って、善波川のアジサイを目指す。アジサイの見頃を前に、場所やコースの下見しておこうと思ったため。あの辺りは、いくつも川が別れてて、何処が善波川か判ってない。また、伊勢原の駅からのネタは結構ネットで見るんだけど、鈴川のサイクリングロード経由がなかなか見つからない。ということで、今のうちに調べておこうと。

一応地図をプリントして持ってったんだけど、ほとんど判らず。ラジコンかなにかなやってるグループがあり、そこから離れて歩く人がいたので「善波川はどちらですか?」って聞いたけど、知らないと。メンバーに伊勢原の人がいるから聞いたら? と言ってくれたが、ちょっと悪いと思って、うろうろ。少し大きめの公園にぶつかり”大根公園”の掲示。地図にもあったので、方向間違いが判明。言わば引き返す格好になった。少し前に東海大学とか見えて少し南北を勘違いしてるかな~とは思ったんだけど、、、。田んぼが多くて目標物が判らないとか、コンパス持ってないと迷うんだな。

P4290750P4290754農道を、少しうろうろしてたら、アジサイ群が見つかった。500m位のアジサイロードか。(ちゃんと計測してないの、勘違いならごめんなさい。)

一応切れ目みたいな所まで行き、場所が判るように写真撮ろうとした。1,2回小田急が通過したので、次の通過を待つことにした。1,2分待ったらロマンスカー。しかもロマンスカーの2つめがVSEだった。右の写真。ある意味ラッキー。

P4290758P4290756鈴川のサイクリングロードからの行き方だけど、、、。そもそも、大きな道(県道63号多分)との交差で、一旦サイクリングロードは終了。しかも、河川が枝分かれしてる。写真は善波川→鈴川をMTBで無理して通ったときに撮影したもの。手前が善波川への道だけど、今は鈴川からは行くべきじゃない、というか土手に上れない。(今回は駆け下りた格好。)

P4290759P4290757で、鈴川サイクリングロードの続きで行くとなると、鈴川サイクリングロード終わり近くで左岸にして(上流方向へだと右の岸にして)、道路を越え、左の写真での道を右折。農道を、右の写真の山中腹の伊勢原清掃工場(の前のマンション群)の方向を目指すのが良さそうに思う。

田んぼの中の道で、舗装などもあるけどダートも。MTBでは行けなくもない。ロードだと、少し大回りした舗装の道が無難と考える。

一応行き方は判ったので、目標達成。 つうことで、鈴川→金目川を河口へ戻ることにした。

P4290760鈴川のここ2,3年GWでは鯉のぼりをやってる場所近くのオブジェ。カタツムリ。少し離れた所には鯉もあった。


P4290764金目川を河口まで下った後は、湘南大橋方向へ。当初歩道にしたけど、しばらくしたら自分くらいのスピードの人達が車道にいたので、後に付かさせてもらった。

さすがに、湘南大橋は歩道。フェンスなどで、橋を過ぎたから車道に入れなくなってて、歩道橋を。それまでそこそこのスピードだったし、エネルギー切れで、給水とトイレ休憩。それにしても、あの辺りの人って、水飲み場に並んでても割り込んだり、大きな瓶を持ってくる人いたりするんだね。あの辺りの人じゃないかもしれないけど、、、。まっ、イライラするのもと思ったし、疲れが溜まってたんで見ないことにしたけど。

で、その後少し海岸脇を。GWとしては少し寒いくらい? でも雲は夏の雲。

江ノ島を写真に納めたら、少し体力回復。途中から国道の歩道に。いくつかグループがいたので、車道にすることにした。結果的にロードのグループに一時的に付いてく格好になったけど、やっぱ離されてく、、、、。浜須賀から新道経由で引地川にした。

P4290767P4290770P4290771_2引地川親水公園のフジ。6分咲きくらい? ちょっと残念。

P4290769P4290765公園内の新しいコーナーは整備中といった感じだった。(丘の上の方の)フジ棚のすぐそば。また右の写真は、親水公園までの道で見かけたヤギ。

境川では、親戚と遭遇。さすがに驚いた。一応日曜日に、サイクリングでどっか行こうかとの話になり、プラン的には高尾山(山口ケーブルカー駅)。一応、境川源流へも立ち寄るつもり。なお、調べたら、若干天気は不安。


補足:鈴川の鯉のぼり。2011年は5月1日からと判明した。

http://www.townnews.co.jp/0605/2011/04/28/103404.html

4月 29, 2011 サイクリング, 植物 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月 5日 (日)

多摩ニュータウンへ スパー銭湯優待券とメタセコイア

昨日のトレランの疲れも少し溜まってたけど、今日はサイクリング。多摩ニュータウン(多摩センター)方向へ。

実は、スーパー銭湯の優待券があって、来年1月末まで。以前ももらったけど、自宅近くになくて使わず。勿体ないと思って、近い所がどこか探したら、多摩センター。丁度、以前多摩ニュータウンでのどっかでメタセコイアの並木を見て感激して、それも見たくてサイクリングとなった次第。(ちなみに、いままで「セコイア」思ってたけど、気になって調べたら巨木のセコイアと、ここで言ってるセコイアは別物と判明。区別するには「メタセコイア」と呼ぶみたい。)

コースは、境川→(根岸、並木)→一本杉公園→多摩センター→スーパ銭湯→(メタセコイア並木探し)→境川への道探しと、結構気ままなサイクリング。

Sany0341Sany0342境川での246との交差少し前の畑?での銀杏。そして、(境川のちょっと脇の)南町田の公園。

Sany0344動物注意は、根岸、並木から小野神社前へ向かう際の掲示だったと思う。この辺でも出るんだ~とか思ってパシャ。

ただ、小野神社前の交差点で方向を間違ったようで、うろうろ。尾根幹線道路に出るまでに結構時間を食ってしまった。というか、当初は尾根幹線道路を利用するつもりはなかった。逆に、そのお陰で「へ~、こんな所に建てるんだ」といった感じの建築中のものを見つけたりと、収穫もあった。

Sany0348Sany0350一本杉公園の様子。紅葉も終わりかけてたけど、所々良い色合いの木も。

メタセコイアの並木を探したけど見つからず。多摩ニュータウンって慣れてないこともあって、自転車で進んだら行き止まりだったりして、ほんとにうろうろ。紅葉の写真撮ってる人に聞いたけど、良くわからないとのこと。それらしい場所を教えてもらったけど、一本の木で、並木じゃない。ちなみに、ウェアは上下とも自転車用ので真っ赤、ヘルメットも真っ赤。そっちも気になったので、途中で諦めてスーパー銭湯へ。

スーパー銭湯に入って驚いたのは、地場の野菜とかも売ってる点。ゲームコーナーもあった。後は他のスーパー銭湯でもあるけど、飲み食い出来るエリアも。ただし、結構品数多かった。

今回は、その後帰りのサイクリングもあるので、そんなにお湯に長く入りはしなかった。湯疲れの方がちょっと怖かったので。

なお、結構面白かったのが、今日は湯船に子供用のおもちゃ(つまむとピーピー音が出るアヒル)を浮かべてあったこと。300個くらいはあったか? しかも、帰ろうとして見てみたら、多分子供がやったんだろうけど窓脇にびしっと並べてた。200個くらいは並べてたか。 この辺りは日本人気質なのかもとか、妙なところで感心。

スーパー銭湯の後も、メタセコイア並木探しで多摩ニュータウン内をうろうろしたけど、結局見つからず。諦めて、尾根幹線道路へ。

Sany0351ちなみに、左は鶴牧地区の「メタセコイア通り」 。この通りは、尾根幹線道路を通るときに何度も目にしてるので、知ってはいた。見つけたかったメタセコイア並木は、もっと小さな通りで木もそんなに大きくない。(段々記憶違いかと不安にもなってきた。いつか、写真とか探してみるつもり。)

ちょっと悔しかったし、鶴牧地区のそれも少し時期を過ぎてるとはいえ綺麗だったので、撮影。

その後どうしような悩んだけど、どうせ気ままなサイクリングだったら、そのまま尾根緑道(戦車道路)へ行ける道を探そうと。

Sany0355尾根幹線道路から見える紅葉も結構良かった。

Sany0360Sany0361Sany0363尾根緑道への道がすぐに判らず、ちょっと回り道。東の方からだと、バス操作場辺りからの道があるように思う。そこさえ探せれば、尾根幹線道路脇の歩道?は自転車でも通りやすいし、尾根緑道へも行きやすい。

尾根緑道は落葉といった感じ。ちょっとモミジの綺麗なところを発見してパシャ。

Sany0365少し冷えそうに感じたので、撮影したらそくそくと馬場経由で境川へ。

写真は、宮前橋近くの杉。虫食いだと思うけど枯れかけてる。この周辺って、田んぼとか梅林、そしてちょっとした花畑があって気に入ってるんだけど、この杉は心配。すぐ近くに桑の大きな木もあって風情感じてるんだけど、どうなる事やら。


たまには、気ままというか道に迷ってもいいや~という気持ちでのサイクリングも悪くない。お目当てのスーパー銭湯までの道で尾根緑道経由も悪くないので、まだ優待券あるので次回チャレンジしようかな。また、以前見かけたメタセコイアの並木道も、写真含めて調べ直してみるつもり。

12月 5, 2010 サイクリング, 植物, 自転車 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月31日 (土)

JAXA相模原、座間栗原のヒマワリ

今日はちょっと気分変えてみようと、ちょうどJAXAの相模原キャンパスを公開しているとのことで、そこと座間・栗原のヒマワリを見に。自転車でのルートにちょっと悩んだけど、JAXAの相模原は、境川→桜美林大学近くの宮前橋を淵野辺駅の方に進むことにした。

P7310128先週の境川クリーンナップ作戦での絵とか写真がそのまま。このまましばらく掲示するのかもしれない。

宮前橋を淵野辺駅方向に進み、最初坂道とか道幅が狭くてちょっと不満だった。ただ、それよりも、淵野辺駅でハタと。線路の向こうの方に行くのに、歩行者用の階段。少し一般道を走ったけど、なかなか自転車で行けそうな道が見つからない。隣の駅の近くまで行く羽目に。ヘルメットのことなど気にせずに、歩行者向けの通路を走るなり手押ししても良かったと、後で反省。

また、概要の地図しか持って行かなかったので、その後も多少道に迷う。それにしても幹線道路は、車がビュンビュン。不慣れなこともあるけど、今ひとつサイクリングという気分になれず。

P7310129P7310130P7310132幹線道路で”市民博物館”の掲示があったので、そちらへ。博物館の方向はすぐに分かったけど、すごい人。”市民博物館”で、小惑星探査機「はやぶさ」のカプセルの展示を行っていた。昨日と今日。 JAXAの方も、催しを開催。

後者が高校生とか子供向けの講演なんかが主というイメージだったし、(この夏は)2,3時間並ぶよりも、運動とダイエット。^.^; いつか機会あったら、出向くつもり。

左がJAXAの入り口、真ん中が博物館に向かう行列。右は、JAXAの駐輪場。写真じゃわかりにくいけど、自転車は結構な数。また、人が多いので、手押しするように指導してた。

JAXAの門のところで記念写真撮ってる老夫婦を見かけたりして、うらやましいと思ったり、、、、。

ちなみに、JAXAを後にしようとしたら、ヘルメット姿の自転車の人を見かけた。名札みたいなのを下げてたのでちらっと見たら、JAXA関係の人だった。(遠い昔、筑波なんかに行って自転車に乗ってる研究所の人たちを目にしたけど、そんな感じ。)

その後は、方向的に境川を目指すけど、道は良く分からなかった。でも、結局すぐに境川に。「あっ、ここに出るのか~」。 

境川を町田→246方向へ。結局座間へは、国道246号線に沿って行こうと考えた。どっかで歩道とかが途切れてたらどうしようとか悩んだけど、結局危惧。すんなり座間まで行けた。ただし246号線から離れるときに歩道でない道を走ることになり結構車が飛ばすので、ゆったりサイクリング気分というわけにも行かなかった。

概要の地図を見ながら進んだら、すんなりヒマワリの会場に。

P7310139P7310142P7310145表現が難しいけど、3つの大きな畑があり、うち1つは道路を隔ててるという感じ。真ん中の畑の周りでの様子が中央の写真。テラスみたいなのを設置してて、撮影できるようになってた。並ぼうかと思ったけど、ヘルメットだし汗だくなので、断念。

また、花を分けてくれてた。こちらも、持って帰ることできないので、断念。家族と一緒に写真撮ったりするには、ちょうど良い催しかも。

P7310136左は実際には会場に向かう直前に撮影したものだけど、日産の座間工場(今は事業所?)でのヒマワリの様子。地域の催しへ参加する格好で植えてた。別の門の近くにもあって、なんかこんなのを見るとホッとする。

P7310148P7310149座間のヒマワリを見た後は大和方向へ。

国道246から、引地川源流の「泉の森公園」と分かるんだけど、自転車で行けそうな小道が少ない。すぐに見つかり進んだけど、結構暗かった。少し引地川沿いにとも考えたけど、気分転換として一般道路へ。

大和の繁華街に向かう途中での学校で、黒いヒマワリを見つけたのでパシャ。結構茶色いヒマワリが見かけるようになったけど、今回のが今までの中じゃ一番黒っぽい。

合計距離は51.9Km。距離の割に疲れを感じてないのは、さほどスピードを出さなかった/出せなかったせいかな。なお、昼をゼリーだけにしたこともあって、ダイエットには役だった。ただし、リバウンドを避けなくてはならない。

7月 31, 2010 サイクリング, 植物 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月12日 (土)

花の写真撮ってたら、、、

今日は少し体の疲れもあって、花の写真撮りながら遠回りしてプールへ。

P6130003P6130004左は、林の中のアジサイ。誰かが植えたんだろうけど、妙に白っぽくて撮影。

右のは、観光農園って言ってたような気がするけど、四季折々の花を植えてる畑。


P6130010P6130011P6130012プールの帰りに、Webか何かの背景に使えないかと、マツバボタンを何度が撮影してた。すると声をかける人がいて、「サボテンとか見てく?」。多肉植物って詳しく知らないし、全然知らない人だったので生半可な返事。

それで見せてくれたのが、真ん中の写真。昨日咲いたとか。結構本人は、嬉しかったのかもしれない。いい色合いで、気持ち分からなくもない。

ちなみに右のは、テッセンの仲間だそうだ。色としては初めて見た。テッセンってジュースにする人もいるって聞いた気がしたので、その話をしたら、「まさか~。聞いたことない。」と。こちらの勘違いかな。


植物の写真撮影して、声かけられたケースは余りないので、結構貴重な体験になった。もう少し花の名前とか生態などを知っておけば良かったと反省するけど、勉強したらしたでキリないし悩みどころ。

6月 12, 2010 植物 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 5日 (水)

藤沢のフジロード

今日は、以前書いた藤沢市のフジロードを、MTBで走ってみることにした。

Sany0002Sany0003Sany0004こちらは、”相沢川”でのフジ。赤紫色で、少し珍しいと思う。単に交配の関係でそうなったのか、品種として確立してるのか詳しくは知らない。なお、フジ棚としては結構立派に咲いてた。

引地川を下流から上流方向に。この前撮影した地図は以下。

http://blog-honda.cocolog-nifty.com/.shared/image.html?/photos/uncategorized/2010/04/30/p4250244.jpg

フジロードで最初向かったのが、八部(はっぺ)公園。バザーやってて公園内を詳しく見ることできなかったこともあって、それらしいのが見つからない。

Sany0006地図と比べると、少し上流で見かけたフジ棚。看板もないので、こっちじゃないとは思う。それなりに咲いてたので、パシャ。

Sany0007長久保公園。多分地図のも、このアーチ式のものだと思う。2,3年前は花をつけてた気がするけど、今日は見かけなかった。

Sany0008引地川親水広場。2,3日前見かけたのと大きくは違ってない。

Sany0009引地川緑地。こちらも、多分地図のも、このアーチ式のものだと思う。ここのは、花をつけてた気がしない。

Sany0010引地川緑地→船地蔵公園の途中で見かけたもの。フジロードの案内地図はあったけど、ロード上のポイントじゃない。でもそこそこ綺麗。

Sany0011Sany0012船地蔵公園。幹線道路近くの入り口のポピーの様子と、フジ棚。こちらもフジ棚は余り花無し。

Sany0013大庭城址公園入り口。フジは山の上にありそう。でも、自転車だと無理そうと、入り口の写真だけにした。

Sany0014Sany0018Sany0019Sany0020引地川親水公園。丘の上のフジ棚と、池近くのフジ棚。丘の上の方は、結構見頃。池近くは、満開前?

Sany0021Sany0023Sany0024二番構公園。すぐに見つからなくて、うろうろ。他の公園とか学校にも結構フジが。また、この辺り、お城の関係なのか、公園が石垣で囲まれたりして少し歴史を感じた。

そこから「なかむら公園」を探すけど、見つからず。そのまままっすぐ進んだら秋葉台公園に出たので、折れて境川の方に向かった。さっき色々調べたけど、フジロードの地図の方が間違っているような気がする。

Sany0025帰りの境川(宮久保公園の少し上流)で見かけたカメ。2日ほど前にも見かけた。あの辺りで見る事はなかったような気がするので撮影。


今日実は、藤沢に向かう途中の(相沢川→)境川で、対向から「おい!」とか言われちゃう。向こうは少し小高くなった交差点に近づくのでスピード落とすべきなんだけど、こちらが結果的に3人、歩きの人を追い越すことになり文句を言おうとしたみたい。なんか変人。ちょっと気落ちした。しかも、引地川親水広場でデジカメ(正確にはザクティ)落として、一部破損。「なかむら公園」は見つからなかったし、、、、。


ちょっと気分的には、五月晴れにならなかった。ただ、藤沢の大抵の公園にフジがあるとか公園の多さとか整備には関しては、うらやましく感じた。

なお、ザクティの件。機器として良くないと思うのは、ストラップの穴がない。自分で持ってるデジカメとかにはあるんだけど。2つ持ってるけど、どちらもストラップを付けられない。落としたのは、DMX-CG9の方。再生ボタンが効かなくなってしまった。修理も含めてどうしようか悩むけど、もう一つ持ってるDMX-CA6の方を使おうかな。

5月 5, 2010 サイクリング, 植物 | | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年5月 3日 (月)

鯉のぼり 相模川と鈴川

少し足に疲れが残ってたけど、MTBで相模川方向へ。途中で、ママチャリのおじさんと会話。「どこまで?」「相模川まで」 そしたら鯉のぼりとか、どの方向がいいとか少し話した。一応、相模川沿いにと。陽気なおじさん。

Sany0012海老名駅の近く。結構道路整備は完了に近い?

Sany0014三川公園だったけな。芝桜。最近富士の形に整えたような気がする。勘違いかもしれないけど。

近くのバイパスとかができて整備されると、人混みそう。

Sany0019Sany0048Sany0049座間の大凧。ただしお祭りは明日なので、準備中。

芝桜は、もう峠を過ぎてた。でも、一部は写真のように、そこそこ咲いてる。

午後も通過したけど、紙なり布は張らないのかも。(今年は大丈夫だろうけど)当日雨だったり、夜露があるからか。でも、2日間なので、初日の夜はどうするんだろうとか、ふと考えちゃった。

Sany0030Sany0031Sany0032座間辺りから、少し上流の道路の脇。相模川がサイクリングロードとして整備されてないと思うのは、こんな所。一度川から大きく離れるし、道は一般道というかダンプとかがビュンビュン。まっ、仕方ないと言わばそれまでなんだけど。

で、写真は、また相模川方向に戻る脇道での藤の様子。少し分かりにくいけど、赤松の上にも藤。

Sany0039Sany0040相模川の鯉のぼり。和太鼓演奏(?)のコンテストとかやってた。ノボリみたら、学校に和太鼓の倶楽部とかあるんだ。

以下は動画。

Sany0045Sany0046折り返しで、相模川を下流方向へ。

鯉のぼり会場のすぐ近くにキャンプ場があって、そこを通る小川脇に小道なども整備されてた。写真は、その小川の水面近くと石切場の様子。

水面近くは、写真だと分かりにくいけど、生き物が、、、、。分かるかな。ふと、うまくするとホタルなどもと思ったけど、少し流れが急なので??? また、余りその話も聞かないような気がする。

Sany0047相模川の脇に置いてあるもの。昔の設備と思うんだけど、ちゃんと調べてない。

Sany0054相模川の途中から折れて、渋田川へ。やはり芝桜は、季節を過ぎてた。人もまばらと言うかほとんどいなかった。

Sany0056Sany0058Sany0059Sany0060渋田川の近くの歌川の様子。こちらは、どちらが支流か良くはわかってない。

今シーズンでそれらしいレンゲ畑は初めて。麦は、この辺り毎年だったか? 大麦の方かな~。

ここのサイクリングロード(?)は狭いけど、それなりに風景を楽しめる。なお、サルスベリは新芽が出た程度、アヤメはまだ花芽すら観察できなかった。何度かここは通るけど、両方とも見頃に遭遇したこと無し。いつかとは思ってるけど、、、。

Sany0061Sany0062Sany0064Sany0066歌川の桜(八重)とサクランボなど。

サクランボの方は、まだほとんどが緑色。また、途中の公園で、八重桜の花びらが結構たまっていたので、パシャ。

その後は、渋田川・歌川の河口に向かって、途中から、鈴川の上流を目指す。

Sany0067Sany0068鈴川脇の自治会館のツツジの様子。見頃は少し先? 撮影してたら上の方に人がいたので、お寺の参道からも見えると判明。右はそちらからの写真。今まで数回行ってるけど、撮影からの撮影は初めて。もっと早めに気がつけば良かった。

Sany0070Sany0071鈴川の土建屋さんのツツジ。こちらは、少し過ぎてた。やっぱ、こちらは連休前の方が良いのかも。去年もそうだった気がする。 品種的に自宅近くのツツジよりも早咲きなのかな~。

で、右は、そちらで見かけた黄色のボタン。黄色なのは今まで見たことあったか?? ボタンでの色としては、結構新鮮。

Sany0075鈴川の鯉のぼり。

相模川のそれと比べちゃ行けないけど、すぐ近くで目にできるのが良い。また、少し遠くに大山とかが見えて、雄大な感じがしないでもない。

動画は以下。


鈴川の鯉のぼりを観たら、帰路へ。鈴川→金目川(花水川)→湘南→引地川→境川。

Sany0077Sany0078引地川遊水広場の藤。見頃は少し先かもしれない。ただし、ここ2,3年花が小振りになってる気がする。剪定前は結構大きな花だった気がするんだけど。

また、右は、境川での”ポニー”。白旗の公園の少し上流。そこで見たのは、初めて。

時々曇っていたせいか、さほど肌はピリピリしてない。明日は少しゆっくり目にするつもり。


5月 3, 2010 サイクリング, 旅行・地域, 植物 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月30日 (金)

「ゲゲゲの女房」で、懐かしく調布へ

今日は新宿で宴会。そこで午前中に、調布(深大寺、神代植物公園など)へ向かう。NHKの朝ドラ「ゲゲゲの女房」の舞台が調布になって、少し懐かしくなったため。

P4300264自宅から駅までの道の途中で見かけた”リンゴ”の花。フェンスの金網の間にカメラを構えたので、少し花が脇になったりピンぼけ。撮した後で、畑作業してる人を見かけた。言えば、近くまで寄って撮影できたかもしれないけど、ちょっと時間的に急いでたのでパス。

P4300265調布駅からバス。すぐに来た「吉祥寺行き」にした。パスモ有効で、前払い。調布駅からしばらくは、(バスにとっては)狭い通りを。

「深大寺小学校前」で降りる。写真はその小学校の石垣。結構立派。最初、”調布城”みたいなのがあって、その跡かと思った。でも、案内でお寺の一部を学校にしたとのこと。石垣は、当時の寺のもの。明治の学制のために、皆が大なり小なり犠牲(拠出と言うべきか)を負った一面を垣間見た気がした。明治という時代をちょっと近くに感じた瞬間。

あっ、そう言えば、調布の通りに鬼太郎のオブジェがある(あった?)のに、撮影するの忘れてた。昔に撮影し、今回余り気に留めて無かったため。

P4300268P4300269P4300270深大寺の通りの様子。

「とろろそば」を食す。店員さんが最初なんか聞くので、聞き直したら、八割そばで良いかと。まっ、次回行ったら十割とか食べてみるか。ちなみに、八割でも結構コシが強かった。

「ゲゲゲの女房」の関係で、のぼりもいくつか置いてあった。

P4300271P4300272P4300273P4300274「鬼太郎茶屋」。深大寺で小学校前からの通りを行き来したので、最初すぐに見つからなかった。しかも、通りから離れていると頭から予想したのも見つからなかった理由。

自動車道から山門への道で、すぐに見つかった。記念撮影できるようになってた。

ストラップと、おまんじゅうを購入。

P4300275P4300276「鬼太郎茶屋」、パート2。

P4300280深大寺→神代植物公園へ。入園料は500円。今まで、2回くらい訪れた気がする。その時は、つつじヶ丘駅からだった気がする。なので、深大寺→神代植物の小道は初めて。

公園内にカメラの砲列。近くの人たとの会話聞いたら、どうも、桜の木にキツツキの類が巣を作っていて時々鳥を目にできるみたい。目をこらしたら、木にできた”穴”が見えた。

近くの人達の会話は鳥での具体的な種類なんだけど、こちらは鳥に詳しくないので聞き取れないというか分からなかった。

P4300284P4300285P4300286藤の様子。


P4300287P4300288バラのコンテストというか実験園。まだ名前の無いのを植えている。

右は、桜の様子。昔最初に神代植物園を訪れた時は、支柱が無かったと思う。昔の方が、結構道まで枝が垂れ下がっており、風情があった。

P4300289P4300291P4300292ボタン。いやー、綺麗だし、数多いし、ちょっと圧巻。

ちなみに、すぐ近くにシャクヤクもあった。そちらはまだ小さなつぼみ。

P4300294P4300295ツツジと、その周りの池の様子。ここにもカメが。

ツツジは、季節的に少し早かったのかな~。惜しかったが、その分ボタが見頃だったので良しとしよう。

P4300305神代植物園から、調布まで、結構な距離だったけど歩く。後述する「鬼太郎公園」に行ってみたかったため。

写真は、その途中で見かけた”野川”の様子。まだ、菜の花がそこそこ咲いてた。2,3年前だったと思うけど、自宅→多摩川→二子玉川(野川と多摩川合流ポイント)→野川→味の素スタジアム→多摩川→自宅のルートで通った。

ちなみに、神代植物園から調布への道には”ベニバナトキワマンサク”やサルスベリなどが植わってて、楽しめる道。”ベニバナトキワマンサク”は花の季節で、可憐に咲いてた。また葉の色も少し強烈な時期。しばらくしたら、サルスベリの花も楽しめるだろう。ただ、ちょっと気になったのは、この通りのサルスベリって剪定してないように見える。地元なり管理する方は是非その辺りもやって頂けると、綺麗な花を楽しめるかなとふと、、、。


P4300307P4300308P4300310「鬼太郎公園」。ついこの前、”石原小学校前公園”から名前を変えたもの。石原小学校の道路挟んだ反対側。

水木しげるさんがこのあたりに住んでたとのことで、公園名を変え、写真のように水木さんの書いた公園名が掲示されてた。通りからは人が見えずひっそりした感じだったけど、中に入ったら奥の方に何人かいた。

右は調布駅でのポスター。「ゲゲゲの女房」に関連した調布固有(?)のポスターもあった。

ちなみに、駅前の本屋さんにも入った。入り口に水木さんの色んな本を置いたコーナー。またオリジナルブックカバーも作成したみたい。(そのポスターも撮影しようとしたけど、ポスター前でなんか長く携帯電話する人いて止めた。)

なお○○年前、その本屋さんが1階建ての頃、立ち読みしている水木しげるさんを見かけたことがある。最初分からなかったけど、体の特徴や店員の対応で確信した。


なかなか懐かしい風景もあったけど、駅前とか駅の変貌にも驚いた。でも、秋とかに、また訪れてみようかな~とも感じた。

4月 30, 2010 旅行・地域, 植物 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月25日 (日)

境川、引地川 花ニラとか藤とか

昨日は天気悪くてプールへ。3キロくらい泳いで、少し体が疲労。今日は、そこそこの好天。と言うことで、ゆっくり目にラン。(実は、土曜日にそれなりの距離を走ろうと思って、たばこ吸う人から離れたり二次会避けて麺を食べたりしたのに、、、、。)

先々週で教えてもらった花の名前「花ニラ」で気になることもあったし、それ以外に”藤”が咲いているかもと思ってデジカメをポシェットに入れて走った。ちなみに少し風が強くて、念のために手袋利用。

P4250235湘南台の少し上流での”鯉凧”。凧なのに、実体というか絵柄は「鯉のぼり」。

さほど高く上げてなかったし、大きさも普通くらい、音も無しというとで、気にかけてなかった。近くを通過する時も、「なんか、たこ足が太いな~」位。絵柄が”鯉のぼり”と分かった時には、下降しつつあった。急いでカメラを用意したけど、もう着地。ちょっと残念。 何となく、”鯉のぼり”の片面を利用したんじゃないかと思うけど、確認まではしなかった。

P4250238P4250239県立遊水公園の菜の花とか、そこからの(昔の)ドリームランド方向。菜の花は、季節的に少し峠を過ぎたのかも。ドリームランド方向は、新緑が心地よい。

P4250240P4250241県立遊水公園の、少し下流の芝桜。数年前には何もなかったところ。芝桜が少しづつ増えたり形が整ってきて、今年はちょっと驚くくらいの姿に。数年前にパンジーだったかの苗を植えてる時に遭遇したけど、ボランティアの人たちも感無量かなと、ふと。

P4250242P4250243P4250244引地川遊水広場の”藤”。全然咲いてなかった。なお、「藤沢フジロード」の掲示があったのでパシャ。ロードと銘打ったのは、ここ1,2年じゃないかと思う。

ちなみに、引地川遊水広場はJR東海道線の近く。引地川親水公園とは場所違うし、距離もそこそこあるので注意してね。

P4250247藤の季節じゃなかったんだ~と、ちょっとがっかりして折り返し。他の写真撮ったりして、藤沢方向に向かおうとした時に民家の入り口で見つけた藤。結構綺麗に咲いてた。知り合いも咲いたと書いてたので民家用の品種は早いのかな~とか色々思ったけど、他の公園での様子も分かってないので??? いずれにしろ、今回の目的の一つを達成した気分。

P3200102P4250248実は、今日の目的の一つは、「甘菜(あまな)」 。”花ニラ”を調べてる課程で、似てるとのことで気になっていたもの。また、3月下旬に、目久尻川で見かけた左の写真が、もしかしたらそれかもと。

今日、境川と引地川で探したけど、見つからず。少しがっかりして帰路について、自販機ジュース飲もうとして目についたのが、右の写真。最初サングラス越しに、甘菜に似てるようにも思えて写真撮ったけど、こちらは「ヒヤシンス」(だな)。どうも最近は雑草などの間に園芸用の品種が少なくなくて、心和むときもあるけど、気がかりになる時もある。

調べたら、甘菜(あまな)って、結構花の期間が短いみたい。またちゃんと確認するには、掘って根で確認するのが良いだろうけど、、、。ちょっとした群生とか見かけたら考えるが、無理かも。

P4250249P4250250P4250252春に気にしてたのが、左の植物。境川では余り見かけないけど、金目川の支流などで目にして気になっていたもの。金目川の支流などで見かけた時には、家で調べて特定在来生物の「オオカワヂシャ」かなと思ってた。

今日、境川で発見。境川って結構流れが急で、よどんだところがない(少ない)。で、今回見かけたのは脇のコンクリートの部分に水が溜まってて、そこに生えていたもの。金目川の支流なのでは、枝分かれした小川のようになってる部分に生えてた。

で、よくよく見ると、どうも「オオカワヂシャ」と違う。何かな~と思って、調べた。今のところ濃厚なのが、「オランダガラシ」。むしろ一般的には、「クレソン」の方が馴染みがあるかも。あの添え菜の。ネットで読むと、さほど水がきれいでなくても育つというので、間違いなさそう。ただし、「コバノオランダガラシ」と言うのがあり、似ているとも出てる。しかし、「コバノオランダガラシ」の写真とかがあまりなくて調べ切れてない。

P4250255P4250258P4250259花ニラで悩んでたのが、左の植物。季節的に同じで、しかも結構桜の下で咲いてる。多分こちらは、オーニソガラム・ウンベラツムだと思う。ちなみに、大甘菜(おおあまな)とも呼ぶようで、甘菜と混乱しそう。しかもオーニソガラムって、結構園芸品種として沢山の種類があって、花の形などもいろいろみたい。花ニラと比べると、花の裏の色合いが結構違ったり、茎の様子が違う。また、花の臭いが花ニラは甘いけど、オーニソガラムはほとんど匂わない(と思う)。

P4250260ちなみに、こちらが近くで咲いてた花ニラ。今日のオーニソガラムも、撮影したのは境川の湘南台辺りの桜並木。

P4250254P4250261P4250262P4250263他の境川での写真。

小さな飛行機みたいなのは、新幹線脇のもので、風力計。真新しくなったような気がする。設備も風力計も前からったような気がして、風力計を新品なりタイプを変えたのかな?

4月 25, 2010 植物 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月11日 (日)

境川 湘南台 桜の動画撮影チャレンジ

桜が散りかけてるのを見て、思い出した。桜の花吹雪の動画撮影のために、三脚とかを買ってた。

P4110222P4110224TVでちらっと見て、ヨドバシとかに行って見つけたもの。三脚の足の部分に相当するところが、結構曲がりやすくなってる。それを利用してMTBに取り付けたもの。

ちなみにビデオは、三洋の“Xacti”(ザクティ)シリーズ「DMX-CG9」。実はこのシリーズでの「DMX-CA6」も持ってるんだけど、そちらに三脚用の穴がない。なので、CG9を買ったと言っても過言でないくらい。

で、動画の撮影結果が以下。画質はそんなにひどいとは思わないが、振動がすごい。しかも、その2の方は、最後の方は空の方を向いちゃった。そこそこゆっくり走ったんだけど、、、。自転車での動画撮影には、まだまだ工夫がいりそう。


4月 11, 2010 植物, 自転車 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月10日 (土)

桜。境川、大栗川、多摩川、浅川、湯殿川、兵衛川、そして境川。

今日は少し遠出。結局、合計141Km。MTB。

P4100122P4100123P4100124境川の町田のちょっと上流の亀。結構小さな子供亀。やっぱこのあたり、亀の数が増えたのと、少し生息地域の範囲が広がってきた。

堤防のキンモクセイはバッサリ。分からなくもないけど、新芽とかが出てないと少し可哀想に思えちゃう。

P4100125宮前橋近くの荒れ地が、遊水公園に向けて工事中。荒れ地って書いたけど、どんど祭りとか催しやってた。そんなのがどうなるかが気がかり。

P4100126P4100130尾根緑道の入り口。

P4100133P4100136P4100140尾根緑道の桜とか菜の花。

P4100138前から気にしている花なんだけど、名前が分からん。調べようとしてるんだけど、調べることをついつい忘れちゃう。

P4100144P4100145P4100146P4100147尾根緑道の桜種の掲示と山桜。尾根緑道が良いのは、色んな桜があることかな。地形的に山桜があってるし、(今は咲いてないけど)八重も少なくない。

P4100148東展望所の桜。結構剪定したせいか、あるいは木が病気だったのか、もう枯れそう。

P4100149通り道の多摩センター下柚木の富士見公園。ちょっと調べたら、少し広々したところもあるみたいだけど、斜面での桜が何とも言えない。斜面のせいか、人は少なかった。

P4100153P4100154P4100157大栗川。

P4100158P4100160大栗川の桜。

P4100161P4100162カリンの花。個人的には、花そのものを見るのも久しぶりだし、自分の背丈くらいの位置だったのは今まで無かったかも。

P4100163P4100164多摩川。

P4100166P4100167P4100168P4100169多摩川河川敷の菜の花。近寄ってみたら、チューリップを植えてるところもあった。

P4100171P4100173P4100174多摩川、桜。

P4100177P4100182多摩川、桜のアーケードみたいな感じ。

体力的にちょっと辛くなったので、おにぎりの昼ご飯。少し尻も痛くなってた。

P4100190P4100191多摩川のサイクリングロードの脇。前もこんなにたくさん咲いてたっけ? 

P4100197P4100198P4100201多摩川、府中の公園の桜。

P4100202P4100205浅川の桜と河川工事。河川見ると結構広いし、水深がさほどでもない。なので”浅”川なのかなと、ふと。

P4100206P4100207浅川のサイクリングロードで、結構ラフだったところが綺麗に舗装されてた。桜自体は変わらないんだけど、少し落ち着いてみることができるようになってた。

P4100211P4100213P4100214浅川の支流の兵衛川。実は、今回見てみたかったスポットの1つ。2,3年前だったかと思うけど、少し細めの桜の苗を植えてるのを目にしたため。結構咲いてた。しかも道も整備されてた。ちなみに、国道からはフェンスとかがあって、行きにくいので注意。 

P4100215八王子の東京工科大学の近く。紫色が目に付いたので、パチリ。

その後は、鑓水交差点→境川。今思えば、街道沿いの多摩美の方の桜を撮影しても良かったと反省。 

P4100219P4100221境川の瀬谷本郷公園近くの夜桜。

桜を満喫できたけど、なんか体力落ちたなと実感しちゃった。上着を冬物にしたので、昼はちょっと暖かくて閉口したけど夕方とかは、良かったと。夏物だったら、夕方以降は少し寒すぎ。

4月 10, 2010 サイクリング, 植物 | | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年4月 3日 (土)

引地川 桜ヶ丘の桜 #sakura

ちょっと天気良くなかったけど、花見に桜ヶ丘へ。 やっぱ、日本人のDNAのせいか、春の花見に行かないわけにはいかない。

P3200089P4030111左が先月20日の画像で、右が今日。ほぼ満開で綺麗。

ここは、花のトンネルのようになっているところが良い。堤防を歩きながら眺められる。距離は短いけど、桜が車道の両脇に咲いてる所もある。

なお、ここ何年か訪れてるけど天候(寒さ)のせいか、今年は普段よりも人数少な目かなと感じた。

P4030114_2P4030115_2P4030116P4030117地上近くの花芽がちょっと目に付いたので、撮影。幹の周りに草が生えているケースが多いので、余り気がつかないということか、、、。

P4030119P4030120P4030121国道467号線(藤沢町田線、藤沢街道)の桜と、夜桜の様子。

桜ヶ丘近くの国道467号線の桜並木は、結構距離がある。幹線脇なので、ちょっと花見にというわけにも行かないけど。散る頃にここを通ると、良い気分。

一雨来たのか、夜桜見物の人は少なかった。

ほんとは天気良かったら遠出して何カ所か見てみたかったけど、寒いこともあって断念。少し残念。

4月 3, 2010 植物 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月20日 (土)

目久尻川 アカシヤ、フクロウ

今日は、そこそこの気温とのことで、ジョギングで遠出しようと、、、、。お目当ては、2月ほど前に知り合いのブログで知った、目久尻川脇の公園のフクロウ

P3200090それにしてもすごい風。写真は、綾瀬市の市役所近辺。あの辺りはまだ畑も多くて、その土埃。

P3200093P3200097新武者寄橋近くの「せせらぎ広場」のアカシア。少し時期を過ぎてた。そこから少し下流で見かけた”ツクシ”。こちらも少し時期を過ぎてたかな。

レンゲの方は、まだまだ。少しピンクになったところもあった気がするが、カメラに納めようというような場所はなかった。

P3200099P3200101新幹線のちょっと手前。以前工事しててどうなるんだろうと思ってたら、用水路(?)ができたのと、結構こざっぱりしちゃった。で、この辺りって、カワセミが来るので、余り小ざっぱりしたらどうなんだろと不安に。ただし、右の写真で判るように木の枝を刺してる。

ただ、実際どうなんだろう?? まっ、今日は風が強かったせいか人いなかったけど、普通の日でカメラ持った人達がいないとなると、来なくなったのかもしれない。次回にでも気をつけとくつもり。

さて、お目当てのフクロウ。実は、新幹線との交差よりもちょっと下流とは聞いていたので、とにかく走った。途中で、ランナー見かけて、その脇に森みたいなのがあって行ってみたけど、違うみたい。ちなみに、今さっき読み直したら、「中里公園」。

「この辺りにフクロウが来るっていう公園があるらしいんですが、、、」と、実は3回ほど聞いた。最初の人が、結構丁寧に、マンションの脇とか教えてくれたので、とにかくそこまで走る。結構大きなマンション。周りをぐるぐる走ってみたけど、人がいそうにない。道路挟んだ児童公園があったけど、公園が小さくて木はそれほどたくさん立ってない。

そこで子供を自転車に乗っけた女性に再度聞いたが、知らないと。もう一人の自治会の作業っぽい事やってた人に聞いたら、「あそこ」って、道路挟んだ児童公園の方を示してくれた。ラッキーだった。

方角的に見えにくかったし、そもそも木は小さいのを入れても2,3メートル以上なのは数本。とてもフクロウが止まるとは思えなかった。

P3200103カメラ持った人が、数人。皆さん、結構良いカメラ。

そのカメラの方向を一生懸命見たけど、最初はほとんど判らなかった。しかも結構上向きで、首が痛くなるほど疲れる。

P3200104P3200105やっと見つかった時は、少し感激。さすがに声を出すわけに行かなかったので、噛みしめる感じ。左の写真だと、白っぽい枝の間くらい。右のそれだと、白っぽい枝の少し上。

何匹が来るみたいだけど、その日見かけたのは、写真の一匹のみ。それでも目に出来て良かった~。


その後は、さらに河口を目指して走って相模川→湘南を目指した。以前自転車で途中まで行って、どうしても相模川までの自転車ルートを探しておきたかったため。ただ、これは失敗というか良いコースじゃない。寒川神社までは以前自転車で行ったことがあった。そこからそのまま相模川合流まで行けるかと思ったけど、電車路線の関係で、一般道に行かないと行かないし、結構道は荒れてるし車は多い。

P3200106一度、目久尻川に戻って、走りやすそうなコースもあるんだけど、相模川との合流地点で工事中。気分的に達成感無し。

しかも、相模川の工事中が多くて、相模川までの河口へは行けず。一般道を走ることになった。ちなみに、今回は左岸。

方向的には河口の方向は判っているし相模川から離れてもいないので不安はなかったけど、走ってて爽快と言うほどでもなかった。ちょっと残念。

ちなみに、スポーツ公園とか温水プール施設の工事してた。温水プールは今月末辺りにオープンみたい。ちょっと羨ましい。特に自転車置き場は、ストッパーと屋根付き。他の自治体(特に自宅近く^.^;)も真似て欲しい。雨や風の時の倒れたり濡れた自転車は、ちょっと残念。

さて、湘南大橋の左岸に到達してからは、湘南→汐見→引地川→境川という、何度も走っているコース。サイクリングロードに出てみようかと思ったけど、風強くて砂が痛い。しかも、結構筋肉が痛み出して、走ったり歩いたり、、、。

P3200109松下政経塾を目にして写真撮った。何度か通ってるんだけど、気がついたかちょっと微妙。

ちなみに、少し先の引地川近くにある(あった?)、松下の工場は更地になってた。新しく何かを立てそうな工事中の雰囲気ではあったけど。

その頃までは、まだ日もあったけど、段々夕暮れというか、日が落ちてくるのが不安になってきた。

小田急の藤沢本町駅辺りで、電車に乗ろうか悩んだけど、ブレーカー持ってないしとか、まだ少しは走れそうと思って、境川の方へ。

結局生きて家にたどり着いたけど^.^;、次回のロングランではブレーカーくらい持ってこうかなと感じた。

距離は60キロくらいかな。一応58キロとしとこう。時間は7時間くらい。ラップをメモに残そうとしたら、なんか途中でリセットされてクリア。液晶も一部光らないところもあるので、そろそろ買い換えかも。


ロングランとしては反省点多いけど、フクロウに会えて良かったとしよう。

3月 20, 2010 ジョギング, 植物 | | コメント (1) | トラックバック (1)

2010年3月14日 (日)

瀬谷(三ツ境) 「追分市民の森」の菜の花を見に

昨日よりは気温は低かったけど、穏やかな天候。で、ふと瀬谷(三ツ境)の「追分市民の森」の、菜の花を見に行こうと。自宅から数キロ位しか離れておらず、自転車だと近すぎてトレーニングにならない。また、ちょっとそこまでのアップダウンがきついし、幹線道路。と言うことでジョギングにした。

場所は、相鉄の三ツ境からだと西部マリアンナの少し先。

追分市民の森の地図:マピオン


P3140067菜の花が満開状態。自宅から自転車で行けるくらいの範囲では、一番広い菜の花畑。

P3140083_2P3140084_2P3140085_2自転車で行かなくて正解だった。菜の花畑の近くに車とか自転車を止めるところはあるけど、自転車で森の中を走るのはきつい。実際、自転車も乗り入れ禁止。

森の中をジョギングできる。ただし、少し勾配きついのと、コース長が短い。他の公園などと連絡する格好にすれば、それなりの距離になるだろうけど。

なお、一番右の写真での右側は、菜の花が咲いてない。菜の背も低い。日陰になることが多いからだ。


P3140086_2森の中は、アスナロとかスギの木がほとんど。そこそこ走りやすい。トレーニング視点では、少し道が狭いとか、距離が短いなどの不満はある。しかし、そこまでのランとか他の公園などと併用すれば、練習コースとしては悪くない。


菜の花といい、ちょっと良いコースを見つけた事もあって、良い気分。

3月 14, 2010 ジョギング, 植物 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月31日 (日)

境川 (カワセミ、)河津桜、メジロ、蝋梅

昨日、境川でカワセミに遭遇。昨日も帰る際に注意してたけど、再会できず。今日も遭遇するとは思わなかったけど、桜なども気になりデジカメを携えて、プールに行く前のMTBで寄り道。

ちなみにカワセミを見かけたのは、中原街道・新道大橋の少し下流。カワセミに適した木々がある訳じゃないし、見かけたのは初めて。なお、境川での町田のちょっと下流に、カメラの人達が時々集まる場所がある。カワセミが来るような感じなんだけど、そこでも見かけたことは今までない。でも、それ考えると、新道大橋近くでいたとしても不思議じゃなく見間違いの類ではないと思う。

P1310048で、今日の収穫。まずは、新道大橋よりもちょっと上流での、河津桜(カワヅザクラ)。もう咲いてた。ここ2,3日暖かいからか。この近辺では、数本生えてる。数年前は見かけなかったような気がする事もあって、生えたというよりも誰かが植えたんだろう。(念のためだけど、地方自治体の管理で、最近のべつまく無く伐採するケースがあるけど、その難からは逃れて欲しい。)

桜に近づいたら、”チュンチュン”という鳴き声。「メジロ」。しかも2,3匹。写真だと、少し上の方だけど、分かるかな? ここ数年で、こんな近くで見かけたのは無い。カワセミとの比較は可愛そうだけど、メジロに会えてデジカメ携えた甲斐があったと。

P1310053P1310055もう一つ、撮影しようと思ってたのが、黄色の梅。右の方が、先週に(2,3ヶ月毎に行く病院近くの)見かけたもの。夕方だったこともあって、最初”マンサク”かと思ったけど、近くに寄ったら梅と判明。”蝋梅”(ろうばい)。

実は、蝋梅って言葉は聞いていても、実物見たこと無かった。少し近くに寄ったら、名前の由来が分かった。蝋(ろう)のようにてかてかしてる。テカテカ度は造花にすら思えるくらい。

しかも、今回は、その病院に向かう途中で、道路の近くまで張り出してるのを発見。その写真が左。すこし、テカテカ度が分かるかな。

昨日のカワセミといい、この辺りでは珍しい動植物に遭遇して、ちょっとラッキー。良いことに結びつくといいかな。

1月 31, 2010 日記・コラム・つぶやき, 植物 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月22日 (火)

境川の外来植物を気にしながら

今日はMTBで八王子の「よこやまの道」を目指すぞと、コースなどを検討。mixiの境川CRコミュニティも見てみたら、外来生物のことが少し話題となっていた。

調べたら、外来生物法違反は、個人で懲役3年以下もしくは300万円以下の罰金だそうだ。そうでもしないと、外来生物法違反の動物飼育などが横行するので、水際対策。ただし、(当然だけど)植物の方も対象。採取して持って帰るのも違反。自分の場合、ギンナンなどを持って帰ることあっても、それ以外は皆無。でも、ちょっと知ってて損はないだろうと、少し外来生物法に関係する植物を見てみた。結構目にするのが多い。

ということで、今日境川で見かけた外来生物法関連植物。(「よこやまの道」の件は、また別途。)

P9220042P9220043P9220046多分、左が「オオハンゴンソウ」、真ん中が「アレチウリ」。今日が境川上流への道だったせいもあるけど、なんか町田近辺に、この類が多いような気がする。結構水も綺麗になってきてるんだけど。

「アレチウリ」って、今までは緑を増やしてくれる感じもあって嫌悪感とまでには行かなかったけど、今回外来生物関連で色々読むと少し考え直さないとという気になった。

しかし考えてみるに、刈り取るにも実を付けた時だと、かえって下流に種とかが流れて良くないのかもしれない。一時的に、(細かい)網とかで堰き止める格好にした方が良いんだろうな~。

ちょっと走る際に注意しておこうと思う。いつ枯れるのかとか、元々どんな植物が生えているかとか、、、。


P9220047P9220050P9220051宮前橋近くの植物。左の植物の名前は? 外来生物じゃないと思うけど、自信なし。真ん中と右のは、昨年とかでも写真撮ったもの。右のコスモスの方は、少しタイミングを逸した感じ。ちなみに、去年も工事のフェンスしてた気がする。ずっと工事してるのか???

P9220099こちらは、帰り道での東名脇の水田の様子。朝稲刈りしてた気がする。ほとんど刈り取られていた。こんな風景を目にすると晩秋にも思えるけど、昼はまだまだ暖かい。


ちなみに、今日のトータル距離は70キロ弱。

9月 22, 2009 サイクリング, 旅行・地域, 植物 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月20日 (日)

目久尻川のヒガンバナ

シルバーウィークとやらだし快晴に近かったので、MTBにしようか悩んだけど「やっぱ走ろう」ということに。昨年(一昨年だったかな)から、秋には行こうと思っていた目久尻川のヒガンバナ(彼岸花)を見に。膝が痛くて余りスピード出せないので、休み休みのランはちょうど良い。

目久尻川って、”めくじり”がわ。あんまり有名じゃないけど、相模川の支流。名前の由来などは後述。帰宅ランとかで通過したり、新武者寄橋から下流へは10回くらい行ってる。今日は上流へ。(ちなみに上流の源流っぽい所から、相模川の河口まで目指したことあったけど天候で中断した経緯もあり、いつか源流から河口までを考えてる川。)

P9200003厚木飛行場脇からの富士山。この辺りは公園化が進みつつある。一部の施設は利用可能になってるみたい。

民主党の意見で基地騒音対策費の見直しがあるせいでもないだろうけど、ここ2,3日練習の音がうるさい。逆に、珍しい飛行機でも飛んできたら写真撮ろうとしてたけど、その時間帯は無し。うまく行かないものだ。

P9200005P9200006新武者寄橋脇の「せせらぎ広場」。右の写真の手前は、アカシヤ。結構大きくて、春は楽しませてくれる。

P9200008「せせらぎ広場」から、少し上流の様子。木が生い茂ってて涼を楽しめる感じがしないわけでもない。

P9200011P9200013P9200016目久尻川で、ちょっと面白いのは、”カッパ”。右の写真は、置物風カッパのちょっと上流だけど、誰かか時々着せ替えするみたい。橋の両端にカッパがいて、どちらも着物着てる。

P9200014P9200035P9200036置物風カッパを過ぎると、ラフな道。大きな道との交差では、(直前に右岸に移らないと)行き止まりになる。(上流へ行く場合は、右側から左に)

交差点過ぎて、そのまま右岸に行くと車道。一応ラインあるけど、危なっかしい。左の写真は、右岸からのヒガンバナ。右の2葉は、帰りに左岸から撮影したもの。皇帝ダリア(?)もあり、秋冬が少し楽しみかも。

ちなみに、お目当てのヒガンバナはこれよりも上流。(ここもそれなりに綺麗だけど。)

P9200018_2目久尻川で、ちょっと面白いもう一つは、この”ポンプ小屋”。ちょうど、相鉄線と交差するあたり。

相鉄線からだとポストがそれなりに見えるので、なんかいきさつとかが気になる。特になんか書いてある訳じゃない。昔の小屋とかその周りごと、保存しただけかも。


P9200019P9200020_2P9200021こちらが、お目当ての方のヒガンバナ。全長は200メートル弱くらいか。ちなみに、タイミング的には、3,4日遅かったかも。少し日焼けしてるのが多かった。

場所は、目久尻川と相鉄線が交差する所があるけど、それのちょっと上流。かしわ台駅と海老名駅とのちょうど中間点あたり。目を凝らすと、相鉄線の車窓からも見える。海老名方向で右の川の先のほうがヒガンバナ。ちなみに海老名方向で左に見える橋の両端に、着せ替えする(される?)河童がいる。

P9200026P9200032ヒガンバナって、自然にこうも群生するもんじゃないと思うんで、誰かが植えたんだろう。ちゃんと調べれば出てくるんだろうけど、余り詮索するのもな~てな感じ。”カッパ”の件といい、ヒガンバナも目久尻川のミステリーみたいな部分かな。ミステリーは言い過ぎか。

ちなみに、この近辺で数人にはあったけど、ほとんど人いなくていい写真が撮れた。朝夕だと散歩とかが多そうで、昼間だったせいだろ。

P9200028ちなみに、こちらは、脇で見かけた多分”黒米”。その隣は餅米かもしれないけど、良く分からなかった。


さて、”目久尻/めくじり”の件。目尻とは言うので、川の形がそれかな~とか色々思ってはいた。何度も、MTBで走ったりする度に。今日判明。以下のサイト。海老名市の教育委員会のページ。


第19回 温故館日誌 「河童橋の謎」


デジカメをポシェットに入れてのランは、おいらの場合は珍しい。故障の時は、撮影しながらのランも良いかもしれないと、ふと思った。

9月 20, 2009 旅行・地域, 植物 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月14日 (日)

プール前に、境川 青のアジサイ

昨日ジョギングだったので、今日はプール。ただし、昨日見かけた境川のアジサイを撮りたくて、プールまでにMTBで。

P6140203P6140204P6140205アオイが綺麗だけど、昨日が暑すぎたせいか、少し花も萎れている状況。

イチョウ団地先の護岸工事は、もう1,2ヶ月くらい前に終了。あれっ、もっと前だったかも。すっきりした感じになったけど、少し殺風景な感じ。少し下流に草花が植わっているせいかな。

この辺りは、田植えは完了。


P6140208P6140209P6140211これが、お目当てだったアジサイ。10本ちょっとは植わっているかな。色が深い青(青紫に近い)のが良いのと、結構色が揃ってる。

サイクリングロードで、色がばらばらとかピンク系ので多いのは見たことあるけど、青(しかも青紫)なのが余り記憶無い。


6月 14, 2009 植物, 自転車 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月18日 (日)

戦車道路の皇帝ダリア

今日は天気良かったので、(最近としては)久々に遠出。MTB。境川を町田→戦車道路。

Pb180072Pb180076Pb180080桜は、ほとんど葉っぱが落ちていた。ケヤキはこれから紅葉というか色づく感じ。

Pb180073_2Pb180075途中で、余り見かけたことのない背の高い植物を発見。写真撮ってたら、壮年の夫婦と思われるカップルが。気になって「なんていう植物ですか?」と聞いたら「皇帝ダリア」とのこと。少し話が弾んだけど、こっちはヘルメットもだし結構サイクリングの重装備。考えたら、ちょっと違和感あったかな~。

淡い紫色がなんとも言えない。季節は秋なので、すぐにダリアとは考え付かなかった。しかも、結構背が高い。

珍しく感じたが、その後注意してたら、何度か軒先などで見かけた。流行っているのか???


Pb180078Pb180079少し先の鑓水近くまで行って、長い坂でちょっとトレーニング。さすがに3回目辺りで、ぜいぜい。太もももつりそうになった。

イチョウがいい色になっていたので、写真撮りながら一休み。


Pb180081_2ピラカンサが色づいている所が多かった。今日で一番綺麗に思ったのが、左。この色を見ると、これから寒くなるんだろうな~とひしひし感じる。

なお帰り道では、銀杏が落ちてたので、いくつか拾って帰った。そんなことなら、ビニール袋を2つ、3つ持っていけばよかった。さっき水洗いして、水に浸して屋外に置いたので、明日とか明後日に取り出す予定。なんか役得。


自転車走行距離【60】km
泳いだ時間【0】分
ラン距離【0】km

11月 18, 2007 植物, 自転車 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月 8日 (日)

秋空の下、尾根緑道へ

いい天気だったので、久しぶりにロードレーサーで境川→尾根緑道へ。本来遠出する季節なんだが、色々宿題があって近場(と言っても3時間くらい)にした。

Pa080019もう稲刈りが終わっている。天気がよくて暖かいので、季節感としてはギャップがあるが、秋が深くなって行く気分。

Pa080020こっちは、境川(宮前橋の前の、水神様?のあたり)の葉ケイトウ。色がすばらしく感じたのと、近くのススキとの対比がなんか少しおかしくて、パシャ。

Pa080021Pa080022尾根緑道から見えた、丹沢の山々。真ん中の、少し頂上をのぞかせているのが、富士山。朝だったか2、3日前だったかが、初冠雪。尾根緑道から富士山が見えると言う事ないんだが、、、。ちなみに写真撮影のために、ちょっとしたブッシュの中に入った。今日は、ロードレーサーだったので、それ用のシューズだった為、竹とかがぐさっ。小さな穴があいているため。刺さった訳でもないので大丈夫だが、次回から気をつけよう。

Pa080024Pa080025Pa080026尾根緑道での、サザンカと名前をよく知らない花。(今回に限らないけど)どうも写真としては、今ひとつ。秋空のせいで、明暗の差が激しいからだろう。落ち葉とか紅葉も季節的にはこれからという感じだった。

早く宿題終わらせて、遠出できればいいんだが、いつになる事やら。なお、境川は結構人が多かった。サイクリングよりも歩きの人。もう少し少ないくらいが、遠出としては気分がいいんだが、、、。

10月 8, 2006 旅行・地域, 植物, 自転車 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月30日 (土)

久々のロードレーサー 秋の境川

今日は、久々のロードレーサーでのサイクリング。3月ぶりくらい。前輪のブレーキ関連で、一部錆が発生していた。また、タイヤは空気抜け状態。

コースはいつもの境川を下流へ。結構サイクリングの人が多かった。100人くらいとすれ違っただろうか。

P9300008P9300009飯田の諏訪神社の少し上流のコスモス。ここの橋の近くは四季折々の植物を楽しませてくれるが、久しぶりという事もあって、この前からすっかり秋らしい植物に変わっていた。

P9300013P9300015サイクリングロード脇の農道片隅での彼岸花。群生になっていた。ロードレーサーだったが、一部砂利道になっている農道経由を寄り道して撮影。

P9300017稲刈りをやっている人たちが多かった。特に明日は天気が下り坂なので、今日のうちにとの思いからだろう。

速いスピードのMTBの人と、並走する羽目になることがあった。結果的には、計2,3キロ。手信号で合図くれて、ちょっと気分のいい並走ができた。


9月 30, 2006 旅行・地域, 日記・コラム・つぶやき, 植物, 自転車 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月29日 (土)

夏 境川→引地川→湘南サイクリングロード

夏らしさを求めて、湘南サイクリングロードを目指す。コースはいつもの、境川→1号線との交差あたりから引地川方向へ→鵠沼から湘南サイクリングロードへ。今回は、(ヘツメットつけたまま)海岸脇をサイクリングした。

P7290001境川の1号線との交差よりも少し上流でのヒマワリ。結構茶色いヒマワリが多かった。

P7290004江ノ島の海岸の様子。少しどんよりとした天気。なぜか、今年の夏は、水着の女性が少ない。むしろ春とか秋の方が多い位。個人的にはちょっと異常に感じる。(その分、ペダルをこぐ元気が少なくなる。 冗談だけど。)

P7290010湘南サイクリングロード脇の、ハマユウ。そう言えば、湘南サイクリング脇でハマユウを見かけるのは、そう多くないように思う。

P7290013P7290016引地川での、松の実とキョウチクトウの様子。田舎育ちのせいなので、松の実は本来珍しく無いはずなのだが、何故かシャッターボタンを押していた。サイクリングロード脇で、しかも手の届くくらいの位置での松のみが珍しかったからかもしれない。なお、今年の引地川のキョウチクトウは今ひとつ。時期を過ぎたのかもしれないが、、、、。あるいは雨のせい?

P7290017P7290019引地川の橋の工事。なんか工法的に珍しい気がしたので、写真に収める。勘違いかもしれないが、狭い川幅の時に川での基礎工事を少なく出来るという事かもしれない。

7月 29, 2006 旅行・地域, 植物, 自転車 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月24日 (土)

境川 夏近し

今日は、デジカメをポシェットに入れて境川を国道1号線直前の休憩所まで。

P6240028湘南台の相鉄線等の交差の先では、夏草が刈り取られていた。草いきれが、少し昔の子供の頃や田舎での夏を思わせる。昔はこうも蒸し暑くなかったよなとか、なんか日差しが心地よくないよとか思うが、自分だけなのか??。

夏草が生い茂っていると、人や自転車の行き来で時々往生するので、刈り取りはありがたい。

P6240032P6240033夏らしい(?)アオイとヒマワリ。朝のTV番組での天気予報で、アオイの花の位置で梅雨明けが判るとの事。でも、いくつか咲いていたが、位置はバラバラ、本当なのか?? ヒマワリは、咲いている所とそうでない所があった。しかも、咲いてない所は花芽があるのかもはっきりしないくらい差が激しい。昔は、一斉に咲いたイメージが強いのだが、これも異常気象と言えるのかも。

P6240036P6240037P6240038飯田の諏訪神社の少し上流のアジサイの様子。ここの橋の近くは、四季折々の植物を植えるので心が和む。距離は短いが、色んな種類の花があり、楽しい。何となく1年草の類の花は、毎年変えている気もする。

6月 24, 2006 植物, 自転車 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月10日 (土)

境川→相模原のアジサイ

今日はMTBでの、境川→橋本→相模原の北公園のアジサイ→橋本〜境川のコース。

北公園は、アジサイ祭りを開催していた。今年は、自転車の公園内乗り入れ不可の掲示。仕方ないので、入り口辺りにMTB置いて、急いでアジサイを撮影、そしてアジサイの所のトイレへ。入り口に戻って、そこでおにぎりでの昼食とした。

P6100016P6100017一部綺麗に咲いてる所もあったが、お目当ての白のアジサイはまだ。ちょっと残念。

P6250014P6250019左は、昨年6月25日の様子。白いアジサイは「アナベル」という品種。

以下は、北公園以外の場所で撮影したもの。

P6100005東名高速との交差に近い水田での様子。苗が結構大きくなっていた。雨が長かったせいか、サイクリングに出かけていなかったので苗の生育が速いように感じる。夏の天気さえ良ければ、豊作かなとついつい思ってしまう。写真は、カルガモの親子。結構、虫なのか小魚なのか、あるいは水草なのかついばんでいた。

P6100007P6100008町田駅のちょっと上流での”カメ”。計5匹。

P6100009P6100010常矢橋近くの、桑の木。写真で色づいていた実は、自分で食べてしまった^.^;。カタツムリも何匹か。梅雨だなと感じる。
ちなみに帰りの時は、ビニール袋を持ったおばさんが、一生懸命に実をちぎっていた。両手で持つよりも多いくらい。一人で食べるんだろうかとか、ジャムにしてもおいしいのかな〜とか色々考えた。

桑の実の件は、mixiの境川のコミュニケーションで見かけて、出かけたもの。

なお”ときや”橋。この辺りの地名は”ときわ”。橋の方が間違った記載なのかな〜と思っていたが、他の掲示でも”ときや”。どちらも由来があるんだろうか??

P6100011P6100012P6100014P6100019左は、綺麗だな〜と思いながらも、花の名前を知らないもの。一番右は、キスゲのようにも思えるが、ユリ?

P6100021町田駅近くのサイクリングロード脇の街路樹は、結構若葉が茂っていた。以前、若葉の状態で刈り取られていたので、少し可哀想だったが、成長が早いのかあまりに気なら無い程度にまでなった。逆に刈り取らないとサイクリングの道を狭めるので、刈り取り自体はやった方がいいんだろう。(あまり早いと、今度はロードから丸見えなので住民から意見が出そう。難しい〜、とふと思ってしまう。)

そう言えば、京王相模原線との交差のあたりで、桜の枝を選定していた。本当は、桜の枝は切らないほうがいいんだろうが、都会だとアスファルトやフェンスに影響してしまうので仕方ない。
見た感じ、地元の人たちの作業のように思えた。春には綺麗な花が咲き、お祭りなどもやっている背景には、今回のような剪定などの作業があるかと思うと、少し頭が下がる。

6月 10, 2006 サイクリング, 植物 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月11日 (土)

境川 梅、椿、、、

今日のサイクリングは、近場の境川。

P3110050P3110047梅が結構咲いていた。境川のサイクリングロード脇での沢山の梅は、この2箇所くらいかもしれない。サイクリングロード脇は、湿気のある土なので梅の成育には余り良くないのかもしれない。

P3110051P3110053サイクリングロード脇の、田んぼのあぜ道の草花。草の名前は、思い出せない。宿題かな。もう少し暖かいと春爛漫の感じで、こんな中で日なたぼっこでもしたいんだろうが、まだ少し寒い。

P3110057サイクリングロードで目にした、民家の椿。結構花が大きい。しかも花の数が多くて、びっくりする位。園芸用の品種なのかもしれない。

昔子供の頃に、ばあさんが椿の実から椿油を作っていた事をふと思い出した。そういえば、椿の蜜を吸ったりもしたな。

3月 11, 2006 サイクリング, 植物 | | コメント (0) | トラックバック (0)