2015年4月24日 (金)

タンポポ 広範囲で調べてる人達がいるんだ~

知り合いのつぶやきで、ふと気になって「タンポポ」の事を調査。元来のニホンタンポポがめっきり少なくなってセイヨウタンポポだらけなんだけど、ある意味その確認。

すると引っかかったのが、「タンポポ調査・西日本2015」 トップページ。

http://gonhana.sakura.ne.jp/tanpopo2015/index.html

現在調査中ページだけど、2010年の調査結果や2014年の調査結果のページにも行ける。

そして、「みんなで創ろう全国タンポポ前線マップ」

http://www.fujitsu.com/jp/about/environment/society/activities/case-studies/technology/psystem/dandelion/

ちょっと意外な事に富士通のサイトにあって、ITを利用した方法にも言及している。過去の前線マップにも辿れる。


で、「タンポポ調査・西日本」なんだけど、東日本版があってよさそうに思ったけどもすぐに見つからなかった。熱心な人や人達がいるかどうかに依存するのかもしれない。

あと、2010年では、徳島県や香川県、岡山県に外来種25%以下の所が結構点在している。個人的には、少し信じられない。ニホンタンポポに注意している人達が多くて外来種が少なくカウントされてるようにしか思えないんだけど、、、。(もちろん、土壌や気候が関係するのかもしれないが。)


また「全国タンポポ前線マップ」は、ニホンタンポポ前線に九州や東北・北海道が書かれていない。もしかしたら、九州、東北・北海道にはニホンタンポポが皆無なのかもしれない。が、さすがにそんな事はないような気がしてならない。

「シロバナタンポポ前線」がある。自分も、シロバナタンポポは見たことがあるか微妙なくらい珍しいと思う。それを観測してるなんてなぜかと気になったけど、温暖化の指標になるようだ。


ちなみに、自分の周り(関東)でもセイヨウタンポポだらけだけど、サイクリングで遠出したりしてニホンタンポポを見かけることはある。また、見間違いじゃないと思うけど、中低山では結構ニホンタンポポを目にする。まっそれも人の行き来や種の飛散で外来種が”攻めて”来てる様な気がする。


季節的にタンポポの開花なので、タンポポを見かけたら、ニホンタンポポか気にしようと思う。

4月 24, 2015 パソコン・インターネット環境 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月23日 (月)

都市は雨水メタボ

今日、電車に乗ろうと駅通路を間違って別のところを進んだら、”雨水注意”の張り紙を見かけた。大雨でもなかったんだけど、別の人の数日前のつぶやきで別の駅の雨漏りが書かれてて、「ここもなんだ~」との印象。

で、その日の電車での行きと帰りに車窓からの多摩川、鶴見川などを眺めながらふと思った。多摩川なども結構護岸工事で岸はコンクリートだらけ。これが、都内とか横浜駅などの都市ターミナル駅の周りは、川と言うよりもコンクリート用水路。

地下遊水施設などもあるけど、雨が降って川に流れても、雨のほとんどを海に流す。雨水用の下水管以外からの雨水はコンクリートに遮られ、逆に川の水も周りには浸透していかない。しかも、都市はビルの地盤のためにコンクリートの類が注入されて、土自体が減っている。詳しく知らないが軟弱な地盤のところでも地盤凍結工法が利用され、意味地下の方が埋め立てられている状況に思える。さらには、道路等がアスファルトに覆われて、一旦土に染み込んだ水は蒸散しにくい。

特に東京は、関東ローム層があるから、多分滲み込んだ水はそこやその地上寄りに溜まりやすいと思える。大阪には海成粘土層なるものがあるようで、それがここで話題としている粘土層の性質が顕著なのかは?だけど、似たような状況に思える。一般的に大都市は、大きな川の河口あたり平地にできてることが多いから、大同小異の状況だろう。


雨量が少ない時は問題ないし、都市化が進んでなければさほど問題視する必要もなかった。それが昨今はゲリラ豪雨の頻発と、ちょっとした建設ラッシュ。行き場を失った雨水がちょっとした窪地に急速に溜まったり、土に滲みてる水が蒸散するまえにまた降雨といった感じに思える。広い地域に穏やかな雨ならまだいいが、ゲリラ豪雨なので急に圧が高まる。どれくらい地下に水が溜まっているかも統計的に都道府県レベルの雨量の累積はしやすいが、特定区域での算出は難しそうだ。地質調査の延長で、水のたまり具合は分かるかもしれないけど、(行政的には何箇所かやるべきだろうから)直感的にはお金かかりそう。

地震や津波などへの、減災が言われだしてる。今回のに関連する事項としては、土砂崩れや川の増水が近いかもしれない。ただ、窪地の道路陥没や地下の駅での雨水対策はそれらとか少し違う。その意味で、雨水の蓄積などにも注意できる術を設けていた方が良いと考える。

6月 23, 2014 科学技術環境 | | コメント (0)

2011年10月27日 (木)

コンビニのペットボトル回収ボックス

以前「自販機脇のキャップ回収ボックス」のことを書いて、その後コンビニなどを注意してたら、コンビニでもキャップを別の投入口にしている回収ボックスを見かけた。

Pa270892Pa270893今日、たまたまデジカメ持参で出掛けたので、目についたコンビニでの、キャップ用投入口のあるペットボトル回収ボックスを撮影。左がローソン、右がサンクス(だったはず)。

なお、チェーン店でも、どこでも置いているかというとそうでもなくて、店長の判断のように思える。また、同じチェーンで同じ回収ボックスかというと、そうでもないような気もしている。ただしそちらは勘違いかもしれないが。


なお蛇足の写真を2つほど。

Pa270891Pa270894左はケンタッキーフライドチキンの人形のサンタさんモード。今日は冷えたこともあって、サンタさんの冬の格好につい季節を感じた。

ちなみに、この前のそこの店舗では、ハロウィンの格好だった。どこの店舗でもハロウィンの格好かと思っていたら、そうでも無いようだった。ケンタッキーでのサンタさん格好はよく見かけて珍しく無さそうなので、ハロウィンの格好の時も撮影しておけば良かったな~と少し後悔。


右の方は、湘南台の地下通路の様子。顔を覗かせて撮影できるパネルを置いていた。パネルは高校生とか一般人の作。特に奥の作品が目を引いたので、撮影してみた。ちなみに、パネルの裏には果樹3大美味などの質問が書いてあり正解は別のパネルの裏にといった遊び心もちりばめてあった。

10月 27, 2011 日記・コラム・つぶやき環境 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月18日 (日)

自販機脇のキャップ回収ボックス

家庭や会社のリサイクル分別で、よくやられているのがペットボトルのキャップの分離。ペットボトルそのものと、キャップとを別の入れ物にしている。さらには、ペットボトルの外装シートを剥がすケースもある。

P9180622以前から、街中の自動販売機でのキャップ分離を気にしてたけど、今日キャップ分離の回収ボックスを発見。小田原へのサイクリングの途中での、大磯城山公園。

設置がベンダーによるのかわからないけど、意識はあるみたい。でも、別ボックスの設置なので、回収も含めて手間だったり割高になりそうには思える。逆に結構キャップが溜まっていて、利用者の協力は得られやすいとも感じた。

今回目にして、そんなには普及してはいないけど、自販機の利用後でもキャップを分離するのは良いことと思えた。キャップ用の回収ボックスがあればキャップはそっちへ。回収ボックスが1つしかない場合は、飲み干してキャップを外して捨てることにしようかな。

9月 18, 2011 環境 | | コメント (0) | トラックバック (0)